バレーボールと空気入れ

バレーボール用空気入れおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!針があれば自転車用でも代用できる!?シーン別の選び方とは

 

バレーボールに空気入れは必須アイテムです。空気入れというとハンドポンプを想像する人もいますが、実は多くの種類があります。ハンドボール用空気入れの種類と選び方、自転車用でも代用できるかどうかを検証します。

独自に厳選したおすすめ空気入れベスト10もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

バレーボール用空気入れの種類をチェックしよう

コートに転がるバレーボールバレーボール用空気入れには様々な種類があります。選び方を考える前に、まずは種類をしっかりと知っておきましょう。

電動式コンプレッサー

最も楽に短時間で空気を入れられるのが電動式コンプレッサーの特徴です。針をボールに挿してスイッチを押すだけなので、手間がかかりません。部活やチームなどで多くのボールに空気を入れなければいけないときには電動式コンプレッサーが必須です。

コンプレッサーの中には自動車のシガーソケットから電源を取れるものや持ち運び可能な軽量・充電式のものなど様々なタイプがあります。機種によって液晶や空気圧メーター、オートストップ機能などがついています。

ハンドポンプ

最も安価で手軽なのがハンドポンプです。おそらく「バレーボール用空気入れ」と聞いたときに多くの人が想像するのがこのタイプです。ボールに針を刺して手でポンプを押し引きすることで空気が入ります。

多くのボールに空気を入れるには手間がかかりすぎますが、個人で使用する場合や練習や試合に持ち運ぶときには便利です。

フットポンプ

ハンドポンプと同じように人力で入れるタイプですが、足踏み式になっているのがフットポンプです。針の部分が交換可能になっているため、自転車やビニールプールなどの空気をいれることも出来るため、幅広く活用することが出来ます。

ハンドポンプよりはやや重く大きめですが、持ち運べない程ではありません。

バレーボール用空気入れは自転車用でも代用できる?

イタリアの街角赤い自転車自宅に自転車用の空気入れがある、という人は多いと思いますが、自転車用の空気入れでもバレーボール用として代用は出来るのでしょうか?注意点をチェックしてみましょう。

自転車用のフロアポンプでも代用できる!

バレーボール用空気入れは自転車用の空気入れ(フロアポンプ)で問題なく代用可能です。ただしボール用の針を取り付ける必要があります。針だけで安価で売られていますので、スポーツ店などで購入しましょう。

針の部分を取り付けられるかどうかチェックしよう

自転車用のフロアポンプの先端の部分にバレーボール用の針が取り付けられるかどうかをチェックしておきましょう。

フロアポンプにボール用の針が付属しているという商品の場合は問題ありませんが、中には針の交換ができないものがあります。先端部分がネジのような形状のものであれば取り付けが可能です。

利用シーン別のバレーボール用空気入れの選び方

ネット上でプレイする女性たち利用するシーンに分けてバレーボール用空気入れの選び方をチェックしましょう。自宅で使うか外で使うかによっても大きく分かれます。

持ち運ばないなら電動式コンプレッサーが一番!

持ち運ばずに自宅や学校の部活などで使う場合は電動式コンプレッサーが一番です。

チーム練習などで使うボールの空気を入れる場合、ハンドポンプで30分かかる作業を電動式コンプレッサーなら数分で終えることが出来、空気の入れ具合も一定にすることが出来るため非常に便利です。

デメリットは価格がハンドポンプよりも高いという点ですが、使用頻度やかかる手間を考えるとコストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。

価格が許すなら持ち運び可能な電動式コンプレッサーも

価格が許す場合、充電式で小型の電動式コンプレッサーを購入するというのも良いでしょう。自宅で使用しても収納場所に困ることはありませんし、何より楽に空気を入れることが出来ます。

充電式のタイプは持ち運びにも困ることの無い重さです。シガーソケットで使用できるタイプも軽いものが多いため、車で練習場所や試合会場に移動する場合には便利です。

持ち運ぶならハンドポンプ

持ち運びを第一に考えるのであれば、ハンドポンプが最も良いでしょう。練習や試合のときにはウェアやシューズ、タオル、ドリンクなど荷物が多くなりがちです。

ハンドポンプはわずか100g程度なので非常に軽いですし、長細いだけで小さめなのでバッグにも十分入ります。

フットポンプは用途が広いので便利!

フットポンプは空気を入れるのがハンドポンプよりも断然楽で、電動式コンプレッサーよりもかさばならないため便利です。持ち運ぶことも出来ますし、口金の部分を交換すればボール以外にも自転車のタイヤなどに利用することも出来る用途の広さが魅力です。

バレーボール用空気入れを買う前にチェックしたい選び方

ブロックする2人の選手利用シーンや種類以外で空気入れを購入する前にチェックしたい選び方のポイントを見ていきましょう。

携帯性・収納性

持ち運ぶかどうかを考えるのがまずは第一です。持ち運ぶときにも軽さだけでなくかさばらない形状も大切です。持ち運ぶのに使うバッグがある程度大きな場合は形などはあまり気にならないでしょうが、バッグによっては形状も木にする必要があります。

また持ち運ばない場合にはあまり大きなものは収納場所があるかどうかを確認しておきましょう。

価格・コストパフォーマンス

空気入れにどのくらいの予算を考えるのかは人によって異なります。単なる価格だけでなく、使用する際の手間や耐久性なども含めたコストパフォーマンスを考えた方が良いでしょう。

メーカー

モルテン、ミカサといった有名メーカーのものを買うのか、空気入れに特化したメーカーのものを買うのかというのも選ぶときのポイントの一つです。空気入れにはノーブランドの安価なものも多くありますので、価格と耐久性のバランスを考えて購入しましょう。

ネットの口コミや評価を見ていよう

ネットの口コミは使用者の声を直接知ることが出来るため、購入時に参考になります。基本的に人は悪い評価や悪い口コミの方を付ける方が簡単に出来るという心理が働きますので、その中でも評価が高いものは本当に信頼できるものだということが出来ます。

バレーボール用空気入れおすすめランキング・10位〜4位

多くの人に愛用されているバレーボール用空気入れの中から価格・コストパフォーマンス、重量・携帯性、形状・大きさといった独自の基準を考慮して10商品を厳選しました。他のどこにもないオリジナルのランキングでご紹介します。

10位:molten(モルテン) コンプレッサー スマートラビット MCSR

molten(モルテン) コンプレッサー スマートラビット MCSR
molten(モルテン)
販売価格 ¥30,069(2018年8月28日4時28分時点の価格)

ボールを中心としたスポーツ用品で定評のある、モルテンの電動式コンプレッサーです。重量が3kg程度あるので持ち歩くことは想定されていませんが、据え置き型としては非常に効果を発揮します。

内蔵されている引き出しにはボール用針のほか、自転車用針、ビニールボール用ノズル、潤滑油などが入っていますので、バレーボール以外の用途でも幅広く使用できます

9位:BRIDGESTONE (ブリヂストン) スマートポンプ PM-501

BRIDGESTONE (ブリヂストン) スマートポンプ PM-501
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
販売価格 ¥1,001(2018年8月28日4時28分時点の価格)

メインの自転車用の他、ボール用のノズルも標準で装備されているブリジストンのフットポンプです。足で抑えたままボールを入れることが出来るので力を入れやすく、楽に空気をいれることが出来ます。また、浮き輪などに使えるノズルもついています。

8位:NIKE (ナイキ) ボールポンプ SC1002 710

ナイキ(NIKE) ボールポンプ SC1002
ナイキ(NIKE)
販売価格 ¥1,125(2018年8月28日4時28分時点の価格)

スウィッシュロゴが入ったスタイリッシュなハンドポンプです。コンパクトな作りになっており凹凸も少なめなので、持ち運ぶときにも他の荷物の邪魔にならないような構造です。ナイキのスポーツギアを愛用している人にはおすすめの商品です。

7位:SFIDA(スフィーダ) ゲージ付きハンドポンプ OSF-DAP01

SFIDA(スフィーダ) ゲージ付きハンドポンプ OSF-DAP01
sfida(スフィーダ)
販売価格 ¥2,515(2018年8月28日4時28分時点の価格)

圧力ゲージ付きのハンドポンプなので、いつでも同じ固さになるように空気を入れることが出来ます。重さも通常のハンドポンプとはほとんど変わらず、さらに交換用のボール用針が2つ付属してきます。

6位:BAL (大橋産業) 空気入れ ツインシリンダー 1920

BAL (大橋産業) 空気入れ ツインシリンダー 1920
バル(BAL)
販売価格 ¥1,663(2018年8月28日4時19分時点の価格)

フットポンプタイプの空気入れです。2つのシリンダーが強力にボールに空気を送り込みます。ボールはもちろん、自転車やビーチボールやエアクッションなどのノズルも付属しているのでさまざまな用途に使用できます。

ペダルが大きめなので踏みやすく、ゲージが付いているのでボールの固さも簡単に調節出来ます

5位:マリン商事 電動空気入れ エアースコーピオン El-80029

マリン商事 電動空気入れ エアースコーピオン El-80029
マリン商事
販売価格 ¥5,611(2018年8月28日4時19分時点の価格)

充電式バッテリーとACアダプターが両方ついた電動式コンプレッサーです。ハンドタイプなので空気も入れやすく、ボールだけでなく自転車や自動車・バイク、浮き輪などにも使えます。手元がライトになっているため、暗い場所でも安心です。

4位:MIKASA(ミカサ) エアーゲージ付きダブルアクションハンドポンプ AP-AG

ミカサ エアーゲージ付きダブルアクションハンドポンプ AP-AG
ミカサ
販売価格 ¥1,717(2018年8月28日4時19分時点の価格)

手元にエアーゲージがついているハンドタイプの空気入れです。押しても引いても空気が入るダブルアクションなので、通常のハンドポンプの2倍のスピードで空気をいれることが出来て便利です。

ゲージが付いているのに大きさも通常品とほぼ変わらないため持ち運びやすいのがポイントです。

バレーボール用空気入れおすすめランキング・ベスト3

ベスト3には携帯性の高い商品が3つランクインしていますが、それぞれに特徴が異なります。

利便性やユーティリティ性の高い3位の電動式、価格が手頃で効率よく空気を入れられる2位のダブルアクション、見た目が良く持ち運びやすい1位のペンタゴンとバランス良くラインナップされています。

3位:MAYOGA電動エアーポンプ

MAYOGA電動エアーポンプ
MAYOGA
販売価格 ¥5,699(2018年8月28日4時27分時点の価格)

なんと500mlのペットボトルよりも軽いという電動式エアーポンプです。わずか460gという軽さなので、持ち運びもしやすく、ボール・自転車・自動車・バイク・浮き輪などのノズルが標準装備されています。

シガーソケットにつないで使用することも可能ですし、LEDライトがついているので暗いところや停電時にも安心です。LED液晶で空気圧を表示でき、指定の空気圧でオートストップする機能がついています。

モバイルバッテリーとしても使えるため、いざというときに持っておきたい商品です。

2位:MIKASA(ミカサ) ボール用エアーポンプ ダブルアクション ホース収納型

シンプルなハンドタイプの空気入れですが、押し引きどちらでも空気を入れられるダブルアクションがポイントです。商品の品質には定評のあるMIKASAのポンプなので、安心して使用することが出来ます。

ホースを本体に収納することが出来るので、針やホースが無くなるという心配もありません。

1位:molten(モルテン) ハンドポンプ ペンタゴン 青 HPGB

molten(モルテン) ハンドポンプ ペンタゴン 青 HPGB
molten(モルテン)
販売価格 ¥739(2018年8月28日4時27分時点の価格)

モルテンのハンドポンプで、凹凸のほとんど無い形状が特徴です。ペンタゴンという名前の通り五角形の柱状をしており、持ったときにも握り心地が良いポンプです。

ホースや針を本体の中に収納できるため針が無くなる心配もなく、カバンに入れても引っかかることなく収納できます。

まとめ

コートに転がる複数のバレーボールバレーボールに限らず、球技をする上では必須のアイテムである空気入れは、ハンドポンプ、フットポンプ、電動式など種類が豊富です。同じハンドポンプでも見た目や機能に違いがありますので、バリエーションが非常に広い商品だといえます。

商品の使用感はネットの口コミなどをチェックすると参考になります。上記のランキングは口コミ・評価の高いものの中から厳選していますので、ぜひ購入時の参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP