バスケットボールとシューズ

【メンズ】バスケットシューズおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!正しい選び方や人気シューズなど教えます!

 

ナイキやアディダス、アシックスなど各ブランドによって機能性やデザインが大きく異なるバスケットシューズですが、選び方によってはパフォーマンスに差が出たり、怪我の予防になったりと重要なアイテムです。では何を基準に選べばいいのでしょうか?

今回はバスケ愛好者がこよなく愛するバスケットシューズの人気ランキングを大公開します!バスケットをするうえで重要なパートナーともいえる自分専用のシューズを探してみましょう。

バスケットシューズの正しい選び方

バスケットシューズを選ぶ際、ついついやってしまうのが憧れの選手と同じという理由だけでシューズを購入する事。特にNBA選手のバスケットシューズはクールでついつい欲しくなります。

しかし、それだけで選ぶのはNGです。自分に合った正しい選び方をしてこそパフォーマンスが向上するのです!知っているようで知られていないバスケットシューズの正しい選び方を見ていきましょう。

シューズの底がしっかりと曲がるものを選ぶ

バスケットシューズで最も大切と言えるのは靴裏の「屈曲力」です。理想的なシューズは、つま先部分と踵部分を持ち内側に押すと、つま先寄りの部分が曲がります。この屈曲こそがパフォーマンスに影響を与えるのです。日本でも人気のエアジョーダンなどは屈伸力が強い事でも有名です。

しっかり靴底が曲がるものは瞬発力が出やすく、瞬時の加速に適しているので走り出しが早くなり俊敏なプレイを可能にしてくれるのです。また疲れにくいという特徴も兼ね備えています。特に初心者はしっかりと屈曲するものを選びましょう。

サイズの合った軽量のものを選ぶ

バスケの試合

シューズのサイズはパフォーマンスに影響を与えます。特にバスケットのような前後左右、上下への俊敏な動きを求められる場合サイズの合わないシューズは怪我にもつながってしまうのです。

通常は実際ののサイズより5mm~1cmほど大きいものを選びます。横のフィット感はピッタリなもので縦のサイズ感は5mm~指1本分ほど空いているものを選びます。

憧れの選手のシグネチャーモデルがいいからと、自分に合わないシューズを無理に履くのはやめた方がいいでしょう。サイズが小さすぎれば指に痛みを生じ、悪化すれば血行障害や爪が剥がれる事も考えられます。

また欲しいデザインにちょうどいいサイズがないからと、大きめの物を選べば動きが思うようにいかず転倒の可能性も出てきてしまいます。デザインによって気分を上げる事も重要ですが、何よりも怪我の予防、パフォーマンスを向上させる為のシューズを選ぶ事が大切です。

そして持久力が求められるバスケットボールで使用するシューズは、軽量に越したことはないでしょう。

バスケットポジションによって選び方も変わる!

バスケットシューズの靴底は柔らかい方がいいと記載しましたが、しかし中にはシューズの底が硬い方がいいという意見もあります。硬い方が反発力が生まれ高いパフォーマンスが出来るという説です。実はこの意見も間違いではなくバスケットボールは自分のポジションによって選ぶべきシューズの条件が変わってきます。

バスケットシューズを選ぶ際に、自分がどのポジションなのかも考慮するとバスケットシューズの機能性を最大限に利用できます。ポジションによって動きやシューズにかかる負荷も違ってくる為です。

アウトサイドプレーヤーにはグリップ力の強さが必要

ガードやフォワードなどのアウトサイドプレーヤーは、急な走り出しや急な停止が多いポジションです。その為瞬発力が求めら同時に持久力も必要になってくるので、より軽量でグリップ力の強いシューズが向いています。

またシューズ内で少しでも足が遊んでしまうと素早い動きが出来なくなるので、アンクル部分とヒール部分のホールド力が強くフィット感の高いものもオススメです。

走り出しが快適に大きく踏み出せるのはやはり屈曲性の強いシューズになります。

インサイドプレーヤーには安定性が必要

パワーフォワードとセンターといったインサイドプレーヤーには、ゴール下でのプレーが多く、上下運動が多いので安定感がありクッション性に優れたシューズが向いています。

インサイドプレヤーはゴール下からのシュート時など安定性が求められるポジションでもあり、足裏の反発力を利用し高く飛ぶ事になります。その為人によっては足裏がフラットなシューズ、硬めのソールのシューズを好む人もいます。

バスケットシューズは3ヶ月~半年で履き替える

靴紐を結ぶ女性

使用頻度によっても変ってくることですが、グリップの力が弱くなる前にシューズは履き替えましょう。通常週に2~3回の練習で半年に1回程。毎日プレーする人は3ヶ月に1回ほどが目安となります。

グリップの弱いシューズは怪我を招くことになるので、しっかりと交換するようにしましょう。

バスケットシューズのおすすめ人気ランキング15位~11位

日本でも注目度の上がっているアンダーアーマーは日本人向けのシューズも展開していますね。そしてナイキ、アシックスはやはりバスケットシューズの定番のようです。

15位:【アンダーアーマー】クラッチフィットニホン

アンダーアーマー クラッチフィットニホン(バスケットボールシューズ/MEN)[1261614]
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
販売価格 ¥9,720(2018年6月28日13時31分時点の価格)

アメリカメーカーのアンダーアーマーが日本人の体形、バスケットの環境を配慮してつくったシューズです。俊敏な動きを得意とする日本人に合わせ足との一体感を向上させました。

また日本人の足に合わせ着地面を広めに設計、グリップ力、安定感があり着地の際のぶれも抑えてくれます。初心者にも履きやすい形となっています。

14位:【ナイキ】レブロンXV EP 15

スモールフォワードのポジションにしてポイントガードも任されたことのあるNBAプレーヤー、レブロン・ジェームスのシグネチャーシューズです。

ナイキのFlyknitを採用した高強度のアッパー部分が、ホールド感を安定させ力強いプレーをサポートします。屈曲性、クッション性にも優れています。

13位:【ナイキ】ズームコービーヴィノメノン6EP

クッション性と軽量性で優秀なナイキですが、こちらは違う3つ素材を1つにまとめるナイキ独自のズームハイパーヒューズによって、安定性の高い強度を保ちつつ、通気性もよくしています。

耐久性も高く蒸れにくく屋外でのプレーにも向いているので外でバスケットをするという人におすすめです。

12位:【ナイキ】バスケットシューズ PG 2 TS EP

(ナイキ) NIKE ナイキ PG 2 TS EP 27.5 ホワイト/マルチカラー
NIKE(ナイキ)
販売価格 ¥9,828(2018年6月28日12時50分時点の価格)

ツーウェイプレーヤー向けに作られたシューズで、瞬発力やジャンプ力を生む優れたソールの反発力が特徴的です。足の固定サポート感が強いので初心者にもおすすめのシューズです。

また脱ぎ履きが楽なハーフブーティの作りも人気のポイントとなっています。

11位:【ナイキ】カイリーフライトラップ EP AJ1935

NBAプレーヤーのカーリー・アンドリュー・アービングのシグネチャーシューズで、彼の得意とする瞬間の方向転換などに対応する構造になっています。ポイントガードである彼と同じポジションの人に向いています。

グリップ力に優れたソールは全部にZoom Airユニットを採用し、バスケットシューズをより足に近づけ、クッション性や反発力を高く生み出しています。

バスケットシューズのおすすめ人気ランキング10位~4位

ランキング10位~4位にもNBAプレーヤーのシグネチャーシューズがランクインしています。シグネチャーシューズは同ポジションのプレーヤーのものを選ぶといいでしょう。

10位:クレー・トンプソンKT3

NBAプレーヤー、クレー・トンプソンズのシグネチャーシューズです。国内でもファンの多いクレイ・トンプソンズモデルは「K」をあしらったデザインが人気です。

ニット素材で柔軟性があり国内ではレアなバスケットシューズとして人気を集めています。タイミングが合わなければ入手はなかなか難しいけれど、通気性に優れ屈曲性も優れており、是非一度履いてみたいバスケットシューズの1つです。

9位:【ナイキ】ハイパーダンク2017 LOW

最新テクノロジーを駆使したナイキリアクトフォームを採用し、クッション性に優れ高い反発力を持つシューズを生み出しました。

軽い履き心地が人気ですがLOWタイプは、足首の固定が少なく初心者には履きこなすのが難しいタイプです。フォームの出来上がった上級者に向いているシューズです。

8位:【アンダーアーマー】バスケットシューズネクストニホン3020776

[アンダーアーマー] バスケットシューズ ネクストニホン 3020766 メンズ BLK/WHT/MSV 28.5 cm
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
販売価格 ¥9,295(2018年6月28日11時43分時点の価格)

ボーイッシュで洗練されたデザインが多いアンダーアーマーが日本人の幅の広い足に合わせて作ったシューズです。日本人向けという事で湿度の高い体育館を想定し、足裏部分にベンチテーションを用い蒸れを防ぐ構造になっています。

クッション性や安定性に優れ、シューズ中でも足のずれを抑えるので素早い回転系の動きもしっかりサポートしてくれます。

7位:【ナイキ】ハイパーダンク2017 TB897808

ナイキリアクトフォームを採用しており、最新テクノロジーの高い反発力を得たシューズです。耐久性も高く屈曲性も優れており、走り出したくなる履き心地と絶賛されています。

足首ハーフインナースリーブで、安定したソックスを履くような心地いい履き心地と人気です。ハイカットの圧迫感が苦手しかしローカットの低ホールド感が苦手という人に丁度いいシューズです。またパワーフォワードやセンターといったインサイドプレーヤーに向いています。

6位:【ナイキ】バスケットシューズカイリー4 EP

ナイキ バスケットシューズ カイリー 4 EP 943807-011 011 28.0
ナイキ
販売価格 ¥11,340(2018年6月28日11時16分時点の価格)

 足首周りのクッション性が高いデザインで柔軟性に優れたシューズです。NBAプレーヤーのカーリー・アンドリュー・アービングをイメージしたデザインも人気の理由です。

ソール部分のサイドを曲線にしたことで移動が閊えのない移動や高速プレーを目指す人に向いている構造となっています。通常幅が狭いとされるナイキですが4EPは幅が広い作りの為通常サイズ-0.5㎝を選びましょう。

5位:【アシックス】GELBURST 22 GE

アシックスの代表シューズとも言われる「GELBURST」軽量かつホールド感に優れ、加速力にこだわって作られたモデルです。また耐磨耗性も強く、買い替えの時期が他のシューズより長めにとれるので、いつもシューズがへたりやすいという人におすすめです。

また優れた安定性に加え、ダッシュ機能も充実しているのでプレイにスピードを求める人にも向いているシューズです。

4位:【アシックス】ブレーズノヴアTBF31G

BLAZE NOVE(ブレーズノヴア)はフィッテング機能にとことんこだわったシューズです。ベロ口がアッパー部分と一体化している独自の「モノソック構造」を取り入れることで足全体が包み込まれるようなフィット感を出しています。

薄めのミッドソールはより屈曲性を高め、切り返しをスムーズにする足裏外側の大きく反り返ったデザインが特徴的です。

バスケットシューズのおすすめ人気ランキング3位~1位

日本人に最もフィットすると言われるアシックスや多くのプロ選手が愛用しているナイキはやはり上位にランクインしています!シグネチャーモデルの人気はやはり高いですね。

3位:【ナイキ】バスケットシューズPG 2 EP

ナイキ バスケットシューズ PG 2 EP AO2984 100
NIKE
販売価格 ¥12,630(2018年6月28日10時17分時点の価格)

NBAの人気プレーヤーであるポール・ジョージの2つ目のシグネチャーモデルのシューズです。

屈曲性に定評があり、細かい溝をつくることでグリップ性もあげています。シューレースがサポートベルトと一体化しているのがポイントで、俊敏な横の動きをサポート後押しします。

優れたフィット感があり、少し小さめの作りになっているので通常サイズよりプラス1cmを選ぶようにするといいでしょう。

2位:【アシックス】メンズゲルフープV9 TBF334

片足約350g(27cm)と軽量で足にフィットしやすいシューズです。V10の旧モデルとなりますが、その使用感や高い機能性はいまだ競技用として多くの支持を得ています。

足裏には屈曲性がありますが、中足部のねじれを抑える作りになっておりプレーに安定性を持たせています。足をしっかりガードするので上級者から初心者までおすすめのシューズです。

1位:【アシックス】バスケットシューズGELHOOP V10

日本人の足にフィットしやすいアシックスの中でも人気NO.1 の人気を集めるシューズはFlyte-Foam®を採用した軽量タイプです。足裏の屈曲性を維持しつつクッション性も高めています。

慣らしがいらない程履きやすいと言われ、グリップ力にこだわりコートをしっかりとらえる事が出来る為、より機敏な動きを可能にします。またソール部分の反発性もよく安定性も高いのでアウトサイドポジション、インサイドポジション問わず多くのプレイヤーが愛用しています。

より早くより高くプレイ出来るバスケットシューズを選ぼう!

バスケットシューズを選ぶ際は、自分のポジションや動作にも着目し安定性があるかクッション性はあるか、そして足裏の屈曲性もしっかり確認しましょう。自分にぴったりのシリーズが見つかれば、モデルチェンジした時も迷わずに購入できますね。

バスケットボールのパフォーマンスを向上させる為にぴったりのシューズパートナーを見つけて、更なる極みへと進んでいきましょう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サーフィンする男性
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. ボルダリング 女性
  10. 鍛えた身体
  11. スケートボード
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 落ち込むスケートボーダー
  19. トリックするスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP