サッカー道具

サッカーバッグおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!ボール収納できる大容量タイプはバックパックもおすすめ!選び方も解説

 

小学生から大人まで、サッカーをしに行くときにどんなバッグを持っていこうか悩むところです。どんなものを入れるのかを考えてバッグの種類を選びましょう。

ショルダーバッグからバックパックまで、長所・短所や選び方をチェックしましょう。おすすめバッグランキングもご紹介します。

サッカーバッグに何を入れるかによって選び方が変わる!

サッカーボールとカラーコーンバッグを選ぶときには、どんなものを入れて持っていくかを考えて選ぶと良いでしょう。人によって持っていくものも変わりますし、それに伴ってバッグの選び方も変わります。

基本はウェア・タオル・スパイク

基本となるのはウェア・タオル・スパイクです。現地で着替えるか家からウェアで行くかにもよりますが、ユニフォーム、着替え用のシャツと靴下、ジャージは必須です。人によってはインナーウェアも使用します。

またタオルは2枚程度持っていても良いでしょう。スパイクも入れておく必要があるため、この時点でかなりの荷物になります。

ドリンクやお弁当を入れる場合も考えよう

練習のときには水やスポーツドリンクが必要になります。練習時間や季節にもよりますが、1.5リットルのペットボトルを持っていくことも想定しておくと良いでしょう。

遠征や一日中練習をする場合などはお弁当も必要になります。これらを入れておくスペースが十分にあるようにバッグを選びましょう。

ボールを入れるかどうかで選ぶ大きさが大きく変わる

自分のボールも一緒にバッグに入れるかどうかによって、選ぶ大きさが変わります。部活やチームではチーム所有のボールとボールバッグ・ネットなどがありますが、草サッカーの場合には自分でボールを持っていく必要があります。

ボールの入るサイズの大きなバッグや、ボールの入るスペースのあるバックパックなどもおすすめです。

バッグをいくつ持っていく?

バッグを一つにして持っていくのか、2つに分けて持っていくのかによってもバッグの選び方は変わります。分けていく場合、ウェア・タオル・お弁当・ドリンクは、スパイク・ボールといった地面につくものと分けると良いでしょう。

サッカーバッグの種類による選び方をチェック

サッカー アンダーシャツ容量や持ちやすさは種類によっても大きく変わります。持っていくものではなく、バッグの種類から持っていく方法を考えるというのも良いでしょう。

バックパックタイプ

バックパックタイプは両肩で荷物を支えるため圧力が分散され、軽く感じられるところがメリットです。大きなものは重心が後ろにかかりすぎるというデメリットがありますが、ボールを収納出来るタイプであればそれほど重さは問題になりません。

バックパックはスポーツ用だけでなくカジュアル用やアウトドア用など様々なものがありますので、選択の幅が広いというのもメリットです。

ショルダーバッグタイプ

ショルダーバッグも人気の高いバッグです。バックパックよりも大容量なものが多いのも特徴で、特にエナメルバッグはチームでおそろいのものを選ぶと統一感があるため人気があります。

エナメルバッグは容量が大きいだけでなく汚れに強く手入れもしやすいのでおすすめです。

ドラムバッグ・ボストンバッグタイプ

荷物が多くなってしまうという人は大きめのドラムバッグなどを持っておくと良いでしょう。ただしサイズが大きすぎると持ち運びにくくなりますので、旅行かばんのような巨大なドラムバッグは避けて置いた方が良いでしょう。

トートバッグタイプ

トートバッグは出し入れがしやすいため便利です。ただしあまり多くの荷物が入らない上、たくさん入れると口の部分が大きく開いたままになってしまいます。荷物がそれほど多くない場合には非常に便利です。

サッカーバッグの選び方・最終ポイントチェック!

サッカーする少年バッグの種類が決まったら、以下のようなポイントに注意して購入する商品を選ぶと良いでしょう。

容量

どれくらいの容量のものを購入するのかというのはバッグの種類にも関係してくることですが、同じバックパックでも容量が異なります。主にリットル数で表されていますので参考にしましょう。

ベルトの太さ・細さ

バッグのベルト部分の太さによって、持ったときにかかる圧力が変わってきます。太いベルトのものはかかる圧力が分散されるため、重い荷物を持っても重さを感じにくくなります

細いベルトは圧力がかかりやすいため、非常に重く感じます。荷物が多い人や重い人は太めのベルトのものを使いましょう。バックパックのようにベルトが2本あるとさらに運びやすくなります。

型の崩れにくさ

荷物を入れたときに型崩れがしにくいものの方がおすすめです。バックパックの中にはもともと全体的に柔らかく作られているものがありますが、ショルダーバッグやドラムバッグは形が崩れると不格好に見えてしまいます。

エナメルバッグは素材が固めなので型が崩れにくいです。

防水性や手入れのしやすさ

サッカーは雨の日でも試合が行われるため、防水性の高いものや汚れても手入れがしやすいものを選ぶのがおすすめです。丸洗いできるものや汚れても拭くだけで良いものが便利です。

デザイン

持ち歩くものですから、デザインや色も大切です。カラーリングや模様のパターンなどを厳選しましょう。チームのイメージカラーに合ったものを選んだり、チームでお揃いのバッグにするというのも統一感が出るのでおすすめです。

メーカー

総合スポーツメーカーのものは人気が高いです。特にadidas、NIKE、PUMA、asicsなどはサッカー用品でも定評がありますのでおすすめです。また、防水性・撥水性や汚れに強いという点でアウトドアメーカーのバッグを使用する人も多いです。

価格

バッグは5,000円以内のものから1万円を超えるものまで様々です。あらかじめ予算を決めて選ぶと選択の幅を絞ることが出来ます。

サッカーバッグおすすめランキング・12位〜4位

サッカーの練習や試合に最適なバッグの中から特に人気の高いものを12点厳選しました。容量やバッグの種類などもバリエーション豊かなランキングになっています。

12位:UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) アンディナイアブル3.0 ミディアムダッフル

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) アンディナイアブル3.0 ミディアムダッフル
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
販売価格 ¥4,529(2018年8月26日17時3分時点の価格)

撥水加工が施されたミディアムダッフルです。ミディアムという名前ですが61リットルの大容量で、サイドにはシューズの入るポケットもついています。この大きさならサッカーボールもしっかり入り、荷物が多くでもスッキリとまとめることが出来ます。

11位:adidas(アディダス) ボール用デイパック adp27

adidas(アディダス) ボール用デイパック adp27
adidas(アディダス)
販売価格 ¥3,347(2018年8月26日15時53分時点の価格)

一番大きなポケットにボール、真ん中にウェア、底の部分にシューズと、サッカーに必要なものを全て収納できるバックパックです。ジュニアの練習用バッグとしては最適な大きさで、大きすぎることも小さすぎることもありません。ボールは5号球まで入れることが出来、リフレクターが付いているので外を歩いていても安心です。

10位:UMBRO(アンブロ) エナメルショルダー L

UMBRO(アンブロ) エナメルショルダー L
UMBRO(アンブロ)
販売価格 ¥5,500(2018年8月26日16時2分時点の価格)

アンブロのひし形のロゴマークがインパクトを与えているエナメルショルダーバッグです。大容量で汚れにも強く、カラーバリエーションも4色の中から選べます。荷物の多い部活生にも安心して使え、型崩れもしにくいのでおすすめです。

9位:ARCTIC HUNTER ボストンバッグ 3way

ARCTIC HUNTER ボストンバッグ 3way
SUPON
販売価格 ¥2,990(2018年8月26日16時5分時点の価格)

ボストンバッグ、ショルダーバッグ、バックパックと3つの使い方が出来る3wayバッグです。サイドにシューズを入れるポケットもついているのでスッキリと分けることが出来ます。大きめですが背負ってしまえば軽々と移動できます。

8位:PUMA(プーマ) Ath S2M4 タイプ A ショルダー L

PUMA(プーマ) Ath S2M4 タイプ A ショルダー L
PUMA(プーマ)
販売価格 ¥5,233(2018年8月26日16時13分時点の価格)

プーマのLサイズショルダーバッグです。シンプルな白地と黒地の2色展開で、定番のプーマロゴが目立つデザインです。ポケットの数も多く容量も大きいため部活の遠征でも十分使用できます。

7位:adidas(アディダス) ボストンバッグ 38ℓ

adidas(アディダス) ボストンバッグ 38ℓ
adidas
販売価格 ¥7,884(2018年8月26日16時30分時点の価格)

カラーリングがおしゃれなadidasのボストンバッグです。おしゃれに気を使いたい人には特におすすめです。女子サッカー部員やマネージャーが使ってもかわいいカラーリングです。

6位:UMBRO(アンブロ) JR フットボールパック UJS1635J

UMBRO(アンブロ) JR フットボールパック UJS1635J
UMBRO
販売価格 ¥4,700(2018年8月26日16時33分時点の価格)

ジュニアにピッタリなサッカー用バックパックです。底の部分にはスパイクが、サイドにはすね当てが入るように出来ており、付属のボール用ネットをバックパックの外に付けておくことが出来ます。ボールが外付けなのでバック内部を広く保つことが出来、多くのアイテムを入れておくことが出来ます。

5位:NIKE(ナイキ) ブラジリア ダッフルバッグ MサイズBA5334

NIKE(ナイキ) ブラジリア ダッフルバッグ MサイズBA5334
NIKE
ナイキ(NIKE)
販売価格 ¥3,021(2018年8月26日16時37分時点の価格)

収納力と耐久性に優れた大きめのダッフルバッグです。デザインはシンプルなスウィッシュのみで、すっきりとした見た目がスタイリッシュな商品です。サイドにシューズ用のコンパートメントがあり、汚れたものとそうでないものを分けることが出来ます。

4位:UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) ハッスル3.0

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー) ハッスル3.0
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
販売価格 ¥4,869(2018年8月26日16時40分時点の価格)

ボールは入らないものの、ウェアやタオル、ボトルなどは十分に入る容量の大きめなバックパックです。上部に大きくUNDER ARMOURのロゴマークがプリントされており、カラーバリエーションも非常に多いのが魅力の商品です。

サッカーバッグおすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはバックパックが2つ、そして大きめのエナメルショルダーバッグが1つランクインしています。どれも使い勝手の良い商品ばかりなのでおすすめです。

3位:NIKE(ナイキ) リュックサック CR7 フットボール シャイアン

リオネル・メッシ選手と世界一のプレーヤーを争う、ユベントスのクリスティアーノ・ロナウド選手モデルのバッグです。底の部分にシューズが入り、上の部分はウェアなどが入ります。ボールを入れることも可能なので、このバッグだけで試合でも練習でも困ることはありません。

2位:THE NORTH FACE(ザノースフェイス) BC Fuse Box II

[ザ・ノース・フェイス]リュック BC Fuse Box Ⅱ ブラック
THE NORTH FACE
販売価格 ¥12,978(2018年8月26日16時51分時点の価格)

「大人のランドセル」と異名を持つ、ノースフェイスのFuse Boxです。きっちりとした直方体のリュックで、地面に置くとへたらずに自立します撥水性が高いため、多少の雨でも水が染み込むことはありません。四角い形状なのでボール入れられませんが、大容量なので着替えもシューズも入れることが出来ます。

1位:adidas(アディダス) エナメルバッグL ETX13

人気の高いブランド、adidasのエナメルバッグが1位にランクインしました。大きいロゴマークとホワイト・ブラック・インディゴのシンプルな3色展開が普段遣いしやすい商品です。ぜひ仲の良いチームメイトたちとお揃いで持ちたいところです。

まとめ

サッカーの試合

サッカーバッグは多くの荷物を運ぶために大切なアイテムです。形状も容量もデザインも様々な物があるので悩んでしまいます。そんなときには、多くの人に愛用されている人気商品を選ぶというのも良い方法です。

上記のランキングは人気が高く、収納力や機能性が抜群なものばかりを厳選していますので、購入時の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP