富士山からの景色

トレッキングシャツおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!登山用の服装の選び方を教えます!登山でオシャレに楽しもう

 

トレッキングシャツの役割

トレッキングとは山歩きのこと。登山は山頂を目指してひたすら登り続けますが、トレッキングは山頂にこだわらず山の中を歩き景色を楽しむことを目的としています。

そんなトレッキングのときに着用するのがトレッキングシャツです。まずは役割から解説していきましょう。

皮膚の保護

頂上を見上げる登山家

トレッキングシャツには長袖と半袖がありますが、長袖には紫外線や木の枝などから肌を守る役割を持っています。山道を歩いていると木が大きく張り出していたり、細い先の部分が出ていることがあります。

それに気付かずに近づいて、皮膚に引っかき傷ができたり刺さる可能性もあるので注意が必要です。長袖のトレッキングシャツを着ていれば、けがを予防できたり軽い程度で済みます。

体温調節

頂上についた女性

山登りと同様に、トレッキングの服装も基本は重ね着です。気温の変化に対応するために体温調節を適切に行うことはとても重要になります。トレッキングシャツもその大事を役割を担っている一つ。

ウェアの一番下に着るものなので、汗をよく吸ってすぐに乾くような素材のものを選ぶと体温を奪われにくく、調節しやすくなります。

デザイン性

登山する人

最近ではおしゃれなウェアもたくさん販売されています。おしゃれも楽しみたいという人はトレッキングシャツにもこだわってみるとさらに楽しみが増えますよ。

トレッキングシャツの種類

トレッキングシャツの役割を解説したところで、続いてはトレッキングシャツの種類についてお話していきましょう。自分が欲しいシャツのタイプを絞り込めばさらに選びやすくなりますよ。

Tシャツタイプ

公園でストレッチする女性

手早くさっと着たいならTシャツタイプがおすすめです。薄手で吸汗・速乾性に優れたものを選ぶと良いでしょう。暑い時期に使用するなら、接触冷感素材のものもアリ。

手軽さ・使いやすさを重視したいなら、Tシャツタイプは持っていて損はありませんよ。

ボタン付きタイプ

ボタン付きのトレッキングシャツはボタンの明け具合で体温調節も行えるので重宝している人も多いです。こちらも汗を素早く吸ってすぐに乾く素材で作られている製品がたくさんあります。

襟の部分に吸汗性の高い素材が使用されている商品もありますよ。襟を立てて元を紫外線から守ったり体温が奪われるのを防ぐことも可能です。

ハーフジップタイプ

最近増えてきているのがハーフジップタイプのトレッキングシャツです。ボタンを留めるのは面倒だけど、Tシャツでは体温調節に心許ないという人はハーフジップがおすすめ。

ジップで微妙な体温調節も簡単に行え、ハイネックデザインが多いので元の体温調節もお手のものです。おしゃれ感も出したいならこのタイプがイチオシですよ。

トレッキングシャツを選ぶポイント

さまざまなトレッキングシャツが販売されているので、どう選べば良いの分からない人もいるはず。ここではトレッキングシャツを選ぶポイントについて紹介していきます。

シャツの素材

まず注目したいのはトレッキングシャツの素材です。上記でも触れていますが、吸汗・速乾性に優れた素材のものはトレッキングにもってこいだといるでしょう。

ポリエステル素材のタイプもおすすめです。汗を吸う力はないのですが、汗を素早く蒸発させるので速乾性が期待できます。

機能性

トレッキングシャツは素材のほかに機能性も選ぶポイントとして見落としてはいけません。すでに紹介している吸汗・速乾性以外にもUV加工や防虫機能付きのシャツもあります。

ほかには元にポケットがついているとティッシュや小物類を入れておくことができますし、長袖を取り外して半袖として着用できるシャツがあるなどさまざまな工夫がされています。

綿100%は避けたほうが良いかも…

これだけはぜひとも覚えておきたいのが、綿100%はおすすめできないということ。綿100%というと肌触りが良くやさしい・汗をよく吸ってくれるなど良いイメージが多いはず。

トレッキングは汗をかきやすく、衣類が吸った汗がそのまま残ってしまうと体温を奪われたり、肌に張り付いて動きにくくなります。綿100%の素材は濡れるとなかなか乾かないため、トレッキングには向いていないといえるでしょう。

トレッキングの際の注意点

ここではトレッキングを存分に楽しむために心得ておきたいことをご紹介します。

夏場でも重ね着で

暑い夏場はつい気を抜いてしまいがちですが、標高が上がるほど気温も下がり変化が起きやすくなります。

環境の変化に対応できるよう、夏場でもアンダー(下着)・ベースレイヤー(土台)・ミドルレイヤー・アウターといった重ね着ができるように準備しておきましょう。

栄養や水分はこまめに補給

トレッキングは長時間にわたる有酸素運動です。その分たくさんのエネルギーを消耗します。もし水分やエネルギーが不すると脱水症・筋けいれん、場合によっては低い標高でも急性高山病を起こす可能性もあります。

栄養や水分はこまめに摂取し、エネルギー・水分切れを起こるのを予防しましょう。

適度な休憩を必ず取る

トレッキングを楽しむためには適度な休憩も必要です。山を登り始めたらまずは10分くらいで休憩に入りましょう。ここで靴ひもの調整をしたり、ザックの当たり具合を確認し違和感があれば対処します。

その後は1時間歩いたら5分休むといったペースで休憩を取り入れてください。

歩くスピードや姿勢も大切

トレッキングは速さを競うものではありません。軽く汗ばむくらいのスピードを一定に保ちながら歩きましょう。また、歩くときは体の軸をまっすぐにして歩く姿勢を意識します。

が引けたような姿勢で歩いているとひざを痛めやすくなるので注意しましょう。

トレッキングシャツおすすめ人気ランキング12位~8位

お待たせしました、トレッキングシャツランキングの発表です。まずは12位~8位をご紹介しましょう。

12位:TS-DESIGN 藤和 ショートスリーブハーフジップシャツ

TS Design 藤和/作業服/ショートスリーブハーフジップ カラー:45_ネイビー サイズ:3L 品番:3015
藤和
販売価格 ¥2,098(2018年8月4日11時11分時点の価格)

まず12位にランクインしてきたのはハーフジップタイプのシャツ。体温調節が簡単にできるのでトレッキングシャツとしておすすめです。ドライメッシュで汗の吸水・発散に優れています。

縫い目はフラットシーマー加工が施されており、襟元は少し長めなので元を紫外線から守ってくれます。

11位:A.D.ONE 発熱保温コンプレッション長袖

(エーディーワン) A.D.ONE メンズ発熱保温コンプレッション長袖ローネック ADC-171 ホワイト×グレー LL
A.D.ONE
販売価格 ¥1,280(2018年8月4日11時13分時点の価格)

伸縮性に優れたシャツで、動きやすいのが特徴です。生地がしっかりとしていて裏起毛付き。夏場は暑いかもしれないので、冬場におすすめしたいシャツだといえるでしょう。

10位:finetrack スキンメッシュT

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュT メンズ BK FUM0412 XL
ファイントラック(finetrack)
販売価格 ¥4,536(2018年8月4日11時14分時点の価格)

耐久撥水性を誇るドライレイヤーを採用したシャツです。汗抜けが早く適度な保温力も兼ね備えた高性能シャツで、においやベタつきのない快適な着心地が持続します。

9位:THE NORTH FACEWA.CLOTHポロ

[ザ・ノース・フェイス] ショートスリーブWA.CLOTHポロ S/S WA.CLOTH Polo メンズ アーバンネイビー 日本 L (日本サイズL相当)
THE NORTH FACE
販売価格 ¥5,848(2018年8月4日11時26分時点の価格)

THE NORTH FACEの半袖ハーフジップポロシャツが9位にランクイン。マニラ麻を主原料とする紙糸から作られた天然素材、WA.CLOTH(TM) HYBRIDを採用していて、軽いうえに吸湿性に優れているので汗を素早く吸ってくれます。ポリエステルを混紡し、速乾性も確保していますよ。紫外線吸収力もあります。

8位:TACVASEN アウトドア  長袖 ミリタリー

TACVASEN アウトドア メンズ シャツ 長袖 ミリタリー タクティカル BDU tシャツ 登山 速乾 取り外し可能 半袖 ブラック 3XL
販売価格 ¥2,898(2018年8月4日11時28分時点の価格)

袖の取り外しが可能で気温によって長袖・半袖を使い分けることができるシャツです。高密度のナイロン生地なので速乾性があり、手触りも通気性も抜群です。さらに紫外線予防効果も期待できます。

トレッキングシャツおすすめ人気ランキング7位~4位

ここからは7位~4位のトレッキングシャツを紹介していきましょう。着心地も機能も申し分ないシャツが揃っているのでぜひチェックしてください。

7位:mont-bell WIC.ジップシャツ

(モンベル)mont-bell WIC.ジップシャツ Men's 1114124 DKNV ダークネイビー L
mont-bell
販売価格 ¥4,428(2018年8月4日11時30分時点の価格)

7位にランクインしたのはmont-bellのジップシャツ。高機能素材ウイックロン®を採用していて体に適度なフィット感を与えてくれます。縫い目にフラットシーマー処理がされていて肌触りも申し分なしです。ジッパーでの温度調節も適度に行えますよ。

(ノースフェイス) THE NORTH FACE S/S SQUARE LOGO T L W
ノースフェイス
販売価格 ¥4,617(2018年8月4日11時33分時点の価格)

THE NORTH FACEのショートスリーブTシャツが第6位に入ってきました。スクエアロゴがワンポイントになっていて、ポリエステルで作られています。シンプルなシャツを探している人にはとくにおすすめですよ。

5位:NIKE DRI-FIT パークVI

ナイキ(NIKE) DRI-FIT パークVI S/S ジャージ 743362 815 セイフティオレンジ S
販売価格 ¥2,295(2018年8月4日11時35分時点の価格)

第5位にはナイキのシャツがランクインです。吸い取った汗を余分な熱と一緒に素早く発散するDRI-FITを採用しています。体温低下に伴う体力消耗も抑えてくれるので、まさに気温差のあるトレッキング向きです。

4位:MIZUNO ドライベクター Vネック半袖シャツ

(ミズノ) MIZUNO ドライベクター Vネック半袖シャツ [メンズ] A2JA4005 02 アイスグレー LL
MIZUNO
販売価格 ¥2,500(2018年8月4日11時36分時点の価格)

こちらのシャツは吸湿速乾素材ドライベクターを採用し、ムレを抑えて快適に過ごすことができます。汗によるベトつきも軽減するので夏場のトレッキングにも最適です。Vネックなので襟付きが苦手という人にもチェックしてほしい一枚といえます。

トレッキングシャツおすすめ人気ランキング3位~1位

いよいよ3位~1位のおすすめトレッキングシャツをご紹介します。質も口コミも高評価のシャツが上位に入ってきていますよ。

3位:mont-bell ジオラインL.W.Tシャツ

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.Tシャツ Men's 1107484 BK ブラック M
mont-bell
販売価格 ¥2,880(2018年8月4日11時37分時点の価格)

3位に入ってきたのはmont-bell のジオラインL.W.Tシャツです。速乾性があり軽いので汗をかいても気にならず動きやすいシャツです。さらに薄手で伸縮性に優れているので重ね着がしやすいですよ。

2位: THE NORTH FACE カモロゴTシャツ

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) 【THE NORTH FACE】カモロゴTシャツ(メンズ ショートスリーブカモフラージュロゴ)【コズミックブルー/S】
販売価格 ¥4,082(2018年8月4日11時39分時点の価格)

第2位は THE NORTH FACEのショートスリーブカモフラージュティー。速乾性と肌触りを兼ね備えたポリエステル100%で作られています。さらに静電気ケア設計なので「バチッ」とくるのが苦手な人にもおすすめです。

1位:TESLA HyperDri MTS03/MTS04

Tesla Men 's HyperDri半袖TシャツアスレチックCool Running Top mts04 /mts03 L
Tesla Gears
販売価格 ¥23,692(2018年8月4日11時41分時点の価格)

第1位にランクインしたのはTESLAのシャツ。適度なフィット感があり、超吸汗速乾素材で作られています。汗をかいてもすぐにサラサラの肌へ戻してくれます。

さらに抗菌防臭機能を備えているので汗のにおいが気になる人にもおすすめです。超軽量なのでまさにトレッキングにうってつけのシャツだといえます。

まとめ

トレッキングシャツトレッキングシャツの人気商品をランキング形式でご紹介しました。使用するときの季節や自分が求めているデザイン・機能が分かればトレッキングシャツをスムーズに選べるはず。

シャツ選びに迷ったらぜひこのランキングを参考にしてみてください。きっと「これだ!」という品物を見つけることができますよ。

【関連記事】トレッキング用GPSおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!スマホアプリよりも専用品がオススメの理由とは?選び方も解説

【関連記事】トレッキングシューズおすすめ人気ランキング17選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方や街履き出来るおしゃれなものまで全部ご紹介!

【関連記事】登山ストックおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方や使い方を教えます!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. キックする前のラグビー選手
  3. タックするラグビー選手
  4. 柔道の試合
  5. プランクする男女
  6. フィールドホッケー
  7. ボクサー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP