雪山で写真

スキーグローブおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!こまめな手入れで肌に馴染む♪素材別の選び方とお手入れ方法も紹介

 

ウインタースポーツとして人気のスキー!雪山でグローブは必須アイテムです。寒さや凍傷などから手を守るだけでなく、転倒時の怪我からも守ってくれます。

そんなスキーグローブには様々な工夫(機能性)があります。また使用されている素材によっても特徴が大きく変わってくるので、使用素材は購入の際のチェックポイントになります。

国内では「デサント」「ミズノ」「ヘストラ」などが人気を集めていますが、どのメーカーのどんなスキーグローブがおすすめなのか素材から機能性、デザイン性など徹底比較していきます。

この冬は隙のない完璧なスキーグローブで、ゲレンデを思い切り滑走してみませんか?

スキーグローブの選び方

快適に使用できるスキーグローブを選ぶには、幾つかの確認ポイントがあります。自分のニーズに合わせて絞り込んでいく事で、着用時に快適な満足のいくスキーグローブを手にする事が出来るでしょう。

①スキーグローブの形を選ぶ

スノーボード、スキー道具

スキーグローブは大きく3つの形に分ける事が出来ます。それぞれに利点とデメリットがあるので自分が何を優先したいのかを決め、スキーグローブの形を決めましょう。

グローブタイプ(5本指型)

グローブタイプは一般的なスキーグローブで数も種類も多く、指先が自由に動く事が出来ます。手先を使った動作をしやすい反面、ミトンタイプやロブスタータイプに比べ保温性が低下します。

ミトンタイプ(2本指型)

熱が逃げにくく保温性が高いですが、指を使った動作が出来ない為、細かい動作が必要な際はグローブを外す事になります。

ロブスタータイプ(3本指型)

グローブタイプとミトンタイプの中間的な存在。販売数は比較的少ないですが保温性があり指を使った動作もある程度はこなせます。

②スキーグローブの素材を決める(アウター)

スキースロープ

スキーグローブの表面の生地を選ぶときは初心者なのか上級者なのかによっても大きく左右されます。

革素材

摩擦や衝撃に強く、使うほどに手に馴染んできます。しかし耐水性はなく手入れにも手間がかかります。転ぶことの多い初心者には不向きなタイプです。

高機能性素材

「WLゴア&アソシエイツ社」が製造しているゴアテックに代表されるような防水や透湿性に優れた素材を使っているものは、手入れも簡単で初心者から上級者まで使い勝手のいいものです。

また保温性に優れたダウンは水に弱く蒸れやすいものでしたが、プリマリフト(人口ダウン)は透湿性に優れたダウンとして注目されています。

③スキーグローブの素材を決める(裏地)

スキーグローブの内側、インナーは各メーカーが独自の生地を開発し様々な特徴の生地が使われています。特徴は断熱効果の高いもの、透湿性の高いものという事です。

一般的にはフリーズや未脱脂ウールなどが定番ですが、使用されている生地の量などによっても機能性に差が出てくるので、どの素材がいいと一概には言えません。

④タッチスクリーンなど必要な機能性を決める

近年はスマホ操作などが可能なスキーグローブも人気があります。ゲレンデでスマホ操作をする際に、いちいちグローブを外す手間が省け便利な機能です。

その他、スキーゴーグルの水滴を拭き取るワイパー機能が付いたもの出ています。さらに、今やほとんどのグローブについている機能ですが、での調節ベルトの有無も確認しておきましょう。

での調節には元々内蔵しているゴムによるもの、その側にベルトが付いているタイプなどがあります。

セパレートタイプなら利点が多い

スキー場、ゲレンデ

スキーグローブには一体型と呼ばれるタイプと、セパレート型と呼ばれるインナーとアウターが別々になっているタイプがあります。

一体型の場合グローブ内で指が滑りにくく使いやすいというメリットがありますが、保湿性は比較的低くなります。

一方セパレートタイプは汗をかいてもインナーだけ交換でき、気候に合わせアウターのみ、インナーのみの使用が出来ます。また保温性が高いのも特徴です。脱いだ際に紛失しやすいというデメリットもありますが、リーシュコードでつないでおけば問題ないでしょう。

スキーグローブの手入れ方法

炎天下で坂を下るスキーヤー

スキーグローブに使用されている素材によってグローブの手入れの方法が変わってきます。基本的に革素材は洗剤の使用はNGです。布で汚れを拭きとり革専用のクリームで脂分を塗りこみます。

その他のグローブに関しては使用後、乾いた布で拭き取り乾かせばOKです。セパレートタイプのインナーグローブは汗などで汚れやすい為こまめに水洗いをしましょう。またシーズンオフのスキーグローブは水洗いをして保管します。

  1. ぬるま湯に中性洗剤または専用洗剤を入れる
  2. グローブを中に入れて軽めに押し洗いをする
  3. しっかりとすすぐ
  4. タオルで水分を拭き取る
  5. 直射日光の当たらない場所に干す

洗う際も水分を拭き取る際も、強く絞らないように気を付けましょう。撥水性などの機能を低下させないように、あくまでも優しい手入れを心がけます。

スキーグローブおすすめ人気ランキング12位~8位

人気ブランドデサントは3本指タイプ、5本指タイプがランクインしています、。機能性に優れたトーバーとも人気があります。

12位:DESCENTE 3FINGER GLOVE

デサント(デサント) 3 FINGER GLOVE DGL-7014 MBL メンズ ミトングローブ (O)
デサント(DESCENTE)
販売価格 ¥5,840(2018年8月8日11時13分時点の価格)

3本指ロブスタータイプのスキーグローブです。素材は合成皮革、4方向に伸縮可能な2WAYストレッチツイルを使用。スポーツを遊ぶというコンセプトを掲げているデサントらしく優れたデザイン性を持っています。

ヒートナビ採用で太陽光を集め熱に変えるので保温力が高く裏地はポリエステル使用、一体型の使いやすいグローブです。

11位:REUSCH スキーグローブ

ロイッシュ独自の最先端素材は、防水防風に優れつつも水蒸気は通過させるという高技術によって蒸れないグローブを作り出しました。

レース用につくられたもので薄手なのに耐久性に優れている点も高ポイントです。手の調節は太めのマジックで簡単に調節可能です。

10位:DESCENTE スキーグローブ DGL-6013

DESCENTE(デサント)メンズ グローブ スキーグローブ 手袋 DGL-6013 BLK O
デサント
販売価格 ¥5,800(2018年8月8日11時21分時点の価格)

ヒートナビを採用し保温性の高い5本指タイプのスキーグローブです。裏地は耐水性、透湿性を兼ねそなえたポリウレタン素材を使用しています。

また臭いの原因である殺菌の繁殖を抑止してくれるので、汗の臭いが気になる人にもおすすめです。

9位:X.A スキーグローブ

立体裁断シルエットを使用した手にフィットしやすいグローブです。ナイロン素材を採用する事で防水性を上げ、中綿が入っているので保温性も抜群です。

手のひらに滑り止めのPUラバー加工を施しており、グローブを装着したままの作業がしやすくなっています。またカフ部分が長く手首からの寒気の侵入をガードしてくれます。

8位:TAUBERT スキーグローブ17‐18トランスファー

トーバードの人気モデルトランスファーシリーズのスキーグローブです。防水に優れ中の湿気は外に逃がす構造になっており、汗を気にせず快適に使用できます。手の甲にポケットもついた珍しいデザインも人気の一つですね。

またスマートフォン対応の指先でグローブをつけたまま、スマホ操作が可能です。

スキーグローブおすすめ人気ランキング7位~4位

7位~4位は機能性が高いものがランクインしています。やはり現代はタッチパネル対応のスキーグローブが人気ですね。

7位:PONTAPES スノーグローブ

スキーグローブでは珍しい全20色とカラバリ豊富なスキーグローブは優れた透湿防水素材を使用し、フリース素材のインナーが付いたセパレートタイプになっているので濡れてもインナーのみ取り外し乾かすことが可能です。

またグローブの内側と指先部分にラバーを使用しているために滑り止め効果が高くグリップしやすい特徴もあります。

6位:Terra Hiker 防寒グローブ

タスラン生地を使用する事で、高い撥水防水効果と耐摩耗性に優れたスキーグローブです。シンサレート(断熱素材)を使用する事で高い保温性もあります。また人間工学にそったデザインは、グローブの装着感をより自然なものにしてくれますね。

グローブ内の湿気は外に逃がす構造になっているので、快晴の日のゲレンデでも汗を気にせず着用できオールマイティな使用が出来る商品です。

5位:DAKINE ミトン AH-237-713

DAKINE(ダカイン) <メンズ> ミトン 透湿 防水 (GORE-TEX® 採用) [ AH237-713/IMPREZA MITT ] スノーボード 手袋 AH237-713 WAT M
DAKINE(ダカイン)
販売価格 ¥6,310(2018年8月8日10時48分時点の価格)

国内人気ブランドミズノの2本指ミトンタイプのスキーグローブで、インナーが付属したセパレートタイプになっています。

最高水準のゴアテックをインサート部分に使用し高い防水透湿性を誇りにつでもトライな使い心地が特徴です。また親指にゴーグルワイパー機能があり、インナーはタッチスクリーン対応の素材を使用!高機能で人気の商品です。

4位:SALOMON スキーグローブ JP

アドバンスドスキンドライ構造で内部の湿気を逃がしつつ、防水効果を上げています。カフ部分は短めに作られておりウェアインにちょうどいいサイズです。表面は耐久性の高いポリウレタンを使用し伸縮性にも優れているのでストックのグリップがしやすいと人気を集めています。

タッチパネル対応になっているので、インしたグローブを外さずにスマホ操作が出来るのは嬉しいポイントです。MからXLのサイズ(日本規格)がありますが、指部分が短いと感じる人もいるようなので、購入の際はサイズに注意が必要です。

スキーグローブおすすめ人気ランキング3位~1位

3位~1位には人気ブランドミズノやヘストラがランクインしています。1位は購入しやすく機能性の高いお手頃なグローブとなりました。

3位:MIZUNO スキーウェア 5本指グラブ 

ミズノの5本指タイプのスキーグローブはブラックとペイパーシルバーの2色展開です。ミズノのブレスサーモとリフレクションギアを採用する事で、湿気を吸収し発熱しつつグローブ内部で熱を反射するのでWの保温効果を得る事になります。

冷えやすい指先は4層構造になっており、甲の部分にパットも入っているので転倒時などのショックも軽減されるでしょう。

2位:HESTRA 3-FINGER GTX FULL LEATHER 

HESTRA(ヘストラ) 3-FINGER GTX FULL LEATHER 100 Black 5
HESTRA
販売価格 ¥18,360(2018年8月8日10時36分時点の価格)

人気ブランド「ヘストラ」の3本指ロブスタータイプのスキーグローブです。一体型の構造で高水準のゴアテックを採用、高い防水性と透湿性が人気です。ブラック、ネイビー、レッドの3色展開でどれもブラックやグレーを基調にした上品なデザインとなっています。

手首部分位は簡単に調節可能な太めのバントが付いており、手首部分からの雪の侵入をブロックしてくれます。

1位:Motomo スキー手袋グローブ

ブルー、レッド、ホワイトなどの8色展開でアウター部分は撥水加工されているナイロン素材です。裏地にはボア素材、フリース素材を使用し熱を逃さない構造になっています。

立体縫製されたデザインは手にフィットし動かしやすさを上げています。お手頃な価格なのでカラバリを楽しめるグローブでもあります。利用者の中には防寒性が低く感じるという声もあり、着用は晴天時に適しているようです。

クールなスキーグローブをパートナーに雪山を制覇しよう!

スキー板を持つ男性

スキーグローブは各メーカーが素材を競うように毎年新モデルが発表されています。高機能素材は手入れも簡単でタッチパネルや透湿性など、雪山で快適に過ごせる条件がそろっています。

自分の手にしっくりとフィットする、好きなデザインのスキーグローブを見つけ雪山を爽快に滑り降りましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. フィールドホッケー
  5. キックする前のラグビー選手
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP