クラブヘッドカバー

ゴルフ・ヘッドカバーおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!おしゃれなだけじゃない!便利なヘッドカバーをゴルフ通が厳選

 

ゴルフのヘッドカバーはヘッドを守るためだけでなく、好きなデザインのものを使う楽しみ方も出来ます。おしゃれで便利なヘッドカバーの役割・素材・選び方を知っておきましょう。

おすすめのヘッドカバーランキングもご紹介していますので、そちらもチェックしてみてください。

ヘッドカバーの役割は?

キャディバッグを持った男性が立っているまずはヘッドカバーの基本的な役割と使い方について確認していきましょう。

ヘッドとシャフトを守る

キャディバッグを運ぶときやカートで移動しているときなど、ゴルフ場ではかなりのアップダウンがあります。傾きが変わったときや地面の凹凸でカートがバウンドしたときなど、クラブ同士がぶつかりあってカチャカチャと音を立てることがよくあります。

クラブがぶつかってヘッドが凹んだり傷ついたり、シャフトの塗装が剥がれたりすることを防ぐためにヘッドカバーを使います。

主にウッド系とパターに使うことが多い

ヘッドカバーは主にドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティなどのウッド系とパターに使います。これらのクラブは購入したときに純正品のヘッドカバーがついてくる場合があります。

最近はアイアンカバーも人気

最近ではウッドやパターだけでなく、アイアンカバーも使用している人が多いです。アイアンカバーには1本1本に独立してつけるタイプと、まとめてかぶせるタイプがあります。ウッド系よりも傷つきにくいため、まとめてつけられるカバーでも十分でしょう。

基本的に打つとき以外はつけておく

基本的にカバーはそのクラブを使うとき以外はつけておきましょう。特に持ち運びの際よりもクラブをバッグから出し入れするときにヘッド同士がぶつかることが多いため注意してください。

ヘッドカバーを外したり持っていてもらったりするのをキャディさんに全て任せっぱなしにしている人を良く見かけます。ですが、場合によってキャディさんの負担が増えすぎるとスムーズなプレー進行が出来なくなる場合がありますので注意してください。

ヘッドカバーの素材をチェック

笑顔のゴルファーたちヘッドカバーに使われる素材をチェックしてみましょう。

ビニール系・レザー系

一般的に購入時に付属してくるのがビニール系や人工皮革のカバーです。固めの感触なのでしっかりとヘッドを守ることができ、別売りのヘッドカバーとしてもデザインが豊富なので人気があります。

ニット素材

ニット素材は昔から非常に良く使われているヘッドカバーの素材です。昔はクラブのヘッドカバーといえば手編みのカバーでした。キャディさんの手作りのカバーを使うということも多かったようです。

今でもニット素材は人気があり、ビニール系のカバーよりも場所を取らずかさばりにくいのがメリットです。

ファブリック系

ナイロン系などファブリック素材のカバーも人気の高い商品です。見た目もスッキリとしていますし、ナイロン製は汚れにも強く手入れも簡単なので便利です。カラーバリエーションの豊富さも特徴です。

ボア素材

防寒具やぬいぐるみなどに使われることでおなじみのボア素材はもこもことして触り心地がよく、クッション性も高いので人気の素材です。ぬいぐるみが付いているカバーなどはボア素材を使っていることが多いです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP