テニス道具と女性用スポーツバッグ

テニスバックおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!種類の違いや選び方を教えます!オシャレなバッグもあります

 

みなさんはテニスバックをどのように選んでいますか?機能性、デザイン性、ブランドなどそれぞれの好みやこだわりがあることでしょう。今回は、テニスバックの種類と失敗しない選び方のポイント、人気のおしゃれなアイテムについてご紹介します。

はじめてテニスバックを選ぶ人も買い替えを考えている人もポイントをおさえて、自分にぴったりのテニスバックを見つけましょう!

テニスバッグの種類

一言にテニスバッグといっても容量や機能、デザインはさまざまです。こちらでは、ポピュラーな種類をいくつか特徴と一緒にご紹介しましょう。

ラケットバッグ

名の通りグリップまでのラケット全体がすっぽりと収まるタイプのバッグ。収納可能な本数は容量によって異なり、1本から15本用などの中から用途に応じて選びます。このタイプのバッグを選ぶときには、ポケットや仕切りなどで必要なアイテムを細かく分けて収納可能か確認しましょう。バックパックタイプの製品もあります。

バックパック(テニスバック)

背負うタイプのバッグなので荷物を持っても両手が自由に使えるのがメリット。

デメリットとしては、ラケットのグリップが外にでたままで収納する点です。悪天候時にはグリップが濡れてしまったり、グリップに汚れがある場合は目につきやすいということを覚えておきましょう。

トートバッグ

テニスのラケットが収まるタイプのトートバッグのこと。男性にも人気が高まっているタイプです。荷物が少ない人やコートまでの移動距離が短い人、自転車のかごに荷物を収めたいという人におすすめのタイプ。

トーナメントバッグ

トーナメントでのプレーに必要なアイテムを収めることのできる大容量のテニスバッグのこと。ラケットだけでなくプレーに必要なアイテムを一通り収納できるのが魅力です。

ボストンバッグ

ラケットを1本収められるタイプのバッグ。ラケットはラケットケースに入れて運ぶという人におすすめです。

テニスバッグの機能

テニス

テニスバッグには、ラケットを収納する他にもさまざまな機能があります。自分にぴったりのテニスバッグを選ぶためにも、テニスバッグの機能について理解しておきましょう!

素材への工夫

生地の耐久性や撥水性を高めることを目的にPUコーティングなどが施されている製品があります。

また、屋外にテニスバッグを置かなければならないときにはバッグ内の温度はかなり高くなる場合も。このような熱によるバッグ内のアイテムへの影響を防ぐためにサーモガードが採用されている製品もあります。

パーテンション

バッグ内の間仕切りのことです。パーテンションの位置が自由に変更できるタイプは、収納するアイテムの内容や量の変化にも対応できるおすすめの機能。バックを寝かせておいたときも、内容物が混同せずに取り出しやすいという長所もあります。

収納ポケット

ポケットの大きさや数、機能によっても使い勝手が異なることを覚えておきましょう。

収納ポケットの種類としては、デオドラント機能つきテニスシューズ用収納ポケット、サングラスやスマホのスクリーンを傷つけないように配慮されたトリコット素材のポケット、PCコンパートメントなどさまざまな機能を備えた収納ポケットがあります。

自立式

テニスバッグ自体がアイテムを収納した状態でも壁に立てかける必要なく、安定して自立できるように設計されているタイプ。移動時に床に置いても手で支える必要がなく、場所もとらないためスマートにテニスバッグを運ぶことができます。

また、必要物品の取り出しも容易な点がメリットです。

テニスバッグの選び方

テニスをする女子と空

デザインだけでなく種類も機能もさまざまなテニスバッグ。自分に最適のテニスバッグをスマートに選ぶためのポイントをこちらでご紹介します。はじめてテニスバッグを選ぶ人も、買い替える人も失敗しないためにも確認ポイントをおさえておきましょう!

用途と移動方法を考慮してバッグの種類を選ぼう

テニスバッグには、前述しましたようにバックパック、トートバッグ、トーナメントバッグ、ボストンバッグなどの種類があります。この種類を選ぶときのポイントは、テニスバッグの用途、コートまでの移動方法について再確認することです。

具体的には、テニスをいつプレーしたいのかを明確にすることでテニスバッグの用途が定まるはず。例えば「定期的に仕事帰りに直接コートへ立ち寄る」という人は、テニスのアイテムの他にも着替えや仕事道具も入る容量でポケットやパーテンションが充実したタイプがよいでしょう。

さらに通勤手段も公共交通機関を利用する人は、コンパクトかつ楽にテニスバッグを携帯できる自立式のものがおすすめです。

他にも「自宅から自転車で近所のコートに通う」という人は、テニスのプレーに必要な最低限のアイテムが入る容量が確保されていることに加えて、テニスバッグが自転車のかごに収まる大きさのトートバックか両手を使うことのできるコンパクトなバックパックを選ぶとよいでしょう。

収納アイテムの最良のコンディションを維持するには高機能がおすすめ

バッグのタイプが決まった後には、テニスバッグに備えられた機能について調べてみましょう!テニスバッグについての機能を見比べ、自分に最適の製品を選ぶのがおすすめです。

例えば、屋外で特に日中プレーする機会が多い人はストリングなどに熱の悪影響がでないように配慮されたサーモガードが採用されたものを選ぶとよいでしょう。

他にも「小物を探すことなく素早く出し入れしたい」「使い勝手がよいほうがいい」という人は、ポケットの数や位置、ポケットに備えられた機能が充実したものを選ぶのがおすすめです。

「快適に使用したい」人には、調湿機能をもつシリカゲルビーズなどのアクセサリが備えられているもの消臭機能のある素材を採用している製品をチェックしてみてください。

持ち運びやすさにも注目しよう

バッグのタイプにもよりますが、長時間徒歩でテニスバッグを運ぶ必要がある場合にはバッグの携帯方法や体への負担についても確認することが大切です。

例えば、バックパックタイプを選びたい人では肩当てのクッションに厚みがあるだけでなく、長さ調節や固定がしっかりできるものか確認しましょう。また、自転車やバイクで移動する人は、座った時に邪魔にならないようにバックが腰から上に収まるタイプのデザインがおすすめです。

他にも製品によっては背負う、横持ち、縦持ちの3wayの持ち運び方に対応している便利なものもあります。

迷ったときには口コミにも注目

ブランドや機能性の違いなどに疑問を感じたり、目移りしてなかなか選べないときには口コミを利用するのがおすすめです。実際に製品を手にした人ならではの細やかな情報が豊富にあります。

選び方に失敗しないためにも疑問や迷いをしっかり解消して、自分にぴったりのテニスバッグを手にしましょう!

テニスバックおすすめ人気ランキング10位~4位

こちらではおすすめ人気のテニスバックをランキング方式で特徴とあわせて詳しくご紹介します!

10位:MIZUNO テニスバック 63JD850187

MIZUNO テニスバック 63JD850187
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥5,960(2018年9月8日9時23分時点の価格)

こちらは、MIZUNOの2018.7発売のニューモデルテニスバック。特徴は、オシャレでスタイリッシュなデザインと前モデルよりもひとまわり大きい容量になり、使い勝手がよくなった点。好みに応じてカラーも2種類の中から選べます。

9位:Wilson テニス バンクーバー バックパック WRZ842796

こちらは、Wilsonのロゴがオシャレな2種類から選べるテニスバック。特徴は、テニスギアだけでなく学校や仕事道具までコンパクトに収納できる点。コスパも抜群と人気です。

8位:NIKE テニスバック 男女兼用 BA5452

NIKE テニスバック 男女兼用 BA5452
ナイキ
販売価格 ¥5,000(2018年9月8日9時5分時点の価格)

こちらは、NIKEの高機能テニスバック。特徴は、シンプルでオシャレなデザインにも関わらず、使い勝手にこだわった工夫があらゆる部位に施されている点。特にテニスラケット収納ポケットのクチにマジックテープベルトが備えられているため、ラケットを安心して運ぶことができます。

7位:Wilson テニスパック ツアーV ラージ ブルー WRZ844696

Wilson テニスパック ツアーV ラージ ブルー WRZ844696
Wilson(ウイルソン)
販売価格 ¥5,780(2018年9月8日8時58分時点の価格)

こちらは、鮮やかなカラーがオシャレで印象的なWilsonのテニスバック。特徴は、テニスバッックにも関わらずあらゆるテニスギアや必需品を便利に分けて収納できる点。オシャレなカラーに加えて使い勝手が抜群と人気の製品です。

6位:Babolat テニス バックパック グリップカバー付き BB753064

Babolat テニス バックパック グリップカバー付き BB753064
Babolat(バボラ)
販売価格 ¥6,926(2018年9月8日8時49分時点の価格)

こちらは、チェストベルトとウエストベルト付きのBabolatのテニスバック。特徴は、上質でシンプルなデザインと衝撃緩和素材を用いたパッドが採用されたタブレット収納ポケットが備えられている点。テニスギアに限らず内容物を安心して快適に運ぶことのできる人気の製品です。

5位:YONEX テニス バック テニスラケット2本用 BAG1869

YONEX テニス バック テニスラケット2本用 BAG1869
ヨネックス(YONEX)
販売価格 ¥6,343(2018年9月8日8時36分時点の価格)

こちらは、YONEXのフェイス面積120までのラケットがすっぽり入るタイプのテニスバック。特徴は、シンプルでオシャレなデザインと収納スペースが上下でに分割されている点。サイドポケットは500mlペットボトルが簡単に収納できます。

4位:prince ボストンバッグ OUTDOOR SERIES OD743 028

[prince] ボストンバッグ OUTDOOR SERIES OD743 028
prince
販売価格 ¥4,590(2018年8月20日7時3分時点の価格)

こちらは、テニスラケット2本を収納可能なボストンバッグタイプのprinceのテニスバッグ。特徴は、おしゃれなデザインと落ち着いたカラーバリエーション。テニスラケット収納部位のファスナーはロック可能なため安心して移動することができます。

テニスバックおすすめ人気ランキング ベスト3

こちらでは、高機能で長く愛用できるおすすめ人気製品をご紹介しましょう。テニスバック選びに失敗したくない人は必見です!

3位:NIKE テニスバッグ コート アドバンテージ バックパック BA5450

こちらは、NIKEの高機能テニスバック。特徴は、シンプルでオシャレなデザインとラケット収納ルーム、メインルームが分けられた構造で収納や使い勝手を追求した工夫が施されている点。テニスギアを快適に持ち運ぶことができるモデルです。

2位:YONEX テニスバックパック〔テニス2本用〕 BAG1858

こちらは、YONEXの高機能テニスバック。特徴は、上質でスタイリッシュなオシャレなデザインにも関わらず、収納や便利なポケットに使い勝手を追求した工夫が施されている点。タウンユースにも優れたモデルです。

1位:YONEX テニスバッグ バックパック(テニスラケット2本用)BAG1848

YONEX テニス バックパック テニスラケット2本用 BAG1848
ヨネックス(YONEX)
販売価格 ¥6,933(2018年9月8日9時40分時点の価格)

こちらは、YONEXのコンパクトなテニスラケット2本用のテニスバッグ。自転車やバイクで移動するときにも安全に使用できると好評なテニスバッグです。自転車やバイクなどでコートに通う人におすめです。

自分にぴったりのテニスバッグを選んで快適に!

今回は、テニスバッグの選び方について詳しくご紹介しました。テニスバッグを一言に表現してもデザインやカラーが豊富なだけでなく、備えられている機能もさまざまであることをご理解いただけたはずです。

「テニスバッグは他のスポーツバッグで代用するから大丈夫」と考えている人はバッグの使い勝手が悪いだけでなく、大切なアイテムを傷めてしまう原因にもなりかねませんので、専用のテニスバッグを準備することをおすすめします。

こちらでご紹介したことを参考に、自分にぴったりの機能を備えたテニスバッグを選んで、快適にプレーを楽しみましょう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. キックする前のラグビー選手
  3. タックするラグビー選手
  4. 柔道の試合
  5. プランクする男女
  6. フィールドホッケー
  7. ボクサー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP