自転車用グリップおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!交換しやすいから初めてのカスタムにおすすめ♪種類と選び方を解説

 

今回は、自転車グリップの選び方や選ぶときの注意点についてとおすすめ人気製品を特徴も合わせてご説明いたします。交換しやすい製品から初めてカスタムする人におすすめの製品まで詳しくご紹介いたしましょう。

自転車グリップの交換時期の目安

街中の自転車

自転車のブレーキシューやタイヤなどの消耗の激しいパーツは、安全な走行のために定期的な交換が必要であることは広く知られています。しかし、グリップでは、重要なパーツであるにも関わらず明確な交換目安を知らない人が多いのが現状です。

こちらでは、早速自転車用グリップの交換目安についてご説明しましょう。自転車の使用頻度や天候などにもよりますが、一般的にはグリップの「べたつき」や変色が気になってきたときが交換すべき時期になります。

自転車用グリップの耐久性としては、およそ1年半から3年ほどと言われていることも覚えておきましょう。

グリップの「べたつき」が「交換の目安」である理由

グリップの「べたつき」が「交換の目安」になる理由としては「べたつく=素材が劣化している」という1つのサインであるため。

自転車用グリップの素材の多くは、新素材が開発されている中でもゴムを占める割合が多いのが特徴です。ゴムは、水に強い素材というイメージをもたれている人も多いかもしれませんが、実は水に弱い性質をもちます。

そのため、雨や手の汗などの水分とグリップのゴム素材が「加水分解」という化学反応を起こした結果として、べたつきを感じるようになるのです。このような状況では、不快なだけでなく走行時の安全にも影響を及ぼしかねないため交換するのがおすすめです。

もちろんカスタムしたい場合やグリップを使いわけたい場合は、交換時期まで待つ必要はありません。

自転車用グリップの選び方

郊外でサイクリングする男性

こちらでは、自転車用グリップの選び方のポイントについていくつかご紹介します。自転車用グリップの選び方に失敗したくない人はぜひ参考にしてみてください。

素材

自転車用グリップの素材は、各メーカーやブランドで新素材の開発が進められています。一般的には、グリップの素材が柔らかいものほど劣化しやすい性質があることも覚えておきましょう。

ゴム素材の製品が多い中、革素材やバイオコルクを採用した製品もありますので用途に応じて選んでみてください。

大きさで選ぶ

自転車どの様なスタイルで乗るのかによってもグリップの選び方が異なります。細めで小さなデザインのグリップよりも太めで握りやすい大き目のデザインの方がグリップ性や操作性も増すことを覚えておきましょう。

さらに太めの人間工学設計など手になじみやすいデザインのものは、手や手などの疲労を抑えることに役立ちます。

交換のしやすさ

自転車用グリップの交換は一見難しそうに見えますが実は簡単。外す時には、カッターで切り込みを入れて取り除くものや固定のボルト(ねじ)やナットをドライバーやレンチで外してグリップを取り除くロックオンタイプがあります。

新しいものにするときには、水などを使用してハンドルバーに付け根まで押し込んで接着剤で固定します。一方、ロックオンタイプの製品は適切な部位でしっかりと固定するだけです。

どちらのタイプも特別な技術が不要なDIYほどの作業になりますが、自分が交換しやすいと思うタイプを選ぶようにしましょう。最近では「女性でも簡単に交換」と明記されている製品もありますので、初めて交換に挑戦する人は表示を確認することをおすすめします。

カラー

自転車用グリップは、デザインやカラーがとても豊富なパーツです。カラーで選ぶときには、コーディネートできるものやアクセントになるものがおすすめです。簡単に交換できるパーツなので、新しいカラーにチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

デザイン

自転車用グリップは、大きく分けて握り部分に溝のデザインがあるものと全てフラットなものがあります。

細かく溝のあるものは、汚れが入りやすくメンテナンスに手間がかかる場合もあります。そのため「汚れが目立てば交換」するという選択肢も覚えておきましょう。

機能

バーエンドバーのあるタイプの自転車用グリップでは、角度調整機能の有無や範囲について確認するようにしてください。また、素材によっては耐候性の高いものや圧を分散させる機能をもつもの、グリップ力に優れたものなどさまざまあります。

使用者の用途に応じることのできる機能をもつ製品を選ぶようにしましょう。

自転車用グリップおすすめ人気ランキング:10位~4位

自転車とレンガの壁

こちらでは、自転車用グリップのおすすめ人気製品を特徴とあわせて詳しくご紹介します。自転車用グリップ選びに失敗したくない人は、ぜひ参考にしてみてください。

10位:ERGON GP3 グリップ ロング(L)

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP3 グリップ ロング/ロング (L)
ERGON
販売価格 ¥5,097(2018年12月7日7時48分時点の価格)

こちらは、ERGONの自転車用グリップ。特徴は、あらゆる天候でも安心して走行できる耐候性に優れたラバー素材を採用している点。また、カーボンバーにも使用できるクランプ構造になっています。

9位:factus 自転車 ハンドル グリップ φ22.2mm用 六角レンチ付き

factus 自転車 ハンドル グリップ
GMR Store
販売価格 ¥1,080(2018年12月7日8時0分時点の価格)

こちらは、初めてカスタムする人や女性も簡単に交換できる六角レンチを使用してナットを固定するタイプのグリップ。シンプルなデザインのため、マウンテンバイクロードバイクなど、種類に関わらずカスタムすることが可能。

30日間のメーカー保証があるのも魅力です。

8位:GORIX 自転車グリップ+バーエンド GX-849AD3-L1-G2

GX-849AD3-L1-G2 自転車エルゴグリップ+バーエンド
GORIX(ゴリックス)
販売価格 ¥2,999(2018年12月7日8時1分時点の価格)

こちらは、GORIXのグリップとバーエンドの一体型自転車用グリップ。特徴は、エルゴ型のデザイン。握りやすいだけでなく圧も分散させるため、走行中の痛みや疲労を抑えます。

バーエンドの角度も自由に変えられるため、状況に応じた最適なポジションで走行可能。ロックオンタイプなので、交換やカスタムも簡単にできます。

7位:TOPCABIN® 人間工学設計 自転車用 ハンドルグリップ

人間工学設計 自転車用 ハンドルグリップ
トップキャビン
販売価格 ¥998(2018年12月7日7時54分時点の価格)

こちらは、TOPCABIN®の自転車用グリップ。特徴は、人間工学に基づいた設計と高品質のゴムを採用している点。快適な握り心地だけでなくしっかりとしたグリップ力もあります。ロックオンタイプなので、付属のレンチで簡単に交換やカスタムが可能。

カラーも5色から選ぶことができます。

6位:自転車用ソフトラバーハンドルグリップ 人体工学設計

人体工学設計 ソフトラバーハンドルグリップ
Earth Net
販売価格 ¥1,980(2018年12月7日7時55分時点の価格)

こちらは、バーエンドバーのあるタイプの自転車用グリップ。特徴は、人体工学設計であることに加えてグリップ力の高い滑り止めと長距離走行でも痛みのないソフトラバーグリップを採用している点。
バーエンドバーは約90度まで可動可能なため、姿勢に応じて調整することができます。

5位:PRUNUS マウンテンバイク用ハンドルグリップ

こちらは、滑り防止機能を備えた自転車用グリップ。特徴は、人間の体のつくりに配慮した構造であることに加えて柔らかく、耐衝撃性をもつ点。長距離の走行でも、手や手などへの負担を最小限に抑えます。

通常サイズのハンドルバーの径であれば、自転車のタイプを問わずに取り付けることが可能です。

4位:タイオガ Eグリップ ロング グリップ HBG15700

タイオガ Eグリップ ロング/ロング グリップ(HBG15700)
タイオガ
販売価格 ¥1,382(2018年12月7日7時57分時点の価格)

こちらは、エルゴノミック形状の自転車用グリップ。特徴は、アウターにクラトンラバーを、インナーにナイロンを採用している点。ロックオンシステムなので簡単にカスタムや交換が可能です。

自転車用グリップおすすめ人気ランキング:ベスト3

上位には、自転車の走行時の快適性を向上させることに加え、走行時の疲労を抑える機能をもつ製品がランクインしています。

3位:GORIX 自転車グリップ GX-776AD3-L2-G2

GORIX ゴリックス 自転車グリップ GX-776AD3-L2-G2
GORIX(ゴリックス)
販売価格 ¥1,162(2018年12月7日8時2分時点の価格)

こちらは、GORIXの自転車用グリップ。特徴は、両端をボルトで固定するダブルロッキングのタイプなので取り付けや取り外しが簡単である点。さらに、グリップ力が高くて柔らかい素材をグリップに採用しているため、走行時の疲労を最低限に抑えます。

2位:Bianchi エルゴノミック バーエンド グリップ A JPP0105101BK000

エルゴノミック バーエンド グリップ A JPP0105101BK000
Bianchi(ビアンキ)
販売価格 ¥7,080(2018年12月7日8時3分時点の価格)

こちらは、バーエンドバーのあるタイプの自転車用グリップ。特徴は、握りやすさと快適性を重視したフラットハンドル。バーエンドバーがあるため、乗車時のポジションをスムーズに換えることが可能。長距離の走行におすすめです。

1位:NOGUCHI グリップ [NGS-005] ロング 左右セット Pro-C1960 EP1

グリップ [NGS-005] ロング128mm×ハーフ95mm 左右セット Pro-C1960 EP1
ノグチ(NOGUCHI)
販売価格 ¥1,512(2018年12月7日8時5分時点の価格)

こちらは、長距離ライディング向けのグリップ。特徴は、エルゴノミックデザイン。人間の体のつくりに配慮した構造であるため、握り心地だけでなく手への負担を抑えるため長距離のライディングでも疲労低減をサポートします。

お気に入りのグリップで快適に自転車を楽しもう!

クロスバイク
今回は、自転車用グリップについて詳しくご紹介しましたがいかがでしたか?自転車用グリップと言ってもさまざまなタイプがあることをご理解いただけたはずです。

こちらでご紹介しましたことを参考にカスタムを楽しんだり、走行距離や用途別にグリップを使い分けながら快適に自転車を楽しんでみてください。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP