走る人

【メンズ】マラソンスパッツおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!オシャレで機能性の高いコスパモデルはコレ!

 

最近ではマラソン用スパッツ(ランニングタイツ)を使用している人が多いです。太ももやヒザ下、足首までなど長さも様々ですし、種類によって機能性も異なります。

おしゃれの一つとして取り入れているランナーも多くいるメンズ用マラソンスパッツの選び方とコスパの良い商品12点をランキング形式でご紹介します。

マラソンスパッツの機能をチェック!

道路を走る男女マラソン用スパッツにはさまざまな機能・働きがあります。これらを知っておけばスパッツ選びのときにも役立ちますので、どのような働きがあるかチェックしておきましょう。

吸汗性・速乾性

スパッツは吸汗性と速乾性に優れた素材を用いていることが多いです。汗をかいたままでは気化熱で体が冷えてしまうため、筋肉にも悪影響ですし風邪を引いてしまうこともあります。

また汗をかくとベタつくため不快に感じることもあります。吸汗性や速乾性に優れたスパッツを着用すれば冷えや不快感を防ぐことが出来ます。

防寒

寒い季節にはスパッツを履くことで防寒対策になります。早く体が温まるというメリットもあるため、冬場は特に欠かせないアイテムになります。

日焼けを防ぐ

長時間走るときにスパッツを履けば、日焼け予防にもなります。日焼けは軽度のやけどですので気をつけたいところですが、走るときに日焼け止めを塗るのがあまり好きではないという人もいます。

そういうときにはスパッツを履けば下半身の日焼け防止になります。

筋肉や関節のサポート&パフォーマンス向上も!

機能性の高いスパッツでは筋肉や関節をサポートしてくれるものがあります。また筋肉のブレを抑えることでパフォーマンスの向上や疲労度の低減といった効果をもたらすものもあります。

もちろん全てのスパッツにこの機能があるわけではありませんが、履くだけで疲労度が軽くなるというのは魅力です。

履くだけでおしゃれ度アップ!

走っているときにもおしゃれに気を使いたいという人にとって、スパッツは非常に気軽なおしゃれアイテムになります。スパッツとランニング用のパンツやハーフパンツを重ね履きするだけで、おしゃれ度がアップします。

カラーコーディネートも楽しむことが出来るアイテムです。

マラソンスパッツの種類を知ろう

走る男性マラソンスパッツには通常のスパッツの他、ストレッチ素材のものやコンプレッション機能があるものがあります。それぞれの特徴を知りましょう。

通常のスパッツ

通常のスパッツは吸汗・速乾性の高い素材を使っているため、夏でも快適に使うことが出来ます。冬場は少し厚手のものを使ったり、裏起毛のタイプを使うのも良いでしょう。

ストレッチ素材を使用したスパッツ

体にピッタリフィットして動きやすいストレッチ素材のスパッツも人気です。体にフィットする分動きにくいかと思いきや、ストレッチ性が高いため関節や筋肉の動きを邪魔することがありません。動きやすく人気の高いスパッツです。

コンプレッション機能のある機能性スパッツ

コンプレッション機能のあるスパッツは筋肉を締め付ける働きがあるため、着用時に若干の締め付けを感じます。

この締め付けが筋肉の余計なブレを抑制するため、力を効率よく伝達することが出来るためパフォーマンスの向上につながりますし、筋肉のブレによる疲労を低減してくれます。

価格面では最も高いですが、機能性は抜群です。

マラソンスパッツのサイズの選び方

みんなでランニング自分の体型に合わないスパッツは走っていても快適ではありません。自分にフィットするスパッツのサイズの選び方をチェックしましょう。

ウェストを基準に選ぶ

基本的にはウェストのサイズを基準に選びましょう。足の長さは多少の長短で装着感が変わることはありませんが、ウェストがゆるすぎる・きつすぎると走りにくかったりずり落ちてきたりします。

誤ったサイズでは走るときに支障が出ますので、ウェストがジャストサイズかやや小さめくらいのものを購入しましょう。コンプレッション機能のあるスパッツはジャストサイズで良いでしょう。

どんな長さのものを選べばよいか?

スパッツの長さは「ひざ上」「ひざ下(七分丈)」「足首まで」の3種類があります。自分の好みの長さを選ぶと良いでしょう。コンプレッション機能のあるスパッツは太ももとふくらはぎをどちらもカバーしてくれる足首までのタイプがおすすめです。

マラソンスパッツの選び方

トライアスロン選手マラソンスパッツは前述のサイズのほか、機能性・メーカー・価格・デザインなどをチェックして選ぶのがおすすめです。

機能性

スパッツにどこまでの機能性を期待するかというのはスパッツ選びの大きなポイントです。

吸汗速乾性だけでよいのか、より動きやすいストレッチ素材を選ぶのか、パフォーマンスを支えて疲労を低減するコンプレッション機能も期待しているのかによって選ぶ商品が大きく異なります。

メーカー

大手スポーツメーカーの商品であれば基本的には信頼性が高いと言って良いでしょう。人気のあるメーカーはMIZUNO・adidas・NIKEなどですがコンプレッションウェア大手のUNDER ARMOURなどは非常に人気のあるブランドです。

また、大手下着メーカーからも販売されています。

価格

安いものは1,000円台からありますが、3,000〜5,000円の価格帯が最も多く、価格の高い高機能スパッツの場合は10,000円前後するものもあります。自分の中で価格と機能性を天秤にかけて選ぶようにしましょう。

デザイン

基本的には単色のものが多く、黒・ネイビー・グレー・白などが多いです。中には差し色が入っていたり、カラーバリエーションの多いものもあります。黒を選んでおけば無難ですが、自分の持っているウェアの色と合わせて選ぶとおしゃれ度が倍増します。

メンズマラソンスパッツおすすめランキング・12位〜4位

男性用のマラソンスパッツの中でも特に人気と評価の高いものを独自基準で厳選し、ベスト12ランキングでご紹介します。多くの人が愛用している商品ばかりなので、信頼性の高いランキングです。

12位:NIKE(ナイキ) パワーエッセンシャル3/4タイツ 856885

NIKE(ナイキ) パワーエッセンシャル3/4タイツ 856885
ナイキ
販売価格 ¥5,940(2018年7月5日16時23分時点の価格)

ひざ下までの3/4丈のタイツで、ストレッチ性があり筋肉をサポートしてくれる「Nike Power」という素材を使用しています。吸汗性・速乾性に優れ、フィット感もよく、汗をうまく逃がすためのテクノロジーを採用しています。

11位:adidas(アディダス) ランニングウェア RESPONSE 3/4タイツ

adidas(アディダス) ランニングウェア RESPONSE 3/4タイツ
adidas
販売価格 ¥4,121(2018年7月5日16時24分時点の価格)

adidasの七分丈タイツで、ストレッチ素材を採用しています。走っているときの動きにフィットするようにデザインされているため、動きやすいのが特徴です。またサイドにメッシュ素材を使用しているため、熱がこもりがちなランニング中でもさらりとドライに過ごせます。

もちろん吸汗速乾性も抜群です。

10位:UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) ヒートギアアーマー2.0

UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) ヒートギアアーマー2.0
アンダーアーマー
販売価格 ¥3,888(2018年7月5日16時24分時点の価格)

 

「コンプレッションインナーといえばUNDER ARMOUR」というほど有名なスポーツメーカーのランニングタイツです。このメーカーのスポーツインナーは「セカンドスキン」と呼ばれ、密着感が特徴で、コンプレッション性が高いため筋肉や関節をしっかりサポートしてくれます。

カラーバリエーションも非常に豊富なので、ウェアに合わせてコーディネート出来ます。

9位:ワコールCW-X ロングボトム スタビライクスモデル

ワコールCW-X ロングボトム スタビライクスモデル
販売価格 ¥12,960(2018年7月5日16時24分時点の価格)

国産下着メーカーが本気で開発したスポーツインナーで、このスタビライクスモデルはひざや腰などの関節と太もも・ふくらはぎの筋肉をしっかりサポートして怪我を予防します。同社のラインナップの中ではマラソンなどに特に向いている商品です。

8位:TESLA (テスラ)オールシーズンスポーツタイツ MUC78

TESLA (テスラ)オールシーズンスポーツタイツ MUC78
TESLA JAPAN合同会社
販売価格 ¥1,521(2018年7月5日16時25分時点の価格)

トライアスロンスーツなどの技術を元にスポーツウェアを開発しているブランド「TESLA」のコンプレッションタイツです。肌触りが良く吸汗速乾性に優れたナノドライ繊維を使用しており、メッシュ素材を採用して蒸れも防いでくれます。

圧着感が高いので若干きつく感じるかもしれませんが、筋肉のブレや関節の動きをサポートしてくれます。

7位:MIZUNO (ミズノ)陸上ウェア ロングタイツ U2MB7510

MIZUNO (ミズノ)陸上ウェア ロングタイツ U2MB7510
MIZUNO(ミズノ)
販売価格 ¥3,806(2018年7月5日16時25分時点の価格)

総合スポーツブランドのMIZUNO製のロングスパッツです。ブラックの中に差し色の赤いラインが特徴で、アシンメトリーデザインを採用しています。履き心地もよく動きやすいと評判で、信頼性の高い商品です。

6位:BODYMAKER(ボディメーカー) BM・FIX8 ロングパンツ MF015

BODYMAKER(ボディメーカー) BM・FIX8 ロングパンツ MF015
BODYMAKER
販売価格 ¥1,944(2018年7月5日16時26分時点の価格)

伸縮性が高いストレッチ素材を使用し、吸汗速乾性が高く、常にクールな状態を保つことが出来ます。コンプレッション性の高い素材とX型にデザインされた異なる着圧の生地がひざやふくらはぎなどをしっかり支えてくれます。

着るだけでリカバリー出来るシャツとして評価が高く、低価格なのも魅力です。

5位:NIKE(ナイキ) ナイキプロ トレーニング ショートパンツ

NIKE(ナイキ) ナイキプロ トレーニング ショートパンツ
ナイキ
販売価格 ¥2,399(2018年7月5日16時26分時点の価格)

タイトフィットのショート丈ランニングスパッツです。フロント部分にメッシュを取り入れ、内部にこもった熱を効率よく放出して快適に使用でき、Dri-Fitテクノロジーを採用しているためいつでもさらりとした感触です。

4位:Sillictor コンプレッションタイツ

Sillictor コンプレッションタイツ
販売価格 ¥1,899(2018年7月5日16時26分時点の価格)

低価格ながらコンプレッション機能があり、通気性・吸汗速乾性に優れたランニング用スパッツです。筋肉の部位ごとに圧力を変え、効率よく筋肉の動きをサポートします。

ひざや腰といった関節もテーピングと同じ原理でしっかりガードし怪我を予防します。

メンズマラソンスパッツおすすめランキング・ベスト3

ベスト3は人気ブランドの商品が揃いました。価格も低価格なものから高価格なものまでバランス良く揃っているため、予算に合わせて購入しましょう。

3位:SKINS (スキンズ)コンプレッション DNAMIC ロングタイツ

SKINS (スキンズ)コンプレッション DNAMIC ロングタイツ
SKINS
販売価格 ¥5,990(2018年7月5日16時27分時点の価格)

非常に人気が高くどんなときにでも使えるオールラウンドモデルのタイツです。段階的に圧力をかけている構造になっているため体の負担や疲労を低減してくれます。

長時間使用してもストレスを感じない作りになっているのも特徴です。大谷翔平選手も使用しているモデルです。

2位:EXIO(エクシオ) コンプレッションウェア

EXIO(エクシオ) コンプレッションウェア
EXIO
販売価格 ¥999(2018年7月5日16時27分時点の価格)

非常に安価で複数枚でも購入しやすいコンプレッションウェアです。接触冷感素材を使用しているため真夏の時期でも涼しく着られ、高い吸汗速乾性を持っているためさらりとドライに過ごせます。

防菌防臭加工済みなので汗をかいても安心です。

1位:ワコールCW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル

ワコールCW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル
Wacoal CW-X
販売価格 ¥12,735(2018年7月5日16時27分時点の価格)

CW-Xのラインの中では最もハイエンドな「ジェネレーターモデル」です。適度かつ計算された着圧で筋肉の無駄な動きを抑制して疲労を低減し、関節はテーピングと同様の原理でサポートしてくれるので怪我も予防することが出来ます。

長時間のランニングには特に効果を発揮する商品です。

まとめ

ランニングスパッツは快適に走るために持っておきたいアイテムの一つです。吸汗速乾性だけでも十分に効果がありますが、さらにストレッチ素材やコンプレッション機能などがあるとより快適に走ることが出来ます。

購入時には期待している機能や自分の中での予算などを考えて選びましょう。人気や信頼性の高い商品を選ぶという方法もあります。上記のランキングは人気が高く信頼できる商品ばかりを集めてありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP