自転車とレンガの壁

自転車用サドルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!正しい選び方で痛いサドルとさよなら!調整&交換のやり方も解説

 

自転車は便利な交通手段の一つとして多くの人に利用されています。サドルは体重が一番かかる場所なので、自転車をこいでいてお尻が痛くなったという経験を持っている人は沢山いるでしょう。

しかしサドルの機能やどんなサドルが自分に合っているのか分からず、サドルの交換を迷っている人もいるのではないでしょうか。サドルにもさまざまなタイプがあるので、それぞれの特徴を知っておくとサドル選びに役立ちます。

今回は痛みを軽減させるための正しいサドル選びのポイントをご紹介します。機能性やデザイン性のあるおすすめ人気自転車用サドル10選も徹底比較。サドルの調整や交換方法も一緒に解説します。

サドルの種類

公園で自転車を持つ男性

サドルは色々なタイプのものが存在します。体格や骨格は人それぞれなので快適なサイクリングができるベストなものを選びましょう。自転車用サドルには大まかに分けて以下のようなタイプがあります。

  • ベーシックサドル … 自転車には通常このタイプのサドルがついています。
  • ソフトサドル … ベーシックサドルよりクッション性があり痛みを軽減させます。
  • 穴開きタイプ … サドルの中央部分に穴が開いているサドル。ムレや尿道への圧迫感を軽減できます。溝が入ったタイプもあります。
  • テリー型サドル … サドルサイドのボタンステッチが特徴的で自転車におしゃれ感が出ます。サドル自体は比較的厚め。
  • ヒップアップサドル … サドルの後部が盛り上がっていてお尻が痛くなりにくい構造。人間工学に基づき開発されたサドル。
  • ビーチサドル … ビーチバイクに使用されるサドルを自転車にも用いたもの。サドルは分厚く安定感もあり快適な座り心地。

サドルを選ぶ時のポイント

ポイント

自転車をこいでいる時はサドルに一番体重がかかってしまいます。特に長く自転車に乗っているとお尻が痛くなり快適なサイクリンが行なえません。サドルを選ぶ際にはいくつかのポイントを頭にいれておきましょう。

身長や体重を考慮する

人はそれぞれ体格が違うので、このサドルを付ければ全ての人が快適なサイクリングができるというサドルは存在しません。身長や体重、骨盤の構造によって合うサドルのタイプも変わってきます。

痩せ型の人はクッション性のある厚めのサドルが適しているといえます。ふくよかな人はサドルの面積が広くホールド感と安定感のある硬めのサドルがいいでしょう。

また骨盤が広い人は広めのサドル、逆に骨盤が狭い人は細めのサドルが合う場合が多いです。自分の体型の特徴を事前に把握してからサドル選びをすることが大切です。

サドルの硬さはどうするか

サドルにはクッション性の高いものがあります。クッション性があるサドルは地面からの衝撃を吸収する機能があり身体への負担が緩和されます。しかし柔らかいサドルの方が良いとも限りません。

時間が経つとクッション材がつぶれてしまい、骨盤がサドルベースに当たるようになるとさらに痛みが生じたりします。クッション性がありすぎるとサドルの中心部がへこんで股間部分への圧迫が強くなる場合もあります。

また柔らかいサドルはペダリングする力も吸収してしまい十分な踏み込みができなくなります。特に長時間自転車に乗る場合は硬めのサドルの方が快適です。自分のニーズを把握し何を優先するかを考慮して選びましょう。

サドル幅をチェック

サドル幅もチェックしてみましょう。サドル幅とはサドルの一番幅のある場所の長さです。一般的に男性用のサドルは女性用のサドルより幅が狭くなっています。

サドルは幅が広い方が圧迫感が少なくなるといわれていますが坐骨が広めの人は広幅のサドルを、狭めの人は細幅のサドルを選ぶのが基本です。

以下、自分に適したサドル幅の出し方です。

  1. ダンボール箱の一面を切って準備する。
  2. 準備したダンボールの上に体育座りをし、へこんだ部分2箇所の中心点を直線でつなぐ。
  3. その直線距離を測る。

通常自分に適したサドル幅は計測した坐骨幅+1-2cmといわれています。適したサドル幅にできるだけ近いサドルを選ぶと快適なサイクリングを行うことができます。

サドルの形状をチェック

サドルに穴が開いているタイプや溝が入っているサドルは尿道やお尻への圧迫感を抑えてくれます。サドルに座っていて特に疲れを感じる人や、しびれを感じている人は穴開きタイプのサドルに交換すると楽になる可能性が高いです。

またサドルの中央部分に穴が開いていることで通気性が加わり発汗によるムレなどを防いでくれます。さらにサドル座面の形状にも注目しましょう。平面のものやサイドにカーブをつけたサドルがあります。

サドルにかかる重量を分散する設計になっているサドルや、人間工学に基づいてつくられたサドルもあるので選ぶ際にはチェックしたいポイントの一つです。

サドルの調整と交換の仕方

イタリアの街角赤い自転車

今使っているサドルが合わず痛みを感じる場合には、サドルを調整したり交換したりすることで解決できます。

女性用の自転車は最初に付いているサドルが男性用のものが多いので、身体に合わず痛くなってしまう場合があります。女性用の広幅のサドルがあるので交換すると痛みを軽減できるでしょう。

サドル調整で痛みを解消

サドルは標準的にはサドルの座面と地面が平行になっている状態が望ましいです。痛みを感じる場合サドルの角度を少し前に下げることでサドルに当たる部分が変わり痛みを軽減できます。見た目のバランスは崩れますがその場の痛みを解消するために行う調整となります。

またサドルの位置が合っていないと痛みにつながります。高すぎても低すぎてもいけません。ペダルが真下に下がっている時に、かかとがペダルにしっかりつく状態が適切な位置とされています。

サドル調整の一つとしてクッション性を出すためのカバーがありますが、カバーを取り付けるよりはサドル自体を交換した方がメリットが大きいとされています。

サドル交換で快適なサイクリングを

自分に合ったサドルを選んだら早速サドルを交換してみましょう。必要な工具を確認して事前に準備しておくとよいです。

また自転車の種類やメーカーによって交換方法も異なるので、サドル交換する前に交換の流れを頭に入れておくとスムーズにいきます。サドル交換の大まかな流れは以下になります。

  1. サドルを外す前に元のサドル位置を測りメモしておく。
  2. 固定ボルトを緩める。
  3. ボルトが緩んだらサドルを外す。
  4. 新しいサドルをセットする。
  5. 固定ボルトを締めながらサドルの位置を調整。
  6. 最後に固定ボルトをしっかり締めて完了。

一番シンプルな自転車のサドル交換が分かる動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=flVtAWEHNQc

こちらの動画はもう一つのベーシックなサドルの交換方法です。

https://www.youtube.com/watch?v=1vX7NtI9f9k

おすすめ人気自転車用サドル:10位〜4位

正しいサドルの選び方サドルの調節と交換のやり方が分かったところでおすすめ人気自転車用サドルを徹底比較。痛みを軽減してくれるサドル10選を紹介していきます。

10位:GIANT ジャイアント 肉厚サドル

GIANT ジャイアント 肉厚サドル 
GIANT
販売価格 ¥1,780(2018年9月23日15時1分時点の価格)

クッション性に優れた厚めの自転車用サドルです。厚くて柔らかめのサドルは座り心地が快適でサイクリング中の痛みを軽減してくれます。

中央に溝が入っているので圧迫感がなく楽なペダリングをサポート。デザインもシンプルなベーシックタイプなのでどんな自転車にもマッチします。

9位:BROOKS(ブルックス) B17 STANDARD サドル

BROOKS(ブルックス) B17 STANDARD サドル
BROOKS(ブルックス)
販売価格 ¥12,280(2018年9月23日12時22分時点の価格)

おしゃれな自転車アイテムで有名な英国ブランドBROOKS(ブルックス)。このB17は100年以上に渡って作られている定番クラシックモデルです。天然レザーを使ったサドルは耐久性に優れていて夏場でもサドルが熱くならず快適なサイクリングを行うことができます。

見た目も落ち着いた上品な印象。天然革は使い込むほど経年変化が出て味わいのあるサドルになっていきます。価格は高いですが長く使えて愛着のわくサドルとなるでしょう。外観にこだわりを出したい人にはおすすめです。

8位:アサヒサイクル スタンダードサドル

アサヒサイクル スタンダードサドル
アサヒサイクル
販売価格 ¥785(2018年9月23日13時37分時点の価格)

シンプルなスタンダードサドルです。一般的な自転車で座り心地に欠けるサドルとの交換に適しています。適度な硬さで疲れにくくサドル面積が広めなので安定感があり楽なサイクリングをすることができます。

価格が手頃なので今すぐサドルを交換したい人にはおすすめの自転車用サドルです。

7位:自転車用 MARUHACHI 大型ゆったりサドル

自転車用 MARUHACHI 大型ゆったりサドル
販売価格 ¥1,785(2018年9月23日12時31分時点の価格)

クッション性のとても優れた大型モデルの自転車用サドルです。分厚く柔らかいので地面からの衝撃を吸収しサイクリング中の不快な痛みを和らげます。サドル面積が大きくがっちりした体格の人でも楽にペダリングが可能。

座面の安定感も高くスムーズなサイクリングが楽しめます。

6位:Rant Bell 自転車サドル

Rant Bell 自転車サドル
LIETU
販売価格 ¥1,480(2018年9月23日12時36分時点の価格)

穴開きタイプの自転車用サドルです。サドルの中央部に穴があることで圧迫感を取り除き楽なペダリングが可能になります。クッション性に優れているので普段着でのサイクリングでも痛みを最小限に抑えてくれます。

レールをブラックにしたり色々なカラーバリエーションを提供したりしていて、どんな自転車とも合わせやすくなっています。

5位:【ps.j】自転車サドル

【ps.j】自転車サドル
ps.j
販売価格 ¥1,280(2018年9月23日13時13分時点の価格)

人間工学に基づいて設計された穴開きタイプのサドルです。厚めで幅広に作られているサドルはホールド感も高くサイクリング中の疲れを軽減してくれます。

センターに穴が開いているのでムレにくく圧迫感もありません。柔らかすぎない適度なクッション性があり痛みを最小限に抑えスムーズなペダリングを行うことができます。

4位:キアーロ CHIARO 自転車サドル テリー型

キアーロ CHIARO 自転車サドル テリー型
キアーロ
販売価格 ¥1,912(2018年9月23日13時14分時点の価格)

サイドのボタンステッチが特徴的なテリー型サドルです。テリー型サドルは比較的厚めに作られているのでお尻の痛みが少なくなります。

テリー型のサドルを付けると自転車のおしゃれ度がアップします。厚みがありクッション性もあるので機能性とデザイン性が両立した人気のタイプ。車種にもよりますが自転車の印象を変えたい人におすすめです。

おすすめ人気自転車用サドル:3位〜1位

続いておすすめ人気自転車用サドル3位〜1位の登場です。機能性に優れた穴開きタイプのサドルと普段の生活で楽に自転車がこげるソフトタイプのサドルが上位にランクインです。

3位:自転車サドル 2トーン Region

自転車サドル 2トーン Region
region
販売価格 ¥1,780(2018年9月23日14時40分時点の価格)

人間工学に基づいて考えられた穴開きタイプのサドルです。サドルへのフィット感が優れていて長時間のサイクリングをスムーズに行うことができます。硬くもなく柔らかすぎない適度なクッション性で路面からの衝撃を緩和し不快な痛みを最小限に抑えます。

センターの穴は通気性を高めサイクリング中の不快なムレを防ぎます。どんなタイプの自転車にもセットすることができる実用性の高い自転車用サドルです。

2位:GORIX(ゴリックス) 自転車低反発サドル

GORIX(ゴリックス) 自転車低反発サドル
GORIX(ゴリックス)
販売価格 ¥2,000(2018年9月23日14時47分時点の価格)

快適なサイクリングをサポートする穴開きタイプのサドルです。センターには溝と穴が入っていて身体への圧迫感を取り除き快適なサイクリングをサポート。ソフトな低反発素材を使用しているので地面からの衝撃やサドルにかかる重量を吸収し痛みを緩和してくれます。

サドル交換が楽しくなるようなカラーバリエーションを豊富に提供。どんな車体にも組み合わせることが可能です。街乗りや通勤、通学を始め長距離サイクリングにも適した万能自転車用サドルです。

1位:BRIDGESTONE(ブリヂストン) ソフトサドル

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ソフトサドル
BRIDGESTONE(ブリヂストン)
販売価格 ¥1,069(2018年9月23日14時57分時点の価格)

おすすめ人気自転車用サドル第1位はブリヂストンが生産しているベーシックタイプのソフトサドルです。適度な硬さのサドルは地面からの衝撃をしっかり吸収してくれます。

サドルは厚めで面積が広くサイクリング中の疲れを軽減。程よい弾力があるのでフィット感も十分です。さらにサドルの表面に滑り止め加工がされているので安全走行することができます

サドルサイドにカーブをつけた構造はお尻へかかる圧力を程よく分散し負担を軽くしてくれます。価格がお手頃で機能性も抜群。コストパフォーマンスも高くすぐにでも交換できる優秀な自転車用サドルです。

まとめ

サイクリングする人

人気のおすすめ自転車用サドル10選をご紹介しました。サドルには色々なタイプがあるので自分の身体的特徴やニーズを考えて最適なサドルを選んでみましょう。サイクリング中に痛みがあると自転車を快適にこぐことができません。

ちょっとしたサドルの調整や機能性のあるサドルに交換するだけで驚くほどの快適さを感じることができます。サドルの正しい選び方を参考にすぐにでもストレスなしのサイクリングライフを手に入れましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP