サーフィンする男性

サーフハット・ビーチハットおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!サーファーが帽子を被るのにはワケがある!選び方も解説

 

なぜサーフハットが必要なのか?

サーフィンする男性

サーファーが被っている帽子、サーフハット。サーフハットはビーチハットと呼ばれることもあります。実はサーファーは、決して見た目だけで被っているわけではないのです。サーフハットを被ることで様々なメリットがあるので、具体的にご紹介していきます。

筆者もサーフィンをする際はサーフハットを被っていましたが、本当に効果は絶大です!どんなメリットがあるのかという点と共に、実際にサーファーの皆さんが被っているサーフハットの中から選りすぐりのおすすめ8点も併せてご紹介していきます。

サーフハット・ビーチハットを被るとこんな3つのメリットがある!

サーフィンをする女性、ビーチにいるサーファー

では実際にサーフハットを着用することによってどんなメリットがあるのでしょうか?具体的にご紹介していきます。

日焼け防止

海の上は雪上と同様、思いっきり紫外線の影響を受けます。紫外線対策としては、まず日焼け止めクリームをくまなく塗ることなのですが、どうしても水に浸かっているのですぐに落ちてしまいます。

サーフハットは、物理的に直射日光に当たることを防げるので効果は抜群です。特に頭皮と耳、髪の毛は被るのと被らないのでは痛み方が大幅に変わってきます。

顔に関しては、もちろん被った方が良いのですが、下からの海面の照り返しをかなり受けるので、やっぱりやや灼けます。髪の毛についても本来は海水自体があまり髪の毛には良くないのですが、紫外線の影響を受けるか受けないかでは大きく違います。

特に女性より男性のほうが薄毛になりやすいといわれています。その薄毛対策としても、サーフハットを被ることは効果的だと思われます。

視界が良好になる

波の状態によっては、アウトで長らく波待ちに時間を費やすこともあります。天気が良い日は特に海面の太陽光が反射し、目を直撃します。この海面の乱反射によって目がかなり疲労します。

サーフハットを被ることで、視界に影を落とすので遠くの波がよく見えるというメリットがあります。目の疲労をできるだけ抑えると共に、視界が良好になるというパフォーマンスにも影響が出てくるほどのメリットがあるのです。

ケガ防止

サーフィンは実は危険が多いスポーツでもあります。タイミングが悪ければ、すぐ隣にいるサーファーと接触することもありますし、波にのまれて自らのボードでケガをする可能性も十分に考えられます。

サーフィンをする際にまず守らなくてはいけないのは、頭です。特にボードの底面に付いているフィンは頭をすっぱりと切ってしまうこともあるほど、身近な危険物です。

身体の中でまず守るべき頭部を物理的に覆うということは、大きなケガを未然に防ぐという意味で大変重要です。

サーフハットは普通の帽子とここが違う⁉

青い波でサーフィンする男性

通気性&速乾性に優れている

普通の帽子と違い、メッシュなどの通気性に優れた素材で作られているものがほとんどです。通気性が良いので、紫外線から頭皮を守るだけでなく、清潔に保つことができます。

また元々水に濡れることを想定して作られているため、多くは撥水生地を使用しています。濡れてもすぐに乾くので、不快感がなく被り続けることができます。

目印になる

サーフハットはサーフィンの激しい動きを想定し、脱げないように顔回りで調節できるストラップ(コード)が付いています。また、脱げてしまっても水に浮きやすい作りになっているものが多いので、紛失しにくいのも特徴です。

さらにサーフィンハットが水面に浮きやすいため、万が一の時にも目印になりやすいというメリットがあります。

サーフハットの人気ブランド

様々な種類があるサーフハットですが、中でも人気が集中しているいくつかのブランドをご紹介していきましょう。

BILLABONE(ビラボン)

多くのプロサーファーからも愛されている、1973年にオーストラリア・ゴールドコーストで生まれた老舗ブランドです。サーフィングッズのみならず、スノーボードアイテムも人気があります。

また、男性だけでなく女性のファンが多いブランドでもあります。男勝りの女性というよりは女の子らしくややセクシーな感じの女性が”BILLABONE GIRL”らしいです。

OCEAN PACIFIC(オーシャンパシフィック)

アメリカ・カルフォルニア生まれのサーフブランド。こちらも1960年代生まれなので、歴史ある老舗ブランドです。当初はサーフギアブランドとして、ビーチをメインに想定したアイテムを販売していました。

その後ビーチからストリートへとターゲットを拡大。現在は”カリフォルニアスタイル”をテーマにしたアパレルブランドとして世界中に多くのファンを抱えています。

O’NILL(オニール)

1952年、アメリカ・サンフランシスコで創始者ジャック・オニールがスタートさせたサーフブランドです。サーファーにとって欠かせないウエットスーツはこのジャック・オニールが開発したのが始まりです。

現在ではサーフウェアだけでなく、スノーボードウェアやスイムウェアにも積極的に力を入れています。

patagonia(パタゴニア)

patagoniaはイヴォン・シュイナードにより創業したアウトドアブランドです。サーフィンアイテムの他にクライミングから軍用品まで幅広いジャンルのアウトドア用品を扱っています。

名前の由来は、南米大陸のパタゴニア地方を訪れる時のために、創業者イヴォン・シュナードが過酷な環境に耐えられる衣服を作ろうと考えたのが始まりだそうです。

TAVARUA(タバルア)

老舗ブランドが並ぶ中、このTAVARUAは1993年生まれのニューカマー。でもその人気は老舗ブランドに劣りません。

ブランド名はTAVARUA島から由来し、上から見るとハート型に見えるこの島は、1983年まで無人島でした。しかしサーファーにとっては憧れの”世界屈指のパーフェクトなブレイクポイント”を持つ島でもありました。

オセアニアにある最後の楽園ともいわれるフィジーにあるTAVARUA島。1984年に二人のサーファーにより当ブランドが立ち上がり、現在TAVARUA島は多くの人が訪れるサーフリゾートになっています。

サーフハット・ビーチハットおすすめランキング8選 8位~6位

ではいよいよ、数あるサーフブランドの中からおすすめのサーフハットをご紹介していきます。まずは第8位~第6位です。

第8位 パタゴニア(patagonia)Surf Brim(サーフブリム)

パタゴニア(patagonia) Surf Brim(サーフ ブリム) SHLE(Shale) S 28831
パタゴニア(patagonia)
販売価格 ¥5,940(2018年9月25日0時4分時点の価格)

速乾性に富んだストラップと頭部にフィットするリサイクル・ナイロン素材が特徴。つば部分の裏側に濃い色を使うことで、照り返しを軽減したハットです。ストラップを使用しない時は収納もできます。

第7位 ビラボン(BOLLABONG)サーフハット AI011-941

(ビラボン) BILLABONG サーフハット (ドローコード) AI011-941 BLK_ブラック F
BILLABONG
販売価格 ¥4,320(2018年9月30日12時59分時点の価格)

フロント部分にはブランドロゴ入り。ストラップとドローコード、2種類を使い分けるのも◎ユニセックスなデザインなので、プレゼントにも最適です。

第6位 タバルア(TAVARUA)スタンダードサーフCAP

TAVARUA(タバルア) スタンダード サーフCAP 59cm TM1007 (NAVY) TM1007 FREE(59cm)
TAVARUA(タバルア)
販売価格 ¥4,568(2018年9月25日0時1分時点の価格)

こちらはタウンユースにも使えるキャップタイプのデザインです。使用しない時はストラップを収納しておくこともできます。キャップの後頭部はメッシュ使用で通気性は抜群。快適に被り続けることができます。

サーフハット・ビーチハットおすすめランキング8選 5位~3位

では続いて第5位から第3位の発表です!

第5位 タバルア(TAVARUA)サーフハットレディース ポニーテール仕様

これは髪の長い女子に嬉しいハットです。ポニーテールをしたまま被れるデザイン。ハットの後ろにスナップ部分があり、そこからポニーテールの髪の毛を出せるようになっています。視界を良好に保てるようにフロント部分のつばが少し跳ね上がっているのも特徴です。

第4位 タバルア(TAVARUA)TM1001 スタンダードサーフハット

TAVARUA(タバルア) TM1001 スタンダードサーフハット 日本製 (NAVY, 59cm)
デューク・インターナショナル
販売価格 ¥5,184(2018年9月24日23時56分時点の価格)

ビーチハットのように日さしをのばしてゆったりと被れる、日よけつきレディースサーフハットです。日さし部分は使わない場合は収納することも可能です。紫外線対策はしっかりしておきたい!という女性には特におすすめです。

第3位 タバルア(TAVARUA)プレミアムビーチハット TM-1009A

TAVARUA(タバルア) プレミアム ビーチハット M (LEAF BLACK) TM1009A M(57cm)
TAVARUA(タバルア)
販売価格 ¥6,206(2018年9月30日13時2分時点の価格)

つば広でしっかり紫外線対策ができる上に、つばが垂れないようにフロント部分に芯材が入っているので視界は常に良好なまま。両サイドのホックでテンガロン風に被っても◎

サーフハット・ビーチハットおすすめランキング8選 2位~1位

ではいよいよ第2位と第1位のご紹介です!

第2位 オニール(O’NILL)無地サーフハット

サイド部分がメッシュになっており、吸汗性と速乾性抜群!やっぱり被っていて快適であることは必須事項といえます。そして何といってもお手頃なのも嬉しいところです。

第1位 オーシャンパシフィック(OCEAN PACIFIC)サーフハット 516902

頭部へのフィット感がいい!という購入者の声が多かったのがこちらのサーフハット。違和感なく、快適に被れることは、長時間波待ちをするサーファーにとって重要な条件です。そしてつばとハットの高さのバランスもよく、全体的に見た目が洗練されているハット。加えてお値段も手に入れやすい価格。まずは実際に使ってみていただきたいという思いから堂々の1位です。

おわりに

サーフィンする女性

サーフハット(ビーチハット)おすすめ8選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ただ単に見た目だけでハットを被っているわけではなく、むしろ実用性に富んでいるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

以前に比べて、紫外線対策はよりシビアに取り組むべき課題になってきています。

サーフィンを心おきなく楽しむためにも、ぜひサーフハットを着用することをおすすめします。ぜひご自分の用途に合ったハットを見つけてみて下さい。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. サーフィンする男性
  4. 絶壁を登るクライマー
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. スケートボード
  10. ボルダリング 女性
  11. 鍛えた身体
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP