スイスのアルプス山脈を登山する女性

トレッキングレインスーツおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!雨対策に必須のアイテム、レインスーツの選び方を教えます

 

みなさんはこだわってトレッキングレインスーツを選んでいますか?もしかすると「雨天はトレッキングしないからトレッキングレインスーツはいらない」「雨合羽を代用できるから大丈夫」という人もいるかもしれません。しかし、それはとても危険なことです!

今回は、雨対策の必須アイテムであるトレッキングレインスーツについて知っておくと役立つ知識とあわせて、自分にぴったりのトレッキングレインスーツの選び方をおすすめ人気製品の特徴もあげながらご紹介します。まだトレッキングレインスーツを備えていない人は必見です!

トレッキングレインスーツを備えるべき理由

春山をハイキングする男性

なかには「トレッキングの予定日は晴天の予報だから不要」「傘があれば大丈夫」などという人もいるかもしれませんが、それは思わぬ事故を生じる危険性もあるために注意しましょう。

その理由としては、トレッキングコースの気候や天候は意外に予測が難しかったり、変化しやすいためです。予測が万が一はずれた場合は、雨に濡れてしまうだけでなく、傘や雨合羽では濡れて滑りやすいコースを進むのが危険な場合もあります。

トレッキング中に身体が雨に濡れてしまうと、体温が奪われるだけでなく体力を消耗して体の動きも悪くなることでけがや事故の危険性が増します。最悪の場合では、低体温症で命に関わる事態にもなりかねません。

そのため、トレッキングレインスーツは「命を守るアイテム」の1つと考えて必ず備えておくことをおすすめします。

トレッキングレインスーツの機能

トレッキングレインスーツは、ブランドやメーカーによってレインウェア、レインコートなどと表現されることもあります。また、ブランドやメーカーによって備わっている機能が異なります。こちらでは、代表的な機能をご紹介しましょう!自分にぴったりのトレッキングレインスーツを見つけるためにも、期待する機能について考えてみてください。

防水性

生地に水が浸透することを防ぐ加工が施されていることです。突然の雨や霧でも水分を通さないため、レインスーツの下に着用する衣服が濡れることを防ぎます。

透湿性

外からの水分は通さずに、レインスーツ内に留まるムレの原因となる汗を外へ逃がす機能をいいます。

ベンチレーション

熱がこもりやすいわきの下などの部分に熱の発散と換気を目的に備えられた通気口のこと。

立体裁断

体の形状に合わせたデザインが採用されているため、生地の引きつれなどで動きが制限されることを最低限におさえた動きやすい仕上がりが魅力。

ストレッチ性

伸縮性の高い生地を採用して、ストレスのないスムーズな動きをサポートします。

フード

雨などの悪天候でも視野が確保できるような工夫が施されています。不使用時は、簡単に収納できる仕組みがほとんどです。

トレッキングレインスーツの選び方
[block]31[/block]

こちらでは、トレッキングレインスーツの失敗しない選び方のポイントをいくつかご紹介しましょう。

ゆとりのあるサイズを選ぼう

トレッキングレインスーツは、装備の上から着用することを考慮して選んでください。サイズが小さすぎると、雨に濡れやすくなることに加えて動きを妨げる可能性もあります。一方で大きすぎるものは、もたついた印象を与えるだけでなく細やかな動作が難しくなる場合もあります。

選び方の目安は、普段よりも少し上のサイズを準備することをおすすめします。

遠くでも目立つカラーがおすすめ

好みのカラーを選ぶのが望ましいですが、遭難など万が一のことを想定した場合では遠くからでも分かりやすい「派手」と感じるような目立つものを選ぶことをおすすめします。

快適性を高めるストレッチ素材に注目しよう

使用頻度の低いトレッキングレインスーツですが、使用するときにはトレッキングに必要な動きを妨げないことが重要です。特に、生地の引きつれが苦手な人はストレッチ素材を用いているものを選びましょう。

収納と耐久性の確認も忘れずに!

トレッキングレインスーツは万が一に備えて携帯するものであるため、重量やコンパクトに収納できることを重視して選ぶ人も多いことでしょう。しかし、軽量であったりコンパクトに収納可能ということはその分だけ機能性も限られていることを覚えておきましょう。

一方で、機能性の高いものやポケットや+αの工夫などが備えられた製品では若干重量が増えたり、収納に場所をとる場合もあります。しかし、機能性の高いものは耐久性も高く長期間愛用することも可能です。

収納と耐久性については、トレッキングルートや気候などにも応じて用途別に選ぶことをおすすめします。

機能性

トレッキングレインスーツの機能性の確認はとても重要です。高機能・高品質の製品は安心して使用できるのでおすすめですが、その分値段も高くなることを覚えておきましょう。

例えば、トレッキングレインスーツの使用時に不快に感じるのが熱のこもりとムレ。この不快感を解消するための機能がベンチレーション透湿性になりますが、安価な製品ではベンチレーションが備えられていなかったり透湿性があっても低機能な場合もあるため注意が必要です。

高価なブランド製品ほど、ベンチレーションに開閉機能が付加されていたり透湿性に優れているため、手軽に体温や通気の微調節が可能であることを覚えておきましょう。

初心者では、高価な製品に手を伸ばすのに気が引けるという人もいるはず。そんなときには、自分がトレッキングレインスーツに求める機能が最低限備えられたものを選ぶことをおすすめします。安全確保のための投資と考えて「雨合羽でしのぐ」のは避けましょう。

トレッキングレインスーツおすすめ人気ランキング:10位~4位

こちらでは、トレッキングレインスーツおすすめ人気製品をランキング形式で特徴とあわせてご紹介します。トレッキングレインスーツ選びに失敗したくない人はぜひ参考にしてみてください!

10位:VAXPOT レインスーツ 上下セット VA-8200

VAXPOT レインウェア 上下セット VA-8200
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥3,499(2018年8月4日14時59分時点の価格)

こちらは、VAXPOTのベーシックなレインスーツ。特徴は、リーズナブルな価格にも関わらず高い機能性と抜群の使い勝手を備えている点です。軽量や収納性にも配慮された携行にも便利な設計になっています。

トレッキングレインスーツを初めて購入する人に失敗のないおすすめの製品です。

9位:MIZUNO ベルグテックEXストームセイバ-VI メンズ A2MG8A01

MIZUNO ベルグテックEXストームセイバ-VI メンズ A2MG8A01
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥11,586(2018年8月4日14時44分時点の価格)

こちらは、人気の高いMIZUNOのベルグテックEXストームセイバーⅤレインスーツの後継モデルです。特徴は、耐水圧30000mm以上・透湿性約16000g/u/24hの高い機能性とフルシームを備えた雨に十分に耐えうる構造となっている点。

ジャパンブランドのMIZUNOだからこその高い品質はもちろん、耐久性にも優れているために安心して長く愛用できるおすすめ製品です。

8位:マック レインスーツ 防水透湿 AS-7100

マック レインスーツ 防水透湿 AS-7100
Makku(マック)
販売価格 ¥2,980(2018年8月4日13時59分時点の価格)

こちらは、リーズナブルな価格が人気の高機能製品。特徴は、耐水圧10000mm・透湿度5000g/m2/24hの優れた機能と裾上げ3段階調節ボタン、フードフィットコード、腕まくり調節機能など使い勝手にもこだわった仕上がりになっている点。

トレッキングレインスーツを初めて選ぶ人でリーズナブルな価格を求めたい場合におすすめの製品です。

7位:コロンビア シンプソンサンクチュアリレインスーツ PM0124

Columbia シンプソンサンクチュアリレインスーツ PM0124
コロンビア(Columbia)
販売価格 ¥12,200(2018年8月4日13時46分時点の価格)

こちらは、コロンビアのメンズ向け人気製品。特徴は、オムニテック機能を採用することで優れた防水透湿性を確保でき、長時間の着用でもムレずに快適な着心地を持続できる点です。

カラー・デザインも9種類の中から選べるのも魅力的。軽量で着心地の軽い製品を求める人におすすめの製品です。

6位:LIPNER LVS透湿レインスーツ

こちらはリーズナブルな価格にも関わらず、耐水圧10,000mm・透湿度:2,000g/m2/24hを備える優れもの。特徴は、独自のベンチレーションシステムでムレを防ぐ仕上がりになっている点。

リーズナブルな価格で高機能の製品を求める人におすすめの製品です。

5位:LIPNER ストレッチレインスーツ

ロゴス リプナー ストレッチレインスーツ トリガー 28662250 チャコール 3L
ロゴス(LOGOS)
販売価格 ¥7,452(2018年9月30日14時23分時点の価格)

こちらもリプナーから、独自のベンチレーションシステムで蒸れを防ぐ、三重防水加工の高機能レインスーツ。特徴は、縦横両方に伸縮する生地を採用している点です。

自転車走行時も背中が濡れないよう背丈を長く設計。運動時の生地の引きつれが苦手な人やストレスのないスムーズな動きを求める人に特におすすめの製品です。

4位:ブリザテックレインウェア breathatec 東レ コーテックス KAJIMEIKU 7740

こちらは、信頼の高い日本素材でつくられた人気製品。特徴は、東レコーテックスの耐水圧10,000mm・透湿性10,000g/m2/24hの優れた防水透湿素材を採用している点。高機能・高品質の製品を安心して使用したい人に特におすすめです。

トレッキングレインスーツおすすめ人気ランキング:ベスト3

こちらでは、トレッキング上級者にも人気の高い高品質・高機能のおすすめ人気製品をご紹介します。自分のお気に入りのアイテムを安心して長く愛用したい人は必見です!

3位:THE NORTH FACE ハイベントレインテックス メンズ NP11816

THE NORTH FACE ハイベントレインテックス メンズ NP11816
THE NORTH FACE
販売価格 ¥19,276(2018年8月4日13時17分時点の価格)

こちらは、THE NORTH FACEのメンズ向け人気製品。特徴は、防水・透湿性の高い「ハイベント®2層構造」を採用している点。トレッキングだけでなくアウトドアやスポーツのあらゆるシーンでも快適な着心地を実現します。

さらに、ジャケットは水の浸入を防ぐダブルフラップが使用されています。パンツは靴を履いたままでも着脱が簡単なサイドファスナーが裾に備えられ、手軽に携行できるスタッフサックも付属しているコスパも抜群の魅力高いおすすめ製品です。

2位:コロンビア シンプソンサンクチュアリー ウィメンズレインスーツ PL0125

コロンビア シンプソンサンクチュアリーウィメンズレインスーツ PL0125 M
コロンビア
販売価格 ¥11,566(2018年8月4日13時2分時点の価格)

こちらは、コロンビアのレディース向け人気製品。特徴は、オムニテック機能を採用することで優れた防水透湿性を発揮できるため、長時間の着用でもムレずに快適な着心地を持続できる点です。

他にもコンパクト収納、ベンチレーション、立体裁断、使い勝手のよいポケット、靴を履いたままでも着脱が簡単なサイドファスナーが裾に備えられたパンツなど、さまざまディテールにこだわった仕上がりが魅力のおすすめ人気製品。

1位:MIZUNO ベルグテックEX ストームセイバーV A2JG4A01

こちらは、MIZUNOの高機能・高品質の製品。特徴は、MIZUNOが独自に開発した防水透湿素材「ベルグテックEX」を採用している点。

高い撥水(100回洗濯しても水を弾き続けることが可能)・防水(傘の約60倍にあたる耐水圧30,000mm以上)・透湿力(約16,000g/m2/24h)を備えた優れものです。

さらに収納や軽量化、ベンチレーションポケット、ドローコードによる調節機能などディテールにもこだわった仕上がりが魅力。トレッキングレインスーツ選びに失敗したくない人は、絶対に満足できるジャパンブランドのおすすめ製品です。

トレッキングレインスーツをきちんと備えて安全に楽しもう!


今回は、トレッキングレインスーツについての役立つ知識と失敗しない選び方についてご紹介しましたがいかがでしたか?ついつい使用頻度が低いと軽視しがちな考えがちなトレッキングレインスーツですが、いかに重要なアイテムであるかをご理解いただけたのではないでしょうか。

おすすめは、やはり安心して使用できる高品質・高機能の製品です。トレッキング経験が少ないほど低価格の製品を選びがちですが、失敗しないように品質や機能性・使い勝手について入念な確認は欠かせません。

少々値段が高いと感じても万が一に十分な機能を発揮することができ、安全を確保できるのであれば安心料の1つと考えて投資するのもよいでしょう。

みなさんもこちらの記事を参考に、自分にぴったりのトレッキングレインスーツを備えて安全にトレッキングを楽しんでください!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 太もも ダイエット
  3. バスケ 男性 ドリブル
  4. バスケットボール シュート
  5. 空手 男性
  6. バスケ ダンク
  7. カヌー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP