ゲレンデ、スキー

【スキーブーツ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!サイズの測り方や選び方も紹介します!

 

スキーを楽しむときに、スキー板と同じくらい重要なアイテムは「スキーブーツ」と言っても過言ではありません。しかし、実際には「スキー板にお金をかけたいから、スキーブーツは低価格に抑えたい」などと考えている人も多いはず。

今回は「スキーブーツ」の相場、サイズの測り方、種類の選び方、表示の解釈方法、正しい装着方法、メンテナンス方法についておすすめ人気製品の特徴とあわせて詳しくご紹介しましょう。

スキーブーツとは

スキーブーツは名前の通り、スキーを使用するために装着するブーツのことです。スキー板にビンティングで固定してスキーを楽しみます。

スキーブーツの種類

バックリフトに乗る人

スキーブーツは、競技、基礎スキー、モーグル、フリーライド、ゲレンデスキーなど用途に応じて使用する種類が異なります。スキーの種類と特徴を簡単にご紹介します。

  • レーシング向け ハイスピードの滑走に耐え、スキーヤーの微細な動きをもスキー板に反映させるためにフレックス(硬さ)も非常に硬く、細やかな設計に基づいて仕上がっているのが特徴です。幅(ラスト)は93~98mm、フレックスは120~150ほど。
  • 基礎スキー向け レーシング向けのモデルよりもソフトで、スキーヤーが動きやすい仕上がりが特徴です。幅(ラスト)は98~100mm、フレックスは100~130ほどです。
  • フリースキー向け フリーライドやモーグルのの動きに対応するために幅が広めで、製品によっては着地時の振動を和らげるためのアブゾーバーが挿入されているものもあります。足幅(ラスト)は100~104mm、フレックスは80~100ほど。
  • レジャースキー向け フレックスはふつう~ソフトなタイプであり、幅も広めでインナーブーツも厚みがあってソフトであるのが特徴です。足幅(ラスト)は102~106mm、フレックスは~100ほど。
  • レディース向け レジャースキーのようにフレックスがふつう~ソフトなタイプであり、幅も広めです。インナーブーツも厚みがあってソフトであるのが特徴です。

スキーブーツの相場

スキーブーツは、モデル、機能、ブランド、クオリティによっても価格は大きく異なります。1万円台から10万円を超えるものまであります。予算もあると思いますが、値段で決めるのではなく、自分のスキー滑走に必要な機能が備えられているものを選ぶことが大切です。

スキーブーツのサイズの測り方

自分に適したスキーブーツの選ぶ際に最も重要なポイントがサイズの測り方です。こちらでは、サイズの測り方についてのポイントをご紹介します。まず、自分の足の実寸サイズを把握することが大切です。店頭では、専用のスケールを目にしたことがある人もいることでしょう。

実は、このスケールが無くても自宅でも手軽にかつ正確な値を測定することができる方法があります。その手順をこちらにまとめます。

  1. 白紙(片足が十分に入るもの)、ペン、定規を準備してください。
  2. 紙の中心に直線を書きます。どちらかの紙の端にこの中心線と交わる垂直線を追加します。(バランスの悪い十字架のような模様になります)
  3. この垂直線が交わる点に素足のかかとの中心をあわせてのせ、人差し指が中心線にくるように位置を整えます。
  4. 紙の上の正確な位置に足をおき、親指か人差し指のどちらか先端に出ている方の指の位置をペンで印をつけてください。
  5. 印をつけた足の先端から、かかとまでの値が足の実寸になります。

スキーブーツのサイズは、上記の方法で測定した「足の実寸+1cm」のものを選んでください。製造メーカーやブランドによっては、「0.5cm」「1.0cm」刻みの表示のものがあります。

ほとんどの場合、インソールやスキー用のソックスで調整可能なため「0.5cm」の違いがの実用時の問題になることはありません。万が一、心配な人は下記の目安を参考に選んでみてください。

  • 実寸値が 26.0~26.5cmの場合、「1cm刻み」「0.5cm刻み」ともに26.0cmを選びます。
  • 実寸値が 26.6~26.9cmの場合、「1cm刻み」では26.0cm「0.5cm刻み」では26.5cmを選んでください。

スキーブーツの選び方

 

スキーブーツを選ぶときには以下の流れに沿うと失敗がありません。

  1. スキーの楽しみ方(用途:レジャースキー、レーシングなど)を確認してブーツのタイプを決めます。
  2. 使用者のレベル(初心者、上級者など)を確認して最適のフレックスを選びます。(フレックスは一般的に初心者では柔らかく、上級者になるほど硬めになります。)

スキーブーツの表示の解釈方法

スキーブーツには、サイズの他にも足幅(ラスト)やフレックス(硬度)という値が表示されています。この値についてもきちんと理解しておくとスキーブーツ選びに役立ちますので解釈方法をおさえておきましょう。

  • ラスト(LAST:足幅) これはスキーブーツの最も幅の広い部分の値のことです。この幅によってスキーへ伝わる力加減が異なります。

例えば、レーシング向けでは、かなりの速度に至るために遠心力や圧力から耐えるために幅は非常に狭い仕上がりであり、スキーヤーの力が直にスキー板に伝わるようになっています。要するにスキーヤーの微細な動きがスキー板に伝わりやすくして細かいターンなどの操作性を向上させる意図もあります。

これに対して,レディース向け、フリーライド向け、レジャー向けのスキーブーツは足幅が広くなっています。

  • フレックス(FLEX:硬度)これはスキーブーツの硬さの値のことです。この硬さによって、足を固定した時の感覚や操作性が異なります。

例えば、レーシング向けでは足をしっかりと固定する必要があるため非常に硬いですが、レジャー向けはふつう~ソフトと柔らかいのが特徴です。

これらの値は、同じ値の表記がされていてもブランドやメーカーによって用いる素材や加工方法などの違いによって実際の感覚と異なる可能性があることも理解しておきましょう。(例えば、A社とB社ではフレックスが同じ値でも感覚としてはB社の方が硬めに感じることがあるという意味です)

スキーブーツの正しい装着方法

正しくスキーブーツを装着するためには、ソックス選びも大切なポイントです。滑走時のよれやたるみを防ぐためにソックスは薄手でフィット感が高く、タングよりも長めのものを選んでください。

足の冷えを心配する人もいますが、インナーブーツ自体に保温機能がありますのでブーツのフィット感を高めるためにも薄手のソックスがおすすめです。

  1. ブーツを準備します。ブーツのタンを前に倒す形でシェル、インナーブーツともに大きく開きます。
  2. 立位でタングを持って支えながら、体重を足先にかけるようにしてブーツを片方ずつはいてください。

スキーブーツのメンテナンス方法

足は、身体で最も汗をかく部位といわれています。そのため、汗が付着しり湿気のたまったブーツをそのまま放置しておくことは、カビが生えたり、さまざまな雑菌が繁殖することで悪臭の原因にもなり得るので注意が必要です。基本のメンテナンス方法は以下の通りです。

  1. ライナー、インソール、シェルを傷めないようにはずして水分や汚れをふきとります。
  2. 熱や直射日光の当たらない場所で自然乾燥させてください。
  3. 完全に乾燥したのちに、またブーツが使用できるようにリセットします。
  4. シーズンオフにはシェルを中性洗剤を用いて洗い、温水で洗い流してください。その後は自然乾燥させます。ライナーやインソールも濡れた布巾などで拭き取って乾燥させましょう。

おすすめ人気ランキング・12位~4位

こちらでは、ランキング形式でおすすめ人気のスキーブーツを特徴と一緒にご紹介しましょう。

12位:REXXAM Power MAX-85 [18MAX85]

REXXAM Power MAX-85 [18MAX85]
REXXAM
販売価格 ¥52,920(2018年7月4日5時51分時点の価格)

FLEX:85 LAST:98mm
こちらは、柔らかなフレックス85と新CX-SSインナーを組合わせた足にやさしい設計が特徴。この独自の設計はもちろんですが、日本製であるため安心して使用できるので初心者におすすめです。

11位:LANGE RS110 WIDE LBD1090 1412 メンズ レディース

LANGE RS110 WIDE LBD1090 1412 メンズ レディース
ラング
販売価格 ¥50,299(2018年7月4日5時46分時点の価格)

FLEX:110 LAST:97mm

こちらの特徴は、ショートカフが3層構造のデュアルコアテクノロジーの採用により、フレックスがコントロールされている点。さらに、3Dライナーにより足のフィット感とスキーの操作性の向上がはかられています。

また、シェルとライナーの隙間がないため、力の伝達性も限りなく高い仕上がりとなっており、スキー技術を高めたい人に特におすすめです。

10位:k2 Spyne 130 LVスキーブーツ

k2 Spyne 130 LVスキーブーツ
K2
販売価格 ¥75,667(2018年7月4日5時39分時点の価格)

FLEX:130 LAST:100mm

こちらは、特に上級者はチェックしておきたい製品。確固たるフレックスが魅力のK2オールマウンテンブーツの最高峰モデルです。

9位:SALOMON QST ACCESS 80 (クエスト アクセス 80) 2017-18 モデル

SALOMON QST ACCESS 80 (クエスト アクセス 80) 2017-18 モデル
サロモン(SALOMON)
販売価格 ¥31,199(2018年7月4日5時33分時点の価格)

FLEX:80 LAST:104mm
こちらは、QUEST ACCESSシリーズの暖かさと軽さ、快適性を備えたセカンドモデル。特徴は、レベルの高い滑走能力と快適な歩行性能を併せもつ点です。初心者や中級者に特におすすめの製品。

8位:Full Tilt Drop Kick Ski Boots [並行輸入品]

Full Tilt Drop Kick Ski Boots [並行輸入品]
販売価格 ¥74,800(2018年7月4日5時29分時点の価格)

LAST:99mm

こちらは、コントロール性能に優れたフリースタイル向けモデルの中でも最軽量のブーツです。余計なものを省いた設計が特徴で、スムーズで確実なホールド感を実現しています。レジャースキーからモーグルまで、あらゆるスキーに対応が可能な点も魅力です。

7位:REXXAM POWER REX-M100

REXXAM POWER REX-M100
REXXAM
販売価格 ¥81,000(2018年7月4日5時23分時点の価格)

FLEX:100 LAST:98mm

こちらは、高品質を誇る日本製のスキーブーツです。このモデルは、幅98mmのミディアムラストを採用しているベストセラー。
SAJ1級レベルのスキーヤー向けの、しっかりとした剛性とホールドを併せ持ち、あらゆる滑走スタイルやバーン状況でも扱いやすいのが特徴です。

6位:K2〔ケーツー スキーブーツ〕2017 Spyne 130

k2 Spyne 130スキーブーツメンズ
K2
販売価格 ¥194,348(2018年7月3日17時28分時点の価格)

FLEX:130 LAST:100mm

こちらは、上級者に確固たるフレックスが人気のK2のスキーブーツ。高いフィット感は高い操作性と最高のパフォーマンスを引き出します。ハイクオリティな仕上がりの上級者におすすめのオールマウンテンブーツです。

5位:HEAD RAPTOR B3 RD

HEAD RAPTOR B3 RD
HEAD ヘッド
販売価格 ¥37,900(2018年7月4日5時8分時点の価格)

FLEX:140/130/120 LAST:95mm

こちらは、上級者(アスリート)に人気の高いモデル。特徴は、リアサポート・チューニング、フレックス・パフォーマンスチューニング、ダブルカンティング、レーシングプロインナーなどが採用されている点です。FIS公認ソール厚も備えられています。

4位:SALOMON スキーブーツ X MAX 120 2016-17 モデル

SALOMON スキーブーツ X MAX 120 2016-17 モデル
サロモン(SALOMON)
販売価格 ¥43,740(2018年7月4日5時4分時点の価格)

FLEX:120 LAST:98-104mm

こちらは、X MAXシリーズの一般レーサーやエキスパート(上級者)向けのハイパフォーマンスモデルです。
高いレベルのパワー伝達性能に加えて360°のカスタムシェル、3Dインナーを採用しているため、驚くほどのフィッティングを備えているのが大きな魅力。

おすすめ人気ランキング・ベスト3

3位:Nordica Sportmachine 90 Ski Boot

Nordica Sportmachine 90 Ski Boot
Nordica
販売価格 ¥61,021(2018年7月4日5時1分時点の価格)

FLEX:90 LAST:102mm

こちらは、スキーブーツとして超軽量な仕上がりが特徴の製品。インナーは、初心者から中級者向けのゆったりめでボリュームがあります。超軽量なので、脚力に自信のない人にもおすすめです。

2位:ラング スキーブーツ RS 120 S.C. LBG1210

ラング スキーブーツ RS 120 S.C. LBG1210 25.5
グループロシニョール(株)
販売価格 ¥83,160(2018年7月3日17時2分時点の価格)

FLEX:120 LAST:97mm

こちらは、日本正規取扱い用品であるため、通販の場合であってもメーカーの正規保証が受けられるので安心してご注文いただけます。特徴は、フルデュアル3Dインナー、レースフィット、ショートカフが採用されている点です。ハイパフォーマンスを追求したい人におすすめの軽量モデルです。

1位:Held KRONOS-55

Held KRONOS-55 BK KR055BK250
Held(ヘルト)
販売価格 ¥9,072(2018年7月3日16時57分時点の価格)

FLEX:55 LAST:105mm

こちらは、リーズナブルな価格にも関わらず安心の日本製。特徴は、非常に柔らかいインナーの使用と超軽量タイプであること、さらにスムーズな装着を促す足入れ簡単シェルを採用している点です。初級者でもスムーズかつストレスフリーに使用できるおすすめ製品。インナーもしっかりしていてフィット感も抜群なのも魅力的。

まとめ

今回は、スキーブーツについて相場、サイズの測り方、種類の選び方、表示の解釈方法、正しい装着方法、メンテナンス方法についてご紹介しました。

初めてスキーブーツを選ぶ人やいろいろな製品や情報に目移りする人は、用途について再度検討し、スキーブーツの重さ、フィット感、操作性に着目して選ぶのがおすすめ。特に、サイズの選び方に不安を感じる人もいるかもしれませんが、ソックスやインソールで調整可能なことを覚えておくと安心です。

初めてのスキーブーツを選ぶ人も、スキーブーツの買い替えを考えている人もこちらの内容をぜひ参考に自分にとって最適の製品を見つけましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. フィールドホッケー
  5. キックする前のラグビー選手
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP