登山する男性

登山リュックおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!使用方法や容量、機能面から詳しい選び方を紹介します

 

登山をするときには非常に多くの荷物が必要になります。この荷物をしっかり収納し、快適に運搬するためのギアが登山用リュックです。靴やウェアなどと同じく、登山リュックもしっかりと選ぶことで疲労や怪我、事故などを防ぐことが出来ます。

使用方法・容量・機能などから見た選び方とおすすめリュックランキングをご紹介します。

使用方法による登山リュックの選び方

山で写真をとる女性使用する用途によって登山リュックの選び方は異なります。トレッキングから冬山登山まで、そして普段使いもしたい!という方のための選び方をチェックしましょう。

トレッキング

日帰りの軽いトレッキング等の場合は20L程度までのリュックで大丈夫でしょう。このサイズのリュックはデザインや色もさまざまなものがありますし、普段使い出来るようなスッキリしたものが多いです。

登山用のものではなく、通常のリュックを使う人もいます。

泊まらないor山小屋泊の登山(春〜秋)

日帰りでの登山や山小屋で泊まるような登山の場合、30〜40L程度のものがおすすめです。春から秋くらいまでのまだ寒くない時期であれば30L、朝晩など寒い時間帯があるというときには40L くらいの容量があると良いでしょう。

山の天気は変わりやすいため、雨用のカバーがついているものが便利です。

テント泊の登山

テント泊になると荷物が一気に増えます。テントだけでなく寝袋や鍋、バーナーなども増えるため、60L前後のものがおすすめです。2気室構造になっているものは寝袋を出し入れしやすいので便利です。

ショルダーハーネスやウェストハーネスがしっかりしているものを選びましょう。すぐに取り出したいものが入れられるポケットや雨蓋付きのものを選ぶのがおすすめです。

冬山登山

冬山登山は上級者向けですが、荷物が非常に多くなります。65〜80Lといったものが目安になります。まずは持ち物をチェックした上で容量を確認しましょう。荷物が多くなるため、耐久性の高いものを選びたいところです。

また水分・エネルギー補給などがしやすいようにウェストハーネスにポケットが付いているものを選びましょう。

普段使いしたい場合には?

普段使いしたい場合、アウトドアブランドの15〜20L程度のものはライトなデザインなものが多いです。メーカーによってはカラフルなものが多いので、選ぶのも楽しいです。

また強度や耐久性、背負いやすさなどがカジュアルブランドのものよりも高品質なのでおすすめです。

容量から見た登山リュックの選び方

春山をハイキングする男性登山の状況や条件が厳しくなるほど大きい容量のものが必要になります。ただし大きすぎるものは内部で荷物が動きやすくなるため、重心がブレやすくなってしまいますので注意しましょう。

荷物が多くなる雪山やテント泊は大きめのものを

山は寒暖差が激しいため、寒い季節になるほど防寒着などが必要になります。またテント泊の場合はテントやマット、寝袋など荷物が一気に増えてしまいます。そのため出来るだけ大きなものが必要になります。

60〜80L程度のリュックを季節によって選ぶと良いでしょう。

自分が登山に行く季節や条件に合わせて複数の容量のものを

「大は小を兼ねる」といいますが、トレッキングに行くのに60Lのリュックは必要ありません。トレッキングのときには小さい容量のリュックを、テント泊のときには大きい容量のリュックをそれぞれ用意しておくようにしましょう。

自分が登山に行く季節や登山のスケールに合わせて、複数のリュックを準備することをおすすめします。

機能性に注目した登山リュックの選び方

スイスのアルプス山脈を登山する女性リュックの機能性やサイズなどに注目して選ぶことも大切です。

背面長をチェックする

リュックのサイズは背面長(トルソー)がしっかり合っていることが大切です。背面長は、首をやや前に曲げたときに背骨の突き出している部分(第7頚椎)から腰骨の出っ張っている部分までを測ります。

リュックのスペックやサイズには背面長も書かれていますので確認してから購入しましょう。また、背面長を調節出来るリュックもあります。

ショルダーハーネスとウェストハーネスをチェックする

ショルダーハーネスやウェストハーネスにクッション性がある太めのものを選びましょう。特に重いリュックを背負うときにはウェストハーネスでしっかり支えることが大切です。

ウェストハーネスが体に合わないと肩で全ての重さを支えることになってしまうため、非常に疲れます。また、女性用のものは女性の体に合うように作られています。

背中の部分もチェック

背中の部分に通気性の良いメッシュ素材を使用していたり、背中部分に隙間が空くような構造になっているものは暑い時期でも蒸れないため快適に登ることが出来ます。

逆に背中に密着するような構造のリュックは暑いですが重さをしっかり背中で支えることが出来ます。

各種ポケットも確認!

雨蓋の部分やサイドポケット、ウェストベルトにポケットが付いているものはリュックを降ろさずにものを取り出すことが出来るので便利です。飴やチョコレート、ティッシュ、カメラ・スマホや雨具などをさっと取り出せるというメリットがあります。

1気室か2気室か

リュック内部が分かれていない1気室のものと、上部と下部に分かれている2気室のものがあります。

2気室のリュックは寝袋や医療用品などを入れておくことが出来、上の方の荷物を取り出さずにアクセスできるというメリットがありますが、その分重くなってしまうというデメリットもあります。1気室か2気室かというのは好みで決めて良いでしょう。

登山リュックおすすめランキング・12位〜4位

人気の高い登山リュックをさらに厳選した12点をランキング形式でご紹介します。メーカーや容量などをバランス良くセレクトしています。もちろん機能性や収納力、価格などを考慮に入れた完全オリジナルのランキングです。

12位:deuter(ドイター) フューチュラプロ36

deuter(ドイター) フューチュラプロ36
deuter
販売価格 ¥21,600(2018年8月29日11時20分時点の価格)

100年以上の歴史を持つブランドで、信頼性が非常に高いことで知られています。背中とリュックの間にすき間を作って蒸れを防ぐシステムを最初に作ったのはこのメーカーです。もちろんこの製品にも背面通気システムは搭載されています。

またショルダーハーネスやウェストハーネスのフィット感や安定性も抜群です。レインカバーが標準装備されているのも嬉しいポイントです。

11位:GREGORY(グレゴリー) バルトロ75

GREGORY(グレゴリー) バルトロ75
グレゴリー
販売価格 ¥46,440(2018年8月29日11時24分時点の価格)

75リットルとかなり容量の大きな登山リュックです。かなり軽量化されている他、背面にはベンチレーション機能を搭載し、ショルダーハーネスとウェストハーネスが独立して動くので大きな動きでもフィット感を失うことはありません

グレゴリー社のフラッグシップモデルとして納得の使いやすさです。

10位:KAKA(カカ) オックスフォード 40L

KAKA(カカ) オックスフォード 40L
KAKA(カカ)
販売価格 ¥3,500(2018年8月29日11時29分時点の価格)

40Lと十分な容量を備えた登山用リュックです。ウェストハーネスにポケットが付いているなど使い勝手も良く、耐久性やフィット感にも優れています。ショルダーバッグやボストンバッグとしても使える3wayバッグなので普段使いとしても問題なく使えます。

9位:THE NORTH FACE(ザノースフェイス) テルス45

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) テルス45
THE NORTH FACE
販売価格 ¥24,614(2018年8月29日11時58分時点の価格)

容量の小さなリュックを普段遣いしている人も多いブランド、ノースフェイスの45Lリュックです。軽量でフィット感が良く、バックパネルの通気性を高めるなど、トレッキングや小屋泊、一泊のテント泊などに向いている商品です。

レインカバー付きなので急な天候の変化にも十分対応できます。

8位:MILLET(ミレー) MARCHE 20

MILLET(ミレー) MARCHE 20
Millet
販売価格 ¥5,747(2018年8月29日12時6分時点の価格)

20Lと小さめなので、低い山や軽いトレッキングに向いているリュックです。重量はわずか600gしか無いので持ち運びもしやすく、カラーバリエーションも豊富なので普段使いにも適しています。

品質の高さには定評のあるブランドなので、買って後悔することはありません。

7位:Karrimor(カリマー) リッジ40 type2

Karrimor(カリマー) リッジ40 type2
カリマー
販売価格 ¥23,220(2018年8月29日12時6分時点の価格)

荷物の量に関わらず重心の位置を最適なポイントでキープしてくれる「トップコンプレッションシステム」を採用しています。安定性が高く、どんなシーンでも快適に使用できます。

ブランドコンセプトである「背負いやすく、疲れづらい」というモットーに合った商品です。

6位:HAWK GEAR(ホークギア) バックパック 55L

HAWK GEAR(ホークギア) バックパック 55L
ワールドスポーツオンライン
販売価格 ¥5,980(2018年8月29日12時43分時点の価格)

55Lとやや大きめの容量のリュックです。耐久性も高く簡易防水加工が施してある上にレインカバーも付属しているので、雨の日でも安心です。

このサイズの登山リュックにしてはかなり価格が抑えめですが、使用した人からの評価が高く、コストパフォーマンスに優れた商品です。

5位:Karrimor(カリマー) スペシャルフォース Predator Patrol 45

Karrimor(カリマー) スペシャルフォース Predator Patrol 45
販売価格 ¥35,640(2018年8月29日12時14分時点の価格)

イギリス軍に採用されたモデルで、強度・耐久性・収納力に定評があるリュックです。トップの部分にはチャック式のコンパートメントがあるため、小物を入れておくのに役立ちます。

また荷物が少ないときにはサイドのジッパーを閉めればスリムに使えるため、普段使いにも向いています。

4位:マウンテントップ(Mountaintop) 登山リュック 40L

マウンテントップ(Mountaintop) 登山リュック 40L
販売価格 ¥4,580(2018年8月29日12時21分時点の価格)

バッグ内部・外部に多くのポケットがついているため収納力が非常に高いリュックです。また外側のストラップでブランケットや寝袋などもしっかり収納することが出来ます。

長時間の使用でも疲れないように作られており、背中にはメッシュ素材を使っているので蒸れずに快適です。軽登山程度であれば十分に使用できる商品です。底部にレインカバーが付いているところもポイントです。

登山リュックおすすめランキング・ベスト3

ベスト3には35L以下の最大1泊程度の登山〜日帰りトレッキングに適した商品がランクインしました。3商品とも非常に人気の高いメーカーです。

3位:GREGORY(グレゴリー) ズール35

GREGORY(グレゴリー) ズール35
グレゴリー
販売価格 ¥19,224(2018年8月29日12時34分時点の価格)

独自の「クロスフロー・サスペンション」機構で背中の通気性の良さが非常に高い評価を受けているリュックです。荷重を分散する軽量ワイヤーXフレームとしっかり腰で重さを支えられるウェストハーネスが高い評価を受けています。

雨蓋を開けなくても前から荷物にアクセス出来ますし、レインカバーも標準装備されています。

2位:THE NORTH FACE(ザノースフェイス) Hot Shot CL

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) Hot Shot CL
THE NORTH FACE
販売価格 ¥16,200(2018年8月29日12時38分時点の価格)

町中で使用している人を見かけることもあるノースフェイスの定番リュックです。26Lという小型の容量なので、登山初心者や日帰りトレッキングに最適です。

普段使いも出来てしまうデザイン性の高さがノースフェイスの魅力です。カラーバリエーションも豊富です。

1位:Coleman(コールマン) ウォーカー

2位のノースフェイスと同じくらいよく見かけるコールマンのリュックです。こちらの方が若干容量が大きい33Lモデルです。小さく見えてかなりたくさん入るため、非常に使い勝手の良いリュックです。背中は蒸れを防止するメッシュ素材になっています。

まとめ

登山をする女性登山リュックは泊数や季節、登る山の標高や勾配などによって必要な容量が変わってきます。体型や性別などでもリュックのサイズに合う・合わないが出てくるため、慎重に選びたいところです。

上記のランキングは口コミや評価の高いものから厳選しています。購入時のお役に立てると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP