スノーボードを抱える男性

スノーボードバッグ(ケース)おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!タイプは3種類!日帰り・長期旅行に最適な選び方も解説

 

ウインタースポーツの中で絶大な人気を誇るスノーボードですが、移動の際にボードを守るスノーボードバックも必須アイテムといえるでしょう。

スノーボードバッグは車や電車での日帰り旅行か、飛行機を利用した長期旅行かによっても、選ぶ条件が違ってきます。

人気のラインナップを見るとVAXPOT(バックスポット)やVOICE(ヴォイス)、Burton(バートン)といった有名ブランドが名を連ねます。

スノーボードバッグは種類も豊富で購入時には迷ってしまうという声を多く聞きます。そこでそれぞれの条件にあったスノーボードバッグの選び方を詳しく伝授していきます!

大切なボードを楽に安全に運べるスノーボードバッグの条件とは一体どんなものでしょう。

スノーボードバッグ(ケース)の選び方

スノーボードバッグを選ぶ際は、自分がどんな手段でゲレンデに行くのかを考えることが先決です。

移動手段はスノーボードバッグを決める大きな要因となります。

ソールカバーは基本アイテム

スノーボードで滑走する男性

ソールカバーはスノーボードの裏側を保護するもので、同時にボードのエッジ部分がケース自体に傷をつけるのを防ぐ役割も担っています。

その為スノーボードをバッグに入れる際は、ソールカバーをつけてから収納する方がバッグを長く使うことが出来るのでおすすめです。

またオフシーズンの保管の際にも使用出来るので、1つはソールカバーを持っておきたいですね。

車で移動する場合は、ソールカバーだけの使用でも問題はないでしょう。しかしボードのみを持ち運ぶためのケースであるため、ウェアなどは別にして持ち運ぶ必要が出てきます。

日帰り旅行にはハードケース(ハンドタイプ・ショルダータイプ)

ボードと一緒にウェアなどを収納出来るのがハードケース(バッグ)です。

ハードケースの中でもハンドタイプやショルダータイプは日帰り旅行などの少しの移動に向いています。電車やバスを利用する場合も楽に使用できます。

一般的にハードケースは2WAYや3WAYといった何種類かの持ち方が出来るように作られています。購入時にはどのような持ち方が可能なのかをしっかり確認しておきましょう。

長期の旅行にはハードケース(リュックタイプ)

スキー場、休憩所

国内でも長期のスノーボード旅行をする際には荷物が多くなるものです。

そんな時はリュックとして使用できるスノーボードバッグがおすすめです。両手が開くので他の荷物を運ぶ際に重宝します

また場所によっては歩く距離が長いこともあります。その際も背負えるタイプの方が雪道を楽に歩くことが出来るので便利ですね。

海外に持って行くならウィール付きがおすすめ

ハードケース(バッグ)にウィール(キャスター)が付いたものは内容量も多めです。価格も上がってきますが、国内でも飛行機に積み込む際はウィール付きが大変便利です。

重い荷物でも移動の際に転がすことが出来るので、楽に運ぶことが出来ます。

反面で収納量が増えるため当然重量も重くなり、持ち上げて運ぶのは難しくなります。

素材の丈夫さも選ぶ条件になる

スキー場にいる男性

スノーボードは単体でもある程度の重量が出るものです。さらにウェアなどを収納すると重量が増すので、バッグの耐久性は高い方がいいですね。

飛行機を使用する際はクッション性のあるもの

ボードを飛行機に積み込む場合は価格よりも機能性を重視し、衝撃に耐えられるバッグを選びましょう。生地も出来るだけ厚くクッション性のあるものがおすすめです。

特に海外旅行へ行く際はソールカバーを着用し、ボードをしっかりと保護しましょう。

サイズは少し大きめがいい

スノーボードをする女性

スノーボードのサイズに合ったバッグを選ぶ事が基本となりますが、ウェアなどを収納する予定であればボードサイズよりも少し大きめのものを選んだ方がいいでしょう。

目安はボードサイズにプラス10cm前後

ボード以外の収納量にもよりますが、ボードのサイズぴったりのバッグを選ぶとパンパンになって締まりにくくなる場合もあります。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP