ゲレンデを滑走するスノーボーダー

スノーボード用プロテクターおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!怪我なし!安心で痛くない練習をしよう!選び方も解説

 

転倒時に怪我から身を守るプロテクターをしっかりと着用していますか?

特にスノーボードを始めたばかりの人は、1日に何度も転ぶのが当たり前です。打撲や骨折などが多いのもゲレンデスポーツの特徴といえます。

初心者は転倒の痛みに恐怖を感じる人も少なくありません。そこで安心して練習する為におすすめのプロテクターを厳選して紹介致します。

north peak(ノースピーク)やVAXPOT(バックスポット)など有名ブランドからも多くのプロテクターが販売されているのでじっくり比較していきましょう。

スノーボード用プロテクターの選び方

スノーボード用のプロテクターを探し始めるとその種類の多さに驚かれるのではないでしょうか。

スノーボードでは、どんなプロテクターをどのように着用するのか、まずは選び方を確認していきましょう。

ヘルメットは欧米では当たり前のアイテム

炎天下で坂を下るスキーヤー

国内でも近年、スノーボーダー達の間でクールなヘルメットが流行していますが、欧米に比べるとまだまだ着用率は低いようです。

40km/h程のスピードが出るスノーボードで帽子一枚で頭部を守れるかといったら答えはNOです。

トップスピードの速い上級者程ヘルメットの着用率が高いのですが、始めたばかりの初心者も頭部はしっかりと守るべきです。

初心者はヒップサポーターが必須アイテム

スノーボーダーで、お尻から転倒したことがないという人はほとんどいないでしょう。それどころか初心者はひたすらお尻を強打するといっても過言ではありません。

尾てい骨にヒビが入ったという声も多く聞かれます。それゆえ、ヒップサポーターはスノーボード練習時の心強いサポーターになってくれます。

またゲレンデに腰を下ろすことが多いスノーボーダーにとって、体を冷えから守ってくれるアイテムでもあります。

以前はヒッププロテクターに厚みがあり、見た目的に嫌だという人も多かったですが、近年ではスリムなフィット感を大切にするブランドが増え着用しやすい形に作られています。

二―プロテクターは初心者から上級者までおすすめ

スノーボードをする男性

スノーボード滑走時に逆エッジになってしまい、前のめりに転ぶことも多々あります。

大変危険な転倒ですが、人はとっさに膝をつくものです。ゲレンデで思い切り膝をぶつけるとかなり痛い思いをします。

また、パークでレールやジャンプを楽しむ上級者は、ちょっとした転倒が大怪我に繋がるので、いざという時の為に二―プロテクターを着けておいた方がいいですね。

手をつきやすいやすい人にはリストプロテクター

スノーボードの転倒時に手をつきやすいという人は、リストプロテクターをおすすめします。

国内であまり使用している人は見かけませんが、手首はちょっとした角度の違いで大きな怪我になる事もあります。

リストプロテクターを着用しておけば安心して練習をすることが出来ますよ。

キッカーを跳ぶならボディプロテクターを着用

スノーボードでジャンプする人

キッカーを跳ぶようになったら、ボディプロテクターを着用しましょう。上級者になるほど背中や腰などの上半身を怪我しやすくなります。

特にキッカーを跳んで転倒すると背骨に大きな衝撃を受けやすく、酷い時は脊椎を損傷してしまう可能性もあります。

ボディプロテクターの中には動きにくさを感じるものもあり、敬遠する人もいますが、最近では各ブランドが着用時に動作を邪魔しない様工夫を凝らして作っています。

自分がぶつけやすい場所を守る

スノーボードを持った男性

スノーボード用プロテクターには様々な種類があり、全てを着用するとなるとかなりの金額になり、更に動きを制限してしまいます。

自分のスノーボードレベルでプロテクターを決める

初心者はお尻からの転倒が最も多く、ヒッププロテクターは必須アイテムになるでしょう。

またある程度スピードを出せるようになると、逆エッジになりやすく前のめりの転倒が多くなるので、二―プロテクターが向いています。

中にはヒップパッドと二―パッドが付いたロングタイプのプロテクターがあるので、初めからロングタイプを購入するのもおすすめです。

転び方で決める方法もおすすめ

スノーボードでの転倒にも一人一人癖が出るものです。

お尻から転倒する際に、手首から突いてしまう人もいれば肘から突く人もいます。また初心者でもバランスが上手くとれず、初めから逆エッジになりやすいという人もいます。

転倒時に自分のぶつけやすい部位を絞りプロテクターを着けるという方法もあります。

スノーボード用プロテクターおすすめ人気ランキング10位~4位

スノーボード用のプロテクターとして人気あるものをランキング形式で紹介していきます。

10位から4位にはヒッププロテクターや二―プロテクター、そしてボディプロテクターなどがランクインしています。

10位:north peak トリプルレイヤー スノーボード ボディープロテクター

スノーボードプロテクターとしてブランドをスタートさせたnorth peakのボディプロテクターは、クッション性に優れたEVA素材とNBRボンディングフォームを使用しています。

更に脊髄部分には緩衝性の高いPEフォームを採用し3層のプロテクションを完成させています。吸汗速乾性に優れた快適な着心地が人気です。

また肘部分がズレないようにアームベルトも付いています。

9位:COOLOMG ニーカバー レッグカバー

アメリカブランドのCOOLOMGのニーカバーは、人間工学に基づき動きやすさを追及したデザインとなっています。

高い衝撃吸収率を誇りつつも、通気性が良いのでムレやベタつきを気にせずに使用できます。また内側にはシリコンストリップがあるので滑走時にズリ落ちてくることもないでしょう。

8位:ING STYLE スポーツプロテクター

ING STYLE 驚くほどの衝撃吸収&機動性! スポーツプロテクター
ING STYLE
販売価格 ¥1,580(2018年9月26日8時18分時点の価格)

程よく筋肉をサポートしてくれるコンプレッション性能を持つ二―プロテクターです。サイズは伸縮性のあるフリーサイズで膝周りが40cmの人まで対応しています。

動きやすい素材で、厚みの薄いパッドなのでウェアの中に着用しても目立たず違和感なく使用出来るでしょう。

7位:膝サポーター 膝当て ニーパッド

コスパを重視する人に人気の二―パッドです。厚みが2cm程ある2層のパッドがしっかりと膝をサポートしてくれます。

伸縮性に優れており、通気性や吸汗性も高いのでムレを気にせずに着用可能です。サイズは腿周り38cmから52cmまで対応しています。

6位:ウミネコ プロテクターパンツ

ヒップや尾てい骨はもちろんのこと腰や裏腿、そして外腿の5カ所をしっかり保護する安心のプロテクターです。

素材に独立気泡帯のEVAを使用することで強い衝撃を受けても、衝撃を分散しプロテクターが吸収してくれます。

また腰回りにはマジックテープが付いているので、微調整で体にしっかりフィットさせることが出来ます。

5位:VAXPOT ボディプロテクターVA-3002

VAXPOT(バックスポット) ボディープロテクター 独立気泡型NBRパット使用 VA-3002 BLK L
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥6,299(2018年9月26日8時18分時点の価格)

人気スノーボードブランドVAXPOTのボディプロテクターは、NBRフォームを採用することで、厚さ10mmの薄さで高い耐衝撃性と断熱性を可能にしました。

またパッドを複雑に分割することで動きやすさを追求し、サイドに伸縮性のある生地を使用することでフィット感を上げ、滑走時もズレを気にせずに着用出来ます。

ボディプロテクター着用時の着ぶくれ感が嫌という人におすすめのスリムなプロテクターです。

4位:ヒッププロテクターとニーパッドのセット

EVA素材を使用した男女兼用のヒッププロテクターと二―プロテクターのセットです。お尻と尾てい骨、そして太腿をガードするヒッププロテクターは前面がマジックテープなので着脱がスムーズに行え便利です。

またメッシュ素材を使用しており、高い通気性をもっています。利用者からはフィット感に優れていると高い支持を得ています。

スノーボード用プロテクターおすすめ人気ランキング3位~1位

人気スノーボード用プロテクターの上位には、ヒッププロテクターや二―プロテクターが選ばれています。機能性の高いVAXPOTはやはり人気が高いですね。

全体的に見てみても膝やお尻の保護を重要視する人が多いようです。

3位:PONTAPES キッズ スノーボード ロングタイプ

外側に衝撃に強いEVAフォームを使用し、内側には低反発ウレタンを使用しています。受けた衝撃を分散させて吸収する構造なので、転倒時の衝撃を大きく緩和することが可能です。

またパッド自体を取り外して洗濯することも出来るので、衛生的に使用できますね。

生地は全方向に伸びるストレッチ繊維を使用しておりフィット感が抜群です。こちらはキッズサイズ用でサイズは130から150まで対応しています。

2位:Lulu LAB ヒザ プロテクター

厚さ2cmの特殊吸収素材のEVAを使用し、膝への強い衝撃を緩和してくれます。またパッドは8ブロックに分かれ動きやすく、膝全体を覆うようにつけられています。

通気性のいい素材を全体的に使用しているので、ムレ難いプロテクターといえるでしょう。

更にサポート力も強い為に滑走時のズレが起こりにくく、快適にスノーボードを楽しむ事が出来ますね

1位:VAXPOT ヒッププロテクター ショートタイプ

VAXPOT(バックスポット) ヒッププロテクター ショートタイプ 独立気泡型NBRパット使用 VA-3007 BLK XL(男性用XL)
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥3,499(2018年9月26日8時18分時点の価格)

人気1位はVAXPOTのヒッププロテクターです。厚さ10mmのNBRパッドを使用し衝撃を分散して緩和します。

またパッドを複雑に分解することでより動きやすさを追求しています。VAXPOTの特徴はスリムな見た目にあり、このヒッププロテクターも絶妙に体にフィットしたスッキリしたシルエットが人気です。

女性用と男性用のサイズがあり、身長やウエストなどによって細かくサイズをチョイス出来るのも魅力です。

スノーボード用プロテクターを着用し安心して楽しもう

スノーボードする男性

ボードやウェアなどを揃える際には、プロテクターも合わせて購入しましょう。

ヒッププロテクターは初心者から上級者まで、一枚は持っておきたいアイテムです。また自分がぶつけやすい箇所を考慮し、必要なプロテクターを選んでいきましょう。

スポーツには多少の恐怖心も必要といわれますが、練習時にあまり痛い思いはしたくないものですね。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. キックする前のラグビー選手
  3. タックするラグビー選手
  4. 柔道の試合
  5. プランクする男女
  6. フィールドホッケー
  7. ボクサー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP