剣道

【剣道着】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!試合にふさわしい剣道着の種類とは?シーン別の選び方や相場も解説!

 

最近では、素材も色づけ方法もさまざまな種類の剣道着が販売されています。どれをどのようにして選べばよいか分からないひともいることでしょう。今回は、さまざまな種類がある剣道着の中から試合にふさわしい剣道着の種類やシーン別の選び方や相場について詳しくご紹介します。

剣道着の素材と特徴

ベスト

こちらでは、自分に最適の剣道着を選ぶために、剣道着に用いられている素材とその特徴について確認しておくべきポイントをご紹介します。

「綿」素材

昔から剣道着として親しまれてきた素材です。肌触りがよく、保湿性、吸湿性、耐久性に優れており、オールシーズン使用することができるのが特徴になります。

短所としては、着心地が重く、洗濯の後に乾きにくい点があげられます。

「ポリエステル」素材

各ブランドによって開発された新素材が用いられた剣道着もさまざまな種類が販売されています。特徴は、色落ちや型崩れ、縮みがほとんどなく、軽い着心地と通気性や速乾性に優れている点です。手入れも簡単でスポーツウェア同様に洗濯機で洗剤を用いて洗濯することができます。

短所は、保温性や吸湿性、耐久性が「綿」素材よりも劣っている点です。

藍染

剣道着の伝統的な染め方には、藍を用いた正藍染や武州正藍染などがあります。鮮やかで深みのある紺色は、藍染製品ならではの独特の風合いです。

藍には、殺菌効果や消臭効果がありますが、色落ちしやすく手入れに手間がかかるという短所もあります。鮮やかな紺色を維持するためには、洗濯する際に手洗いで水洗いして日陰干しする必要があります。

化学染料

試合や審査には藍染が正装として望ましいと言われていますが、藍自体が肌に合わない人もいます。敏感肌や藍が肌に合わない人は、化学染料で染めた製品を選ぶのも1つの方法です。

化学染料で染めた剣道着の特徴は、色落ちが少ないことや洗濯機でも洗濯が可能な点などです。

剣道の試合にふさわしい剣道着

試合は日ごろの稽古の成果を披露する晴れの舞台です。そのため、日ごろの稽古とは違った意気込みやモチベーションを高めるためにも、正装で挑むことが大切になります。

剣道着の種類に関する規定などは明確にされていなくても、試合や審査用に1着は「綿」素材の藍染の剣道着を袴と合せて準備しておくことをおすすめします。

シーン別の選び方

悩む男性

剣道着は「素材、染め方、厚み、仕立て」の4つのポイントで選び方が異なります。こちらでは、シーン別に応じた剣道着の適切な選び方についてご紹介しますので迷いや悩みのある方は、選ぶ際の参考にしてください。

日常の稽古(オールシーズン)

年間を通じた稽古で使用する場合は「綿」素材の一重(裏地の無いもの)剣道着がよいでしょう。稽古が頻回にある場合では、手入れが簡単で速乾性のある「ポリエステル」素材の一重剣道着がおすすめです。

夏場の稽古や合宿

洗濯機でも洗うことができ、「綿」素材よりも乾きやすい「ポリエステル」素材の一重剣道着がおすすめです。洗濯しても色落ちがなく、縮みや型崩れがないので取扱いやすく「ジャージ剣道着」とも呼ばれています。

更に通気性が高く、速乾性の高いものを選びたい人は「メッシュ」素材の製品がおすすめです。

冬場の稽古

気温が低い中での稽古になるため、保温性の高い「綿」素材の二重剣道着がおすすめです。

試合・昇段試験

素材は、できる限り「ポリエステル」素材(ジャージ)ではないものを選びましょう。ポリエステル素材の剣道着は、剣道の歴史ではごく最近開発されたものです。

そのため、審査や試合などに用いる剣道着は歴史の中でも長く用いられてきた素材で見栄えのする「綿」素材が望ましいと言われています。1つの作法や礼儀としての意味もあるようです。

見栄えのある立ち姿を印象づけることのできる質感のあるものを選ぶようにしましょう。

「綿」素材でしっかりとした厚みがある二重剣道着がおすすめです。染め方の種類は、可能であれば化学染料ではなく正藍染や武州正藍染の製品を選ぶとよりワンランクアップした印象になります。

贈り物

お世話になっている先生方などへの贈り物を選ぶときには「最高級の仕上がり」とされるものを選ぶのがポイントになります。

具体的には、「綿」素材で二重剣道着であるものです。染め方の種類は、可能であれば武州正藍染の製品が望ましいでしょう。仕立ても背継(せつぎ)や継(こしつぎ)などがしっかりしているものがおすすめです。

剣道着の相場

電卓とボールペン

剣道着の価格には、選び方のポイントでご紹介した素材、染め方、厚み、仕立ての4つの点の違いが反映されます。

稽古用

日常の稽古向け製品では「綿」素材のものでは、一重剣道着の場合は2,000円台から購入することができます。着心地や外観もしっかりした二重剣道着では、10,000円前後から選ぶことが可能です。

「ポリエステル」素材の「ジャージ剣衣」ともよばれるものは2,000円台から購入できますが、耐久性や取扱いなどを加味して3,000円から4,000円台の製品に人気が集まっています。

試合・審査用

藍染の一重剣道着は、2,000円代からも購入することができます。しかし、風合いや質感の違いから人気が高いのは、4,000円や5,000円代の製品です。

またワンクラス上の藍染二重剣道着は、10,000円前後から購入することができますが、人気の高いものは15,000円前後の製品です。有段者や高段者にはより質の高い仕上がりの製品がおすすめになります。

【剣道着】おすすめ人気ランキング:10位~4位

こちらでは、剣道着のおすすめ人気製品を特徴とあわせてランキング形式でご紹介します。初めて剣道着を選ぶ人も買いす人も、自分にぴったりの一着を見つける参考にしてください。

10位:剣道屋 白一重剣道着(上着)「綿100%」

剣道屋 白一重剣道着(上着)「綿100%」
剣道屋
販売価格 ¥3,280(2018年11月13日6時10分時点の価格)

こちらは、根強い人気を誇る白色一重の剣道着です。「綿」素材で保湿性、吸湿性、耐久性に優れているのが特徴。白色でも透けることがないしっかりとした生地と仕上がりが人気のおすすめ製品です。

9位:剣道屋 正藍染一重剣道着(上着)

剣道屋 正藍染一重剣道着(上着)
剣道屋
販売価格 ¥5,702(2018年11月13日6時13分時点の価格)

こちらは、定番の正藍染の一重剣道着です。使い込むほど色合いに味がでる人気製品。正藍染のため、見栄えのある風合いを維持するためには洗剤を用いずに手洗い、日陰干しを徹底する必要があります。

8位:最高級正藍染二重剣道衣【背継】(ウォッシュ加工)

正藍染 二重剣道衣(WASH加工)
剣道防具コム
販売価格 ¥10,000(2018年11月13日6時39分時点の価格)

こちらは、有段者向けの最高級の正藍染二重剣道着です。特徴は、伝統的な正藍染による着色と背継が施されている点になります。質感だけでなく仕上がりや着心地も優れている点が人気のおすすめ製品です。

初めて二重剣道着を備えたい人に間違いのない1着です。

7位:明倫 ジャージ剣道着”勝”─KATSU─ 剣道衣

明倫 ジャージ剣道着"勝"─KATSU─
明倫
販売価格 ¥3,402(2018年11月13日6時14分時点の価格)

ジャージ素材の剣道着です。綿素材の着心地が苦手な人や藍の肌への刺激を避けたい人におすすめの製品。リーズナブルな価格にも関わらず、しっかりとした生地や色合いが人気の製品です。

6位:新紺一重剣道着

新紺一重剣道着
京都武道具
販売価格 ¥3,996(2018年11月13日6時16分時点の価格)

糸の製造段階において化学染料を用いて色付けしているため、洗濯してもほとんど色落ちしないおすすめ製品です。藍を用いていないため、敏感肌の人も安心して使用可能です。

洗濯機で洗剤を用いての洗濯が可能なため、手入れが簡単に済む点も特徴の一つに挙げられます。

5位:剣士堂 剣道着 上着 剣道衣 紺

剣士堂 剣道着 上着 剣道衣 紺
剣士堂
販売価格 ¥2,980(2018年11月13日6時17分時点の価格)

特殊染料を使用した、色落ちが少なく色あせにくい点が人気の剣道着です。保湿性、吸湿性、耐久性に優れた「綿」素材であり、リーズナブルな価格であるため稽古と試合用のどちらでも使用が可能なタイプです。

「綿」素材の剣道着をはじめて準備したい人にもおすすめの製品です。

4位:特製正藍染二重・実戦型剣道着(上着)

特製正藍染二重・実戦型剣道着(上着)
剣道屋
販売価格 ¥9,266(2018年11月13日6時52分時点の価格)

こちらは、特製正藍染二重剣道着です。特徴は、従来の正藍染の重さを改良して軽量化に成功している点です。二重剣道着にも関わらず、軽い着心地と抜群の動きやすさが人気のおすすめ製品です。

高い質感と高級感ある仕上がりのため、試合や審査でも安心して使用できる1着になります。

【剣道着】おすすめ人気ランキング:ベスト3

上位には「綿」素材で伝統の藍染めの上質な製品がランクインしています。肌触りや着心地に優れ、立ち姿も見栄えする「綿」素材の剣道着を探している人は必見です!

3位:剣道着 正藍染 武州紺 藤 紺一重刺 綿100%

剣道着 正藍染 武州紺 藤(Toh) 紺一重刺 綿100%
廣栄武道具株式会社
販売価格 ¥10,206(2018年11月13日6時18分時点の価格)

洗濯を重ねても生地が硬くならずに着心地のよい状態が続くため、長く愛用できる上質の製品です。湯通し済みの製品ですが、藍染のために洗濯の度に色落ち続ける点に注意が必要です。

鮮やかな色を長く維持するためには、水洗いで日陰干しする手入れを徹底することが重要なポイントになります。

2位:剣道屋 紺一重剣道着(上着)「綿100%」

剣道屋 紺一重剣道着(上着)「綿100%」
剣道屋
販売価格 ¥2,880(2018年11月13日6時19分時点の価格)

初心者から有段者まで幅広く使用できる伝統の一重織刺し生地の剣道着です。化学染料を使用した色づけのため、洗濯機を用いての洗濯も可能であり色落ちもほとんどしないのが大きな特徴になります。

洗濯しても縮みのない防縮加工も施されており、取扱いが手軽な点が人気のおすすめ製品です。

1位:【道•術工房】一重一剣 剣道着 剣道袴 紺 (上下 セット)

【道•術工房】一重一剣 剣道着 剣道袴 紺 (上下 セット)
【道•術工房】
販売価格 ¥6,480(2018年11月13日6時20分時点の価格)

剣道の入門者も安心して使用できる人気の剣道着と袴のセット製品になります。リーズナブルな価格にも関わらず、しっかりとした生地や仕上がりのためコスパも高いと人気です。

稽古用途とは別に試合用や審査用として準備しておきたい人に間違いのないおすすめの製品になります。

お気に入りの剣道着で志気を高めよう!

メダル

今回は、剣道着の選び方のポイントとあせてシーン別や相場の目安にについて詳しくご紹介しました。素材や着色方法には、いろいろな種類や特徴があります。

自分の肌質や着心地、用途に応じて自分にぴったりの1着を探してみてください!試合や審査用に特別に準備する道着は、着るだけでもモチベーションや集中力を高めることにつながるはずです。

製品ごとの取り扱いや手入れ方法を厳守してよい製品を長く愛用できるように工夫もしていきましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP