3つのグラス注がれるチョコミルク

プロテイン(ココア味)おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!おいしいからこそ続けられる♪選び方&飲み方アレンジを公開!

 

プロテインはトレーニングに欠かせないアイテムですが「どうしても味が苦手で続かない」「飲んでいるけれどストレスを感じる」という人もいるようです。

そんなユーザーの声を受け、SAVAS(ザバス)weider(ウイダー)などの人気プロテインメーカーを筆頭に多くのメーカーがフレーバープロテインを発売しています。

今回はフレーバープロテインの中でも特に美味しく飲みやすいと人気のココア味にフォーカスを当て、選び方やアレンジ方法などを伝授します。

ノンストレス!美味しいプロテインで理想の体を手にする方法は見逃せません。

プロテイン(ココア味)の選び方

ココア味のプロテインはどこに注意して選ぶべきなのでしょうか?ノンフレーバーのプロテインとの違いに着目しながら確認していきましょう。

プロテインの種類を選択

プロテインとシェーカー

ココア味のプロテインも基本は原材料で分けられます。主なものはホエイやカゼイン、ソイとなるでしょう。

最もメジャーでおすすめしたいのはホエイタイプ。ホエイは牛乳由来の乳清タンパク質でBCAAが豊富に含まれ上質な筋肉をつくり上げるのに適しています。

またホエイは吸収スピードが速く、筋肉の修復効果も高めです。

カゼインはホエイ同様に牛乳由来ですが、生乳を構成するタンパク質の一つです。不溶性なので吸収スピードは遅めです。就寝前などに摂取するのがおすすめですね。

そしてソイは大豆たんぱく質で、吸収スピードも遅くコレステロールを低下させてくれるともいわれています。乳糖不耐症の人におすすめです。

最近ではソイプロテインの高いタンパク質保有量が見直され、BCAAも豊富に含まれトレーニングにも効果が期待できると考えられています。

これらの種類から自分に適した種類を見つけ摂取していきましょう。

乳糖不耐症の人は製法を確認する

ホエイプロテインは味に独特の癖があり、ゆえにココア味などのフレーバータイプがおすすめです。ホエイプロテインを摂取する際に確認しておきたいのが製造方法です。

WPC(コンセントレートタイプ)、WPI(アイソレートタイプ)があり、WPCには乳糖が多く含まれています。

一方WPIには乳頭がほとんど含まれていないので乳糖不耐症の人はこちらを選択するといいでしょう。

とはいうものの製法まで公開しているプロテインは少なく、判断するにはタンパク質の含有量を基準にする事となります。WPCは約70%、WPIは約80%以上の含有量となっています。

タンパク質の含有量は多い方がいい

通常摂取しにくいタンパク質を効率よく摂取するのがプロテインの摂取目的です。

ココア味のプロテインを選ぶ際にも、しっかりとタンパク質の含有量を確認するようにしましょう。

100gあたりの含有量をチェックすれば良質なプロテインか否か判断できます。

続けるには価格も大切

プロテインを摂取するボディビルダー

プロテインは続ける事に意味があり、その為には継続可能な価格帯か否かも大切な要素になってきます。

プロテインの価格はタンパク質の純度によって上下するものです。純度の高いプロテインは精製に手間がかかる分価格も高くなるのです。

通常WPC製法のものは価格が低めに設定され、純度の高いWPI製法の方が高めになっています。

無理なく自分の継続可能な価格帯の物を選ぶようにしましょう。

溶けやすい方が美味しく飲める

ココア時のプロテインを選ぶ際は、溶けやすいものを選ぶようにしましょう。

玉になるとせっかくの美味しいココア味が無意味なものになってしまいます。中には溶けやすい加工のしてあるものなどもあります。

またプロテインシェイカーの中には、玉が出来ないようなスクリューボールが入っているものやメッシュの中蓋が付いたものがあるので、玉が出来やすい場合はそちらの使用もおすすめです。

ココア味のプロテインを選ぶなら飲みやすさを重視する?

プロテインダイエット

ノンフレーバーのプロテインと違い、ココア味のプロテインは何よりも「飲みやすさ」がポイントです。

ここで矛盾が生じるのですが、上記でタンパク質の含有量が多い方がいいと記載しましたが、ココア味のプロテインの場合はタンパク質の含有量が多いほど原料の味に近くなっていきます。

つまりタンパク質の含有量が少ないほど美味しいと感じるでしょう。

味を優先するかタンパク質の含有量を重視するかは個々の判断になりますが、タンパク質の含有量を重要視するのであれば少々アレンジを加え、飲みやすくするというというのも一つの方法です。

ココア味プロテインのおすすめ飲み方アレンジ方法

引き締まった腹筋の男女

せっかくのココア味なので、普通に飲むだけではもったいないですね。アレンジを加えるだけで更に美味しくプロテイン摂取が出来ます。

簡単に誰でも作れるココア味プロテインのアレンジドリンクなどを紹介します。

プロテインスムージー

栄養満点のドリンクにプロテインをプラスして摂取する方法。ほうれん草を紹介していますが他の野菜を使用してもOKです。

  • バナナ半分
  • ほうれん草10ℊ程
  • 無糖ココアパウダー小さじ半分
  • ココア味プロテイン30g程
  • 豆乳150ml。

上記をミキサーにかけるだけ。さらに冷凍のブルーベリーなどをプラスすると更に美味しく仕上がります。

プロテインシナモン珈琲

ホエイの味は人によってきつく感じてしまうものです。そんな人におすすめしたいのがシナモン珈琲と混ぜるアレンジ方法です。

  • ココア味プロテイン
  • 珈琲
  • シナモン
  • 牛乳か豆乳

プロテインとシナモンを混ぜ合わせたのち、牛乳と珈琲を入れ完成。量は全てお好みで調節可能。

こちらもおすすめ!糖質もカットプロテインクリーム

笑顔でダンベルカールする外国人男性

誰でも簡単に作れるクリームなので、朝食やおやつなどにパンにつけて食べると美味しいです。

  • マスカルポーネチーズ約40g
  • ココア味プロテイン20g。

この2つを混ぜ合わせるだけで簡単に出来上がります。上記の材料量で糖質は4g程度、割合はお好みで調節可能ですがプロテインの割合が増えればその分糖質も上がるので注意が必要ですね。

プロテイン(ココア味)おすすめ人気ランキング8位~4位

8位~4位には人気のホエイタイプやソイタイプがランクインしています。

特にホエイは様々なフレーバーを展開しているメーカーが多く、味の出方にも多少差があるようです。

8位:ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味 

ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味 (900g) 特許成分 EMR配合
森永製菓
販売価格 ¥3,680(2018年9月12日11時30分時点の価格)

ホエイとカゼインをW配合したココア味のプロテインです。1食分20g中タンパク質は14.2g。

特許取得のEMRはタンパク質の合成をしっかりサポートしてくれるので、効果的なトレーニングが可能になります。

味に関しても最高水準というリピーターが多く、さすが森永製菓と高い支持を得ています。

7位:バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ ココアミルク

バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ 1kg ココアミルク
株式会社ボディプラスインターナショナル
販売価格 ¥2,801(2018年9月12日11時28分時点の価格)

WPC(コンセントレートタイプ)で1回あたり70円のコストパフォーマンス。1食分25g中タンパク質は18g。

デキストリン(炭水化物)や保存料、増粘剤を使用せず溶けやすいのも魅力です。

癖のないあっさりとした飲み心地が人気で、ココア味以外もイチゴミルクやアーモンドチョコレートなど11種のフレーバーが楽しめます。

6位:GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)ココア

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)ココア 1KG
CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
販売価格 ¥4,980(2018年9月12日11時26分時点の価格)

チョイスのプロテインは添加物を使用せず原材料にこだわり抜いたものです。1食分30g中タンパク質は21.57g。

タンパク質含有量も80%以上と高く、牧草牛の乳清のみ使用しています。また甘味料なども天然甘味料を使用するなど体に優しいのが特徴です。

味は普通のココアを飲んでいるように美味しいと好評を得ており、添加物などが気になる人に一押しのプロテインです。

5位:ケンタイ ウェイトダウン ソイプロテイン ココア味

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg
健康体力研究所
販売価格 ¥2,850(2018年9月12日11時18分時点の価格)

ウエイトダウン用のソイプロテインで、1食分20g中タンパク質は14.5g、カロリーは77.5kcalと抑えめです。

食物繊維が配合されており、トレーニングで鍛えつつ老廃物を排出し体をコントロールしていきます。またダイエット時に不足するビタミン・ミネラルも豊富に配合されているのが嬉しいですね。

甘さが控えめでさっぱりとしたココア味に仕上がっているので、カロリーカットの水でも美味しく飲めます。

4位:ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味 1kg
ファインラボ
販売価格 ¥5,047(2018年9月12日11時17分時点の価格)

WPI(アイソレートタイプ)のホエイプロテインです。1食20g中タンパク質は16.44g。

甘味量にカロリー0のスクラロースを使用しています。また100%の乳清を使用、ラクトフェリンやカルシウムを含有しています。

水に溶かしてもしっかりと味が出るので、牛乳でとかす人は少々甘さが前に出ます。軽く振るだけで簡単に溶けてくれるのも人気のポイントです。

プロテイン(ココア味)おすすめ人気ランキング3位~1位

プロテインの人気ブランドザバスがランクインしています。

ココア味のプロテインは、味の濃さに差がありサッパリと飲みたいか濃厚に飲みたいかで好みが分かれます。

3位:明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g
明治
販売価格 ¥3,461(2018年9月12日11時15分時点の価格)

ダイエットに効果を発揮するザバスのソイプロテインです。1食分21g中タンパク質は15g、カロリーは79kcal。

7種のビタミンB群に加え、ビタミンCも配合されています。ザバスのソイプロテインはダイエットのみならず、トレーニングに利用するプロテイン初心者にもおすすめです。

トレーニング効果を出す場合は豆乳や牛乳で割って飲むといいでしょう。水で割ると少々粉っぽさが出ますが、ココア味はしっかり出るので、カロリーを抑えたい人は水でも美味しく飲めますね。

2位:アルプロン ホエイプロテイン100 ココア風味

アルプロン ホエイプロテイン100 1kg【約50食】ココア風味(WPC ALPRON 国内生産)
アルプロン製薬
販売価格 ¥3,179(2018年9月12日11時13分時点の価格)

WPC(コンセントレートタイプ)で価格は抑えめですが、タンパク質含有量は80%と高め。1食分20g中タンパク質は15.9g。

砂糖、保存料、増粘剤不使用で、優しい甘さが特徴です。水への溶けやすさを求めスプレードライ製法を採用しています。

BCAAが豊富で、ココア味の他抹茶やあずき、メロンなど豊富なバリエーションも人気です。味は甘すぎずサッパリした飲み心地です。

1位:明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g
明治
販売価格 ¥3,657(2018年9月12日11時11分時点の価格)

WPC(コンセントレートタイプ)の人気ホエイプロテインです。1食分21g中タンパク質は15g。

7種のビタミンB群、ビタミンCを配合し体つくりをサポートしていきます。

ザバスはココアの味が濃く、飲みやすいと不動の人気を誇っています。少々溶けにくい場合もあるので、粉っぽさを感じる場合は少し温めた水や牛乳などで割るといいでしょう。

飲みやすいココア味のプロテインでしっかり体を作りあげよう

両手にダンベルを持ったボディビルダー

プロテインはトレーニング効果を向上してくれる心強いアイテムですが、味に馴染めないと敬遠する人も多いです。

特にホエイは独特の風味があり苦手な人も多いですね。我慢して飲むのも手ですが、ストレスレスでトレーニングに集中するのなら、美味しいココア味がおすすめです。

ココア味プロテインの様々なアレンジを楽しみながら、継続して摂取し理想の体を作り上げていきましょう。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP