卓球ラケットとボール

卓球用サイドテープおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!かっこいいだけじゃないテープの意味とは?選び方&貼り方も解説

 

卓球プレイヤーを見ていると使用しているラケットにサイドテープを貼っている人と貼っていない人がいることに気づきます。それぞれに理由はありますが、今回は卓球用サイドテープについて検証していきます。

サイドテープはラケットに個性を出すなど見た目に変化をつけるためでもありますが、一番重要な役割は貼ることにより保護力を補いラケットの寿命を長くしてくれることです。

卓球の有名メーカーであるバタフライやニッタクを始め、大手スポーツメーカのミズノを中心におすすめの人気卓球用サイドテープ8選をランキングで徹底比較。サイドテープを貼るメリットや選び方、サイドテープをきれいに貼るコツなどを交えて紹介していきます。

サイドテープを貼る意味は?

卓球道具

ラケットの見た目を変える以外に卓球用サイドテープをラケットに貼る意味は何でしょうか。その理由が自分のラケットに当てはまる場合は、サイドテープを貼ってプレイをしてみるとそのメリットが実感できます。

ラケットが卓球台にぶつかった時の保護

卓球の練習や試合中にラケットを卓球台にぶつけてしまうことはないでしょうか。ラケットを台に打ちつけてしまうとフレームの縁が破損したりラバーにヒビが入ったりしてしまいます。それを繰り返しているとラバーがボロボロになりすぐに貼り替えが必要になります。

卓球用のサイドテープを貼ることでラケットやラバーの損傷を未然に防ぐ効果が期待できます。ラバーやフレームは比較的高価なものが多いですが、それをあまりコストがかからないサイドテープで保護することでラケットの寿命を延ばすことができるのです。

ラバーがフレームからはがれるのを防ぐ

ラケットとラバーは接着剤で付いていますが、練習や試合を重ねるとそのうちはがれてきてしまいます。また上記のようにラケットが台にぶつかってしまうとラバーが損傷するだけでなくラバーがはがれてきます。

サイドテープはフレームとラバー部分を両方とも覆って貼る場合が多いですが、これはラバーをフレームからはがれにくくするためなのです。

卓球用サイドテープの選び方

卓球の大会

卓球用サイドテープは卓球メーカーからさまざまな種類のものが出ています。サイドテープの使用を検討している人は、以下に挙げる選ぶポイントを頭に入れておくといいでしょう。

ラケットの幅を事前にチェック

卓球用サイドテープを選ぶ時にまず考えたいのがサイドテープの幅です。基本的にはフレームとラバーを合わせた厚みに近い幅のサイドテープを選ぶことが一番です。

ラバーとフレームを一緒に覆うと保護力が高まりますが、ラバーを頻繁に変える人やラケットをできるだけ軽くしておきたい人はラバーまでではなくフレームの厚みのみに貼ることも可能。

フレームの厚みの部分だけ覆いたい場合は5mmや6mm幅の極細タイプのサイドテープもあるのでチェックしてみるとよいでしょう。フレームとラバーを合わせた厚みより幅のあるサイドテープは反則行為なので注意が必要です。

機能性を備えたサイドテープ

薄くて細い卓球用サイドテープですがきちんとした機能性を持っているサイドテープがあります。サイドテープを正しくラケットに貼ることでラケットに保護力を補いますが、サイドテープ自体に衝撃吸収力の機能を持った商品もあります。

衝撃吸収力のあるサイドテープは、ラケットを卓球台にぶつけた時の衝撃を緩和するのでラケットへの負担を最小限に抑えることができます。また耐久性に優れた素材であれば保護力はさらに高まります。

起毛タイプのサイドテープは通常のテープより厚手です。丈夫な素材がどうかをチェックすることも一つのポイントです。

ラケットに個性を加えるデザイン

卓球用サイドテープは有名卓球メーカーからたくさん出ています。ロゴだけが入ったシンプルなサイドテープからカラフルなものまでさまざまです。

自分のラケットのメーカーと合わせたサイドテープを選ぶのもいいですし、目立ったものを貼りたいのであれば人目を引くようなデザインのサイドテープを選ぶのもよいでしょう。どれも同じように見えるラケットは卓球用サイドテープのデザインで個性が出せます

卓球用サイドテープの貼り方

チェックリスト

卓球用サイドテープの貼り方は難しくはありませんが、失敗せずにきれいに貼るためのコツがいくつかあります。多くの卓球用サイドテープはフレームの長さ分かそれより多少長めのものしかないので再度購入し直さなくてもいいよう気を付けましょう。

貼り始めの位置を決める

サイドテープはグリップの上部から貼り始めます。フレームとラバーが重なっている部分から始めますが、出発点で曲がっているとその後まっすぐ貼れなくなるので貼り始めは慎重に行いましょう。

テープがはみ出さないよう念入りに貼る

テープがラケットの縁からはみ出したりしないよう少しずつ念を入れて貼っていきます。急いでやろうとすると曲がってしまい、はがしたり貼ったりを繰り返すことになりテープの粘着力が弱くなってしまします。

ラバーの厚みも覆う人はフレームとラバーを合わせた幅からはみ出さないようラケットエッジに合わせて慎重に貼りましょう。

最後はサイドテープをまっすぐカット

サイドテープを最後まで貼り終わったらハサミでまっすぐ切ります。貼り始めと終わりが同じ位置でバランスが取れているときれいです。サイドテープははがれてきたら気になってしまいプレイの邪魔になります。

またはがれた箇所のフレームやラバーの保護がなくなるので、サイドテープを貼っている意味がなくなってしまいます。はがれてしまったらそのままにしておかず早めに貼り替えるようにしましょう。

人気のおすすめ卓球用サイドテープ:8位〜4位

卓球用サイドテープを貼ってみた方がよさそうだと思ったらさっそく人気のおすすめ卓球用サイドテープ8選を参考にしてみましょう。サイドテープを選ぶポイントを押さえておけば納得の卓球サイドテープが見つかるはずです。

8位:ヤサカ(Yasaka) ヤサカエッジテープ

ヤサカ(Yasaka) ヤサカエッジテープ
ヤサカ(Yasaka)
販売価格 ¥197(2018年9月3日10時10分時点の価格)

卓球用品メーカー、ヤサカのサイドテープです。極細の5mm幅のサイドテープはフレーム部分のみを保護したいプレイヤーに最適です。

他にも8mm、10mmの厚みにも対応。ラバーと同じ色に仕上げた赤とブラックのツートーンカラーがラケットとよく合う卓球用サイドテープです。

7位:バタフライ(Butterfly) NL・プロテクター

バタフライ(Butterfly) NL・プロテクター
バタフライ(Butterfly)
販売価格 ¥223(2018年9月3日9時32分時点の価格)

人気の卓球メーカー、バタフライのネームロゴが入った卓球用サイドテープです。メーカーのシンボルカラーであるピンクのラインにブラックそしてホワイトのカラーコンビネーションは遠くから見てもすぐにバタフライと分かるデザインです。

サイドテープの幅は6mm、8mm、10mm、12mmと豊富に揃っているのでどんな厚さのラケットにも対応することが可能。他にライトグレーバージョンも選べます。

6位:ヤマト卓球(TSP) サイドテープ

ヤマト卓球(TSP) サイドテープ 44153 540 シルバー 10mm
ヤマト卓球(TSP)
販売価格 ¥805(2018年9月3日9時51分時点の価格)

卓球の男子日本代表オフィシャルサプライヤーでもあるVICTAS(ヴィクタス)の卓球用サイドテープです。ロゴの大きさは控えめですがクールにまとまったデザインは落ち着いた印象を与えます。

このサイドテープはラケットの厚さ10mmに対応。シルバーとゴールドから選ぶことができます。

5位:バタフライ(Butterfly) RB プロテクターII

バタフライ(Butterfly) RB プロテクターII
バタフライ(Butterfly)
販売価格 ¥219(2018年9月3日10時41分時点の価格)

一瞬見ただけでバタフライと分かるロゴが入った卓球用サイドテープ。ラケットエッジが受ける衝撃を吸収しラケットを保護します。

幅のサイズが6mmから12mmまで4サイズ用意されているのでどんな厚さのラケットにも対応できます。光沢感のあるテープにブラックと赤のツートーンデザインは華やかさがありラケットに個性が出ます。

4位:ニッタク(Nittaku) トーンガード

ニッタク(Nittaku) トーンガード
ニッタク
販売価格 ¥207(2018年9月3日11時2分時点の価格)

大手卓球メーカーの一つニッタクのサイドテープです。耐久性のあるナイロン素材を使用したサイドテープがラケットをしっかり保護してくれます。

カラーはブルー系のツートーンとレッド・ブラックの2種類。程よい粘着力があり失敗することなく簡単にサイドテープを貼ることができます。

人気のおすすめ卓球用サイドテープ:3位〜1位

ここからは人気のおすすめ卓球用サイドテープ3位〜1位の登場です。ミズノそして人気卓球メーカーのバタフライとニッタクからそれぞれランクイン。デザイン性に優れたものから幅のサイズが豊富に揃ったサイドテープまで人気の3点です。

3位:ニッタク(Nittaku) ストライプガード

ニッタク(Nittaku) ストライプガード
ニッタク(Nittaku)
販売価格 ¥207(2018年9月3日11時53分時点の価格)

ニッタクの卓球用サイドテープです。起毛タイプなのでサイドテープに多少の厚みがあり手触りもよくラケットエッジの保護力をアップ。粘着力がよくフレームからラバーがはがれないようラケットを守ってくれます。

4位のサイドテープと同様ブルー系とレッド・ブラックの2種類を提供。このモデルはセンターに太めのストライプが入ったデザイン性の高いサイドテープです。

2位:バタフライ(Butterfly) エッジプロテクター

バタフライ(Butterfly) エッジプロテクター
バタフライ(Butterfly)
販売価格 ¥223(2018年9月3日12時1分時点の価格)

人気のバタフライの卓球用サイドテープです。起毛タイプのサイドテープは通常のサイドテープより少し厚め。耐久性に優れていて高い保護力が期待できます。テープ幅は6mmから12mmまでの4サイズを豊富に提供。

デザインはブラックベースのテープにホワイトのロゴが入ったシンプルなもの。控えめですがラケットになじんですっきりした見た目になります。ラケットはあまり目立たせたくないけど破損を防ぎたい人におすすめのサイドテープです。

1位:MIZUNO(ミズノ) エッジセイバー サイドテープ

MIZUNO(ミズノ) エッジセイバー サイドテープ
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥216(2018年9月3日12時47分時点の価格)

人気のおすすめ卓球用サイドテープ第1位は大手スポーツメーカーミズノのサイドテープです。ミズノは卓球女子日本代表のウェアのオフィシャルサプライヤーでもあるため卓球用品に力を入れており、卓球用のウェアやシューズなどのアイテムが非常に豊富。

そのミズノのサイドテープは他社の卓球メーカーとは少し異なる曲線を生かしたデザインが人気です。

カラーバリエーションは人気のレッド・ブラックの他にもオリエントブルー・イエローそしてブラック・ピンク、ピンク・サックスから選択が可能。粘着力もしっかりしていてはがれにくくラケットをしっかり保護します。

まとめ

卓球選手

おすすめ人気卓球サイドテープ8選をランキングでご紹介しました。サイドテープを貼ることでラケットの破損を未然に防ぎラケットが長持ちすることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

貼り方のコツを覚えてしっかりラケットエッジを保護すれば、愛着のあるラケットで長くプレイすることができます。ラケットエッジの覆いたい幅を決めて選び方のポイントを押さえれば、ベストな卓球用サイドテープを見つけることができるでしょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ランニングする男性
  12. ホイッスルとコンパスとマップ
  13. 柔道着
  14. ヨガアサナ
  15. 自転車で通勤する若い男性
  16. プロテインを持った女性
  17. ゴルフスイング
  18. ランナーの足
  19. 海岸でストレッチする女性
  20. ストレッチする女性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP