バーベルスクワットを行う女性たち

ダイエットはスクワットで効果的に行うことが重要

 

ダイエットにはスクワットが効く

ヒンズースクワットをする男女

主に下半身の筋力をアップさせるスクワット
元々スクワットは、足腰の筋力増幅法としてスポーツ選手に取りいれられていたトレーニング法ですが、近年ダイエットにも非常に効果があると判明しました。

スクワットはジョギングや腹筋運動と違い、運動後に息が切れることも少なく、自宅で手軽に行えます。
更にその効果は足だけに留まらず様々な筋肉に及ぶため、下半身運動の王様などと呼ばれることもあります。

ここではスクワットがダイエットする上でどのような効果をもたらすのか、そしてどのようにダイエットに役立つのかをご紹介します。

スクワットで脚が太くなる?

鍛え抜かれた下半身

何故スクワットはダイエットに効果的と言われるのでしょうか?

スクワットと聞くと、どちらかというとアスリート向けのキツい種目のように捉える方は多いでしょう。
バーベルを担いでスクワットをする、筋骨隆々とした男性を思い浮かべる方もいるかもしれません。

確かに本格的に筋力をアップさせたいのならばこういったトレーニング方法になりますが、今回ご紹介するのはダイエットに適したスクワット
脚に筋肉がつき過ぎて、太くなったりはしませんのでご安心ください。

スクワットが外見にもたらす効果

シェイプアップされた体躯の女性

下半身の筋肉を効率よく鍛えることが出来るスクワット。
スクワットによって得られる外見面の効果は次の3点です。

  • 腹部の引き締め
  • ヒップアップ
  • スタイルアップ

それぞれ確認していきましょう。

スクワットで女性らしい身体を目指す

鍛え抜かれたヒップを見せつけるジムウェア姿の女性

試しにスクワットを1回やってみてください。下半身はもちろん、下腹付近の筋肉も使ってるのがお分かりいただけるでしょう。
スクワットは正しいフォームで行えば、お腹周りも引き締められるのです。

そして大殿筋と呼ばれるお尻の筋肉も一緒に刺激されますから、ヒップアップ効果もあります。

下半身・お尻・お腹・腰周りにかけての筋肉が鍛えられると、体幹が安定します。
体幹が安定すると、上半身の筋肉である背中なども刺激されるため、全身のスタイルアップを期待出来ます。

スクワットが健康面にもたらす効果

鍛え抜かれた下半身

続いて、スクワットによって得られる健康面の効果は次の3点です。

  • 基礎代謝の向上
  • 血行改善(冷え性改善)
  • むくみ防止

こちらもそれぞれ確認していきましょう。

スクワットで女性ならではの悩みを解決

女性の後姿 腰

しつこいようですが、スクワットでは下半身の様々な筋肉を鍛えられます。
実はこの下半身の筋肉は、人体の筋肉のうち7割を占めています。それらを同時に鍛えられるため、非常に効率が良いダイエット方法と言われているのです。

また、スクワットをすることによって血行改善にも期待が出来ます。
下半身の血液は、上半身の血液に比べて重力の抵抗を受けながら進まなくてはなりません。
筋肉が衰えているとこの循環が悪くなり、むくみの原因になりかねません。

スクワットで下半身の筋肉を鍛えると、下半身に流れる血液をスムーズに送り出せるようになります。
これにより全身の循環機能が向上し、冷え症の改善基礎代謝アップに繋がります。

スクワットの消費カロリーとは?

スクワット15回は腹筋500回に匹敵する?

クランチ

筋トレに励む方々の中では、スクワット15回は腹筋500回に匹敵するなどと言われています。
確かに身体の7割を占める筋肉を刺激できるスクワットと、腹直筋をメインにおいた腹筋とでは、鍛えられる筋肉量がまるで違いますから、あながち間違いとも言えません。

しかし、そうはいってもスクワットは下半身の上下運動に過ぎません。
実際問題、その消費カロリーはどれくらいなのでしょうか。

スクワットと腹筋の消費カロリー比較

では早速、スクワットと腹筋運動の消費カロリーを比較してみましょう。

消費カロリー スクワット 腹筋運動
1回 0.42kcal 0.56kcal
15回(1分間) 6.33kcal 8.44kcal

このように消費カロリーのみに着目すると、スクワットが特に秀でている訳ではないことが分かります。

基礎代謝の向上こそダイエットでは重要

ウォーキングする女性

とは言え、先程述べた基礎代謝アップは脂肪燃焼にかなり効果がありますので、たとえ消費カロリーが少なくとも落胆する必要はありません。

ダイエットの基本は、食事制限と基礎代謝の向上です。
例えば何気なく歩いている時も、スクワットで基礎代謝が上がった分、同じ距離を歩いたとしても消費カロリーは大きくなります。他の運動をした時も同様です。

このようにスクワットは「より効率良くダイエットを行うためのダイエット」でもあるのです。

【関連記事】スクワットのカロリーって?ダイエット効果が無いは嘘だった!?

スクワットの正しいやり方

では、最後にスクワットのやり方をチェックしておきましょう。

  1. 足を肩幅程度に開き、つま先はまっすぐ前を向けます。手は肩と同じ高さに真っ直ぐに伸ばします。
  2. 股関節から、後ろに曲げるように膝と一緒に落としていきましょう。
  3. 地面と太ももが平行になったら、この状態を3秒キープ。
  4. ゆっくり上げていきます。元の姿勢に戻って下さい。

■トレーニングのコツ
膝がつま先より前に出ないように心掛けましょう。

目標回数とトレーニングの頻度

リビングでスクワットをする男性

慣れないうちは2、3回行うだけで太腿付近が張ってしまうかもしれません。
反動をつけるトレーニングではない分、正しい姿勢で行うと想像以上に疲れます。
休みながらで構いませんので、一日50回を目標に行いましょう。

スクワットは毎日行う必要はありません。
2、3日に1回程度を目安にトライしましょう。

まとめ

スクワットする男女

如何でしたか?
自宅でもオフィスでも手軽に始められるスクワットダイエット
お腹周りにも足痩せにも効果がありますので、是非試してみてください。

スクワットに他の運動も一緒に取り入れることで、更なる効果も期待できます。
理想のスタイルを目指して、習慣化出来るようコツコツ取り組みましょう。

【関連記事】内ももの筋トレ方法!太ももダイエット効果や筋肉のトレーニング方法まとめ
【関連記事】痩せる筋トレ・運動の方法は?おすすめの効果的ダイエットメニュー!
【関連記事】骨盤スクワットで体質改善!劇的ダイエットを目指せ!7

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP