サッカー道具

サッカーバッグおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!ボール収納できる大容量タイプはバックパックもおすすめ!選び方も解説

 

小学生から大人まで、サッカーをしに行くときにどんなバッグを持っていこうか悩むところです。どんなものを入れるのかを考えてバッグの種類を選びましょう。

ショルダーバッグからバックパックまで、長所・短所や選び方をチェックしましょう。おすすめバッグランキングもご紹介します。

サッカーバッグに何を入れるかによって選び方が変わる!

サッカーボールとカラーコーンバッグを選ぶときには、どんなものを入れて持っていくかを考えて選ぶと良いでしょう。人によって持っていくものも変わりますし、それに伴ってバッグの選び方も変わります。

基本はウェア・タオル・スパイク

基本となるのはウェア・タオル・スパイクです。現地で着替えるか家からウェアで行くかにもよりますが、ユニフォーム、着替え用のシャツと靴下、ジャージは必須です。人によってはインナーウェアも使用します。

またタオルは2枚程度持っていても良いでしょう。スパイクも入れておく必要があるため、この時点でかなりの荷物になります。

ドリンクやお弁当を入れる場合も考えよう

練習のときには水やスポーツドリンクが必要になります。練習時間や季節にもよりますが、1.5リットルのペットボトルを持っていくことも想定しておくと良いでしょう。

遠征や一日中練習をする場合などはお弁当も必要になります。これらを入れておくスペースが十分にあるようにバッグを選びましょう。

ボールを入れるかどうかで選ぶ大きさが大きく変わる

自分のボールも一緒にバッグに入れるかどうかによって、選ぶ大きさが変わります。部活やチームではチーム所有のボールとボールバッグ・ネットなどがありますが、草サッカーの場合には自分でボールを持っていく必要があります。

ボールの入るサイズの大きなバッグや、ボールの入るスペースのあるバックパックなどもおすすめです。

バッグをいくつ持っていく?

バッグを一つにして持っていくのか、2つに分けて持っていくのかによってもバッグの選び方は変わります。分けていく場合、ウェア・タオル・お弁当・ドリンクは、スパイク・ボールといった地面につくものと分けると良いでしょう。

サッカーバッグの種類による選び方をチェック

サッカー アンダーシャツ容量や持ちやすさは種類によっても大きく変わります。持っていくものではなく、バッグの種類から持っていく方法を考えるというのも良いでしょう。

バックパックタイプ

バックパックタイプは両肩で荷物を支えるため圧力が分散され、軽く感じられるところがメリットです。大きなものは重心が後ろにかかりすぎるというデメリットがありますが、ボールを収納出来るタイプであればそれほど重さは問題になりません。

バックパックはスポーツ用だけでなくカジュアル用やアウトドア用など様々なものがありますので、選択の幅が広いというのもメリットです。

ショルダーバッグタイプ

ショルダーバッグも人気の高いバッグです。バックパックよりも大容量なものが多いのも特徴で、特にエナメルバッグはチームでおそろいのものを選ぶと統一感があるため人気があります。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP