スノーボードを抱える男性

スノーボードバッグ(ケース)おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!タイプは3種類!日帰り・長期旅行に最適な選び方も解説

 

ウインタースポーツの中で絶大な人気を誇るスノーボードですが、移動の際にボードを守るスノーボードバックも必須アイテムといえるでしょう。

スノーボードバッグは車や電車での日帰り旅行か、飛行機を利用した長期旅行かによっても、選ぶ条件が違ってきます。

人気のラインナップを見るとVAXPOT(バックスポット)やVOICE(ヴォイス)、Burton(バートン)といった有名ブランドが名を連ねます。

スノーボードバッグは種類も豊富で購入時には迷ってしまうという声を多く聞きます。そこでそれぞれの条件にあったスノーボードバッグの選び方を詳しく伝授していきます!

大切なボードを楽に安全に運べるスノーボードバッグの条件とは一体どんなものでしょう。

スノーボードバッグ(ケース)の選び方

スノーボードバッグを選ぶ際は、自分がどんな手段でゲレンデに行くのかを考えることが先決です。

移動手段はスノーボードバッグを決める大きな要因となります。

ソールカバーは基本アイテム

スノーボードで滑走する男性

ソールカバーはスノーボードの裏側を保護するもので、同時にボードのエッジ部分がケース自体に傷をつけるのを防ぐ役割も担っています。

その為スノーボードをバッグに入れる際は、ソールカバーをつけてから収納する方がバッグを長く使うことが出来るのでおすすめです。

またオフシーズンの保管の際にも使用出来るので、1つはソールカバーを持っておきたいですね。

車で移動する場合は、ソールカバーだけの使用でも問題はないでしょう。しかしボードのみを持ち運ぶためのケースであるため、ウェアなどは別にして持ち運ぶ必要が出てきます。

日帰り旅行にはハードケース(ハンドタイプ・ショルダータイプ)

ボードと一緒にウェアなどを収納出来るのがハードケース(バッグ)です。

ハードケースの中でもハンドタイプやショルダータイプは日帰り旅行などの少しの移動に向いています。電車やバスを利用する場合も楽に使用できます。

一般的にハードケースは2WAYや3WAYといった何種類かの持ち方が出来るように作られています。購入時にはどのような持ち方が可能なのかをしっかり確認しておきましょう。

長期の旅行にはハードケース(リュックタイプ)

スキー場、休憩所

国内でも長期のスノーボード旅行をする際には荷物が多くなるものです。

そんな時はリュックとして使用できるスノーボードバッグがおすすめです。両手が開くので他の荷物を運ぶ際に重宝します

また場所によっては歩く距離が長いこともあります。その際も背負えるタイプの方が雪道を楽に歩くことが出来るので便利ですね。

海外に持って行くならウィール付きがおすすめ

ハードケース(バッグ)にウィール(キャスター)が付いたものは内容量も多めです。価格も上がってきますが、国内でも飛行機に積み込む際はウィール付きが大変便利です。

重い荷物でも移動の際に転がすことが出来るので、楽に運ぶことが出来ます。

反面で収納量が増えるため当然重量も重くなり、持ち上げて運ぶのは難しくなります。

素材の丈夫さも選ぶ条件になる

スキー場にいる男性

スノーボードは単体でもある程度の重量が出るものです。さらにウェアなどを収納すると重量が増すので、バッグの耐久性は高い方がいいですね。

飛行機を使用する際はクッション性のあるもの

ボードを飛行機に積み込む場合は価格よりも機能性を重視し、衝撃に耐えられるバッグを選びましょう。生地も出来るだけ厚くクッション性のあるものがおすすめです。

特に海外旅行へ行く際はソールカバーを着用し、ボードをしっかりと保護しましょう。

サイズは少し大きめがいい

スノーボードをする女性

スノーボードのサイズに合ったバッグを選ぶ事が基本となりますが、ウェアなどを収納する予定であればボードサイズよりも少し大きめのものを選んだ方がいいでしょう。

目安はボードサイズにプラス10cm前後

ボード以外の収納量にもよりますが、ボードのサイズぴったりのバッグを選ぶとパンパンになって締まりにくくなる場合もあります。

通常はボードサイズにプラス5cm前後のものが良いとされていますが、実際に荷物を入れてみると5cm前後の余裕では、まだ窮屈に感じます。

ボードサイズにプラス10cmほどのバッグなら、窮屈さも感じずバッグ自体に掛かる負担も減るので長くバッグを愛用出来るはずです。

スノーボードバッグ(ケース)おすすめ人気ランキング10位~4位

ファッション性の高いスノーボードにふさわしく、スノーボードバッグもデザイン性に優れたものが人気です。

更に機能性を併せ持ったおすすめの商品をランキングで紹介します。

10位:SALOMON?スノーボード ケース 17S

SALOMON(サロモン) スノーボード ケース 17S TRVL L39460700 カモ M
サロモン(SALOMON)
販売価格 ¥8,820(2018年9月26日8時9分時点の価格)

フランスのアルプス地方発信のブランドSALOMON(サロモン)のスノーボードケースです。遊び心のあるデザインが特徴で、カモフラ系のクールなデザインとなっています。

サイズは160㎝(Mサイズ)で、リュックとして背負うことも出来るので荷物の多い旅行時に重宝しますね。また耐久性も高く、長く愛用できるスノーボードバッグです。

9位:Burton?JPN BOARD SACK メンズボードサック

Burton(バートン) JPN BOARD SACK メンズボードサック 10996102 TRUE BLACK 156cm
Burton(バートン)
販売価格 ¥7,580(2018年9月26日8時9分時点の価格)

アメリカの人気スノーボードブランドBurtonのスリムなスノーボードバッグです。サイズは146cm、156cm、162cmとあり、自分のボードに合わせて購入可能です。

ジップ付きのポケットが付いているので、チューニング用品などを収納することも出来ます。また収納式のバックパックストラップが付いていて、背負うことも可能なタイプです。

8位:VAXPOT?3WAYタイプ?VA-3210

VAXPOT(バックスポット) スノーボードケース 3WAYタイプ 前面深型ポケット【スノーボードウェア、板、ブーツ、アクセサリーが収納可能】 VA-3210 CH-CHR Lサイズ(160cmタイプ)
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥4,499(2018年9月26日8時9分時点の価格)

VAXPOTは随所にダブルジッパーを採用しており、大きく開くことが出来るので収納をとても楽に行えます。収納力も高くウェアやブーツ、そしてプロテクターなどをまとめて収納可能です。

更にメインのポケットは独立した作りになっているので、汚したくないものをボードと分けて収納する事が出来ます。素材はポリエステルで、サイズは153cm(S)と163cm(L)の2種類です。

7位:Lulu LAB ソールカバー

Lulu LAB スノーボード バッグ 持ち運び らくらく 保管 (レッド,150cm)
Lulu LAB
販売価格 ¥2,980(2018年9月26日8時9分時点の価格)

Lulu LABのソールカバーは3点止めでしっかりと固定することが出来、ブーツをつけたままの状態で持ち運びが可能です。わずか500gという軽量な作りも魅力です。

サイズは138cmから168cmまで対応可能な3サイズです。弾力性に優れた素材を使用しているので大切なボードをしっかりガードしてくれますね。

6位:VAXPOT? ボードケース キャスター付 4WAYタイプ?VA-3212

VAXPOT(バックスポット) スノーボードケース キャスター付き 大容量収納 4WAYタイプ 前面4ポケット CH-CHR Lサイズ(160cmタイプ)【スノーボードウェア、板、ブーツ、アクセサリーが収納可能】 VA-3212
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥6,999(2018年9月26日8時9分時点の価格)

人気VAXPOTの4WAYタイプはキャスター付きで転がす際に便利なフロントハンドルもあるので、長距離の移動に向いています。また内部に5mmのスポンジも付き外部からの衝撃に強い作りです。

荷物が多くなりがちな長期旅行で、ポケットの膨らみを抑えるベルトがついているのも人気のポイントです。素材はポリエステルで、サイズはサイズは153cm(S)と163cm(L)の2種類です。

5位:Neon Story スノーボードケース

女性に人気のNeon Storyのスノーボードケースはドット柄やピンク色など多彩なデザインが魅力です。オールインワンデザインでウェアやブーツもしっかり収納出来ます。

ショルダー部分は使用しない時にカバー内側へ収納出来るので、持ち運びの際に引っかかったり邪魔になったりせずに便利です。サイズは142cm、150cm、160cmとなっています。

4位:VAXPOT ソールカバー? BLK VA-3405

VAXPOT(バックスポット) ソールカバー スノーボード用 BLK VA-3405
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥2,399(2018年9月26日8時9分時点の価格)

VAXPOTのソールカバーは3点止めのバックル式ベルトを採用しており、ホールド感が強くバックルがボードを傷つけないようクッションカバーが付いています。

素材は伸縮性と弾力性に優れたネオプレーンを使用しており、ボードを保護する機能に特化したソールカバーです。便利なショルダーストラップは取り外す事も可能で積み込みもスムーズに行えます。

対応するボードのサイズは全長140cmから156cmで、幅は30cmまでとなっています。

スノーボードバッグ(ケース)おすすめ人気ランキング3位~1位

スノーボードバッグの上位は人気有名ブランドのVAXPOTやGLASSY、そしてVOICEが選ばれています。

やはり使い勝手が良く機能性の高いものが支持を得ているようです。

3位:VAXPOT ソールカバー VA-3406

素材は伸縮性と弾力性に優れたネオプレーンを使用し、サイズは140cmから156cmまで対応のMサイズと、150cmから165cmまで対応のLサイズです。

11種類のカラーバリエーションを揃えたツートンカラーが男女問わず人気を集めています。4点止めでホールド感が強いバックルには、ボードが傷つかないようにクッションカバーが付いています。

また取り外しが出来るショルダーストラップに加え、ネオプレーン製の手提げハンドルにより持ち手が痛むことなく快適な持ち運びが可能です。

2位:GLASSY スノーボード ニット ソールカバー

GLASSY グラッシー スノーボード ニット ソールカバー ソールガード ボードケース (BLK/BUR(ブラック/バーガンディー), MLサイズ(150~165cm))
株式会社LOOP
販売価格 ¥2,680(2018年9月26日8時9分時点の価格)

GLASSYのソールカバーの素材は表地がコットン96%、ポリウレタン4%、裏地がフリース生地のポリエステル100%となっています。

自社工場で製造しているこだわりのニット素材は伸縮性の良さと厚みが特徴で、ボードをしっかりと保護してくれます。幅広のマジックテープで固定するタイプとなっており他とは違う個性的なソールカバーを探している人におすすめです。

サイズは150cmから165cmまで対応しているMLサイズとなります。

1位:VOICE? VO401 スノーボードケース?

人気NO.1はVOICEの3WAYタイプのハードケースです。オールインワンタイプでボートやブーツを入れるメインスペースと、ウェアなどを入れるサイドスペースが分かれているので、ボード使用後の汚れを気にせずに使用できます。

また収納スペースには防水加工が施され、破損しやすい底部分はしっかり補強されています。3WAYタイプでリュックとしても使えるので、両手を空けたい時にも便利です。

サイズは146cmまでのSサイズ、153cmまでのMサイズ、そして163cmまでのLサイズとなっています。

スタイルにあったスノーボードバッグ(ケース)で大切なボードを持ち運ぼう

スノーボードする男性

スノーボードバッグは、日帰り旅行や長期旅行、車での移動や飛行機を使用した移動などシーンに合わせて選ぶと失敗がありません。

カラーやデザインも豊富なので、トータル的なファッションアイテムとして選ぶのもいいですね。大切なマイボードを保護しつつ、少しでも楽にボードを持ち運びましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP