靴紐をくくる女性

【マラソン】キャップおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!機能性の良いオシャレなキャップで夏の紫外線を乗り越えよう

 

天気の良い日にマラソンをするときには欠かせないのがキャップです。日差しを遮ったり汗を吸収したりと多くの役割があります。

人気のNIKEやadidas、asicsといったメーカーのほか、スポーツメーカー各社がさまざまな素材や機能性のキャップを作っていますし、マラソン時のおしゃれアイテムとしても人気があります。

ここではマラソンキャップの選び方と厳選したおすすめキャップを12点ご紹介します。

マラソンキャップの働きをチェックしよう

音楽を聴く女性ランナー まずはマラソンキャップの働きをチェックしておきましょう。意外と気が付かなかった働きもあるかもしれません。

日差しを遮る

最も大切なものは、日差しを遮るという働きです。直射日光は体感気温を上げ、思った以上に体力を奪います。帽子をかぶると頭部への直射日光を防ぐことができ、それだけで涼しく感じます。

夏の暑い時期などは熱中症対策としても有効ですので、良く晴れている日にはぜひキャップを被りましょう。

汗が流れるのを止める

マラソンキャップの中には吸汗性の高い素材を使用しているものがあります。また速乾性のある素材が使われていることも多く、汗をかいた後の不快感を感じずに走ることが出来ます。

額の縁の部分で汗が流れてくるのを止めることも出来るので、走っているときに汗が目に入ったりすることもありません。

頭皮と毛髪の保護

紫外線を受けると日焼けをします。頭皮が日焼けをすると頭皮の水分を失って乾燥してしまい、皮膚のバリア機能も失われてしまいます。乾燥した皮膚は毛髪に十分な栄養を与えることができなくなりますし、乾燥しすぎることで皮脂の分泌が過剰になってしまうこともあります。

また毛髪が日焼けをすることも薄毛の原因になるため、キャップで頭皮や毛髪を保護することが大切です。

目の保護

目の保護のためにサングラスをかけるランナーはいますが、キャップも目の保護には欠かせなません。キャップのひさしの部分が顔に影を落とし、直射日光から目を守ります。もちろん顔の日焼けを防ぐことも出来ます。

用途別・マラソンキャップの選び方

公園でストレッチする女性用途ごとに異なるマラソンキャップの選び方を見ていきましょう。

暑さや日差しを遮りたいとき

夏の暑い時期などに日差しを遮りたい、熱中症対策をしたいという場合には、白い帽子がおすすめです。白は日光を反射するため、キャップの内部が熱くなったり熱がこもったりしにくいという特徴があります。

また、メッシュ素材などの通気性のよい素材のものを使用するのもポイントです。

紫外線が気になるとき

紫外線を防ぎたいという場合には黒い色のキャップがおすすめです。紫外線は5月くらいから強くなり始めますので、早めにケアをする必要があります。黒い色は紫外線を吸収するという特徴があり、頭皮まで紫外線が届きにくくなります。

ただし熱はこもりやすくなるため、真夏に使うのであれば通気性の良いものを選ぶことをおすすめします。

雨天時

雨天時は撥水性のある素材を使用したキャップを選びましょう。雨天時用のマラソンキャップが売られているので、晴天時用とは別に持っておくことをおすすめします。

また、顔や目に雨が当たりにくいようにつばの長いキャップを選ぶということも大切です。

マラソンキャップを買うときに気をつけたいポイント

ランニングする女性前述の点以外でマラソンキャップを買うときに気をつけたいポイントをチェックしていきましょう。

浅さ・深さ

マラソンキャップはベースボールキャップなどと比べてかなり浅く作られています。軽量化のため、あるいはサングラスをかけたときに当たらないようにするためと言われています。

ベースボールキャップなどに慣れている人は最初は違和感を感じるかもしれません。中には深めに作られているマラソンキャップもありますので、浅さが気になる人は深めの物を選びましょう。

素材

吸汗速乾性の高い素材を使用しているものを選びましょう。メッシュ素材は通気性が良く熱がこもらないのでおすすめです。

紫外線カット

生地にUVカット加工がしてあるキャップも販売されています。ただしUVカット加工がされていなくても、黒いキャップなどは紫外線をかなり低減してくれます。

柔らかさと携帯性

走っている間にキャップを邪魔に感じることもあります。そう言うときにはさっと丸めてポケットなどに入れておくことができる、携帯性に優れたタイプのキャップを使いましょう。

柔らかくたたみやすい上にかぶりやすいというのも魅力です。

デザイン

デザイン性も大切なポイントです。自分が持っているウェアと合わせた色やデザインのキャップをかぶるとモチベーションが上がります。

価格

マラソンキャップは安いものは1,000円程度から、高いものでは5,000円を超えるものもありますが多くのものが1,000〜3,000円程度の価格帯です。自分の予算を決めておくと選びやすくなります。

マラソンキャップおすすめランキング・12位〜4位

かぶりやすく人気の高いマラソンキャップ12点を独自基準で厳選し、ランキング形式でご紹介します。軽量性・通気性・吸汗速乾性・UVカットや携帯性・価格などを考慮して選びぬいた商品ばかりです。

12位:adidas (アディダス) ポケッタブル キャップ BVZ88

adidas (アディダス) ポケッタブル キャップ BVZ88
adidas
販売価格 ¥2,890(2018年7月6日17時28分時点の価格)

男女問わず使えるシンプルなランニングキャップです。つばが柔らかく簡単に折りたたむことができるため、走っている最中に折りたたんでポケットに入れるのも楽々です。耐久性も高く、毎日使ってもへたらないと評判です。

11位:NIKE(ナイキ)エアロビルエリートツイルキャップ

NIKE(ナイキ)エアロビルエリートツイルキャップ
ナイキ(NIKE)
販売価格 ¥1,999(2018年7月6日17時28分時点の価格)

軽量で速乾性がある素材を使用した「Nike AeroBillテクノロジー」を採用したキャップです。内側はメッシュ素材、サイドには通気孔の空いている素材を使用しているので熱気がこもらず、汗をかいてもドライに使えます。フィット感も良く愛用者の多い商品です。

10位:New Balance(ニューバランス) 5パネルパフォーマンスキャップ

New Balance(ニューバランス) 5パネルパフォーマンスキャップ
NEW BALANCE
販売価格 ¥2,349(2018年7月6日17時28分時点の価格)

シンプルなタイプのランニングキャップで、かぶったときのフィット感が非常に良いと評判のアイテムです。つばの部分を除いて全体的にメッシュ素材を採用しているため、走っているときでも蒸れること無く使えます。

また、全体的に縁取り加工されているため、強度も高くなっています。

9位:UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) フライバイアーマーベントキャップ

UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) フライバイアーマーベントキャップ
Under Armour Accessories
販売価格 ¥6,704(2018年7月6日17時29分時点の価格)

通気性の高いベンチレーションシステムを採用しています。汗をすばやく吸い取って放出する働きのあるキャップで通気性も高いため、常にドライな状態で使用でき快適です。

夜間でも安全に走ることができるようにリフレクターもついており、カラーバリエーションも豊富です。

8位:BUZZxSELECTION(バズ セレクション) エアーメッシュランニングキャップ CAP001

BUZZxSELECTION(バズ セレクション) エアーメッシュランニングキャップ CAP001
BUZZxSELECTION(バズ セレクション)
販売価格 ¥920(2018年7月6日17時29分時点の価格)

超軽量の立体裁断で作られているため、かぶったときのフィット感が非常に高いのが特徴です。内側にクッション性のある素材を使ってすべらないようになっており、走っている最中でもずれたりせずに使えます。

つばも広めで日差しのまぶしさから目を守ります。

7位:adidas (アディダス) クライマライトキャップ DUR29

adidas (アディダス) クライマライトキャップ DUR29
adidas
販売価格 ¥2,689(2018年7月6日17時29分時点の価格)

adidasのユニセックスタイプのランニングキャップで、独自素材「Climalite」を使用しているのが特徴です。吸汗速乾性に優れており軽量なので、汗をかいてもスッキリ使えます。

カラーバリエーションも豊かで、シンプルな黒・白や明るめのオレンジまで取り揃えています。

6位:PUMA (プーマ) ピュア キャップ 021181

PUMA (プーマ) ピュア キャップ 021181
PUMA
販売価格 ¥2,400(2018年7月6日17時29分時点の価格)

プーマのランニング用キャップで、サイドや内側にはメッシュ素材を使っているので軽く通気性が良いのが特徴です。ブラックやグレーといった定番カラーのほか、ピンク系や水色系のものも発色が良く非常に人気が高いです。

5位:UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) COOLSWITCH RUNキャップ

UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) COOLSWITCH RUNキャップ
UNDER ARMOUR
販売価格 ¥4,320(2018年7月6日17時30分時点の価格)

コンプレッションウェアで人気のUNDER ARMOURのランニングキャップです。通常のランニングキャップよりも深めのデザインなので、深くかぶるのが好きな方には浅めのキャップが苦手な人には最適です。

全体的にメッシュ素材を使っているので通気性が良く、蒸れずにかぶれます。

4位:asics (アシックス)ランニングメッシュキャップ XXC203

asics (アシックス)ランニングメッシュキャップ XXC203
asics
販売価格 ¥2,160(2018年7月6日17時30分時点の価格)

オールメッシュで通気性も良く軽量なランニングキャップです。水洗いも出来てすぐ乾くので、毎日使いたいという人にも安心です。アジャスター部分はマジックテープなので簡単にサイズ調節ができ、一度調節したらずれることはありません。

マラソンキャップおすすめランキング・ベスト3

ベスト3は人気の高いモデルやオリジナリティ溢れるモデルがランクインしました。どの商品を購入しても満足していただけるものばかりです。

3位:NIKE(ナイキ) AW84 エアロビル ランニングキャップ

NIKE(ナイキ) AW84 エアロビル ランニングキャップ
ナイキ
販売価格 ¥2,199(2018年7月6日17時30分時点の価格)

ランナーの定番とも言えるモデルが3位にランクインしました。軽くフィット感が良く、丸洗いしても型くずれしにくいのが特徴です。サイドのスウィッシュとブランドロゴは大きく配置されているためインパクト抜群です。

2位:HUUB(フーブ) RACE CAP ランニングキャップ

HUUB(フーブ) RACE CAP ランニングキャップ
HUUB(フーブ)
販売価格 ¥3,240(2018年7月6日17時30分時点の価格)

イギリス生まれのブランド「HUUB(フーブ)」はトライアスロンのブランドとして誕生しました。イギリスならではのシンプルながらもスタイリッシュなデザインと、自己主張しながらもイヤミのないブランドロゴが特徴です。

1位:B-WINDY メッシュ キャップ

B-WINDY メッシュ キャップ
販売価格 ¥1,050(2018年7月6日17時30分時点の価格)

Amazonの人気ランキングで1位を獲得したことのあるランニングキャップです。オールメッシュで軽く、フィット感もよいのが特徴です。吸汗性・速乾性・通気性に優れた商品なので、暑い時期には欠かせない相棒になってくれること間違いなしです。

まとめ

道路を走る男女日差しの強い時期はもちろん、寒い時期の防寒用としてもマラソンキャップは役立ちます、さまざまなデザイン、機能、価格のキャップがあるためどの商品を買おうか悩む人も多いと思いますが、人気の高い商品を選ぶという方法もあります。

人気が高い商品は多くの人が納得して使っているため、信頼度ではピカイチです。上記のランキングも人気の高いものを中心にえらんでいますので、ぜひ購入の際の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP