ゲレンデのスキーヤーブーツ

スキー用プロテクターおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!上半身用や部位別に選び方を解説!安心感から楽しさ倍増!

 

スキープロテクターは怪我防止の為に大きな役割を担っています。初心者が着用するものと思っている人も多いようですが、実際の所は上級者程プロテクターを着けています。

実際に様々なブランドがスキープロテクターを販売しており、スポーツサポート用ブランドのZAMST(ザムスト)なども人気が高いようです。

そんな中、どのようなプロテクターを選べばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。スノーボード用とスキー用のプロテクターの違いを元に、スキー用プロテクターの選び方を部位別に見ていきましょう。

スキー用プロテクターの選び方

ゲレンデでの滑走スピードは平均でも40km程出ており、速い人だと60km程出ます。そんな中プロテクターなしで接触したら大怪我を負ってしまいます。

まずは身の安全を守る正しいプロテクターの選び方を伝授します。

サイズが合っているもの

スキー板を持つ男性

基本中の基本ですが、自分の体のサイズに合っているプロテクターを選ぶようにしましょう。

自分の体よりも小さいサイズを選ぶ人はあまりいませんが、意外なことに大きめのサイズを選ぶ人は多いようです。

プロテクターは大きければ良いという訳ではありません。体にフィットしたものでないと転倒時の衝撃でズレてしまう危険性もあるのです。

衣服の上に着用するのであれば少しサイズに余裕を持たせて選択しますが、あまりにぶかぶかなものは避け、自分のサイズにあったものを選ぶようにしましょう。

フィット感に優れたもの

いくら身を守る為とはいえ、全てを固めてしまうようなプロテクターは、動きを制限してしまい余計に転倒しやすくなります。

プロテクターは身を守るという性質上、多少動きにくさは感じるものですが、出来るだけ伸縮性がありフィット感の良いものを選びましょう。

例えば二―プロテクターを使用の際に、固め過ぎて膝が曲がらないようではスキーを楽しむことはできません。それどころか歩行も困難になるはずです。

なるべく自然に体にフィットし動きを妨げないプロテクターがおすすめです。

軽さを重視する

ゲレンデ、スキー

プロテクターが鎧のように重いと疲労感も強く、気持ちのいい滑走は出来ません。スポーツ時に着用するものはなるべく軽いものがいいでしょう。

注意すべきは「軽さを重視しすぎることでクッション性を失ってしまう」という点で、軽さがあり、その上でクッション性もあるものを選択するようにします。

ボディプロテクターは通気性のいいものを選ぶ

ボディプロテクターは上半身を守るもので、特にコブ斜面やパークなどでキッカーを楽しむ上級者は着用すべきプロテクターです。

防寒の機能も兼ねたものが多いですが、運動量の多いゲレンデではすぐ暑くなってしまいます。まして晴天のゲレンデはかなり汗もかくでしょう。

吸汗速乾性に優れた素材を使用しているものや、通気性がいいボディプロテクターがおすすめです。

ヒッププロテクターはサイドもしっかりガードするもの

スノーボーダーの場合はゲレンデにお尻をつく機会が多く、初心者はほぼ9割の人がお尻から転倒するため、ヒッププロテクターは必需品といわれます。

しかしスキーの場合、初心者であってもお尻から転倒するケースは少ないです。

どちらかというと太もも横から着雪するケースが多く、ヒッププロテクターもサイド部分にしっかりとしたクッション性のあるものが求められます。

二―プロテクターはズリ落ちないもの

スキーの転倒時に最もぶつけやすいのが膝です。膝は初心者から上級者までしっかりブロックしておきたい箇所といえるでしょう。

二―プロテクターで最もありがちなトラブルは「ズリ落ち」です。膝を動かすごとに下へ落ちていくようなプロテクターではその都度位置を直すことになり面倒ですね。

二―プロテクターを選ぶ際に最も重要視すべきはズリ落ちない工夫があるか否かです。

激しい動きや衝撃でもズレにくい二―プロテクターを選びましょう。

スキー用に選ぶべきプロテクター

ゲレンデを滑走するスノーボーダー

スノーボーダーが着用しているプロテクターとスキーヤーが着用しているプロテクターは同じです。

プロの視点から見れば保護が強化されている場所が異なりますが、一般スキーヤーならそこまでのこだわりは必要ないでしょう。

では両者の違いは何なのか、スキーヤーが選ぶべきプロテクターはどのようなものなのかを確認していきます。

ぶつける部位が違う

スノーボードとスキーでは転倒の仕方が異なり、衝撃を受ける場所も異なります。

総合的に比較してみると、スノボードの場合は転倒時に手をつきやすく腕や手首、肩の怪我が多いようです。また初心者の場合は坐骨も打ちやすく怪我が多いですね。

一方スキーの場合はエッジがひっかかり膝から転倒するケースが多く、次いで大腿骨の付け根(サイド)からの転倒が多いです。

ぶつけやすい部位を守るプロテクターを選ぶ

プロテクターは全ての場所に着けると身動きが取れなくなります。その為、衝撃を受けやすい部位に優先して着用します。

1人1人転倒する形にも癖があるので、自分がぶつけやすい部位を把握した上でプロテクターを選ぶといいですね。

価格重視は危険!体を守るものだから機能性を重視する

炎天下で坂を下るスキーヤー

スキーをこれから始める人は、ウェアやスキー板、ブーツ、グローブなど一式揃えるのも大変です。

なるべく金額を抑えたいところではありますが、プロテクターを選ぶ際には価格のみを重視して選ばないようにしましょう。

安いものが全てNGという訳ではなく、安くても機能性がしっかりしたプロテクターを選ぶことが大切です。

怪我をしてから後悔をするようでは遅いのです。

スキー用プロテクターおすすめ人気ランキング10位~4位

スキー用のプロテクターで人気が高いのは、やはり膝や太もも側面を守るものです。

それぞれの特徴を比較しながらランキングを見ていきましょう。

10位:ガイド膝パッド EVA保護膝

ナイロンと伸びのいいスパンデックスを使用し、ライナーはEVAフォームを使用しています。また上下に幅の広いバンドを採用することでズレを防止しています。

EVAファームは軽く、高い弾力性と柔軟性を持った素材です。耐久性も強いので長く使用出来るおすすめの二―パットです。

9位:SODIAL(R)4本 保護パッド

ナイロンと高密度のEVAを使用しています。内側にはソフトなクッションパッドが付いており着け心地も快適です。

軽量設計なので動きやすい二―パッドですね。また調節が出来るストラップによって自分の好みにあわせて細かい調節が出来る点も選ばれるポイントです。

8位:FULINE  ショート ヒッププロテクターショーツ 

衝撃を吸収する厚さ1.2cmのEVA素材がお尻や腰、太ももなど5点部分をしっかりガードします。マジックテープを採用しておりフィット感は抜群です。

速乾性に優れたスリムフィットデザインなので、スキーウェアに響かないのもいいですね。また軽量なため負担なく着用することが可能です。

7位:Lulu LAB ヒップ プロテクター 

厚さ2cmの特殊吸収素材EVAを採用しお尻や太ももはもちろんのこと、腰周りもしっかりガードしてくれます。

前面はメッシュ素材を使用しているので通気性が良く蒸れないのもポイントです。全体的に厚みの出るフォームですが、ヒップラインに沿った形状なのでフィット感がよく自然な動きが可能です。

6位:WOLFBIKE ショート ヒップ プロテクター 

サイズがSからXXLまで豊富に揃っているヒッププロテクターです。厚さ1.5cmのEVA保護パッドを使用し、生地にはコットンを採用しているため肌触りや通気性は抜群です。

プロテクターは着けたいけれどきつい締め付け感が苦手、という人におすすめです。持ち運び用の収納袋も付いているので便利ですね。

5位:ADVANTAGE ヒップ プロテクター

ヒップ プロテクター ケツ パッド パンツ 【ADVANTAGE】 スノボ スキー スケート スケボー バイク などに (5、L)
ペイジー貿易
販売価格 ¥2,250(2018年9月26日8時51分時点の価格)

厚さ1.5cmの特殊吸収素材EVAを使用しています。前面をメッシュ素材にすることで通気性を上げ快適に着用出来るヒッププロテクターに仕上がっています。

またサイズはXXSからXXXLまで8つのサイズが揃っているので、自分に合ったサイズが選びやすくマジックテープで更なる微調節も可能です。

4位:ネックプロテクター PU クッション 

起毛布にメッシュを加えた通気性のいいネックプロテクターです。特にヘルメットを着用している人におすすめのプロテクターです。

受けた衝撃とヘルメットの重量によって頸椎に掛かる大きな負担を軽減してくれます。取り外しもボタン式で簡単に行なうことが出来て軽量設計なので、装着しても苦にならないと利用者には好評です。

スキー用プロテクターおすすめ人気ランキング3位~1位

スキー用プロテクターの人気上位3位は、二―プロテクターが選ばれています。

やはり膝の保護を重要視しているスキーヤーが多いようです。

3位:Whatsko ニープロテクター

錆びにくく強度の強いステンレスをはめ込んだ二―プロテクターです。重量は300gと軽量でフリーサイズとなっていますが、ベルクロでのサイズ調節が可能です。

アウターとしても使用できるクールなデザインが人気を集めています。他とは違う個性ある二―プロテクターを求めている人におすすめです。

2位:Lulu LAB ヒザ プロテクター

厚さ2cmの特殊吸収素材EVAを採用し、膝全体をカバーするようにパッドが付いているので、転倒時のダメージを広い角度で軽減してくれるでしょう。

サポータータイプなのでフィット感がよく蒸れない素材も好評です。着用の際は厚みを考慮し、ウェアパンツは余裕のあるものを履きましょう。

1位:ZAMST ひサポーター ZK-7 

医療向け製品を手掛ける会社が立ちあげたブランドで、機能性の高さが魅力です。ZK-7は膝のぐらつきを抑えるサポーターで衝撃を受け止めるものではありません。

膝の靭帯を痛めやすいスキーにおいて、怪我の予防や痛めた膝をサポートする役割を担っています。主に上級者向けの商品といえるかもしれません。

スキー用プロテクターで大きな安心感を手に入れよう

雪山で写真

近年プロテクターの重要性が見直され、多くのスキーヤーがプロテクターを愛用するようになりました。

従来のプロテクターのデメリットは装着後の動きにくさや重さにありましたが、今は軽量化され動きを邪魔しないものが多く発売されています。

自分に必要なプロテクターを選択して怪我の不安を感じること無くスキーを楽しみましょう。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP