ヘッドバンドをしたバスケット選手

バスケ用ヘッドバンドおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!装着する意味とは?3つの効果を解説!選び方や男女別の着け方も

 

NBAのバスケ選手でヘッドバンドをしている人を多く見かけます。その影響もあって、パスケの試合などでヘッドバンドを着用する中高生も多くなっています。

ヘッドバンドを装着する意味と効果、選び方やおしゃれで効果的な着け方までチェックしてみましょう。おすすめヘッドバンドランキングもご紹介しています。

ヘッドバンドを装着する意味と3つの効果をチェック

ヘッドバンドを装着する人の中には、装着する意味もわからず「有名な選手が着けているから」「部内で流行っているから」という理由で付ける人もいます。実はヘッドバンドには装着する意味があります。どのような意味があるのかチェックしてみましょう。

ヘッドバンドを装着する3つの効果とは?

ヘッドバンドを装着することには以下の3つの意味・効果があります。

  • 汗が顔に流れてくるのを防ぐ働き
  • 髪の毛を止めておく働き
  • おしゃれのため

流行っているからというのも立派な理由

「部活やチーム内で流行っているから」というのもヘッドバンドを着ける立派な理由です。ですが3つの効果をしっかり意識するとヘッドバンドの良さを最大限に活かすことが出来ます。

ヘッドバンドを装着する3つの効果をチェック

バスケットボールとシューズヘッドバンドの持つ3つの効果「汗を止める」「髪の毛を止める」「おしゃれ」の3つを詳しく見ていきましょう。

汗が顔に流れてくるのを防ぐ

バスケットボールに限らず、球技では瞬間的な判断が必要です。そのときに汗が額から流れ落ちてくると非常に不快ですし、場合によっては汗が目に入ってしまうこともあります。

汗が目に入ると瞬間的な判断や動作をするのは不可能ですから、ヘッドバンドで汗を止めるというのは非常に重要です。プロ選手の中にはスキンヘッドの選手もおり、スキンヘッドや坊主頭の場合は髪の毛の長い人以上に汗が流れてきてしまいます。

髪の毛を止めておく

男女問わず、髪の長い人はプレー中に前髪が目の前にかかったり、目に入ってしまったりします。そういうときにヘッドバンドをして髪の毛を止めておけば視界も良くなりますし、目の前に髪の毛がちらついて集中力が乱されるということもなくなります。

おしゃれ

上記の2つの理由に加えて、おしゃれのためにヘッドバンドをしているという人もいます。尊敬しているプロ選手のマネをしてヘッドバンドを着けるというのはモチベーションを上げるのに良いでしょう。

また、ヘッドバンドがジンクスのようになっている人もいます。ヘッドバンドをすることで集中力が良くなると感じていたり、ヘッドバンドをしていたときにいいプレーが出来たから毎回着けるようにしていたりという選手も少なくありません。

ヘッドバンドの選び方はこれがポイント

バスケをする2人ヘッドバンドには様々な種類のものがあるため、選ぶポイントを絞っていくと選びやすくなります。以下のようなポイントをチェックしながら選んでいきましょう。

デザイン・色

ヘッドバンドを選ぶときにまず大切なのはデザインや色です。特に色は練習用のウェアやユニフォームと合わせておくと良いでしょう。逆に髪の毛の色と近い濃いめの色にしておくというのもよいです。

デザインはシンプルなものが多いですが、メーカーのロゴマークの大きさや有無などを比較して選ぶと良いでしょう。

素材

タオル素材のヘッドバンドが多いですが、素材の厚さに違いがある場合があります。また細めのバンドの場合シリコン素材やラバー素材のものもあります。

汗を抑えることを主眼とする場合はタオルなどの布素材のもの、髪の毛を抑えることがメインという場合にはラバー素材のものを選ぶと良いでしょう。

機能性

ヘッドバンドは小さなアイテムですが、様々な機能を持っている商品があります。特に注目したいのは吸汗性や速乾性に優れた商品です。汗をしっかりと止め、早く乾いてくれるため不快感を軽減できます。

また汗をかいたり動いたりしても外れにくい滑り止め加工が裏面に施されているものも便利です。

太さ・細さ

太さや細さを基準に選ぶのも大切です。髪の毛全体をまとめるようなターバンタイプの太いヘッドバンドは公式戦では使用できませんが、練習中は非常に便利です。通常の5cm未満の幅のものを使用する人が多いですが、その中でも太さの違いがあります。

またゴムなどのような非常に細いタイプのヘッドバンドは邪魔な髪の毛を止める機能に特化しています。

メーカー

人気のNIKE、adidas、PUMA、UNDER ARMOURといった人気スポーツメーカーのものから、バスケ用ではなく他の競技のメーカーのものまで、様々なヘッドバンドが販売されています。

機能性や信頼性はもちろん、ロゴデザインのおしゃれさも考慮に入れましょう。ただし人気メーカーのものは価格がやや高めに設定されていることも多いです。

大会の着用規定に合わせて選ぶ

公式戦などでは着用規定が定められている場合があります。公益財団法人日本バスケットボール協会による「競技規則」によると、「単色で5cm以内の幅のヘッドバンド」は着用が認められています。

その際、素材は「布」「ソフトプラスティック」「ゴム」と定められており、額を守るような硬い素材は認められていません。

男女別・ヘッドバンドのおしゃれな着け方

バスケットゴール男女別のヘッドバンドのおしゃれな着け方を伝授します。ぜひチェックしてみてください。

髪の短い男性は立てた髪に合わせてみよう!

ショートヘアの男性は前髪をワックスやジェルで立ち上げ、ヘッドバンドの面のラインに合わせてみましょう。逆に、ヘッドバンドを着けるのであれば敢えて短髪や坊主頭にしてみるというのもアリです。

髪の長い男性は細めのヘッドバンドがベター

髪が長く前髪だけ抑えたい!という男性は細めのヘッドバンドがベターです。髪の生え際から1〜2cm程度押し込んだところにヘッドバンドをセットしておけば前髪が下がってくることはありません。

ロングヘアーの女性はポニーテールと合わせてみよう

髪が長い場合は後ろでまとめることが多いですが、お団子よりもポニーテールと合わせた方がヘッドバンドできれいにまとまります。その際、前髪も上げてしまうとすっきりするでしょう。

ショートヘアーの場合は細めのヘッドバンドで髪の上から抑える

動きやすさ重視のショートヘアーの場合、前髪をサイドに流し、細めのヘッドバンドで前髪ごと抑えてしまいましょう。全体的なヘアースタイルを活かしながら前髪が司会に入るのを抑えることが出来ます。

バスケ・ヘッドバンドおすすめランキング・10位〜4位

人気の高いバスケのヘッドバンドを更に厳選し、ベスト10のランキングにしてご紹介します。素材や太さ、価格などのバリエーションに富んだ商品をそろえています。

10位:UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) UA パーフェクトヘッドバンド2.0

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) UA パーフェクトヘッドバンド2.0
DOME Corp. Apparel
販売価格 ¥1,077(2018年8月24日14時27分時点の価格)

カラーバリエーションが非常に豊富なUNDER ARMOURのレディース用ヘッドバンドです。吸汗速乾性とストレッチ性に優れている商品で、中央のメーカーロゴもいいアクセントです。

9位:NIKE(ナイキ) メタリックヘアーバンド BN2025

NIKE(ナイキ) メタリックヘアーバンド BN2025
ナイキ(NIKE)
販売価格 ¥1,077(2018年8月24日14時29分時点の価格)

細めのヘアーバンドで、ロゴやデザインがメタリック素材になっています。3本セットなので洗い替えにも便利で、他の人とはちょっと違うところをアピールするには最適なアイテムです。

8位:UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) パフォーマンスヘッドバンド

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) パフォーマンスヘッドバンド
DOME Corp. Apparel
販売価格 ¥864(2018年8月24日14時32分時点の価格)

UNDER ARMOURのシンプルなヘッドバンドです。「パフォーマンス」という名前がついている通り、質実剛健で機能性重視の商品です。暑い日の汗もしっかり吸収・発散するヒートギアです。

7位:NIKE(ナイキ) スキニーヘッドバンドBN2026

NIKE(ナイキ) スキニーヘッドバンドBN2026
ナイキ(NIKE)
販売価格 ¥1,077(2018年8月24日14時35分時点の価格)

細身でシンプルなヘッドバンドです。ナイロン・ポリウレタン・シリコンを使っているため伸縮性と滑りにくさが特徴です。8本セットなので、シンプルな黒や白、グレーだけでなく蛍光イエロー系の色も含まれています。

気分によって色を変えられるというのがメリットです。

6位:asics(アシックス) ヘアバンド XAG072

asics(アシックス) ヘアバンド XAG072
asics
販売価格 ¥472(2018年8月24日14時37分時点の価格)

シンプルで低価格、コストパフォーマンスに優れたasicsのヘッドバンドです。ロゴマークもスッキリとしているためおしゃれに見えますし、幅が5cmなので公式戦でも十分使用できます。

吸汗性はもちろん、抗菌防臭性も高い商品なので、たくさん汗をかいてもニオイの心配も無く安心です。

5位:Walant ヘアーバンド 吸汗速乾無地ヘッドバンド

Walant ヘアーバンド 吸汗速乾無地ヘッドバンド
Walant
販売価格 ¥1,200(2018年8月24日15時26分時点の価格)

8.5cmと太めのヘッドバンドなので公式戦では使用できませんが、練習時には非常に効果を発揮してくれるヘッドバンドです。前後で太さが異なり、前が8.5cm・後ろが5cmになっています。

太い方を前側にすれば額に流れる汗をしっかり吸収してくれますし、太い方を後ろにすれば髪の量が多い人でもしっかりまとめることができます。吸汗速乾素材を使用しているためかいた汗をすぐ放出でき、耐久性も高いです。

4位:NIKE(ナイキ) プリントヘッドバンド 6本パック BN2017

NIKE(ナイキ) プリントヘッドバンド 6本パック BN2017
ナイキ(NIKE)
販売価格 ¥1,598(2018年8月24日14時52分時点の価格)

ポリエステル製の細身のヘッドバンド6本セットです。ナイキならではのデザイン性の高いヘッドバンドで、バリエーションも豊富なのでついついそろえたくなってしまいます。フィット感の良いシリコンバンドなので、耳に当たっても痛くありません。

バスケ・ヘッドバンドおすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはオリジナリティあふれる2商品と、オーソドックスな1商品がランクインしています。どの商品もおすすめのものばかりで、使用者からの人気や満足度の高いヘッドバンドです。

3位:Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド) Halo II (ヘイロ II) プルオーバー H0002

Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド) Halo II (ヘイロ II) プルオーバー H0002
Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド)
販売価格 ¥2,130(2018年8月24日15時27分時点の価格)

サイクリストが考案、開発したヘッドバンドです。長時間のサイクリング時やロードレースでの順位争いの間には汗を拭う暇もありません。そんなときにヘルメットの下に装着して汗を止める目的で開発されたため、非常に高い吸汗性と速乾性を備えています。

サイクリストだけでなくバスケやサッカーなど様々なスポーツや屋外での作業などで使えます。

2位:LUZeSOMBRA(ルースイソンブラ) RUSH GUARD ヘアバンド

LUZeSOMBRA(ルースイソンブラ) RUSH GUARD ヘアバンド
LUZeSOMBRA(ルースイソンブラ)
販売価格 ¥2,700(2018年8月24日15時0分時点の価格)

フットサル&カルチャーブランド「ルースイソンブラ」のヘアバンドです。非常に人気が高いブランドで、フットサルのみならずバスケなど他のスポーツのプレーヤーからも愛用されています。

ロゴマークがプリントされただけのシンプルなデザインも使いやすいポイントです。

1位:NIKE(ナイキ) スウッシュ ヘッドバンド

NIKE(ナイキ) スウッシュ ヘッドバンド
ナイキ
販売価格 ¥636(2018年8月24日15時11分時点の価格)

センターにナイキのスウィッシュが刺繍されているオーソドックスなヘッドバンドです。シンプルで「普通」だからこそ使い勝手の良さが光ります。パイル生地なのでしっかりと汗を吸収してくれる安心感がある商品です。

価格も手頃でカラーバリエーションも豊富なので、複数個まとめ買いしてしまうと便利です。

まとめ

ダンクシュートをする男性ヘッドバンドはファッション性はもちろん、汗止めや髪止めのためにもぜひ持っておきたいアイテムです。太さや素材なども様々なものがありますが、複数持っていると洗い替えや気分を変えたいときに便利です。

上記のランキングは非常にバリエーションの豊かなアイテムを揃え、使用者の口コミや評価の高い商品を厳選しました。ぜひ購入する際の参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP