ジムでダンベルトレーニングをする外国人男性

コナミスポーツクラブの法人会員になると

 

コナミスポーツクラブの法人会員になると


コナミスポーツクラブといえば、業界国内最大手のスポーツクラブです。
所属しているスポーツ選手がオリンピックなど第一線級の活躍を見せているため、親しみを覚えている方も多いでしょう。

コナミスポーツクラブは充実した内容で利用者の信頼度も高く、初心者でも安心して入会できることで知られています。
ここでは法人会員制度についてご紹介しますが、コナミの会員制度には他のジムとは異なる特色があるため、全体の料金体系を含めてご紹介していきます。

選べる4つのカテゴリー

段階(レベル)のイメージ図

全国に多数の店舗を構えるコナミスポーツクラブで採用しているのは、選んだカテゴリー通う頻度から月会費が決まるシステムです。

コナミスポーツクラブの店舗は、それぞれの施設の規模やレベルなどに応じてⅠ~Ⅳカテゴリーに分類されています。
このカテゴリーが高いほど充実した良い施設ということになり、月額料金も高くなっていきます。

※補足
最も充実しており月会費も高いのがランクⅣ、逆に低いランクがⅠになります。

店舗を跨いだ施設利用

日本地図

自分の登録したカテゴリーと、それ以下のカテゴリーの施設は、どの店舗でも追加料金なしで利用することが出来ます
仮に、自宅と勤務先の近く両方にコナミがある場合、どちらにも無料で通えれば、トレーニングの幅が広がりとてもお得です。

カテゴリー分けの基準

カテゴリーの分類基準は詳しく明かされていませんが、次のような項目が関係していると言われています。

  • 施設の面積
  • 施設及び設備の新しさ
  • 立地の良さ
  • 混雑状況
  • 近隣他店との価格比較

基本的には通いやすい店舗を選ぶ方が多いかと思いますが、候補が複数あるならば各店舗を実際に見学してからカテゴリーを選びたいものです。

通う頻度も選べる

ジムでトレーニングを行うストレッチウエアを着た男性※イメージ画像

カテゴリーを選択した上で利用頻度を選びます。頻度は次の4つから選択します。

  • フリー(回数制限無し)
  • 週2(月8回)
  • 週1(月4回)
  • 隔週(月2回)

この頻度は全国のコナミスポーツで統一されています。

お気づきになった方もいるでしょうが、コナミスポーツクラブでは、他のジムのように、時間帯や平日利用などで割引になるプランがありません
逆に、週2、週1といったプランを他のジムで見かけることはあまりないでしょう。

法人会員とは?

法人会員になるには?

都会のビル群
法人会員とは、自分が所属している法人や団体によって選べる料金プランです。
所属している法人がコナミスポーツクラブと契約している場合、その従業員と家族がなれる他、特定のクレジットカードの特典として付帯されている場合もあります。

法人会員は一般会員の料金プランとは異なるプランが設けられており、次の2種類から選ぶことが出来ます。

  • 月会費制
    月々の利用頻度で選べるプラン。
  • 都度利用料制
    好きな時に利用し、都度料金を支払うプラン。

ぞれぞれのプランについて確認していきましょう。

法人会員(月会費制)

月会費制は、一般会員の料金プランに比べて基本料金が割安で、且つ頻度の内容にも次のように違いがあります。

  • 回数プラス(回数制限なし)
  • 週3(月12回)
  • 週2(月8回)
  • 週1(月4回)

法人会員(都度利用料制)

都度利用料制では月々の会費はなく、利用店舗のカテゴリーによって一回の利用料が異なります。
尚、利用期限付きの回数券の購入で、更にお得に利用出来ます。

この2つの基本料金を基に、所属法人の契約内容によって月会費や利用料に補助が適用されるなど、よりお得に利用出来る場合があります。

コナミスポーツクラブの評判

スポーツジム※画像はイメージ

業界最大手のスポーツクラブとなると、店舗も数多くあり、その評価も様々です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP