黒い背景にバーベルを行う半身裸のアスリート

バーベルシャフト おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!目的別に重さと長さをまとめました【2019年最新版】

 

筋トレといえばバーベルをイメージする人も多いですが、バーベルトレーニングは自分自身の筋肉の状態をしっかり理解し、更に筋トレの正しい知識をもって行わないと筋肉を傷めてしまったり、手首などの怪我に繋がってしまいます。

そこで、バーベルトレーニングに欠かせないバーベルシャフトのおすすめ人気ランキングを目的別に細かく紹介いたします!自分のトレーニングに最も効果を発揮するバーベルシャフトを探し出しましょう。

バーベルシャフトの選び方

バーベルシャフトを選ぶ際はまずは形状を決めましょう。更に重さと長さが重要です。使用する室内の広さに合わせたものや、自分の筋トレ時に掛けたい負荷によって変わってくるのです。怪我をしにくいもの、初心者におすすめのタイプなど多種多様のバーベルシャフトの中から自分に合ったバーベルシャフトを選んでいきましょう。

またラックやプレートを使用してトレーニングしたい人は、正しいものを選ばないと合わない、使えないという事に……慎重に組み合わせを選ぶことになります。

鍛えたい筋肉によって選ぶ形状を変える

バーベルシャフトというと真っすぐな棒をイメージしやすいですが、鍛えたい部位によってバーベルシャフトの形状を変える必要があります。

一般的なストレートバーは扱いやすく重荷重を付けたい人、スクワットやベンチプレスなど広範囲の筋トレをしたい人向いています。

またEZバーは波うつ形が特徴で、腕周辺の筋トレをしたい人に向いています。フォームが整いやすく、手首への負担も減らす事が出来るので初心者にも向いています。鍛えようとしている筋肉の伸縮性も高くなり柔軟な質の高い筋肉をつける事が可能です。

更にトライセブスバーは梯子に似た形状をしており、縦に握って使用するもので、手首の負担を減らして主に上腕二頭筋上腕三頭筋を鍛えたい人に向いています。鍛えにくい筋肉と言われる上腕三頭筋を効率よく鍛える事が出来るバーベルシャフトです。

使用する部屋の広さ&負荷に合わせて長さを選ぶ

バーベルシャフトの長さは主に160cm、180cm 、200cm、220cmがあります。部屋が狭い、筋トレ初心者の人は扱いやすい短いバーベルシャフトを選びましょう。長いタイプは重負荷をかけたい人、競技用などの本格的なトレーニングをしたい人に向いています。

ベンチプレス台などを使用したトレーニングをする目的ならば、フック部分からフック部分までの長さにあるバーベルシャフトを選びます。また部屋での使用は長さ制限される場合が多く、事前にしっかりと設置場所の長さを測って置きましょう。

重さにつながるシャフトの太さ!太い方が重負荷をかけられる

肉体の美しい男性

もう一つ、選ぶ際にチョイスすべき事はシャフトの太さです。太さは筋トレ時に掛ける負荷につながります。

50mmと28mmの太さがありますが、50mmは本格的な筋トレが出来、かなりの重負荷を掛ける事が可能で競技でも使用される太さです。一方28mmは自宅トレーニングでも扱いやすく、ダンベルと同じプレートが使用可能で軽量の負荷をかけるのに適しています。

バーベルシャフトの重荷重トレーニングをしていくと、少しずつ負荷となる重さは上がっていきます。当初28mmタイプを使用していても荷重に耐えられなくなり、結局50mmを最購入する人も多いようです。

自分が今後どのような筋トレをしていくかですが、耐荷重をかけたトレーニングをするのなら先を見越して太めの50mmを購入してもいいでしょう。一般的に28mmタイプは~140kg位までの荷重に対応し、それ以上は50mmタイプのバーベルシャフトが担います。

ローレットはしっかりグリップ出来るものを選ぶ

バーベルシャフトを利用する時に、一番気になる箇所がローレットではないでしょうか?

ローレットはグリップ感を左右する重要な部分なので、滑りにくいものを選ぶようにしましょう。中にはローレットがないバーベルシャフトもあるので、特に重負荷を掛ける場合はしっかりとした滑り止め効果のあるローレットを選ぶようにしましょう。

バーベルシャフトおすすめ人気ランキング20位~11位

20位~11位にランクインしているバーベルシャフトはスタンダードなストレートタイプのものが多いようです。長さは長いものから短いものまで様々ですがかなりの重負荷を掛けられるものもあります。

20位:SINTEX(シンテックス)Wバーベルシャフト1200mm

SINTEX(シンテックス) Wバーベルシャフト 1200mm STW152
SINTEX(シンテックス)
販売価格 ¥3,880(2018年7月1日22時6分時点の価格)

長さ120㎝、重さ6.2㎏と初心者にも扱いやすいEZタイプのバーベルシャフトです。バーとしては短めで初心者や限られた空間での使用がおすすめです。

手首への負担が少なく正しいフォームでのトレーニングが可能ですが、最大装着可能重量は60㎏なので重荷重のトレーニングをしたい人には不向きとなります。

19位:ダンノ バーベルシャフト160㎝

長さ160㎝、重さ8㎏最大装着可能重量が100㎏と初心者から上級者まで使用可能です。

グリップ幅97cmを取り大柄な人でも問題なく握れる握りやすさにこだわっているので滑りにくく握りやすいバーベルシャフトとなっています。

18位:IROTECラバーバーベルダンベル70kgセット

IROTEC(アイロテック) ラバー バーベル ダンベル 70KGセット
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥23,436(2018年7月2日10時31分時点の価格)

長さ180cm、重さ10㎏のバーベルシャフトとダンベルシャフト、合計70㎏分のプレートのついたセットです。

ラバーリング使用で衝撃や音を吸収し自宅トレーニングをサポートしてくれます。グリップ部分も滑りにくく、上級者にも人気の商品です。こちらはセット商品になっているのでこれから筋トレを始めようとしている人に一押しのダンベルシャフトです。

17位:ダンノ バーベルシャフト150cm

長さ150㎝、重さ7.5㎏、同メーカーの160㎝より若干短めでその分扱いやすくなっています。使用場所の広さによって長さを選択していきましょう。

短めですが、最大装着可能重量が100㎏としっかりとウエイトを乗せたトレーニングも可能です。

16位:ダンノ C型シャフト

ダンノ C型シャフトΦ28mm D-616 (日本製)
ダンノ
販売価格 ¥12,960(2018年7月1日22時33分時点の価格)

 長さ200㎝、重さ10㎏、最大装着可能重量は120㎏スクワットラックパワーラックなどの本格的なトレーニングを求めている人にオススメです。

プレートなしでもしっかりと負荷を感じる事が出来る10kgの重さがあるので、これからバーベルシャフトを使用したトレーニングを始めるという人には、少々きつく感じるでしょう。

15位:イヴァンコ エクササイズスタンダードバー

イヴァンコ エクササイズスタンダードバー 2070mm IB-20
イヴァンコ
販売価格 ¥12,960(2018年7月1日22時41分時点の価格)

 長さ207cm、最大装着可能重量160㎏と本格的なトレーニング向けのバーベルシャフトです。バー自体は軽く、プレートなしで使用する初心者からも人気のある商品です。

特にローレット加工されたグリップ部分に定評があり、すべらず安定感があると人気です。

14位:STEELFLEX 28mm 孔径バーベルシャフト

200cm STEELFLEX 28mm孔径バーベルシャフト No.30(カラー別売り)
有川貿易
販売価格 ¥11,880(2018年7月1日22時50分時点の価格)

長さ200㎝、重さ10.5㎏、クロームメッキ仕上げでカラー間が長めなのが特徴です。こちらも最大装着可能重量160㎏と本格的なトレーニングが可能です。

ローレットの食いつきが強く痛みを感じる為グローブが必須という声もあり、購入の際は注意が必要です。

13位:wILD FIT オリンピック用バーベルシャフト1830ミリ

長さ183cm、重さ15㎏とプレートなしでも十分にトレーニング出来るバーベルシャフトです。

太さは競技用でもある50mmで長さや重さ共にホームジムに最適!と言われています。グリップ部分は握りやすく、またベアリングを使用しているので摩擦が少なく回転がいいのも特徴です。

12位:IROTEC レギュラーバーベルシャフト180㎝

IROTEC(アイロテック) レギュラー バーベルシャフト 180cm
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥8,424(2018年7月2日8時37分時点の価格)

長さ180cm、重さ10㎏人気ブランド「アイロテック」のストレートタイプです。重荷重のトレーニングが可能です。

部屋の制限で200cmがきつくても、180cmの長さはパワーラックスクワットラックが使用出来、上級者でも満足のいく自宅トレーニングが可能です。

11位:ダンノ ミニバーベルD-686

DANNO ダンノ ミニバーベル 20kgセット(φ28mm)D-686
DANNO ダンノ
販売価格 ¥16,569(2018年7月2日10時10分時点の価格)

 長さ90cm、重さ5kg通常のバーベルシャフトでは長すぎると言う人にぴったりのミニバーベルシャフトです。

シャフトのみのトレーニングに最適ですが、重荷重をつけたトレーニングをする場合は短い分バランスが取りにくくなるので、フォームをしっかり身につけた中級以上の人に向いています。

バーベルシャフトおすすめ人気ランキング・10位~4位

10位~4位にはEZバーやトライセブスバーなどもランクインしています。ホームトレーニング用にコンパクトさのあるバーベルシャフトが人気のようです。

10位:GronG バーベルシャフトストレートバー120cm

長さ120cm 、重さ6kgコンパクトで使いやすいバーベルバーです。ローレット加工が採用され滑りにくくシャフト径は握りやすい28mm。

ダンベルプレートとの併用が可能なので、利便性の高いサイズです。ワイドグリップのトレーニングを求める人は同メーカーの150cmタイプをおすすめします。

9位:SINTEXバーベルシャフト1500mm

 長さ150cm、重さ7.5kg、限られた空間でも対応できるバーベルシャフトとして人気の商品です。

最大装着可能重量80㎏、ローレット加工で滑りにくく、ねじ止めタイプのシャフトとなっています。プレートを使用しない初心者には扱いやすく人気の商品ですね。

8位:WILD FIT Wバースクリューカラー

[WILD FIT ワイルドフィット]Wバー スクリューカラー2個付
ワイルドフィット
販売価格 ¥4,790(2018年7月2日9時40分時点の価格)

 長さ120cm、重さ6kgのEZバーです。スクリューカラーになっておりカラーでのずれが少ないのが大きな特徴です。

しかし、ずれがない分プレート交換時に時間がかかるので、高頻度でプレートを交換する人は購入の際に注意が必要です。

7位:マーシャルワールド バーベルシャフト160㎝

マーシャルワールド バーベルシャフト160cm(カラー付) BS160
マーシャルワールド
販売価格 ¥4,374(2018年7月2日9時26分時点の価格)

長さ160cm、重さ8kg最大装着可能重量200㎏と狭い場所でも重荷重でトレーニングできるバーベルシャフトです。

シンプルかつ手頃な価格設定で、長すぎず短すぎないバーベルシャフトは初心者にも使いやすいのが特徴、ダンベルと同じ穴径28mmプレートが使用できます。

6位:PURE RISEバーベルショート

長さ120cm、重さ6㎏のバーベルシャフトの他にそれぞれ重さの違うプレートが8枚付いたセット商品です。ラバー付きで床を傷めないのが人気のポイントですね。

プレートを付けると持ち手が狭くなっていくので、本格的な重荷重トレーニングには難しいとの声もあります。

5位:IROTECラバーバーベルダンベル50kgセット

IROTEC ラバー バーベル ダンベル 50KG セット 安心のラバーリング!床に置く時も静かで安全!!
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥16,848(2018年7月2日9時9分時点の価格)

長さ180cm、重さ10kgのバーベルシャフトの他に2.5kgのダンベルシャフト2本やプレートもついたセットです。今すぐにトレーニングを始めたいという人にオススメです。

ラバーリングされているので床を傷つけたくない人や、音が気になる人に向いています。冬のトレーニング時にはラバーが硬くなることがあるので温めてからの使用となります。

4位:IROTECレギュラートライセプスバー

IROTEC(アイロテック) レギュラー トライセプスバー
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥6,264(2018年7月2日9時1分時点の価格)

長さ88cm、重さ9kg、上腕三頭筋を鍛えたい人は是非利用したいトライセプスバーです。上腕三頭筋の伸縮性を向上させる事もでき質のいい筋肉を作り出してくれます。

初心者には馴染みのない形状かもしれませんが、怪我をしにくいバーベルシャフトであり、使いやすく筋トレ初心者にも向いている商品です。

バーベルシャフトおすすめ人気ランキング・3位~1位

3位~1位には怪我をしにくく正しいフォームが身につくEZバーが選ばれています。

3位:FIELDOORバーベルWシャフト

FIELDOOR バーベル Wシャフト/Wバー 120cm シャフト径28mm 約5.5kg
コンポジット
販売価格 ¥3,980(2018年7月2日8時54分時点の価格)

長さ120cm、重さ5.5kg小ぶりなEZバーで、初心者にも扱いやすく上腕筋を鍛えるのに適しています。

短めのため場所を選ばずトレーニング出来る使い勝手のいいバーベルシャフトです。手首に負担がかかりにくく上腕二頭筋にアプローチするアームカール用として人気のある商品です。

2位:IROTEC レギュラーバーベルシャフト200㎝

IROTEC(アイロテック) レギュラー バーベルシャフト 200cm
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥8,640(2018年7月1日23時31分時点の価格)

長さ200cm、重さ11㎏のスタンダードタイプのバーベルシャフトです。安定性がよく本格的なトレーニングを目指す人におすすめです。

ローレット加工仕上げのグリップは滑らず、握りやすい作りになっています。パワーラック使用者の中には、はじの部分が当たるという声もあるので購入の際にはサイズをしっかり確認しておきましょう

1位:IROTEC レギュラーWバー

IROTEC (アイロテック) レギュラーWバー 上腕二頭筋 腕力 筋力増強
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥4,860(2018年7月1日23時16分時点の価格)

長さ120㎝、重さ6㎏のEZバーです。アームカールに最適なバーベルシャフトで、効果的に上腕を鍛える事が出来ると人気です。

また特に手首に無駄な負担をかけたくない人におすすめです。肩や腰の筋トレもカバー出来るので、上級者ではストレートバーと併用して使用している人も多いですね。

使用することでフォームが整っていくと言われており、バーベルシャフトの初心者はもちろんフォームを正しく修正したい!という人にもおすすめです。

効率のいい筋トレが出来るバーベルシャフトを慎重に選ぼう

バーべルシャフトは実に多くの商品があり、それぞれに魅力的なのでその中から1つ選ぶ事はなかなか難しいですが、太さや長さに注目し基本の選び方をしっかり把握する事で自分のトレーニングに必要なバーベルシャフトが見つかっていくのではないでしょうか。

鍛えたい箇所のトレーニングに合ったバーベルシャフトを利用して効率よく筋肉を鍛え、理想の体をキープしていきましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. サーフィンする男性
  4. 絶壁を登るクライマー
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. 鍛えた身体
  10. スケートボード
  11. ボルダリング 女性
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP