雪山でピッケルを持つ男性

【登山用ピッケル】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!初めてでも失敗しない選び方解説!ピッタリのピッケルが見つかるかも

 

登山を始めてから初の雪山に挑戦したいという人はまずピッケルを買いましょう。ピッケルの使い方や役割を知ると、どんなピッケルを買えばよいかがわかってきます。

初心者でも失敗しないピッケルの選び方やピッケル選びの注意点、そしておすすめのピッケルランキングをご紹介します。

ピッケルの役割と使い方

スキーサングラスを付けた男性スキーヤーピッケルの役割や正しい使い方をチェックしましょう。

ピッケルの部位ごとの名前と役割

ピッケルは長い柄の部分である「シャフト」とT字型にになっている「ヘッド」から成り立っています。ヘッド部分は雪や氷にツルハシのようにさして使う「ピック」と、反対側の「アッズ(ブレード)」があります。

また、シャフトの側の先端は「石突(スピッツェ・スパイクともいう)」があり、元の雪に刺して杖のように使います。

基本的には雪山で使う

ピッケルは雪や氷に刺さるように鋭く作られています。そのため、基本的には雪山で使います

杖のように使う

ピッケルは基本的には杖のように使います。ヘッドの部分を持ちながら石突を元の雪に突き刺しながら進んでいきます。足元が不安定な雪面でもピッケルを使ってバランスをとりながら進むことができます。

体を支えるのに使う

ピッケルは強風が吹いてきたときに体を支えるのに使うこともあります。ピッケルを足元に突き立ててしがみつきます。

雪の斜面で突き刺して使う

斜面を登るときには石突やピックを雪に突き刺して体を持ち上げていきます。手をかけて使うほか、足をかけて体を持ち上げる場合もあります。

滑落防止に使う

斜面で滑落したときにはピックを雪面に刺し、ピッケルを抱え込むようにして滑落を防ぎます

使わないときは

ピッケルを使わないときにはピックや石突にカバーをつけておき、ザックにしまっておきましょう。先端は鋭いので周囲に注意して安全に運搬できるように気を配りましょう。

初心者でも失敗しないピッケルの選び方

雪山を歩く人たちピッケルにはさまざまな種類があります。初心者でも失敗しないようなピッケルの選び方を、ポイントごとに見ていきましょう。

形状はストレートでOK

ピッケルのシャフトはストレートのものとカーブしているものがあります。ストレートなものは傾斜が緩やかなところで使い、カーブしているシャフトは急斜面で使います。

初心者のうちは急斜面を登ることはありませんので、ストレートなもので大丈夫です。ストレートなものは杖のように地面に刺しやすいので使いやすくおすすめです。

ルートの一部に傾斜が急な斜面がある場合は

上級者と一緒に登る際、ルートの一部にやや急な傾斜があるということがわかっている場合はシャフトの上部だけでカーブしているタイプにしてもよいでしょう。

このタイプは傾斜が緩やかなところはもちろん、多少急になっている部分でも使えるので、長く使用することができます。

長さはくるぶしくらいが目安

ピッケルの長さはヘッドを握って手を自然に下に伸ばしたときにくるぶしくらいまでの長さが目安です。それ以上に長いと雪に刺しづらくなるためおすすめできません。最近ではやや短めのものも多いです。

傾斜が急なルートになるほど短くシャフトがカーブしたものを使うことになります。

重量

ピッケルの重量は素材によっても異なります。強度があるクロモリ鋼などは重いため突き刺す力は強くなりますが、長時間運ぶとやや疲れるというデメリットがあります。

アルミ製のものは軽く疲れにくいですがクロモリ鋼のものよりも強度が落ちるというデメリットがあります。それほどハードなルートを通らないのであれば、軽めのものでも構いません。

一緒に買っておきたいアイテム

ピッケルを購入するときには、ピッケルを落として紛失しないようにリーシュコードを購入しましょう。リーシュコードが付属しているピッケルもありますが、付属していない場合には必ず購入しておくことをおすすめします。

リーシュコードは短く手に通しておくものと、長めでからかけられるものがあります。短い方が手を持ち帰るのが楽ですが、長い方には無くしにくいというメリットがあります。また、ピックや石突のキャップ型のプロテクターも一緒に購入しておきましょう。

ピッケルを選ぶときにはここに注意

頂上を見上げる登山家ピッケルを選ぶときには注意したいポイントがいくつかあります。以下のようなポイントを必ずチェックしてから購入しましょう。

安全規格をチェックする

強度や耐久性を考えたときに、安全規格をクリアしているかをチェックしましょう。特にヨーロッパ規格(EN規格)国際山岳連盟規格(UIAA規格)をクリアしていれば安全性については問題ありません。

EN規格をクリアしているものには「CE」というマークが付けられており、UIAA規格をクリアしている場合は「UIAA」というマークが付いています。

メーカーをチェック

ペツルやクライミングテクノロジー、ブラックダイヤモンド、グリベルなどの人気メーカーのものは安全性が高く使いやすいものが多いです。自分が知らないメーカーの商品の場合はネットの口コミをチェックしておくと使いやすさや強度などの情報を得られます。

価格

ピッケルの価格は安いものでは10,000円以内、高いものでは50,000円以上します。初心者であれば10,000円〜20,000円前後のものを選んでおくとよいでしょう。ネット通販サイトを使うと10,000円以下で購入できるものもあります。

ただし、長く使いたいという場合には20,000円〜30,000円のものを購入しておくと、買い替えの手間がなくなります。

登山用ピッケルおすすめランキング・8位〜4位

どんなピッケルを購入したらいいか悩んでしまうという方のために、おすすめ商品を8点厳選してランキング形式でご紹介します。特に初めて購入する人にも使いやすく、長く愛用していただける商品をセレクトしました。

価格や使いやすさ、重量や形状などを独自の基準で考慮し、口コミ評価や使用者の満足度も加味して選んでいます。

8位:エキスパート オブ ジャパン 飛鳥スペシャル

エキスパート オブ ジャパン ピッケル 飛鳥スペシャル P3 グリーン
エキスパート オブ ジャパン
販売価格 ¥21,384(2018年11月15日17時38分時点の価格)

クロモリ鋼のヘッドとジュラルミン製のシャフトから成るピッケルで、使用していないときにはシャフトを短くしておくことができるため持ち運びに便利です。長さは伸ばすと85cm、縮めると60cmになり、重さも455gと持ちやすく使いやすい重量です。

エキスパートオブジャパン社のピッケルの中では人気の「飛鳥」シリーズのエキスパートモデルです。

7位:ペツルシャルレ(PETZLcharlet) サミテック ハンマー

ペツルシャルレ(PETZLcharlet) サミテック ハンマー U15 M
販売価格 ¥33,638(2018年11月15日17時38分時点の価格)

人気の登山メーカー「ペツル」の人気商品です。軽量かつコンパクトなアイスアックスで、さまざまなルートで役立つハンマータイプです。従来のマウンテニアリングアックスにテクニカルアックスの要素を取り入れたカーブシャフトを採用しています。

ハンドレストはワンタッチでスライドさせることができるので汎用性が高いと高評価を受けています。

6位:climbing technology(クライミング・テクノロジー) ドロン Plus

CT-climbing technology(クライミング・テクノロジー) ドロン Plus CT-52042 52cm
Climbing Technology (クライミングテクノロジー)
販売価格 ¥62,172(2018年11月15日17時38分時点の価格)

イタリアのメーカー・クライミングテクノロジーのピッケルで、スチールヘッドとアルミ合金のシャフトで500gを切る軽量性が魅力です。バリエーションルートにも対応できるハイスペックなモデルで、強度の高さも特徴です。

握りやすいハンドルには別売りのハンドレストを取り付けて使用することもできます。ハンドリューシュがついているので紛失を防ぐこともできます。

5位:ペツル(PETZL) サミット

ペツル(PETZL) サミット U13B 59cm
ペツル(PETZL)
販売価格 ¥24,225(2018年11月15日17時38分時点の価格)

人気ブランド・ペツルの人気商品で、コストパフォーマンスの高さが特徴です。カーブしているシャフト上部は急な傾斜の斜面にも対応し、ストレートな下部のシャフトは雪に刺しやすく、さまざまな場面で活躍してくれます。

航空機にも使用されるアルミニウム合金を使用したシャフトにアルマイト処理を行って耐食性を高め、手が滑らないように溝が掘られているのでグリップ力も高いです。

4位:ペツル(PETZL) グレイシャー

ペツル(PETZL) グレイシャー U01B 60cm
ペツル(PETZL)
販売価格 ¥10,206(2018年11月15日17時38分時点の価格)

ストレートなシャフトが使いやすく雪面にしっかりと刺さりやすいアイスアックスで、軽量かつ耐久性の高さが特徴です。低価格なのもうれしいポイントですが、クオリティの高さや使いやすさは非常に定評があるモデルです。

登山用ピッケルおすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはコストパフォーマンスの高い2商品に加え、取り回しやすいハンマー付きピックがランクインしました。雪山でつかうのはもちろん、雪があまり残っていない斜面などでも活躍してくれる商品です。

3位:GRIVEL(グリベル) Gゼロ

GRIVEL(グリベル) Gゼロ GV-PIG0S 66cm
GRIVEL(グリベル)
販売価格 ¥9,720(2018年11月15日17時37分時点の価格)

モンブランに抱かれたイタリア生まれのメーカー・グリベルのピッケルです。66cmとやや長めで非常に使いやすく、コストパフォーマンスに優れた商品です。ヘッド部分に着脱可能なプロテクターがついており、手の冷えを防ぎます。

また長いリーシュコードがついており、スピッツェカバーも付属しています。

2位:oxtos (オクトス) オリジナルピッケル

オクトス・オリジナルピッケル (60cm)
oxtos
販売価格 ¥6,980(2018年11月15日17時37分時点の価格)

低価格が魅力のピッケルで、国際山岳連盟(UIAA)の安全規格をクリアしている商品です。一般縦走向けの商品で、登山初心者にも購入しやすく使いやすい商品です。口コミでの満足度も高く、サイズが50cmから70cmまでの4種類から選べるのもポイントです。

1位:roc’teryx(ロックテリクス) ゴルジュハンマー

roc'teryx(ロックテリクス) ゴルジュハンマー MG RTHAMG
roc’teryx(ロックテリクス)
販売価格 ¥11,664(2018年11月15日17時37分時点の価格)

全長38cmという短さが特徴のピック付きハンマーです。固い雪や、雪が溶けたあとの滑りやすい泥斜面などにもしっかり効いてくれますし、ハーケンを打てるハンマーが非常に重宝します。小型なので邪魔にならないというのも大きなメリットです。

まとめ

富士山からの景色ピッケルは雪山登山の際には欠かせないアイテムです。雪山を進む手助けをしてくれるだけでなく、身を守ってくれる働きがあるため、ぜひ購入しておきましょう。長さや強度、形状や価格などをしっかりチェックしながら選ぶようにしましょう。

上記のランキングは初心者でも使いやすく、価格や耐久性などを厳選したおすすめ商品ばかりです。ぜひ購入する際の参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP