郊外でサイクリングする男性

サイクリンググローブ(夏用)おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!夏でもフルフィンガー?それとも指切り?選び方を解説

 

快適なサイクリングをサポートするアイテムやグッズの中の一つにサイクリンググローブがあります。サイクリンググローブにはさまざまな機能が備わっていて、着用するとしないでは大きな違いがあります。

しかしサイクリンググローブのメリットがよく分からずに購入を決めかねている人もいるのではないでしょうか。サイクリンググローブは寒い日の防寒対策だけではありません。夏場のサイクリングに使用すると快適なサイクリングを楽しむことができます。

今回は夏用のおすすめ人気サイクリンググローブを徹底比較。フルフィンガー、指切りタイプの特徴やサイクリンググローブの選び方をお伝えしながら、夏のサイクリングにぴったりなサイクリンググローブ10選をご紹介していきます。

サイクリンググローブの役割

自転車のライト

サイクリンググローブの大きな役割として滑りにくくなるという点が挙げられます。グリップ力が補われることによりサイクリング時の姿勢が安定します。

そして同じくらい大切な役割がケガ防止です。自転車はスピードがでるので軽い衝突や転倒でケガをしてしまうこともあります。サイクリンググローブを着用することで身体への保護力がアップします。

さらにサイクリンググローブに備わっている機能により身体にかかる衝撃や負担が軽減されます。手や腕に伝わる地面からの振動が減少し疲れにくくなるのです。このようにサイクリンググローブを着用すると快適で安全なサイクリングを行うことができます。

フルフィンガータイプ・指切りタイプのメリット

自転車のライト

サイクリンググローブを着用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。夏用のサイクリンググローブとして指切りタイプのものは沢山ありますが、春夏に着用できるフルフィンガータイプもあります。

それぞれのメリットを把握し自分のニーズに合ったタイプのものを着用すると安心した走行ができます。

グリップ性とケガ防止:フルフィンガー

サイクリング時にフルフィンガータイプを着用すると未然にケガを防ぐことができます。自転車でも特に下り坂では速いスピードが出ます。転倒時や何かと衝突した時のことを考えると、指先まで覆われているフルフィンガーの方が安全性が高いといえるでしょう。

また指先まであるフルフィンガーは指先部分にグリップ力のあるシリコンなどを使用しています。グリップ力がアップしブレーキもしっかりかけることができます。

フルフィンガーグローブにも吸汗速乾性や通気性など発汗によるトラブルを軽減する機能が備わっています。汗によるムレが起こらないので夏でも快適なサイクリングが可能になります。

指先にタッチスクリーン対応素材を使用しているものであれば、携帯などの操作時にわざわざサイクリンググローブを外す必要がありません。

通気性と爽快な装着感:ハーフフィンガー(指切りタイプ)

夏用のサイクリンググローブといえば真っ先に思い浮かべるのが指切りタイプのサイクリンググローブです。フルフィンガーに対してハーフフィンガーとも呼ばれています。

指切りタイプの一番のメリットは、やはり涼しくグローブを装着できることです。指が半分出ているのでフルフィンガーと比べると通気性に優れているといえます。

快適なサイクリングをサポートする機能だけではなく汗による不快なムレなども軽減できるので、指切りタイプは間違いなく夏場のサイクリングに適しています。

指先が覆われていないのでフルフィンガータイプより保護力が劣るところは指切りタイプのデメリットといえるでしょう。

夏用サイクリンググローブの選び方

サイクリングする人

フルフィンガーと指切りタイプの特徴やメリットが分かったところで、早速自分にベストなサイクリンググローブを選んでみましょう。サイクリンググローブを選ぶ際にいくつかの押さえておきたいポイントがあります。

フィット感

最初に一番大切なポイントがフィット感です。手にちゃんとフィットしたものを着用しなければ、サイクリンググローブの機能が失われてしまいます。

脱着しにくいからと大きいものを着用すると、グローブの中で手が泳いでしまいグリップ力の効果が薄れてしまいます。逆に小さすぎると走行中に必要な手の動きを妨げてしまいます。

自分の手のサイズを事前にチェックし一番近いサイズのグローブを選びましょう。

グリップ力と伸縮性

グリップ力は自転車の運転に必要な要素です。グリップ力があると雨が降っていても滑りにくく安定した姿勢で走行することが可能になります。

フルフィンガーの場合は指先まで覆われているのでブレーキをしっかりかけることができます。またサイクリンググローブはストレッチ性に優れた素材のものが適しています。

素材の伸縮性をチェックしてサイクリング中の手の動きを妨げないかどうかを確認しましょう。

通気性と吸汗速乾性

サイクリングに汗はつきものです。手も必ず汗をかくので吸汗速乾性は選ぶポイントの一つとなります。汗を吸収し素早く乾かしてくれるので発汗による不快なムレを防ぐことができます。

また通気性を出すためにメッシュ素材が施されているものもあります。通気性や換気性があるかどうかを知るためにもサイクリンググローブの素材や構造にも目を向けてみましょう。

クッション性(ゲルパッド)

サイクリンググローブにクッション材やゲルパッドが入っているかをチェックしてみましょう。クッション性があるサイクリンググローブは衝撃を吸収してくれます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ヨガ
  2. 筋トレ 寝たまま
  3. ダンス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP