女性ランナー スタート位置

陸上競技/レディースシューズおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!初心者にはクッション性を重視した選び方がおすすめ!

 

女性用の陸上シューズにはさまざまな種類があるため、どれを選んだら良いか悩んでしまう人も多いです。走る距離や用途、初心者か中級者以上かということでも違いがあり、選ぶポイントを絞ることで最適な靴がわかります

特に初心者はクッション性を重視するとよいでしょう。陸上用シューズの選び方と、おすすめシューズランキングをご紹介します。

陸上シューズは長距離と短距離で違いがある

タイツを履いた女性ランナー陸上用のシューズは長距離と短距離で選び方に違いがあります。またシューズ自体のタイプも分かれているため、種目による違いをしっかりと知っておきましょう。

長距離用はサポート力が高い

長距離用のシューズはサポート力が高いものが多いです。長時間走るため安定感があり、足が靴の内部ですべらないようにしっかりとサポートしてくれるフィット感の高いものが多く選ばれます。

短距離用は軽量性

短距離用は軽量なシューズが多いです。短距離はわずかな重さの違いでもタイムに差が出るため、軽量性を追求して作られています。また、地面をしっかりつかむグリップ力や反発力が高く、ブレを防ぐ構造になっています。

初心者はクッション性を重視した選び方がおすすめ

走る女性ランナー初心者はクッション性を重視したシューズを選ぶとよいでしょう。理由とともに初心者の選び方もチェックしましょう。

筋力不足と正しいフォームが身についていないため

初心者は走るときに必要な筋力が不足しているため、足首・ひざ・腰へ大きな負担がかかります。また正しいランニングフォームが身についていないため、関節を痛めやすいことから、クッション性の高いシューズを購入する必要があります。

クッション性の高いものは重量は重くなる

クッション性の高いものはソールが厚くなり、重量自体は重くなります。初心者のうちは「軽い方が走りやすそう」という理由で軽いシューズを選ぶ人が多いですが、軽いシューズはクッション性は低くなりますので注意してください。

反発力の高いものもおすすめ

走るときに力の伝達をサポートしてくれるように、反発力の高いものを選ぶのもおすすめです。ソールの爪先部分に反発力の高い素材を使用していると走るのが楽になります。

サポート力・安定性があるとベター

足の横ブレをサポートしてくれたり、フィット感の高いアッパーを使用しているシューズは安定感があり、走る動きをサポートしてくれるのでおすすめです。

陸上シューズの選び方をチェックしよう

靴紐を結ぶ女性陸上用シューズを選ぶときにチェックしたいポイントをご紹介します。特に足のサイズや足型などはメーカーのウェブサイトを確認しておくと良いでしょう。

足型をチェック

足幅が広いモデル・狭いモデルがありますので、足型をしっかりチェックしましょう。細めのDから幅広の3Eまでが一般的ですが、2E程度の足幅が最も多いようです。

日本人は幅広・甲高が多いといわれていますが、個人差がありますので実際に図ってみることをおすすめします。

サイズ(足長)をチェック

靴を選ぶときに最も重要なのが足長です。日頃履いている靴と同じサイズで購入するとサイズが合わないことがあります。幅の狭い靴だと普段のサイズより大きくした方がよいですし、幅広の靴だと普段より小さめの靴の方がサイズが合うということがあります。

メーカーのウェブサイトに行くと足長や足幅・甲の高さなどの書かれたサイズ表やサイズの測り方が書かれているので確認してみましょう。

足の指の形にもタイプがある

足の指の長さにもバリエーションがありますので、足幅を選ぶときに注目しておきましょう。日本人の大部分はエジプト型(上から見たときに親指から小指までが斜めのラインを描く)です。幅がせますぎるもの親指があたって痛くなりやすいので注意が必要です。

親指よりも人差し指の方が長い人はギリシャ型と呼ばれ、割とどんな靴でも合う場合が多いです。上から見たときに親指から小指までが横一直線のラインを作る足型はスクエア型といいます。幅の広いシューズを選ぶ必要があります。

メーカーをチェック

陸上競技用シューズのメーカーはそれほど多くないため、国産ならMIZUNOやasics、海外メーカーならadidasやPUMA、NIKEなどが人気です。その他UNDER ARMOURやNew Balanceなども人気の高いメーカーです。

国産メーカーの方が幅広・甲高の足型であることが多いです。

デザインや色をチェック

デザインや色もシューズを選ぶときに重要なポイントです。ただしデザインや色を第1条件にせず、機能性を必ずチェックするようにしましょう。

価格をチェック

シューズの価格は非常に幅が広いですが、初心者であれば1万円以内から1万円前後くらいを目安にしておけばよいでしょう。ネット通販サイトでは定価よりも安く購入できたり、新製品が出たあとの旧モデルが割引されていたりしますので、うまく活用しましょう。

口コミ・評価をチェック

ネットでの口コミや評価をチェックしましょう。特にサイズ感や使用感、重量など実際に使用した人から得られる情報は非常に重要です。あくまで個人の感想ではありますが、長所・短所ともにぜひ参考にしましょう。

陸上シューズ(レディース)おすすめランキング・10位〜4位

レディース用の陸上シューズの中から機能性や価格、デザインなど独自の基準で厳選した10商品をランキング形式でご紹介します。女性用シューズはデザイン性やカラーリングのバリエーションが豊富ですので、ぜひ気に入るものを探してみてください。

10位:UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) ホバーファントム

[アンダーアーマー] ホバーファントム(ランニングシューズ/Bフィット) 3020976 レディース GSG/ATB/GSG 24 cm
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
販売価格 ¥16,053(2018年9月25日8時55分時点の価格)

アッパーには伸縮性の高いニット素材を使用しているため、足をしっかりと包み込むようなフィット感が特徴のシューズです。ソールはやや厚めですがクッション性が非常に高いUAホバーフォームを使用して関節への衝撃から守り、反発力も高いのが特徴です。

かかと部分にはスムーズに体重移動ができるような大型のヒールカウンターを装着しているため安定感がありマラソンの完走を目指す人におすすめのシューズです。

9位:asics (アシックス) レディ ソーティマジックLT

アシックス(asics) レディ ソーティマジック LT(ブレイジングイエロー/アークティックアクア) TMM457-0340 0340 Bイエロー/Aアクア 23.5cm
アシックス
販売価格 ¥8,420(2018年9月25日8時48分時点の価格)

駅伝など20km程度までの距離に最適なシューズです。鮮やかなイエローとブルーのラインが爽やかです。軽量ミッドソール「Solyte」やグリップ力の高い「デュオソール」を採用したシューズで、安定感が高く口コミ評価も高いです。

8位:MIZUNO (ミズノ) シンクロSL

[ミズノ] ランニングシューズ ミズノシンクロ SL (W) [レディース] (旧モデル) 02ブラック×ブラック×ピンク 24.0
MIZUNO
販売価格 ¥6,910(2018年9月25日8時48分時点の価格)

初心者ランナーにも使いやすいシューズで、ピンクの差し色が鮮やかな商品です。アウトソールだけでなくミッドソールにも屈曲性を上げる溝が入っているため、足の動きをスムーズに地面に伝えます。耐摩耗性の高いX10素材のアウトソールを使用しています。

7位:PUMA (プーマ) Descendant v2 WIDE Wn’s

[プーマ] PUMA Descendant v2 WIDE Wn's 187574 02 (タービュランス/フューシア パープル/25.5)
PUMA(プーマ)
販売価格 ¥5,800(2018年9月25日8時48分時点の価格)

プーマのレディース用エントリーモデルです。アッパーは通気性のよいメッシュ素材を採用し、ソールは屈曲性やグリップ力にすぐれ、十分なクッション性を備えています。プーマの足型は細めといわれていますが、このシューズは3Eの広め設計です。

6位:New Balance (ニューバランス) W740

[ニューバランス] ランニングシューズ W740(旧モデル) BK3BLACK 22.5 2E
new balance
販売価格 ¥10,260(2018年9月25日8時48分時点の価格)

エントリーモデルからハイエンドモデルまで多くのランナーに愛用されているNew Balanceのレディース用シューズです。サポート力の高いFull Ground Contactソールを採用し、安定感の高さが特徴で、足幅も3種類から選ぶことができます。

5位:NIKE (ナイキ) ウィメンズ エアズームペガサス 34ワイド

ナイキ(NIKE) ウィメンズ エア ズーム ペガサス 34 ワイド(マイカブルー/ホワイト/レーサーピンク) 880561-406 406 24.0cm
ナイキ
販売価格 ¥6,999(2018年9月25日8時48分時点の価格)

Zoom Airシステムを採用したランニングシューズで、高いクッション性だけでなく反発力の高さも特徴です。Dynamic Flywireケーブルを採用しているためフィット感を高めることができ、包むように足に馴染みます

メッシュ素材を採用しているので長距離でも蒸れずに快適に走れます。

4位:adidas (アディダス) response boost w

[アディダス] adidas response boost w B44046 B44046 (フラッシュオレンジ S15/ランニングホワイト/コアブラック/25.0)
adidas(アディダス)
販売価格 ¥9,880(2018年9月25日8時48分時点の価格)

ひざなどの関節を守るクッション性の高い「BOOSTフォーム」を使用したadidasのエントリーモデルです。フルマラソンにチャレンジする女性の足をしっかりサポートしてくれます。

まるで服を着るような快適なフィット感を提供するエンジニアードストレッチメッシュは通気性と伸縮性にすぐれているため、快適でスムーズな動きを可能にします。

陸上シューズ(レディース)おすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはプーマ、ミズノ、アシックスと人気の高いブランドが並びました。エントリーモデルから本格モデルまで幅広くランクインしています。

3位:PUMA (プーマ) Faas 600 v2 Wn’s

[プーマ] PUMA Faas 600 v2 Wn's 187297 01 (プール グリーン/トレード ウィンズ/デュバリイ/25.0)
PUMA(プーマ)
販売価格 ¥7,400(2018年9月25日8時48分時点の価格)

クッション性を重視し、怪我を予防したい人に最適なシューズです。Faasシリーズは100から600までの番号が付いており、大きな数字はクッション性が高く、小さい数字ほど軽くクッション性が低くなります。

このモデルはシリーズの中で最もクッション性が高く、安定感やサポート力は抜群です。アッパーには柔軟性があり動きにフィットする素材を使用し、履き心地も抜群です。

2位:MIZUNO (ミズノ) ウェーブインスパイア12

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブインスパイア 12 (W) [レディース] ピンク×ホワイト 245(24.5cm) (旧モデル)
MIZUNO
販売価格 ¥8,500(2018年9月25日8時48分時点の価格)

初心者に最適なクッション性の高いモデルです。ミズノ独自のクッション機構「MIZUNO WAVE」や柔らかいミッドソール素材「U4ic」を使用しており、軽量性も備えています。長時間走っても疲れにくいと評価の高いモデルです。

1位:asics (アシックス) Lady TARTHERZEAL6

[アシックス] ランニングシューズ Lady TARTHERZEAL 6 レイクブルー/シルバー 23.5 cm
ASICS
販売価格 ¥9,072(2018年9月25日8時48分時点の価格)

軽量性とグリップ力の高い素材「DUOSOLE」軽く反発性の高い「Flyte Foam」を使用し、速度や長い走行時間にも耐えられるように設計されているシューズです。asics独自の「Adaptmesh」を中足部に配置し、通気性とフィット感を高めています。

まとめ

ランニング中の女陸上用シューズは種目や使用する状況によっても選び方が変わりますし、クッション性と軽量性でどちらを重視するかということでも異なります。速度を追求するのか、安定性や怪我予防を重視するのかを考えて選ぶとよいでしょう。

選ぶ際にはネットの口コミや評価などもチェックすると使用者の生の声がわかるのでおすすめです。上記のランキングは口コミ・評価の高いものに加え、スペックや価格も吟味した商品ばかりを取り揃えました。ぜひ購入する際に参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

まだデータがありません。

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP