サッカーラダートレーニング

【サッカー】ラダーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!トレーニングメニューによって得られる効果とは?選び方も解説

 

サッカー上達の為にはラダートレーニングが欠かせません。子供からプロまで愛用しているラダー」ですが、具体的にはどんなトレーニング効果が得られるのでしょうか?

スポーツをサポートするLICLI(リクライ)やTANI(タニ)、GronG(グロング)など多くのメーカーが特徴あるラダーを販売していますが、ラダーならどれでもいいというわけではありません。

トレーニング効果をしっかりと出せるラダーの選び方を詳しく解説!ランキングでお届けします。またラダートレーニングで得られる効果も抑えておきましょう。

サッカートレーニング用ラダーの選び方

サッカー上達の為に取り入れたいラダートレーニングですが、選ぶべきラダーとはどんな条件のラダーでしょう。

初心者の人は特に、見た目に大きな特徴のないラダーはどれも同じに見えてしまうかもしれません。

しかし、選んだラダー次第でトレーニング効果に差が出てしまうので、ラダー選びは慎重に行ないましょう。

①ラダープレートに厚さがあるものを選ぶ

トレーニングラダー

サッカーのラダートレーニングには、平らで薄過ぎるラダーは不向きです。収納時や持ち運びは薄い方が楽ですが、踏んでも感覚がないのでトレーニングへの集中力や緊張感が減り効果も少なくなってしまいます。

ラダーを選ぶときは、立体感のあるもの、またはフラットでも4mm程の厚みのあるものがおすすめです。

厚みのあるラダーなら地面を押す力がしっかり意識出来、も上がりやすくなるでしょう。

②長さが4m~5m程のものを選ぶ

サッカー アンダーシャツ

ラダーには様々な長さがありますが、あまり長いものはおすすめ出来ません。

ラダートレーニングに求められているのは、持久力ではなく瞬発力やスピード系です。その為長すぎるラダーを使用すると集中力が低下し、本来向上させたい瞬発力などが付きにくくなるのです。

集中力を失わずに、細かい動きを脳と連動させるには4m~5mの長さを選ぶようにしましょう。

③マス目は自分のレベルに合わせて!調節できればベスト

サッカー

トレーニングの性質上、ラダーのマス目は狭くなるほど難易度が高くなってきます。一般的な目安として子供の場合35㎝~45㎝、大人は40㎝~50㎝となっています。

しかし、突き詰めていくとトレーニングメニューによって適切なマス目が変わり、同トレーニングでもレベルが上がればマス目は狭く設定すべきです。

そこでマス目が調節出来るタイプならば、どんなトレーニングにも対応出来るのでおすすめです。

④持ち運びの便利さを考慮する

ラダーを使ったトレーニングをする際に、持ち運びの便利さや収納しやすいかどうかも確認しておきましょう。

ラダーの出し入れに手間がかかるようでは、せっかくのトレーニング時間が無駄になってしまいます。

また持ち運びが楽なものなら、グランドや公園などに持参しトレーニングをしやすくなります。

ラダートレーニングによって得られる効果

サッカー場の男性

サッカーという競技においてクイックネス(俊敏性)アジリティ(敏捷性)はとても大切な要素になります。

ラダーを使用したトレーニングでは素早く複雑な動きを正確に行う事で、クイックネスとアジリティを鍛える事が可能です。

クイックネス(俊敏性)を鍛え加速力を発揮する

ラダートレーニングによってクイックネスが鍛えられると、素早い動きが出来るようになりフェイントやカットイン、そしてスピードのあるドリブルなどに応用出来ます。

クイックネスのトレーニングでは「速さ」に集中する事、出来る限りのトップスピードでステップを踏んでいく事がポイントです。

このクイックネスのトレーニングは、アジリティの基礎とも呼べるものでクイックネスがなければアジリティも上達しないでしょう。

アジリティ(敏捷性)を鍛えスピードある正確な動きを手に入れる

ラダートレーニングはサッカーに必要な「正確な動き」も鍛える事が可能です。スピードがあっても正確さに欠けるプレーは意味がありません。

アジリティは速さに正確さがプラスされた動きです。体を細かく正確にコントロールしプレーをより確実なものへ導いていくのです。

アジリティのトレーニングでは、トップスピードでかつ正確なステップを踏んでいきます。また方向転換なども取り入れより正確なステップを目指します。

初心者でも挑戦したいドリブル技「ダブルタッチ」「シザースフェイント」そしてジダン選手が得意とする「マルセイユルーレッット(国内ではヨコハマルーレットとして有名)」などもアジリティトレーニングが基本になります。

そしてアジリティのトレーニングに必要なのが、上記したラダープレートの厚みになります。踏んだのかどうか判断できない薄さではアジリティのトレーニングが出来ません。

【サッカー】ラダーおすすめ人気ランキング10位~7位

人気のあるラダーはどれも収納袋が付き、持ち運びの点も重要視されています。

基本は5m前後がおすすめですが、連結可能なラダーなどは繋いで使用しトレーニングの幅を広げてもいいでしょう。

10位:SPEEDMARK 瞬速 動画マニュアル付 ラダー 

プレート幅41cm×2cm、硬く粘りのあるポリプロピレン素材で作られ踏んでしまっても壊れにくい特徴を持っています。

またラダーが浮きにくく、柔軟性のある帯なので芝や屋内など場所を選ばず使用可能。連結が出来る構造で複数購入すればトレーニングの幅も広がるでしょう。

YouTubeにてマニュアル動画を見る事が出来ます。収納袋が付いている点も人気です。

9位:トレーニングラダー 6m コーン20枚付き ESTR-001

トレーニングラダー 6m コーン20枚付き ESTR-001
eSPORTSオリジナル
販売価格 ¥2,980(2018年8月27日10時49分時点の価格)

ラダーサイズ42cm×600cm、ESPORTSのラダーとマーカーコーンのセットです。コスパがよく壊れにくいと人気を集めています。

プレート部分が可動式になっており、自分のレベルやトレーニング内容に合わせてプレート間を設定出来ます。

また連結が可能な構造なので、複数購入する事で円状トレーニングなどを行う事も出来、収納袋もついているので持ち運びにも便利ですね。

8位:FIELDOOR トレーニングラダー 収納袋 & マーカーコーン10個付き

FIELDOOR トレーニングラダー 約5.5m 収納袋 & マーカーコーン10個付き
コンポジット
販売価格 ¥2,200(2018年8月27日10時47分時点の価格)

FIELDOORのラダーはラダーサイズ42cm×543cm、ラダープレートは可動式で自分の好みの間隔に設定可能です。

さらに壊れにくいマーカーコーンが10個セットになっているので様々なトレーニングメニューを可能にしています。

セットしやすく、片付けも楽という意見が多く寄せられています。収納袋もついたコストパフォーマンスのいい商品です。

7位:スティックラダー SC000141

スティックラダー SC000141
シェイプショップ
販売価格 ¥4,480(2018年8月27日10時46分時点の価格)

基本系のラダーを超えた実践トレーニングが出来るラダーです。スティックタイプになっており様々な角度、幅、長さにセッティング可能。

サイズは 幅3cm×高さ1.3cm×長さ40cmの12本。収納ケースもついてコンパクトに持ち運びが出来ます。

梯子タイプよりも使用しやすいと多くの支持を得て、アスリートから初心者まで広く使用できるラダーとなっています。

【サッカー】ラダーおすすめ人気ランキング6位~4位

上位はプレートがズレにくい構造になっているラダーが選ばれています。

確かにトレーニング時に設定や直しに時間や手間を取れるのは、もったいないですね。

6位:STRADE トレーニングラダー アジリティラダー

弾力の強いポリプロピレンを使用しスパイクで踏んでも破損しずらい作りになっています。

またプレートはベルトを引くだけの簡単動作で可動式の為、子供でもプレート間調節が可能です。トレーニング内容に合わせ素早く設定出来るのも魅力的ですね。

ラダーをバラバラにして収納できるので、使用時に絡まり時間を取られる事がありません。屋内、屋外問わず使用可能ですが、風の強い日は飛ばされやすいとの声もあるので使用時には注意が必要です。

5位:GronG(グロング) トレーニングラダー 7mアジリティラダー

ラダーサイズ41.5cm×700cm、プレートの厚みが4mmとアジリティトレーニングに向いているラダーです。

プレート間は調節可能で二重の帯設定になっているので、使用中にズレにくく好みの幅でトレーニング可能です。

連結部分は留め具式になっており、複数購入で簡単に長さを調節出来様々なトレーニングシーンに応用できますね。収納袋もついた人気商品です。

4位:LICLI ラダー トレーニング プレート 収納袋付き 

ブルー、レッド、イエローと3色展開しているデザイン性の高いLICLIのラダーです。

帯が二重になっており、プレートのズレが起こりにくく複数人数でのトレーニングにも向いています。

プレート間も自由に設定可能、連結はボタン式で簡単に接続出来ます。長さも5m、7m、9mと豊富に揃っており、洗濯が出来るというのも大きなポイントではないでしょうか。

【サッカー】ラダーおすすめ人気ランキング3位~1位

上位3位は機能性が充実し、持ち運びもスムーズに行えるラダーが選ばれています。

高機能、高品質、更にコストパフォーマンスもいいですね。

3位:トレーニング ラダー 、マーカー コーン セット

トレーニング ラダー 7m / 5m マーカー コーン 10個 セット !! サッカー など あらゆる スポーツ の 基礎 作りに!! 長さ 調節 可能 ! 収納 袋 付
SPORTGEAR
販売価格 ¥2,350(2018年8月27日10時37分時点の価格)

ラダーサイズ50cm×700cmと幅が広く使用しやすいラダーです。プレート間は自由に設定可能、収納時は付属の収納ケースにコンパクトに保管が出来ると人気を集めています。

またマーカーコーンが10個ついているので、多様なトレーニングに活用出来ます。

踏んでも壊れにくく屋内、屋外双方で利用可能です。売り切れ続出の商品なので購入の際は注意が必要です。

2位:GronG(グロング) トレーニングラダー 5mアジリティラダー

5位で紹介したグロングのラダー5m版です。カラーはレッドとイエロー、サイズは41.5cm×500cm、プレート厚み4mmと使い勝手のいいサイズです。

プレートのズレを抑える為に帯は二重になっています。またラダープレートの内側長さが36cmと設定されており、ラダートレーニングについて導き出されたベストサイズとなっています。

収納袋付き、連結ボタン付きと多機能な点も魅力です。

1位:Sutekus ラダー トレーニング 野球 サッカー 7メートル プレート 

プレートサイズが幅2cm×長さ41cm、厚さ4mmと使いやすく、全体の長さは7mです。

プレートのズレを抑える為に帯が二重構造で作られ、持ち運び時にも便利なコンパクト収納。専用の収納袋もついています。

プレート間は可動式で簡単に調節可能、また連結部分もボタン式で購入本数を増やせば自在に長さを変える事が出来ます。

多機能で丈夫、更にコストパフォーマンスの高さから多くの支持を集めるラダーとなっています。

効率よくラダーを使用してサッカーテクニックを上達させよう

サッカーボールとサッカースパイク

ラダーを使用したアジリティ―やクイックネスのトレーニングは、サッカーの動き、技の基本になるものです。

使いやすいラダーを選んで、効率性の高いトレーニングを積んでいきましょう。アジリティが高くなれば、難易度の高いドリブル技も難なくこなせるようになるのではないでしょうか。

トレーニングやアップにラダーをどんどん活用し、ワンランク上のサッカープレイヤーを目指しましょう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP