スノボードビーニーをかぶる男性

スノーボード・ビーニー(ニット帽)おすすめ人気ランキング10選を徹底比較【メンズ・レディース】選び方は素材と形状を確認

 

ゲレンデを颯爽と滑走するスノーボーダーは、ファッション性にも優れウェアや帽子にもハイセンスのデザインが光ります。

そんなスノーボードの必須アイテムの一つである帽子ですが、今大注目はビーニーと呼ばれるニット素材の帽子です。スノーボードブランドBURTON(バートン)やOKLEY(オークリー)など有名ブランドも数多くのビーニーを発売しています。

数多くのビーニーの中からマストなビーニーを選択するために、街中使用とは違う、ゲレンデ用のビーニーの選び方を伝授します!

機能性が高く、そしてハイセンスなビーニーを探していきましょう。

スノーボード・ビーニーの選び方①素材の違いに注目して選ぶ

スノーボードで使用するビーニーには防寒性の高さが求められると同時にファッション性も求められます。

まずはゲレンデで使用するビーニーの選び方の基本をマスターしていきましょう!

スキー場にいる男性

ビーニーとはニット帽全般を指しています。そしてニットには様々な素材があります。

素材によって特徴が変わり、手入れの方法が違ったり被った時の感触も変わってきます。自分に合う素材を選びましょう。

ビーニーに使用される主なニット素材の特徴を紹介します。

天然繊維「ウール」

ウールは羊の毛を使用したもので、最も防寒性が高い素材です。汚れに強くまた吸湿性にも優れています。

更に動物繊維なので、撥水性が強く雪や雨などにも強いのが特徴です。万能なウール素材ですが価格的にみると高価なものが多いです。

天然繊維「コットン」

コットンは植物繊維で刺激が少なく敏感肌の人におすすめの素材です。生地の強度が強いので洗濯をしてもよれたり型崩れを起こしたりしない素材です。

また通気性がいいのが特徴ですが冬のゲレンデでは防寒性が低いといえます。春先などの気温の高いゲレンデでの使用などが向いているでしょう。

化学繊維「アクリル」

アクリルはウールに似ている素材です。ウールの縮れ具合を真似て作られているので、防寒性が高く通気性にも優れています。

また洗濯にも強く、天然素材ではないのでシーズンオフ時の虫食いに悩む事もありません。現在多くの有名ブランドが使用している素材です。

しかしアクリルには静電気が起きやすく毛玉が出来やすいという欠点もあります。

混合素材

コットン〇%、アクリル〇%など表記されているビーニーは混合素材のものとなります。混合素材の特徴は、それぞれの素材の特徴を併せ持ったハイブリッドな機能性にあります。

天然繊維の高い機能性に化学繊維の扱いやすさをプラスした商品が目立ちます。

スノーボード・ビーニーの選び方②形状でファッション性を上げる

スノーボードをする女性

ビーニーは様々な形があり、それぞれファンション性に優れています。ビーニーは帽子の中でも被りやすく、個性を出しやすいアイテムです。

それゆえに、自分のウェアやゴーグルにマッチした形状を選びましょう。

基本的な形状は「カフ」

ビーニーで最も多い形状はカフと呼ばれる折り返しの付いたタイプです。メンズ・レディース共に人気の形状で、どんなスタイルにも似合う万能な形状です。

カフを選ぶ際に気を付けたいのはゴーグルとの相性です。折り返し部分に厚みがあり過ぎるとゴーグルに隙間が生じてしまうので注意が必要です。

メンズに人気の形状は「ワッチ」

別名イスラムワッチと呼ばれる形状で、フィット感が高いビーニーです。スッキリした作りなのでゴーグルとの相性はいいですね。

ビーニーはフリーサイズのものが多いので、ワッチを選ぶ際は小さ過ぎないもの、耳がしっかり隠れるものを選びましょう。

万人に似合う形状は「つば付き」

ビーニーの中でも万人に似合うといわれているのがつば付きタイプのビーニーです。小顔効果も高いおすすめのビーニーです。

つば部分が大きければ小顔効果も高くなりますが、ゲレンデで使用する際は滑走時の風の抵抗を受けやすくなるので、つば部分はあまり大きくない方がいいでしょう。

女子に人気は「ポンポンつき」

ポンポンつきビーニーは、ニット帽の定番ともいえるデザインです。近年はメンズ・レディース問わず人気ですが、ポンポンの大きなデザインは女子からの人気が高いですね。

メンズにはポンポンの小さなデザインがおすすめです。いずれにしてもボリュームが出てインパクトが強く個性を出しやすいビーニーです。

サイズやカラーも大切

スキー板を持つ男性

ビーニーはその多くがフリーサイズとなっており、ユニセックスデザインのものも多く存在します。フリーサイズといってもその大きさには差があります。それゆえサイズは慎重に選びましょう。

あまりにもゆるくブカブカなものは滑走時に脱げてしまったり、風でずれてしまったりするのでなるべく自分の頭にフィットするものを選びましょう。

またワッチなどにありがちな事ですが、浅すぎて耳が隠れないビーニーは防寒性が低い為にNGです。しっかりと耳までカバーできるものを選びましょう。

初心者は目立つカラーがおすすめ

スノーボード、女性

ゲレンデでは天候によって視界が狭くなります。初心者にありがちな転倒時に、ゲレンデで起き上がれない状態が続くと他のスキ―ヤーやスノーボーダーとぶつかってしまう危険性があります。

スノーボードウェアに関してもいえることですが、初心者はなるべく目立つカラーを選ぶとゲレンデで見えやすく危険回避につながります。

ビーニーを購入時に少々派手に感じる位のものが、ゲレンデで使用するにはちょうどいいでしょう。

スノーボード・ビーニーおすすめ人気ランキング10位~4位

それでは厳選したおすすめの人気ビーニーをランキング形式で紹介していきます。手入れがしやすく保温性に優れたアクリルの素材が人気となっています。

まずは10位~4位までを見ていきましょう。

10位:QUIKSILVER THE BEANIE

(クイックシルバー)QUIKSILVER THE BEANIE AQYHA03261 BYJ0 ネイビーブレイザー F
QUIKSILVER
販売価格 ¥3,240(2018年9月25日9時11分時点の価格)

素材はアクリル素材100%、サイズは高さ22cmで頭囲が44cmのフリーサイズとなっています。

シンプルな折り返しのあるカフデザインなので、ウェアにも合わせやすいデザインです。ブランドロゴがレザーパッチでついているのが上品さを演出しています。

9位:OAKLEY ロゴ カフビーニー 

ブランドは、平昌オリンピックで日本選手がゴーグルを使用していたことで知られる「オークリー」です。

素材はアクリル100%で、サイズは深さ23cmのフリーサイズとなっています。オリジナルのロゴワッペンが付いたメンズ用ビーニーはシンプルで合わせやすいと好評です。

8位:Burton MNS GRINGO BNIE 

Burton(バートン) MNS GRINGO BNIE メンズグリンゴビーニー 105101 CRIMSON フリーサイズ
Burton(バートン)
販売価格 ¥3,996(2018年9月25日9時10分時点の価格)

素材はアクリル100%で、タイトフィットタイプのビーニーです。大人気スノーボードブランドのバートンはクールなデザインが特徴的です。

フロント部分にブランドロゴをあしらい、折り返しの編み方を変えることで独特の存在感を出しています。

7位:DC CLAP 

(ディーシー) DC ビーニー ニット帽 CLAP 55310017 NNW0 F
DC SHOES
販売価格 ¥972(2018年9月25日9時10分時点の価格)

素材はアクリル100%で、カラバリの豊富なメンズ用ビーニーです。DCはストリートシーンをリードするブランドで、ストリート感があふれるデザインが特徴的です。

さりげないブランドピスネームがポイントです。ウェアに合わせてカラバリを選べるのも魅力的ですね。

6位:Burton Dndビーニー

Burton(バートン) ビーニー ニット帽 DND BEANIE 3-PACK 11123103 True Black/Faded/Washed Blue 1SZ FITALL
Burton(バートン)
販売価格 ¥5,832(2018年9月25日9時10分時点の価格)

メンズ用Dndビーニーは、繊維の細いアクリル100 %のファインニット素材で出来ており、高い保温性が特徴です。

サイズは高さが24cmで頭囲が42cmからとなっています。デザイン性が高く折って被ってもフィット感が良いと人気です。

5位:DESCENTE レディースニットキャップ

DESCENTE(デサント) レディース ニットキャップ シルバーホワイト DKC-4222W
DESCENTE(デサント)
販売価格 ¥2,376(2018年9月25日9時15分時点の価格)

スポーツブランドデサントの女性用のビーニーです。つば付きで被りやすく、素材は軽さが特徴的なバルキー毛混(アクリル)です。

シルバーホワイトの他ブラックカラーもあり、他にはないゆるい雰囲気のデザイン性が人気を呼んでいます。大きめのポンポンが小顔効果を引き出してくれます。

4位:snowdrop レディースニット帽

女性プロスノーボーダーのガールズチームsnowdropとのコラボ商品です。素材はアクリル100%で、サイズは縦横共に21cmです。

ミックスされたカラーが独特の雰囲気を演出します。ピンク系やブラック系のミックスカラーもあり、個性的なビーニーを探している人におすすめです。

スノーボード・ビーニーおすすめ人気ランキング3位~1位

上位にはそれぞれ個性の強いデザインがランクインしています。ゲレンデでのスノーボードファッションを盛り上げてくれるビー二―です。

3位:north peak ヘッドパッド 

north peak(ノースピーク) ヘッドパッド NP-2309 MDT フリーサイズ
ノースピーク(north peak)
販売価格 ¥1,780(2018年9月25日9時14分時点の価格)

スノーボード時の頭部を守る保護パッド入りのビーニーです。素材には軽くて丈夫なポリエステルが80%、ポリウレタンが20%使用されています。

ビーニーの下に被ってインナープロテクターとしても使用可能ですが、単体での使用も可能なユニセックスデザインとなっています。

パッド部分が比較的薄い構造なので、頭部保護用として使用する際は、他のビーニーと組み合わせて使用することをおすすめします。

2位:Burton WMS BELLE BNIE

Burton(バートン) WMS BELLE BNIE レディース ベルビーニー 10512101 CANVAS/SUBMARINE
Burton(バートン)
販売価格 ¥3,888(2018年9月25日9時12分時点の価格)

人気スノーボードブランドバートンのレディース用ビーニーです。BELLE BNIEはリバーシブル使用が可能で、裏面では遊び心満載の水玉柄も楽しめます。

素材はアクリル100%です。ゆったりとしたクラシカルフィットタイプなのでストレスなく被ることが出来ますね。

またシンプルデザインの中にさりげなく入っている刺繍もセンスのいいアクセントになっています。

1位:Burton WMS CANDY STRP BNE

1位も人気ブランドバートンのビーニーです。素材はアクリル100%で、デザインはポンポンの付いたストライプカラーになっています。

クラシックなデザインが特徴的なバートンのなかでも、特にカラーバランスが独特のクラシックな雰囲気をかもしだしています。

レディース用となっていますがポンポンが小さめサイズのデザインなので、サイズが合えば男性にもおすすめです。

スノーボードファッションはビーニーでアクセントをつけよう

スノーボードをする男性

ファッション性の高いスポーツといわれているスノーボードですが、ハイセンスのビーニーをプラスすることで新たな独創性を生み出すことが出来ます

防寒対策としても優秀なビーニーはスノーボードシーンに欠くことの出来ないアイテムです。

素材や形状にこだわりビーニーをおしゃれに着こなしたいものです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP