ミニベロ 折りたたみ自転車

【自転車 ミニベロ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!手軽な折り畳み自転車からロードバイク仕様の小径車まで徹底解説

 

最近はロードバイクやシティバイクなど、自転車の人気が高まっています。燃料代や駐車場代もかからず、健康にもよいと非常に評価が高いです。その中でも気軽に乗れてコンパクトなミニベロは自転車ビギナーにもおすすめの自転車です。

折りたたみできるものやロードバイクのような仕様のものまで、さまざまなミニベロをご紹介します。またおすすめのミニベロランキングもありますので、購入しようと思っている方はぜひチェックしてみてください。

ミニベロの定義を知ろう

街中の自転車まずは「ミニベロ」という自転車の定義と特徴を確認しておきましょう。

ミニベロはタイヤの径が小さい自転車

ミニベロの「ベロ」とはイタリア語で自転車を指します。つまりミニベロとは「小さい自転車」を意味しています。具体的には、大人用の自転車のなかでもタイヤの径が24インチ以下のものを「ミニベロ」と呼んでいます。

子供用のものはタイヤの径が小さくてもミニベロとは呼びません。

タイヤの径が小さいのでスピードは上がりやすい

ミニベロはタイヤの径が小さいため、ペダルを踏み込んだ分だけタイヤが回転します。そのため、漕ぎ始めからのスピードアップがしやすいのがミニベロの特徴です。

カスタマイズ性が高い

ミニベロはカスタマイズ性が高いのも特徴です。ロードバイクは自分の好きなパーツで組めるという楽しさがありますが、ミニベロも同様にカスタムして楽しむことができます。

人気のあるパーツはタイヤ、ブレーキ、シフター、ギア、サドル、ハンドルグリップなどで、こだわり始めるとどんどんとオリジナルのカスタマイズをしたくなってしまいます。

ミニベロと折りたたみ自転車の違い

タイヤの径が小さい自転車といえば、折りたたみ自転車が頭に浮かぶ人もいるかも知れません。実は折りたたみ自転車もタイヤの径が24インチ以下であればミニベロに分類されます。「小径車」と呼ばれることもありますが、ミニベロの一種です。

ミニベロとロードバイクはどちらの方が乗りやすい?

ハンドルバーに着いた自転車用ベルミニベロとロードバイクのどちらを買おうか悩む人も意外と多いです。それぞれの乗り心地や特徴をチェックしてみましょう。

ロードバイクは長時間の高速走行が可能

ロードバイクはレースなどで使われることでわかるように、非常に速い速度で走ることができます。しかも長時間に渡って安定した高速走行が可能です。

一旦速度が上がると漕がなくてもある程度速いスピードを維持することができるため、ロングライドに向いている機種もあります。

ただし小回りがききにくいのとスピードが上がるまでに時間と体力がかかるのがデメリットです。

ミニベロの方が小回りが効いて乗りやすい

ミニベロはタイヤが小さいため小回りがきいて乗りやすいというメリットがあります。町中で乗るのであればミニベロは非常に便利です。前述の通りスピードが上がりやすいという特徴がありますが、タイヤが小さいため長時間の高速走行には向いていません。

ミニベロは振動を受けやすい

ミニベロはタイヤが小さい分地面からの振動を吸収できず、凹凸の振動の影響を受けやすいというデメリットがあります。ただし太いタイヤに交換することで乗り心地はかなり良くなります。

ロードバイクタイプのミニベロもある

ミニベロの中にはロードバイクのようにドロップハンドルのミニベロもあります。もちろんハンドルを交換してドロップハンドルにすれば、どんなミニベロでもロードバイクタイプになります。

最初からドロップハンドルになっているミニベロは車体も軽く作られていることが多く、軽量なアルミフレームを採用していることがあります。またギアの段数も通常より多く、シフターも手を離さずにギアチェンジできるようなタイプが採用されています。

ミニベロの選び方をチェック

自転車を押す男性ミニベロを購入するときには形・重量・折りたたみできるかどうか、価格などをチェックすると良いでしょう。

形・タイプ

ミニベロの多くがストレートハンドルですが、ドロップハンドルを採用しているロードバイクタイプも人気です。逆にカゴがついている実用性の高いタイプも人気があります。

重量

ミニベロは重量が軽い方が坂道などで楽に登れます。15kg未満のものは一般的な重さだといえますが、10kgを切るものは非常に軽量です。折りたたんで電車やバスに積んで運びたいという場合は軽いものを選ぶと良いでしょう。

折りたたみできるかどうか

ミニベロの中には折りたたみができるものがあります。工具なしで簡単に折り畳めるものがありますので、選ぶ際にチェックしてみましょう。ただし折りたたみができるタイプは強度や乗り心地という点では一歩劣ります。

価格

ミニベロの価格は安いものでは20,000円を切りますが、一般的には20,000〜30,000円代のものが多いです。あまり安すぎても品質に不安を感じるかもしれませんので、ネットの口コミをチェックして使用者からの情報を得るとよいでしょう。

店頭で買うよりもネットで買った方が安く買える上に口コミもチェックできるので便利です。

ミニベロおすすめランキング・12位〜4位

どのミニベロにしようか悩んでいる人に参考にしていただくため、おすすめのミニベロを12点厳選してランキング形式でご紹介します。口コミ評価が高いものを中心に、価格や性能、折りたたみの可否などさまざまな条件を考慮しています。

12位:HEAD(ヘッド)  CLOUD(クラウド)

HEAD(ヘッド) ノーパンク ミニベロ CLOUD(クラウド) [20インチ/ノーパンクタイヤ/アルミフレーム/オリジナルサドル/シマノ外装7段変速/ラピッドファイヤーシフター/7SPEEDS] CMQ-HE207 ブラック
ヘッド(HEAD)
販売価格 ¥45,142(2018年11月5日10時45分時点の価格)

軽くてパンクしない次世代ノーパンクタイヤとスポーツブランドのヘッドがコラボした製品です。シティライドに向いた小型の20インチ軽量タイヤで、快適な乗り心地を実現しました。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP