サーフィンする男性

【サーフィン フルスーツ】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!ウェットスーツの中でも秋~真冬に必須!選び方も解説

 

ウエットスーツの種類

サーフボードを持つ男性

サーフィン用のウエットスーツには、季節(水温)によっていくつかの種類があります。年間を通じてサーフィンを楽しみたいという人に必須なのがウエットスーツの中でも「フルスーツ」と呼ばれる種類です。

まずはウエットスーツの代表的なものをご紹介していきましょう。

ロングスリーブスプリング

通称「ロンスプ」と呼ばれることも。上は長袖で、下はハーフパンツになっているタイプのウエットスーツです。

水温が高めの季節に使用するウエットスーツで、水温が高い夏~秋にかけて着用します。また、女性で腕が日焼けしたくないという人にも好まれるタイプです。

シーガル

ロンスプと着用する時期はほぼ同じですが、シーガルの場合は上は半そで、下が長ズボンのタイプなので、気温よりも水温が高い時に着用するのがおすすめです。

比較的着られる時期が長いので、1着持っていると重宝します。

スプリング

スプリングは真夏に着用するウエットスーツで、半そで半ズボンタイプのウエットスーツ。他のウエットスーツに比べて動きやすいのが特徴です。

また、他のウエットスーツに比べてある程度のサイズが合えば着用できるので、気軽に購入できるという利点があります。

セミドライスーツ

秋から冬にかけて水温が下がってきたら必ず必要になるのが、フルスーツです。「セミドライスーツ」や「ドライスーツ」など、フルスーツにもいくつか種類があります。

セミドライスーツは秋から真冬に使用する厚さ5mmのウエットスーツで、裏地素材にもいくつかの種類があります。

真冬に海に入るためにセミドライスーツの購入を考えている方はぜひ既製品ではなく、フルオーダーで作ることをお勧めします。なぜなら少しでも自分の体にフィットしないウエットスーツは水が入ってくるため防寒の意味を為さないからです。

ちなみに筆者がフルオーダーで作成したときには全身33か所を測定しました。太っても痩せてもダメ、というわけです。

前述したウエットスーツに比べ、俄然パドルはしづらくなりますが、雪が降っている日でも大丈夫なくらい防寒することができます。

ドライスーツ

ドライスーツとは、スーツ内に水がほとんど入らないウエットスーツです。下に服を着用していても濡れることがないほどです。その代わり、服を着たままで濡れないということは、トイレに行くこともできませんのでご注意ください。サーフィンで着用するより、深いところまで潜る際のスキューバダイビングなどで着用することが多いでしょう。

フルスーツを選ぶ時のポイント

サーフィンをする女性、ビーチにいるサーファー

フルスーツの中にもいくつかの種類があることがわかりましたが、そうなるとなおさらどのように選べば良いかわからない方もいるかもしれません。

どこにこだわるかのポイントは人それぞれですが、まずはご自分が何に一番こだわりたいのかを見極めていきましょう。

厚さ

ウエットスーツは生地のほんの少しの厚さの違いで、動きやすさが変わってきます。真冬のウエットスーツは5mmですが、それ以外の時期で着用するウエットスーツは3mmより薄いものが多いです。

ただ、水温は高くても真夏にはクラゲが出たり、海が混んでいるため接触事故の危険性が高くなります。

体を守るためには、ある程度の厚さがある方が身を守ることができます。

サイズ

自分の体に合っているかどうかという点で、サイズはとても重要な項目です。セミドライはオーダーメイドで作成することをお勧めしていますし、できればそれ以外のウエットスーツもすべてオーダーメイドで作りたいところですが当然価格が大きく変わってきます。

そうなると既製品でどれだけ自分の体にぴったり合っているものを見つけるかが重要になってきます。当たり前ですが、同じ身長でも人によって手足の長さはまちまちです。さらにはメーカーによっても、同じサイズ表記であっても実際のサイズが若干変わったりもします。

既製品はあくまで標準的なサイズで作られていますので、サーフィンを長く続けようという方や、早く上達したいという方はオーダーメイドを検討してみてもいいかもしれません。

季節

どのウエットスーツを選ぶかは、季節によっても異なってきます。セミドライであれば秋~真冬ジャージー素材のフルスーツであれば春先から秋までと、同じフルスーツによっても着られる時期に違いが出てきます。

ご自身がどの季節に着用するためのウエットスーツなのかを考えて選びましょう。

コストパフォーマンス

ご自身がどのくらい海に入るのかと、ウエットスーツの値段を天秤にかけてみましょう。季節を限定して楽しみたい方もいるでしょうし、通年で練習して早く上達したい方など、それは人それぞれです。

でも、いずれにせよ、機能性に富んでいて価格もお手頃なのが一番です。今はネットショッピングでも多くの種類を取り揃えているので、手に入れやすく着心地も良いものが増えています。

それでは早速おすすめのフルスーツをご紹介していきます。

サーフィン用フルスーツ おすすめ10選 10位~6位

ウェットスーツ

それではさっそくおすすめのサーフィン用フルスーツをご紹介していきましょう。まずは第10位~6位です。

10位 HeleiWaho ヘレイワホ 7mm セミドライスーツ

メンズ セミドライ スーツ HeleiWaho/ヘレイワホ 7mm
Hele i Waho(ヘレイワホ)
販売価格 ¥27,864(2018年10月28日11時33分時点の価格)

価格がやや高めですが、これは真冬でもあたたかい7mmのフルスーツです。

ただし、厚さがあればあるほど思うように体を動かすことができなくなるので、まずはサーフィンの動きに慣れてから着用するのが良いでしょう。

年明けのもっとも寒い時でもまったく寒さを感じることなく快適にサーフィンをすることができます。

9位 CherryRed 5mm フルスーツ

CherryRed 5mm フルスーツ ウェットスーツ 防寒保温 耐久性 M
販売価格 ¥14,980(2018年10月28日11時42分時点の価格)

レディース、メンズともに豊富なサイズ展開が特徴です。女性ならXS-XXL、男性ならS-XXXLまで選ぶことができます。5mmで真冬でも温かい上、運動性、速乾性、耐久性にも優れています。

サーフィン初心者にもおすすめです。

8位 Fenteer ネオブレン 5mm フルスーツ

Fenteer 5mmネオプレン ウェットスーツ 全4サイズ - L
Fenteer
販売価格 ¥11,560(2018年10月28日11時40分時点の価格)

真冬の水中でも凍えることなくサーフィンが楽しめる5mmのフルスーツです。このスーツの特徴は暖かさはもちろんのこと、軽くて着心地が良いこと。サーフィンボードを思うように操れるようになるまではまずは動きにひたすら慣れる必要があります。

フルスーツとしては手に入れやすい価格でもあり、こちらもサーフィン初心者のメンズにおすすめです。

7位 O’NEILL セミドライスーツ

サーファーに人気のブランドO’NEILL(オニール)のセミドライスーツです。お値段は高めですが、通年でサーフィンをしようという方や、早く上達したい方におすすめのフルスーツです。

オーダーメイドにすればこれよりさらに価格が上がってくるので、そのひとつ手前として、初級者~中級者におすすめのスーツです。

2cm~5cmものサイズの許容範囲があるほど伸縮性に優れています。

サーフィン用フルスーツ おすすめ10選 6位~4位

ここからは注目の6位から4位の発表です。

6位 DIVE & SAIL フルスーツ

これは女性用は3mm、男性用は3mmと5mmの展開があるフルスーツです。サーフィンはボードに膝をつくので、どうしても摩耗しやすい箇所ですが、膝パッドがついているので耐久性にも優れたタイプです。

このスーツの最大の特徴は、裏起毛タイプだということです。秋~真冬でも寒さを気にすることなく、サーフィンを楽しめます。

寒がりなサーファーにぜひともおすすめしたい一着です。値段も手頃なので、極寒用のセカンドとして持っていても良いかもしれません。

5位 FELLOW 3mm フルスーツ 日本規格

海外メーカーの既製品はどうしても体にフィットしないことが多いものですが、これは日本規格なので、日本人の体型を考えた独自の立体パターンを実現したウエットスーツです。

よく使用する下半身部分には「ハイズーム」を使用し、長時間の使用や、ショートボードの激しい動きにも耐えうる高品質素材のスーツです。

水や熱を通しにくく、気化熱によるヒートロスを軽減し、防寒性・保温性にも優れています。

4位 MORGEN SKY ウエットスーツ 3mm

MORGEN SKY ウェットスーツ 3mm フルスーツ バックジップ MS-MY001(黒,L)
MORGEN SKY
販売価格 ¥5,680(2018年10月28日11時31分時点の価格)

3mmなので秋~冬にかけて着用できるフルスーツですが、価格に対しての機能性に一定の評価があり、コストパフォーマンスに優れた商品。ただ、他のメーカーに比べて少しサイズが小さめなようなので、購入する際はサイズ表を確認しつつ、1サイズ前後大き目を選ぶことをおすすめします。

サーフィン用フルスーツ おすすめ10選 3位~1位

3位 RSS SURF 3mm フルスーツ

ウェットスーツ フルスーツ クラシック  RSS SURF 3mm BLACK MLB
RSS SURF
販売価格 ¥12,000(2018年10月28日11時30分時点の価格)

これはお値段が1万円強にもかかわらずコストパフォーマンスと着心地の良さで、定評があるウエットスーツです。海外メジャーブランドにも使用されているのと同じ素材を使用していますが、ブランド名がない分、求めやすい価格になっています。

ブランドにこだわらず高品質を求めている方におすすめしたい逸品!

2位 MORGEN SKY 3mm フルスーツ

MORGEN SKY ウェットスーツ 3mm 長袖フルスーツ ノンジップ MS-MY007(黒,L)
MORGEN SKY
販売価格 ¥6,980(2018年10月28日11時27分時点の価格)

水の入りやすい、袖、襟、裾はスキン生地のバイピング加工が施してあり、極力水が浸水しないように丁寧に作られたフルスーツです。3mmですが真冬はインナーを着たり、重ね着で十分対応できる一着。

しかも10,000円を軽く下回る価格で、この着心地の良さなら、カスタマーレビューの評価の高さも納得です。

ウエットスーツは永遠に着られるものではない、消耗品です。とはいえ、安かろう悪かろうでは、パフォーマンスにも影響が出てきそうです。

値段も着心地も譲れない、今後も長くサーフィンをしたいと考える初心者にまずはおすすめしたい一着です。

1位 HeleiWaho ヘレイワホ 3mm フルスーツ

ウェットスーツ フルスーツ 3mm メンズ HeleiWaho ヘレイワホ ファスナー付き
Hele i Waho(ヘレイワホ)
販売価格 ¥10,692(2018年10月28日11時22分時点の価格)

実は、サーフィン初心者にとって意外と大変なのがスーツの着脱です。浸水しないために体にぴったりとフィットするものを選ぶ必要はあるのですが、それゆえ脱ぎ着がとても大変です。

慣れないうちはスーツの着脱だけで疲れる、という声も聞こえるくらいです。

このスーツは浸水対策はもちろんのこと、着脱がしやすく、伸縮性に非常に飛んでおり動きやすいのが最大の特徴です。

オーダーメイドで作る前の、練習用の一枚としてとても優秀なスーツです。

自分のこだわりを見つけよう

サーフィン

3mm~5mmの秋から真冬にかけてサーフィンで着用するフルスーツのおすすめ10選をご紹介しました。

まだまだ種類も値段もピンからキリまであり、次から次へと目移りしてしまうかもしれません。

初めてウエットスーツを購入する際に考えていただきたいのは、「自分のこだわりの優先順位」です。

値段か、暖かさなのか、着心地の良さ・・・なのか、ご自身のサーフィンをする頻度によっても変わってきます。

ぜひ自分の体と、こだわりにぴったりと合った一着を楽しみながら見つけてみて下さい。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP