登山用GPSとアルプス山脈

トレッキング用GPSおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!スマホアプリよりも専用品がオススメの理由とは?選び方も解説

 

手軽に大自然を満喫でき、体も心もリフレッシュできるトレッキング。初心者でも気軽に挑戦できるトレッキングですが、安全確保は絶対条件です!

最近では、トレッキング用のGPS機能の1つとして誰でも簡単にアクセスできるスマホアプリに注目が高まっています。しかし、それでも「トレッキング専用GPS」をおすすめするには大きな理由があります。今回は「トレッキング専用GPS」について詳しくおすすめ人気製品をあげながらご紹介します。

特にスマホアプリと「トレッキング専用GPS」の選択に迷っている人は必見です!

トレッキング用GPSとは

「トレッキング専用GPS」とは、衛星からの位置情報によってトレッキング中などでも、自分のいる場所を明確に知ることのできる携帯可能な小型のナビゲーションシステムのことです。現在では、さまざまなタイプや種類の中から選ぶことができます。

トレッキング用GPSとスマホアプリとの違い

「スマホのアプリを利用した方が、操作も慣れているし手軽」という人もいることでしょう。こちらでは、トレッキング用GPSのスマホアプリとの違いやその魅力を詳しくご紹介します。

悪条件下でも電波通信が可能

GPSにとって電波受信の確保は、トレッキングの安全性を左右する大きなポイントです。悪条件下で電波受信が途絶えてしまっては、GPSを携帯している意味がありません!

沢沿いや深い谷などはGPS機能の電波通信がとても不安定になりますが「トレッキング専用GPS」の場合は、問題なく電波通信が可能です。スマホでは、電波通信が途切れてしまうルートであっても「トレッキング専用GPS」では確実に電波通信を確保することができます。

優れた堅牢性

トレッキングは、天候や環境の変化に関わらずに歩みを進めます。そのため、ときには悪天候下でGPSを確認しなければならなかったり、誤って端末機器に衝撃を与えてしまうこともあるでしょう。

スマホでは、衝撃予防策が外付けのアイテムなどで限られてしまいますが、トレッキング専用GPSは悪条件下での使用を前提に設計されているために構造もあらゆる条件下に対応できるほどタフに仕上がっているのも大きな特徴です。

手軽な電源

アウトドアで使用する電気機器は、予備電源を確保することは当然のこと。これは、スマホでも同様にサブバッテリー持参の必要性があります。

スマホのサブバッテリーの重量は、バッテリー容量にもよりますが約130gから450gを超える重さのものまでさまざま。トレッキング装備に、このような重さのあるサブバッテリーは負担にもなりかねないのが現実です。

一方で「トレッキング専用GPS」の場合は、その多くで乾電池を電源としていることが大きな特徴になります。乾電池の重量は、多くのGPSで採用されているニッケル電池単三型の場合は1本26gが目安であり、予備を2本1組の持参しても52gとはるかにスマホの予備バッテリーよりも軽く済むのです。

トレッキング用GPSの機能

頂上を見上げる登山家

こちらでは「トレッキング専用GPS」の多彩な機能の例についてご紹介しましょう。

  • 高い防水性…雨や湿度の高い場所なども問題なく機能が発揮できる構造になっています。
  • 気圧高度計…名前の通り、気圧の変化を感知して高度を割りだす機能です。
  • 電子コンパス…地磁気を常に検出するため、静止状態でも方位を正確に示すことが可能。
  • カメラ機能…320画素程度のカメラを内蔵し、手軽に撮影できるタイプもあります。
  • Bluetooth接続…スマホとの接続を可能にし、あらゆる機能に幅をもたせることが可能。
  • ライブトーキング機能…Bluetoothにてスマホと接続することにより、リアルタイムでWeb上に現在地を公開できる機能のことです。
  • 通知機能…Bluetoothにてスマホと接続することで、スマホへの電話やメールの着信を知らせる機能。
  • ワイヤレスデータ通信…ワイヤレスでの通信を可能にします。

トレッキング用GPSの選び方と注意点

頂上で拳を上げる男性

「トレッキング専用GPS」の選び方ポイントと選ぶときの注意点についてご紹介しましょう。

捕捉衛星の種類

現在、捕捉できるGPSの種類は次の3種類になります。それぞれの捕捉衛星の特徴や対応機種についても確認して選ぶことが大切です。

  • アメリカ製の「GPS(Global Positioning System)」…アメリカの国防省により運営されている衛星測位システムです。約30個の衛生を利用して、現在地を特定することが可能になります。2000年の緩和措置以降、民間利用でのGPSの精度が向上しており、あらゆる場面で幅広く利用されるようになっています。
  • ロシア製の「グロナス(Global Navigation Satellite System)」…ロシアが運営する衛星測位システムです。システムの修復を終えて2011年には全世界で実用可能となっています。
  • 日本製の「みちびき(順天頂衛星システム)」…衛生からの電波を補足して位置情報を計算するシステムで、英語では「QZSS」と表記されます。日本版のGPSといえるものです。2018年以降に衛生数が増えることで精度が向上していく予定です。

地図の搭載の有無

機種によっては「現在地の把握と移動の軌跡を記録するもの」と「地図があらかじめ収録されたもの」がありますので製品ごとに確認が必要です。「現在地が把握できれば問題ない」というのは、かなりトレッキングの上級者でなければ遭難リスクを伴います。

初心者で、はじめて「トレッキング専用GPS」を選ぶ人はあらかじめ地図が収録されたものが安心できるでしょう。

言語の種類

日本でも「みちびき」が運用されはじめたことで、日本における「トレッキング専用GPS」の開発に期待が寄せられていますが、まだまだ他国で開発されたシステムや製品が主流です。

そのため、英語に長けている人は英語による操作のものを購入しても問題はありません。初めて「トレッキング専用GPS」に挑戦する人は、機能を十分に使いこなすためにも「日本語」に対応したものを選ぶと安心できます。

価格は英語表記のものよりも「日本語」対応の製品は高価になりますが、安全確保と安心料と考えて選ぶとよいでしょう。「日本語」での操作に十分慣れた後に、英語による操作の製品を購入するのがおすすめです。

駆動時間

稼働時間の長さは安全確保のためにも重要なポイントです。できる限り駆動時間の長いものか、手軽に電源を交換することのできる乾電池タイプの製品を選ぶことをおすすめします。

操作性

どんなに高機能な製品でも操作が難しかったり、不便に感じては十分に機能を使いこなすことはできません。そのため、画面の見やすさ、ボタンの配置、タッチパネル機能の有無、操作性、携帯しやすさ、付属の機能などを十分確認した上で選ぶようにしましょう。

トレッキング用GPSおすすめ人気ランキング:10位~4位

こちらでは、トレッキング用GPSのおすすめ人気製品をランキング形式でご紹介します。

10位:ハンディ GPS 登山用ナビゲーション MOVEON <東日本版> ヤマナビ2.5

ハンディ GPS 登山用ナビゲーション MOVEON <東日本版> ヤマナビ2.5
MOVEON(ムーブオン)
販売価格 ¥37,800(2018年7月22日23時24分時点の価格)

こちらは、これまで事前に必要だったパソコンを用いたルートの設定作業を省くことで手軽なGPSの利用を実現した製品。国土地理院のデータベースを利用し、画面をタッチするだけで登山ルートの設定できる手軽さが大きな魅力です。3タッチ操作のみでルート作成を開始できます。

9位:GARMIN 登山 ハンディGPS eTrex30xJ イートレックス30xJ 【日本正規品】

GARMIN 登山 ハンディGPS eTrex30xJ イートレックス30xJ 【日本正規品】
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥58,125(2018年7月22日23時20分時点の価格)

こちらは「GPS」だけでなく「みちびき」や「GLONASS」からの信号にも対応しているため、深い谷やビル街でも安定して衛星からの情報を捕捉できるのが最大の特徴です。GPSを用いない気圧高度計や三軸コンパスなどの便利な機能が標準装備されているのも魅力です。

8位:GARMIN ハンディGPS eTrex Touch 25J カラー液晶

GARMIN ハンディGPS eTrex Touch 25J カラー液晶
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥53,795(2018年7月22日23時13分時点の価格)

こちらの製品は、国土地理院のデータベースをもとに日本詳細地形図2500/25000(10m(最大5m)等高線入り)がすでに収録されています。また、地形図情報に加えて市街地でも使用可能な詳細道路情報も収録されているのも大きな特徴です。

microSDメモリ用のスロットに、日本詳細道路地図(シティナビゲーター)を併用すると経路探索も可能。この機能を利用すれば、カーナビゲーションやバイクナビゲーションとしても使用できます。日本登山地図(TOPO10MPlus)を併用すれば、日本全国が網羅できる高機能なおすすめ製品です。

7位:GARMIN eTrex30x ハンディGPS eTrex30の後継 [並行輸入品]

GARMIN eTrex30x ハンディGPS eTrex30の後継 [並行輸入品]
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥29,800(2018年7月22日23時6分時点の価格)

こちらの製品は、駆動時間の長さやグローブを着用しての操作性のよさが人気の製品。駆動時間は、使用状況によっては新品の単三電池2本で1日から2日の駆動が可能なほど優れています。精度も機能も優れているにも関わらず、コンパクトな仕上がりであり、気兼ねなく装備に加えられる製品です。

6位:GARMIN ハンディGPS eTrex Touch 35J カラー液晶 132519 & 液晶保護フィルム

こちらは、日本詳細地形図があらかじめインストールされているモデルなので簡単に利用開始することができます。2.6インチカラーのタッチスクリーンディスプレイは使いやすいだけでなく、直射日光下でも見やすい仕様になっているのも魅力です。

悪天候下でも安心して使用できるタフネスさと、3つの衛星を捕捉可能による精度の高さを兼ね備えた製品。バッテリー寿命も16時間で単三電池の交換で簡単に電源を確保できます。

5位:GARMIN 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】

GARMIN 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥24,300(2018年7月22日22時54分時点の価格)

こちらは、登山用ハンディGPSとしてはリーズナブルな価格であっても「GPS」だけでなく「GLONASS」と「みちびき」の信号も捕捉できるため、精度も高い優れもの。タフネスさは、他のGARMINと変わらないのも魅力です。

4位:Garmin eTrex 30x 日本語仕様 city+山岳詳細地図

Garmin eTrex 30x 日本語仕様 city+山岳詳細地図
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥42,700(2018年7月22日22時51分時点の価格)

こちらは、日本仕様にカスタマイズされた製品です。メニューの日本語表示に加えて、ルート案内可能な日本全国の地図が搭載されています。カラー日本語説明書、保護フィルム、電池が付属しているために購入後すぐに使用できる状態なのも魅力です。

トレッキング用GPSおすすめ人気ランキング:ベスト3

3位:GARMIN eTrex 20x 日本語使用 city+山岳詳細地図

Garmin eTrex 20x 日本語仕様 city+山岳詳細地図
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥34,800(2018年7月22日22時43分時点の価格)

こちらは、eTrex20xを日本仕様にカスタマイズした製品。説明書を読まなくてもスムーズに操作できるよう、分かりやすいメニュー表示に仕上げられているため、初心者でも安心してすぐに使用できます。地図は、北海道から沖縄まで日本全土(離島を含む)がすでに収録されているのも魅力です。

2位:GARMIN GPSMAP 64sc J トレッキングナビ

GARMIN GPSMAP 64sc J トレッキングナビ
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥74,064(2018年7月22日22時32分時点の価格)

こちらは、高感度な3種の衛星(GPS、GLONASS、みちびき)捕捉レシーバ、3軸コンパス、無線接続機能(Bluetooth®通信またはANT+®)、8メガピクセルオートフォーカスカメラに加え、BirdsEye Satellite Imagery1年間登録が保障されているGARMINの最強のおすすめモデルです。

1位:Garmin GPSMAP 64s 日本語仕様 city+山岳詳細地図

Garmin GPSMAP 64s 日本語仕様 city+山岳詳細地図
GARMIN(ガーミン)
販売価格 ¥48,000(2018年7月22日22時24分時点の価格)

こちらは、Garminのクアッドヘリックスアンテナが特徴的なモデル。この採用されているアンテナは、受信感度の影響が少ないために安定した情報を確保することができます。プロフェッションも愛用している信頼の高いモデルです。

トレッキング用GPSを活用して安全で快適なトレッキングを楽しもう!

頂上についた女性

アウトドアレジャーは、心も体もリフレッシュできる良い機会です。しかし、大自然を楽しむ際にどんなときでも「リスク」は潜みます。そんな「リスク」を最小限に抑えながら、安全かつ快適なトレッキングをサポートするアイテムが「トレッキング用GPS」なのです!

特に初心者の人はトレッキング用GPSの機能と操作方法を十分に修得してから、トレッキングに挑戦することをおすすめします。「トレッキング用GPS」の強みを味方に季節ごとに魅力ある素晴らしい大自然を存分に楽しみましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 太もも ダイエット
  3. バスケ 男性 ドリブル
  4. バスケットボール シュート
  5. 空手 男性
  6. バスケ ダンク
  7. カヌー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP