ハンドルバーに着いた自転車用ベル

自転車ベルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!野暮ったいベルを超おしゃれにしたい!おもしろ商品も紹介♪選び方も解説

 

日本では、自転車の安全な走行のために自転車にベルなどの警音器の取り付けが義務付けられています。これは、クロスバイクロードバイクでも同様です。格好悪いと装着しないのは法律違反になりますので注意しましょう。

現在では、自転車ベルもさまざまなデザインから選ぶことが可能ですが、クールなバイクに見合わない野暮ったいデザインのものは極力避けたいはず。自転車ベルは使用頻度に関わらずバイクの印象にも影響を及ぼすパーツなだけに、選び方もおさえておくことのがおすすめ。

今回は、細部までこだわっておしゃれにきめられる自転車ベルの選び方やおもしろ商品についても詳しくご紹介します。

自転車ベルの選び方

自転車とレンガの壁自転車ベルは、ルックスだけでなく必要な時にスムーズに使用できることも大切です。また、左右の見通しのきかない交差点など道路交通法に規定された場所にて、他者に自分の自転車の存在を十分に理解してもらうことのできる音であることも重要になります。

こちらでは、自転車ベルのおすすめの選び方についてご紹介しましょう。

大きさ

現在は、10円玉ほどの大きさのコンパクトなデザインから大ぶりのクラシカルなものまでさまざまな大きさの自転車ベルが販売されています。

できるかぎり目立たないものを選びたい人は、コンパクトなデザインのものやバーを包み込むように一体化させるデザインの製品がおすすめです。

素材

自転車ベルは昔ながらの金属製のものを豊富に見かけますが、現在は木製の自転車ベルも製造されていて欧米では人気が高まっています。

自転車の1つのアクセントとしてアクセサリー感覚で自転車ベルを選びたい人には希少な木製素材のベルにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

豊富な機能やデザインの中から選びたいという人は、金属製のものを選ぶのがおすすめです。

カラー

黒やシルバーをはじめ、自転車ベルもカラーバリエーションが豊富になってきています。バイクと同じカラーを選んで一体感を出したり、インパクトのあるカラーでアクセントとして選ぶのもおすすめです。

また、ウェアやグローブ、ボトル、パーツなどの色と揃えてコーディネートして楽しむのもよいでしょう。

デザイン

現在は、機能だけでなくデザイナーが手がけた自転車ベルも見かけるようになってきました。自転車と一体化するデザインで自転車ベルとは気づかないほどの製品や一見では自転車ベルとは想像できないユニークなものまでさまざまあります。

クールなバイクに見合った自転車ベルを探すなら、デザイン性の高い製品がおすすめです。

機能

最近では、自転車ベルとしての機能だけでなくライト機能も備えられた製品も販売されています。バイクの装備品を極力抑えたい人は、多機能の製品がおすすめです。

自転車ベルを選ぶときのポイント

前章では、自転車ベルの選び方についてご紹介しましたが「魅力的な製品ばかりで目移りしてしまう」という人もいることでしょう。そんな人は、まず「用途」について再確認してみてください。

アクセサリーの1つとしておしゃれな印象を与えたい人は、インパクトのあるカラーやデザインがおすすめです。一方で「自転車ベルはあまり目立たせたくない」という人は、自転車のハンドルバーに一体化できるデザインでバーのカラーと同じものがよいでしょう。

自転車ベルを選ぶときの注意点

郊外でサイクリングする女性自転車ベル選びに失敗しないためにも、選ぶときにいくつか注意しておくべきポイントがありますのでご紹介しましょう。

サイズ

自転車ベルは、ドライバー1本あれば付属のパーツによって簡単に自転車に取り付けられる製品がほとんどです。

しかし、中にはクランプ径の大きさを選ぶ必要があるものや調節できる幅やサイズに制限がある製品もあり、自分の自転車の径に合わなければ取り付けることができない場合があります。

そのため、製品を選ぶ前には自分の愛車の自転車ベルを取り付ける部位のバーの大きさを忘れずに確認しましょう。

盗難予防

自転車ベルであっても魅力的な製品は、盗難やいたずら被害に遭遇する危険性があります。多くの人は、バイク自体を安全な場所に保管していると思いますが外出の際には注意が必要です。

自転車ベルを自転車にしっかりと固定するタイプのものは心配ありませんが、フレックスタイトブラケットタイプやマグネットタイプのものは自転車から離れる際には取り外して持ち運ぶ必要があることを覚えておきましょう。

自転車ベルおすすめ人気ランキング:10位~4位

こちらでは、おしゃれに決まる自転車ベルからおもしろさが目をひくものまで、自転車ベルのおすすめ人気製品を特徴とあわせてランキング形式でご紹介します。

10位:GORIX 自転車ベル付きLEDライト バンドタイプ GX-968

GORIX 自転車ベル付きLEDライト バンドタイプ GX-968
GORIX(ゴリックス)
販売価格 ¥1,845(2018年9月27日3時40分時点の価格)

こちらは、GORIXの多機能自転車ベル。特徴は、自転車ベルとライトの両者の機能を兼ね備えている点。自転車ベルの存在をあまり強調したくない人や装備品を少なく抑えたい人、ハンドル周りをすっきりと維持したい人におすすめです。

9位:GORIX 自転車ベル ブラケット装着タイプ GX-RBK

GORIX 自転車ベル ブラケットとりつけ GX-RBK
GORIX(ゴリックス)
販売価格 ¥1,240(2018年9月26日18時11分時点の価格)

こちらは、ブラケットに挟んで取り付けるタイプの自転車ベル。特徴は、おしゃれでスタイリッシュなデザイン性だけでなく、走行中も親指で簡単にベルを鳴らすことができる点。ハンドル周りをすっきりと保ちたい人におすすめです。

挟んで固定するタイプですが、しっかりと固定できるため衝撃などで落ちる心配はありません。

8位:自転車 ベル 86173

自転車 ベル クラクション 86173
ノーブランド
販売価格 ¥811(2018年9月26日17時55分時点の価格)

こちらは、リーズナブルな価格のベーシックタイプの自転車ベル。特徴は、コンパクトな構造に加えて新鮮でおしゃれなカラー。アイテムやバイクのカラーとあわせてトータルコーディネートしたい人におすすめです。

7位:自転車ベル オイル コンパス付

自転車ベル オイル コンパス付
tingco
販売価格 ¥1,000(2018年9月26日18時7分時点の価格)

こちらは、ユニークなデザインが目をひく自転車ベル。特徴は、オイルコンパス付きである点。スポーツバイクにもアクセントとして使用するだけでなくツーリングなどにも役立ちます。

6位:CAT EYE 自転車ベル PB-800 アルミ製

CAT EYE 自転車ベル PB-800 アルミ製
キャットアイ(CAT EYE)
販売価格 ¥464(2018年9月26日17時21分時点の価格)

こちらは、クランプで固定するタイプのCAT EYE 自転車ベル。特徴は、コンパクトなデザインとクリアな音色。カラーバリエーションは、3種類から選ぶことが可能。クランプのサイズは径22.2mmです。

同社のOH-2400もでるよりも若干大きい構造になっています。

5位:自転車ベル バイクリング 22.2-31.8MM径

こちらは、バイクと一体化できるタイプのおしゃれな自転車ベル。特徴は、自転車のハンドルバーのカーブに沿った円形のユニークなデザイン。サイズも22.2-31.8mm径の幅で調整することができるため、一般的なスポーツバイクのほとんどに装着することが可能。

4位:自転車用ベル Qbell Qベル ISM-TWOOC

自転車用ベル Qbell Qベル ISM-TWOOC
ism
販売価格 ¥980(2018年9月26日17時47分時点の価格)

こちらは、アルミニウム素材の高品質の自転車ベル。特徴は、自転車ベルには見えないオシャレで斬新なデザインとアルミニウム素材のためベル自体の重量が18gと軽量である点。サイズは、22mmのハンドル径に対応。

カラーバリエーションも6種類の中から選ぶことができるのも魅力です。

自転車ベルおすすめ人気ランキング:ベスト3

マウンテンバイクこちらでは、ベーシックでコンパクトなデザインをはじめに思わず目をひくおもしろいデザインの自転車ベル、スタイリッシュなデザインのおすすめ人気製品をご紹介します。

3位:TOKYO BELL TECHNO BELL TB-552T

東京ベル(TOKYO BELL) TECHNO BELL TB-552T
東京ベル(TOKYO BELL)
販売価格 ¥550(2018年9月30日8時58分時点の価格)

こちらは、おもしろいユニークなデザインが目をひくTOKYO BELLの自転車ベル。特徴は、おしゃれで斬新なデザインに加えて、バイクのハンドル部位にスッキリ収まる下向きの構造。

小さな操作でも確実にベルを鳴らすことのできる精度にこだわった仕上がりも魅力。日本製なので安心して長く愛用できます。

2位:自転車ベル knog(ノグ) Oi(オイ)【日本正規品 /2年間保証】

こちらは、デザイナーとエンジニアの協働によって製作されたおしゃれなだけでなくクオリテーも高いknogの自転車ベル。特徴は、スタイリッシュなデザインと余韻の長い澄んだ音色。

スポーツバイクにさりげなくおしゃれに自転車ベルを装着したい人におすすめ。ただし、サイズはスモール:径22.2mmとラージ:径31.8mmの2種類があるのでサイズ選びには注意が必要です。正規品のため、2年間の品質保証があるため安心して使用できます。

1位:CAT EYE 自転車ベル OH-2400 真鍮製

キャットアイ(CAT EYE) 自転車ベル OH-2400 真鍮製 ブラック
キャットアイ(CAT EYE)
販売価格 ¥517(2018年9月26日6時5分時点の価格)

こちらは、どのバイクにも馴染むコンパクトでシンプルなデザインが人気のCAT EYEの自転車ベル。特徴は、ドライバー無しでも手軽に確実に固定可能なフレックスタイトブラケットを採用している点です。

CATEYE製のフレックスタイトブラケットを使用してライトやサイクロコンピュータを装着している場合は、同時装着可能なのも便利。また、自転車ベル自体の重さが25gの軽量小形サイズであるのも魅力的。

自分にぴったりの自転車ベルを見つけよう!

丘に向かってサイクリングする男性今回は、自転車ベルについて詳しくご紹介しましたがいかがでしたか?単なる警報器としての機能だけでなく、キャッチ―なおもしろデザインから斬新でスタイリッシュなデザインの製品、多機能製品までさまざまな種類があることをご理解いただけたはずです。

上記でもご説明いたしましたが、失敗なく自転車ベルを選びたい人は用途について再確認することをおすすめします。

例えば、ハンドル周りをすっきり維持したい人は多機能であるものや他のアイテムと同時装着が可能な製品がおすすめです。さりげなく自転車ベルを装着したい人は、自転車のハンドルバーと一体化するタイプのものがよいでしょう。

自分の愛車にぴったりのお気に入りの自転車ベルを見つけて、モチベーションも高めましょう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP