家族スキープレーヤー

スキー用ヘルメットおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!自転車用での代用はココが危険!種類と選び方を徹底解説

 

スキー用ヘルメットは海外では常識ですが、日本国内ではいまだ少数派です。しかし近年ヘルメットはCOOL!という見方が広まり愛用者が増えています。

国内で人気のブランドは「SWANS」「GIRO」「ANON」などがあげられます。中でも日本人の頭のサイズに合うヘルメットを商品化しているGIROは多くの愛用者がいますね。

雪山でのヘルメット着用はベストチョイスではないでしょうか。プレー中の怪我から頭部を守るスキーヘルメットの種類から選び方、おすすめランキングまでその魅力をたっぷりとお届けします!

スキー用ヘルメットの選び方

スキー用ヘルメットは頭部を守るという役割の他に防寒の役割も担っています。一般の路上使用のヘルメットとは選ぶ条件が異なってくるので注意が必要です。

スノーボードをする男性

自分の頭のサイズにフィットし軽いものを選ぶ

ヘルメットはデザイン重視で選ぶと、日本人の頭にフィットしないものが多いというのが現状です。見た目よりもフィット感(安全性)を重視しましょう。

大き過ぎるものは転倒時の衝撃を和らげる事が出来ず、下手をすれば脱げてしまいます。ビーニーなどをアンダーとして被る場合は少しだけ大きめのサイズを選ぶといいでしょう。ダイヤルで細かく調節可能のタイプもあるので帽子をインしたい人は調節出来るタイプがおすすめです。

またヘルメットの重量はなるべく軽いものがおすすめです。被っていて重さを感じるヘルメットは無駄な疲労感にもつながり、持ち運びにも向いていません。しかし軽いだけの安いヘルメットは安全性に乏しく、転倒時の衝撃に耐えられないというデメリットも……。軽量かつ耐衝撃に優れたヘルメットを選びましょう。

通気性・透湿性の優れたものを選ぶ

ヘルメットに通気性のないものは、使用していると汗だくになってしまいます。スキーは運動量も多くビーニーをかぶっていても蒸れが気になる事があります。ましてヘルメットなら尚更です。

通気性や透湿性の優れたヘルメットを選びましょう。しかし気を付けておきたいのが通気性がいい=保温性が下がるという方程式、その為人気のスキーヘルメットは各メーカーが独自の技術で通気性、保温性共に優れている商品を生み出しています。

さらに注目したいのがベンチレーションです。ヘルメットは通常ゴーグルと併用しますが、ゴーグルが曇りにくい設計(ベンチレーション)をしているヘルメットがおすすめです。中にはベンチレーションを自分でコントロール出来るヘルメットもあります。

保温性の高いものを選ぶ

スキー場にいる男性

スキーヘルメットはいうまでもなく、帽子よりもはるかに温かく保温性に優れています。ビーニー系の帽子をインすれば保温性は上がりますし、ヘルメット自体で耳までしっかりカバーするイヤーパッド付のヘルメットもあります。

ヘルメットについているイヤーパッドは取り外し可能なタイプもあり、中にビーニーなどの帽子をインする時があるという人は、イヤーパッドが取り外して使用できるヘルメットを選びましょう。

安全性が高く評価され衝撃に強いものを選ぶ

スキーヘルメットを選ぶ際に最も重視すべき点は安全性です。安全性は安全の基準をクリアしているかどうかで判断可能ですが、日本国内にスキーヘルメットの安全基準は今の所ありません。

確認するのはヘルメット内部にある表記で「ASTM」というアメリカの安全基準、「CE」というヨーロッパの安全基準の文字があれば問題はないでしょう。

スキー用ヘルメットの種類

スノーボードでジャンプする人

スキー用のヘルメットの種類は「レーシングモデル」「フリースタイルモデル」の2種類になります。通常のゲレンデで使用するのはフリースタイルモデルの方です。

レーシングモデルのヘルメットはその名の通り、高速での競技などに使用するもので後頭部からのホールドが大きく頭全体をしっかりと覆い、強い衝撃から頭を守ります。

またフリースタイルモデルは、軽量の物が多く頭や耳を覆ってくれます。レーシングモデルは耳まで硬いヘルメットに覆われているのに対し、フリースタイルモデルは通常イヤーパッドなどのクッション性の高い素材でカバーされています。

またフリースタイルの方は保温性や通気性など快適に被るための工夫も多くされているので、通常のスキーヤーはフリースタイルモデルを選ぶ人が多いようようです。

自転車用のヘルメット使用の危険性

自転車のライトスキーヘルメットを探す上で多くの質問が寄せられますが、その中でも多くの人が「自転車用のヘルメットを使用してはダメ?」と言っています。その答えは……自転車用のヘルメットをスキーで使用するのはNG!です。

  • 保温性が無く寒い
  • 構造が違う
  • ゴーグル止めなどの機能性が違う

といった事があげられます。見てわかるように自転車用のヘルメットは通気性がよく大きな通気口がいくつも空いています。またイヤーパッドもついていません。雪山で使用するには保温性が少な過ぎます。

また走る際の風抵抗を無くす為に前や後ろに流線形の長さを出したものが多く、雪山での転倒の際はかなり危険といえるでしょう。

そしてスキーヘルメットに使われている数々の機能を兼ね備えてない事があげられます。ゴーグルに合っていない、ゴーグル止めがついていないなど不便に感じる事でしょう。スキーヘルメットは頭を守る大切なアイテムです、他の物で代用するのは大変危険なのでやめましょう。

スキー用ヘルメットおすすめ人気ランキング10位~7位

10位から7位は日本人の頭にちょうどフィットするアジアンフィットのヘルメットが多くランクインしています。フィット感を重視したヘルメットが人気ですね。

10位:ANON HELO アジアンフィット

頭部外周55cmのSサイズから63cmのXLサイズまで対応しています。370gと軽量で、ASTM2040認証の安全性も高いスキーヘルメットです。

アジアンフィットの名の通り日本人の頭にフィットしやすいと人気を集めています。パッシブベンチレーションで前方向から後方に空気を流し、ゴーグルを曇らせる事もありません。また吸汗性と保湿性が最高レベルである事もおすすめしたいポイントです。

9位:GIRO スキーヘルメット アジアンフィット

人気ブランドGIROは、CE-EN1077安全基準をクリアしたヘルメットです。ヘルメット自体を縦方向に調節できるバーチカルチューイングが付いているのでゴーグル着用時の無駄な隙間が出来にくくなっています。

またゴーグルの曇りを抑える為に独自開発したスタックベンチレーション、ヘルメット内部の蒸れを外へ逃がすサーモスタットコントロールなど機能性が充実しています。

8位:SMITH ジャパンフィットスキーヘルメット

SMITH(スミス) MAZE ASIANFIT メイズ アジアンフィット 03-MATTE_HIGH_FIVES L(63-67) ジャパンフィット スノーボード スキー ヘルメット
SMITH(スミス)
販売価格 ¥17,572(2018年8月9日1時11分時点の価格)

スミスブランドからもアジアンフィットモデルが出ており、人気を集めています。取り外し可能なイヤーパッドやゴーグルロック、そして優れたベンチレーションシステムでゴーグルの曇りを予防します。

ヘルメットの強度基準ASTM、CEをクリアしつつ350gという軽量化に成功しています。スミスブランドはゴーグルとの相性が大変優れたプロダクトデザインになっています。ゴーグルとヘルメットの組み合わせで購入する事をおすすめします。

7位:DAINESE D-SHAPE HELMET

DAINESE(ダイネーゼ) D-SHAPE HELMET 4840300 001-BLACK L (60-61cm)
DAINESE(ダイネーゼ)
販売価格 ¥18,483(2018年8月9日1時6分時点の価格)

頭頂部には自分で通気性を調節できる大きな開閉式エアベンチレーションがあります。コントロール可能なベンチレーションですが、CE-EN1077の安全基準をクリアしており安全性も高いヘルメットです。

またヘルメット後頭部にはフィット感を高くするサイズ調整ローターがついていて、簡単にサイズを微調節出来るのでビーニー着用時などの微調整が出来るのは嬉しいですね。

スキー用ヘルメットおすすめ人気ランキング6位~4位

6位~4位はメーカー独自の技術によってフィット感がより高く、機能性も充実しているヘルメットがランクインしています。優れたフィット感によって高い安全性を確保しています。また個性的なカラーのヘルメットに人気が集まっているようです。

6位:Unafreely スキーヘルメット

ヘルメット前部分に開閉可能な通気孔が付いており、ゴーグルの曇りを防ぐとともにヘルメット内部の保温機能を自分で調節可能です。ヘルメット内部は着脱可能で洗濯も出来るので、直接ヘルメットを着用する人もいつでも清潔に使用できます。

またゴーグルロックや取り外し可能なイヤーパッドがついて、CE-EN1078、ASTM2040、CE-EN1077など安全基準をクリアした機能性の高いヘルメットです。ピンクやグロスブルーなどヘルメットにしては珍しいカラバリが多いのも特徴的です。

5位:GIRO レッジ ミップス ヘルメット

ジロ レッジ ミップス メンズ ヘルメット Matte Marine LEDGE MIPS L
ジロ
販売価格 ¥14,800(2018年8月9日0時59分時点の価格)

MIPS搭載の次世代型へルメットは多方向からの衝撃に強く、レーシングモデル並の耐衝撃性を兼ね備えています。バーチカルチューニングで縦方向へのサイズ調節が可能、オートロック2フィットシステムによって自動で頭部にフィットしてきます。

また優れたベンチレーション、取り外し可能なイヤーパッドなど機能性も充実しCE-EN1077の安全基準をクリアした人気ブランドのヘルメットです。独特のレトロカラーも個性を生み出していると話題になっています。

4位:SWANS HSF-200L MAOR

スワンズ(スワンズ) スワンズ SWANS HSF-200L MAOR メンズウインター小物 マットオレンジ ヘルメット (Men's、Lady's)
SWANS
販売価格 ¥12,852(2018年8月9日0時56分時点の価格)

スワンズはヘルメット自体が頭にフィットする為に変形するという新しい発想の元ヘルメットを作り出しています。内部のEPS発泡ライナーが2層構造になっていて頭部へかかる衝撃をしっかり受けとめます。

またCE-EN1077の安全基準をクリアし、取り外し可能なイヤーパッド、ゴーグルストッパーなど充実した機能が搭載されています。エアインテークホールの採用でヘルメット内部の蒸れを抑えてくれるのもポイントです。

スキー用ヘルメットおすすめ人気ランキング3位~1位

上位3位は機能性、安全性はもちろん装着時の快適さも満足出来るヘルメットが人気を集めています。見た目の良さからカラーはやはりブラックがダントツの人気となっています。

3位:ANON ヘルメット HELO2.0

18-19 ANON (アノン) ヘルメット HELO 2.0 BLACK XL (63-64) 152331 ヘロー スノーヘルメット スノーボード スキー
anon.(アノン)
販売価格 ¥19,827(2018年8月9日0時53分時点の価格)

Boa180°インシェルフィットシステム搭載でダイヤルを回せば、関単に頭部へジャストフィットしてくれます。安全基準の高いヘルメットはヘルメットバックルが硬く、なかなか外れないといわれていますが、Fidlockスナップを用いる事でグローブを着用したまま簡単に着脱する事を可能にしました。

ASTM2040、CE1077Bの安全基準をクリアし、保温性や吸汗性にも定評があります。またヘルメットの装着感が気持ちいいと人気を集めているようです。

2位:SWANS フリーライドヘルメット HSF-150

レーシングモデルのように頭部を360°、全体を覆い保護するフリーライドヘルメットで、ダイヤルを回すことで頭部へのフィット感を高くしていきます。CE-EN1077の安全基準をクリアした安全性の高いヘルメットです。

またベンチレーションやゴーグルストッパー、取り外し可能なイヤーパッドなど充実した機能性を持ち国内のみならず海外でも人気の国産ブランドヘルメットです。国産ブランドは日本人に合った設計でつくられているので、フィットしやすいという特徴があります。

1位:ウルトラスポーツ スキーヘルメットレースエディション

ウルトラスポーツ スキー・スノーボードヘルメット レースエディション、ミディアム
ウルトラスポーツ(Ultrasport)
販売価格 ¥3,064(2018年8月9日0時45分時点の価格)

数ある有名ブランドを抑えおすすめ1位を獲得したのはウルトラスポーツのヘルメットです。軽量構造でEN1077の安全基準をクリアしています。大きな特徴は無段階調節で、頭部にしっかりフィットする設計。

ストラップは丈夫な構造になっており、ヘルメットの固定を安定させています。取りはずし可能なイヤーパッドにエアースロットを用いることで通気性を良くし蒸れずに快適な滑りを楽しめます。マットな色合いがかっこいいという声も寄せられています。

安全で蒸れないヘルメット!見た目も重視したい

炎天下で坂を下るスキーヤー

国内では、少し前までスキーヘルメットは「ダサい」というイメージを持たれていました。しかし海外から来るスキーヤー達の影響で、現在はクールでかっこいい!という印象に変わっています。

スキーヘルメットは安全性や機能性はもちろんの事、デザイン性も重視して選びたいものです。近年では各メーカーが競ってより高度なヘルメットを発売しているので選択の幅も広がり、雪山のゲレンデで個性が光るアイテムの1つになりそうです。快適なヘルメットを装着し思い切り風を切ってゲレンデを滑走しましょう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP