自転車に装着したスマートフォンを操作する

サイクリング スマホホルダーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!ナビや計測での持ち運びには必須!5つの選び方も解説

 

サイクリング時のナビやサイクルコンピューターとしてスマホを利用したいという人は多いですが、いちいちスマホを取り出して確認するのは面倒です。そこで役立つのが自転車に取り付けられるサイクリング用のスマホホルダーです。

ナビや距離や速度の計測などに必須のアイテムですので、最も重要な選び方5点を確認しましょう。またおすすめのスマホホルダーランキングもご紹介します。

サイクリング用のスマホホルダーの5つの選び方

ロードバイクに乗るアジアの男性サイクリング用スマホホルダーの選び方には5つのポイントがあります。まずはこの5点を中心に考えることで、最適なスマホホルダーを選ぶことが出来ます。

ホルダーの取り付け方法で選ぶ

ホルダーの取り付け方法にはハンドルバーやフレームにはさんでからボルトで固定するタイプと、シリコンなど樹脂製のベルトを巻きつけるというタイプがあります。

ベルトを巻き付けるタイプは工具がいらないため取り付け・取り外しがしやすいというメリットがあります。

ボルトで固定するタイプは頑丈に固定できるため、ずれたり回転したりということが無いためストレス無くスマホの操作が出来ます。また、最近はボルトで固定するときに工具要らずの商品も増えています。

スマホの対応サイズと固定方法で選ぶ

ホルダーにはそれぞれスマホの対応サイズがあります。最近はスマホのサイズも多様化しているため、ホルダーの対応サイズも幅広く対応できるものが増えています。

もちろんホルダーで固定できるスマホのサイズが決まっているタイプもありますので、自分のスマホと違うサイズのものを買うと使えないということがあります。

スマホの固定方法もシリコンバンドで止めるものやフレームで固定するものがあり、固定箇所も2ヶ所で固定するものと4ヶ所で固定するものがあります。

ホルダーの取り付け場所で選ぶ

スマホホルダーはハンドルバーの中央部分に取り付けるものがほとんどです。中にはフレーム部分に取り付けるタイプもありますので、好みで選びましょう。

回転できるかどうかで選ぶ

スマホを縦・横に回転できるものは非常に便利です。縦にして使う場合が多いですが、横にすると大きな画面をさらに活用することが出来ます。好きな角度に出来るというタイプも人気があります。回転できるかどうかを必ずチェックしましょう。

防水性で選ぶ

急な雨に降られたときにも防水性の高いホルダーなら安心です。中には防水・耐水性のあるスマホもありますが、耐水性の無い機種の方が多いです。急な雨に降られたときに自転車に乗っていてはすぐに対応できません。

防水性をスマホホルダー選びの第一条件に挙げる人もいます。

スマホホルダーの種類も選び方の大切なポイント

マウンテンバイクスマホホルダーには形状や取り付け場所によって様々な種類があります。通常のタイプはハンドルバーに取り付けて使用しますが、他のタイプも知っておきましょう。

ハンドルバーの前方に突き出すタイプもある

ハンドルバーに取り付けるのは通常のものと変わりませんが、スマホを固定する部分がハンドルバーよりも前方に突き出しているタイプがあります。このタイプはスマホを見るときに目線の移動が通常のものよりも少なくて済むというのが大きなメリットです。

目線の移動は少ない方が安全ですし、画面も見やすくなります。

フレームバッグタイプ

ハンドルバーではなく、フレーム部分に取り付けて使用するバッグタイプです。このタイプは防水性が高く、スマホ以外にも小物を入れることが出来るというメリットがあります。長時間のサイクリングには最適です。

ただし画面を見るときにハンドルに取り付けるものよりも目線の移動距離が大きくなるというデメリットもあります。

スマホケースとの一体型

ハンドルとスマホケースがセットになっているものがあります。スマホの取り付けや取り外しがワンタッチで行えるというメリットがあり、スマホケースも日常的に使うことが出来ます。

購入直前にチェックしたいスマホホルダーの選び方

自転車のライトいざ購入!という直前に必ずチェックしておきたいポイントを抑えておきましょう。

強度と耐久性をチェック

スマホホルダー自体の強度・ホールド力を必ずチェックしましょう。ホールド力の弱いホルダーや滑りやすいホルダーでは、走行中にスマホが落ちてしまうということがあります。

通常の走行で落ちるということはあまり無いかもしれませんが、段差などの衝撃で落ちることのないようなものを選びましょう。

た耐久性も重要です。ホルダーのスマホを固定する部分が使用するうちに弱くなってしまうという場合もありますので、耐久性の高い商品を選びましょう。

取り付けが簡単かどうかをチェック

スマホホルダー本体の自転車への取り付けやスマホをホルダーに取り付けるのが簡単に行えるかどうかをチェックしましょう。

取り付けるときに工具が必要な場合もありますし、ベルトがきつくてなかなか取り付けられない、あるいは一度取り付けたら取り外すのが大変という場合もあります。簡単に外れたりズレたりするものは良くありませんが、取り付けに苦労するものも考えものです。

スマホを取り付けるのが大変というものもなかなか出発できないため避けた方が良いでしょう。

価格をチェック

サイクリング用スマホホルダーの価格は非常に幅が広いです。1,000円代のものから5,000円前後するものまであります。ある程度予算を決めておくと選びやすくなります。

また、価格よりも性能や安全性を取るという人もいますので、自分の中でホルダー選びの際の優先順位を決めておくと良いでしょう。

ネットの口コミをチェック

スマホホルダーは事前に自転車に取り付けて試してみることが出来ません。そのため、使用者の感想を知ることが最も参考になる情報です。メーカーからのスペックや解説などだけでなく、ネットの口コミをチェックしてみましょう。

口コミは実際に使用している人からの体験談などを知ることが出来るため、選ぶ際に重要な情報が含まれています。なお、店頭で購入するよりもネット通販の方が安く購入できるというのも大きなメリットです。

サイクリング・スマホホルダーおすすめランキング・10位〜4位

サイクリング用のスマホホルダーの中でも特に人気のある商品から10点を厳選し、ランキング形式にしてご紹介します。特に前述の選び方に重点を置いた独自の選考基準を採用している、オリジナルのランキングです。

10位:YIEASY スマホホルダー

YIEASYスマホホルダー
YIEASY
販売価格 ¥820(2018年9月4日6時36分時点の価格)

左右のクリップと四隅のシリコンバンドの2つでしっかりとロックしてくれるスマホホルダーです。シリコンバンドは伸縮性があり、左右のクリップもスマホのサイズに合わせて動くため、様々な大きさのスマホに対応しています。

取り付けはクリップをハンドルバーにはさんでネジを回すだけで固定できる工具不要の簡単設計です。

9位:MORECOO スマートフォンマウントホルダー

MORECOO スマートフォンマウントホルダー
MORECOO
販売価格 ¥1,399(2018年9月4日6時36分時点の価格)

四隅でスマホの角をしっかりとつかんでロックするため、高いホールド力を持ったスマホホルダーです。鷹の爪のようにスマホをつかむ角の部分には1.5mmの厚さのゴムが備わっているため衝撃や振動を抑えます。

ホルダーは360度好きな角度に回転できるため、日差しの反射などの影響を受けにくいです。市場に出回っているほぼ全ての大きさのスマホに対応しているため、スマホの機種変更をしても安心して使えます。

8位:OHS Supply (オーエイチエスサプライ) finn フィン

OHS Supply (オーエイチエスサプライ) finn フィン
OHS Supply (オーエイチエスサプライ)
販売価格 ¥1,200(2018年9月4日8時56分時点の価格)

自転車大国・オーストリアで作られたスマホホルダーです。通常のゴツいスマホホルダーと違ってシンプルなシリコンバンドのみというスタイリッシュな形状です。

様々なサイズのスマホに対応している上にハンドルバーに巻きつけているだけという構造なので、取り付け・取り外しもラクラクです。もう一つ使えばモバイルバッテリーも固定出来ますし、ベビーカーやショッピングカートに取り付けるのも可能です。

7位:adelphos (アデルフォス) スマホホルダー adelphos-02

adelphos (アデルフォス) スマホホルダー adelphos-02
adelphos
販売価格 ¥1,390(2018年9月4日8時59分時点の価格)

完全防水・防塵仕様のバッグをホルダーに取り付けるタイプのスマホホルダーです。チャックに至るまで全て防水加工がしてあるため急な雨でも安心です。360度回転でき、着脱も非常に簡単です。

落下防止のコードも付属しているため、万が一のことがあっても安心です。スマホのサイズに合わせてサイズを選んで購入してください。

6位:VUP スマホホルダー

VUP スマホホルダー
VUP
販売価格 ¥1,399(2018年9月4日12時12分時点の価格)

オールシリコンのスマホホルダーで、ハンドルに巻きつけるだけなので簡単に着脱できます。医療用シリコンを使用しているので伸縮性、弾力性、強度、クッション性が高く、滑りにくいため外れる心配はありません。

360度回転し、望み通りの角度で固定することが出来ます。

5位:adelphos (アデルフォス) スマホホルダー adelphos-400

adelphos (アデルフォス) スマホホルダー adelphos-400
adelphos
販売価格 ¥1,080(2018年9月4日11時27分時点の価格)

伸縮自在の4点の固定部分によってどんなサイズのスマホでも対応してしっかりと固定できます。また、ハンドルバーに固定するための部品が同社の従来品よりも強力にグリップしてくれるため、操作してもずれずに使えます。

スマホの台座部分だけを簡単に取り外して持ち運ぶことが出来、落下防止のワイヤーも付属しているので使い勝手が良くなっています。

4位:Tiakia バイクスマホホルダー

Tiakia バイクスマホホルダー
BENDA
販売価格 ¥1,599(2018年9月4日11時31分時点の価格)

四隅を固定することで振動や衝撃でも落下すること無く、通常のプラスチックよりも強度・耐久性・耐紫外線性が高い素材を使っているので、長く安心して使うことが出来ます。360度好きな角度で止めることができ、前後の角度微調整も可能です。12ヶ月間の品質保証が付いている点も高評価を得ている一因です。

サイクリング・スマホホルダーおすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはケース一体型・シリコンバンド型・ハンドルバー前方に取り付けられるタイプの3種類がバランス良くランクインしています。どの商品も非常に人気が高く、価格以上の価値があるといえる商品ばかりです。

3位:クアッドロック(QUAD LOCK) BIKE KIT

クアッドロック(QUAD LOCK) BIKE KIT
クアッドロック(QUAD LOCK)
販売価格 ¥8,424(2018年9月4日11時58分時点の価格)

スマホのケースとマウント部分が一体型になっているセットです。マウント部分はハンドル・ステムの好きな方に取り付けることが出来、ワンタッチで取り外すことも出来ます。見た目もスッキリとしており、強度・耐久性ともに非常に評価が高い商品です。

またマウント部分だけを購入することも出来るため、複数の自転車に取り付けて利用することも出来ます。雨用のポンチョ(カバー)がついているので、急な雨天時でも安心して使えます。

2位:BoneCollection スマホホルダー BikeTie

BoneCollection スマホホルダー BikeTie
BoneCollection
販売価格 ¥2,105(2018年9月4日11時59分時点の価格)

ハンドルバーに巻きつけて使用するシリコン製スマホホルダーの中でもトップクラスの人気を誇る商品です。「サイクルモード2017」という国内最大の自転車フェスで非常に高い評価を受けています。

スマホのサイズやハンドルバーの太さを選ばない利便性と医療用シリコンによるグリップ力や衝撃吸収性も人気のポイントです。カラーバリーションも豊富で、フレームの色に合わせて選ぶことが出来ます。

1位:MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー iH-520-STD

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー iH-520-STD
ミノウラ(MINOURA)
販売価格 ¥2,120(2018年9月4日12時11分時点の価格)

上下左右のフックでしっかりと固定でき、さらにグリップ力を高めるシリコンバンドを装着できるようになっています。ハンドルバーの真上だけでなく、ハンドル前方に突き出す様に固定できるオフセット設定が出来るのも人気が高いポイントです。

急ブレーキや下り坂でも前方に飛び出してしまわないようにストッパーがついています。また360度回転可能なので見やすい位置に固定することが出来ます。

まとめ

トライアスロン自転車スマホホルダーはサイクリング時には必須アイテムだといって良いでしょう。それだけに安全性やグリップ力、操作性の高いものを選びたいところです。まずは最も大切な5つの選び方をメインに考え、その上で価格や形状などを絞っていくと選びやすくなります。

上記のランキングは非常に高い支持を得ている商品を厳選していますので、ぜひ購入する際に参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP