スポーツ向けのサプリメント(粉末・カプセル)

サプリメント・L-グルタミンおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!筋肉分解を抑える効果が魅力!選び方&飲むタイミングとは

 

L-グルタミンのサプリメントは効率よく筋肉量を増やすのに最適なサプリメントで、筋肉の分解を抑える効果があります。スポーツをしない人にとっても役に立つ成分なので、ぜひチェックしてみましょう。L-グルタミンの働きやサプリメントの選び方を解説します。

L-グルタミンには筋肉の分解を抑える効果がある

フィットネストレーナー L-グルタミンには筋肉の分解を抑える効果があるため、特に高負荷の筋力トレーニングをする人にとっては必須の成分です。筋トレでの筋肉の分解のメカニズムや、L-グルタミンの働きについてチェックしましょう。

筋トレで筋肉が減るメカニズムを知ろう

グルタミンは体内で合成できる他、さまざまな食材から摂取できます。激しいトレーニングを行うとエネルギー源としてグルタミンが大量に使われますが、消費されるグルタミンの量が多くなると筋肉を分解してグルタミンとして使われてしまいます。

そのため、高負荷なトレーニングを行うほど、筋肉が分解されて減っていってしまうことになります。トレーニングのときだけではなく、病気や怪我などのときにもグルタミンは大量に消費されます。

L-グルタミンで筋肉の分解を抑えよう

L-グルタミンを多く摂取しておくことでグルタミン不足を解消することができ、筋肉の分解を防ぐことが出来ます。トレーニング前だけでなく、トレーニング後にも補給しておくと良いでしょう。

筋肉量を増やすのにも役立つ

L-グルタミンには成長ホルモンの分泌を促進する働きもあります。そのため、プロテインと組み合わせて摂取することで筋肉量が効率よく増えるのを助けます。筋肉痛を減らす効果もあります。

また筋力自体もアップするということがわかっており、スポーツ時により大きなエネルギーを生み出すことが出来ます。

持久力アップや疲労感の軽減も

筋肉の持久力を上げることでマラソンのタイムが上がることが報告されています。さらに炭水化物やL-カルニチンと一緒に摂取することで疲労感を軽減することが出来ます。

L-グルタミンは健康維持のためにも摂取しよう

道路を走る男女L-グルタミンは健康維持のためにも非常に大きな役割を果たしてくれます。日々の食生活に加えて摂取しておきましょう。

L-グルタミンで免疫力アップ!

L-グルタミンは免疫細胞であるリンパ球・好中球・マクロファージなどのエネルギー源になります。そのため免疫力をアップし、風邪やインフルエンザにかかりにくくなり、アレルギーが出にくくなったり感染症にかかる割合を減らすことができます。

また、腸の働きをサポートし、絨毛の栄養源となったり腸管を再生する働きがあります。腸の働きを正常化するだけではなく、免疫細胞の多くは腸で作られているため免疫細胞の正常な生成にも役立ちます。

傷の治りが早くなる

グルタミンは窒素を作り出すのをサポートします。窒素はタンパク質を生成するために必要な物質ですので、怪我や損傷部位の回復に役立ちます。実際に外傷による入院患者の入院期間が短くなったことが報告されています。

怪我だけでなく、トレーニング後の筋繊維の損傷をいち早く修復できるため、筋肉量が増えるのを助けます。

L-グルタミンで二日酔い予防

L-グルタミンはアラニンと合わせて摂取することで肝機能を向上させてアルコールの代謝を促進し、二日酔いを予防し症状を改善することができます。

肝臓の機能が向上することで肝硬変・脂肪肝といった肝機能障害や肝臓系の疾患を予防できるというメリットもあります。

L-グルタミンとグルタミン酸は違うので注意

L-グルタミンは単純に「グルタミン」とも呼ばれますが、似たような名前のアミノ酸で「グルタミン酸」というのもあります。グルタミン酸はうま味調味料に使われたり、昆布のうま味成分のことをいいます。

グルタミン酸とアンモニアを減量に酵素の力で合成されるのがL-グルタミンです。成分の名前は似ていますが、働きは全く異なりますので注意しましょう。

L-グルタミンを飲むタイミングと一緒に飲みたい成分は

自宅でトレーニングをする男性L-グルタミンを効果的に使用するため、飲むタイミングや量、一緒に飲みたい成分などをチェックしましょう。

L-グルタミンの摂取の目安量は

L-グルタミンの効果を十分に発揮させるためには、体重の10分の1の量を摂取するのが目安です。この分量で体内のグルタミンの濃度が通常時の1.5倍になります。

L-グルタミンはトレーニング前後に飲む

L-グルタミンは摂取してから1〜2時間後には通常の濃度に戻ってしまいます。そのため、トレーニングの30分前くらいに飲んでおくと良いでしょう。またトレーニング後の回復を早めるため、トレーニング終了後30分以内に飲んでおくのが効果的です。

トレーニング時以外のタイミングではいつ飲んでも大丈夫です。

L-グルタミンは過剰摂取の心配がいらない

L-グルタミンは体内でも生成できる非必須アミノ酸であり、多くの食材に含まれている成分ですので、基本的に過剰摂取の心配がいりません

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 筋トレ 寝たまま
  2. ダンス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP