サーブを待っているテニス選手

ソフトテニスラケットおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!前衛or後衛で選び方が違う!5つのポイントを徹底解説

 

ソフトテニスは硬式テニスとは使用するボールが違いますが、もちろんラケットも異なります。ソフトテニスのラケットの選び方の5つのポイントや、前衛・後衛による選び方の違いラケット選びの注意点などを知っておくと選びやすくなります。

独自に作成したおすすめラケットランキングもご紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

ソフトテニスラケットの選び方・5つのポイントチェック

女性テニスウェア ソフトテニスのラケットの選び方で最も重要なのは「シャフトの形」「素材」「グリップの太さ」「フェイスの大きさ」「重量・バランス」の5つのポイントです。それぞれを詳しく見ていきましょう。

シャフトの形

フェイスとグリップの間のシャフト部分が二股に分かれているダブルシャフトと、分かれていないシングルシャフトの2種類があります。2本シャフトが人気が高いですが、実はこの2つには違いがあります。

ダブルシャフトは操作性や振り抜きやすさという点で有利なのでオールラウンド向き、あるいは細かいラケットさばきを必要とする前衛に向いています。

シングルシャフトは力を伝達する効率が良く力強いボールを打つことができるため、ストロークの多い後衛に向いています。また、コントロールショットも打ちやすいです。

素材

安価なラケットはアルミ素材になっているため重く振りにくいという特徴があります。カーボン製のものの軽量で扱いやすいです。

また柔らかい素材の方が硬い素材のものよりも飛びやすく、力の強いボールを打つことが出来ます。硬いフレームはあまり飛ばない上に打ったときに体に掛かる衝撃が大きくなりますので、体の出来上がっている大人や力の強い人に向いています。

グリップ

グリップの太さは数字で表されています。主に0〜2までの数字が大きくなるほど太くなります。細いグリップは強いボールは打ちにくいですがコントロールしやすくなり、太いグリップは力強いボールを打つことが出来ます

ただし握力が弱い人には太めのグリップはあまりおすすめできません。グリップが細いと感じた場合はグリップテープを巻くことで太さを調節することができます。

フェイスの大きさ

フェイスの大きさはラケットによって異なります。

フェイスが大きい方がスウィートスポットが広く、ガットのたわみも大きくなるのでボールを飛ばしやすくなります。初心者や力の弱い人には大きめのフェイスの方が便利でしょう。コントロールをつけやすいというメリットもあります。

フェイスが小さいとガットのたわみが小さい分飛びにくいというデメリットがあります。ですが振り抜きやすくなるため、パワーの強い人には向いています。

重量・バランス

重量は200gから300g弱程度のものが多いです。300g以上のものはかなり重いため、避けておいた方が良いでしょう。重さ・軽さは好みによりますが、初心者の場合は220〜250g程度のものを選んでおくのが無難です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP