壁にかかったドライスーツ

【ドライスーツ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!失敗しない選び方や着方も解説!水温が低い時期の必須アイテム

 

冬場の海に欠かせないのは保温性の高いドライスーツです。ダイビングやサーフィン、ジェットスキーを楽しむ人にとって低水温から身を守る大切な存在です。

SCUBAPRO(スキューバプロ)やO’NEILL(オニール)、GUL(ガル)など様々なメーカーのドライスーツがあり、それぞれ特徴も違います。

初めてドライスーツを購入する人は特に、失敗のないように選ぶ際の注意点をしっかり確認しておきましょう。

またドライスーツを着用するには少々コツが必要です。ドライスーツの着方も合わせて紹介していくのでお見逃しなく。

ドライスーツの選び方

ドライスーツは決して安価なものではありません。失敗しない為にはどんな所に着目して選べばいいのでしょうか。

シェルタイプは生地自体に保温性はない

ダイビングでOKサインを出す男性

ドライスーツを購入時にまず決めることは、シェルタイプかネオプレンタイプかということです。

シェルタイプの場合は、かなりゆったりとした作りになっており使用されている生地に保温性はありません。

その為に防寒用のインナーを着用することになります。薄い生地なのでかさばることもなく比較的扱いやすいですね。

しかしネオプレンタイプと比較すると水中では膨らみやすく動きにくいというデメリットもあります。

ネオプレンタイプはタイトな作り

一方ネオプレンタイプは生地に保温性のあるものが使われ、タイトに着こなせるので動きやすいのが特徴です

しかし衝撃には弱く、かさばるというデメリットがあります。シェルタイプかネオプレンタイプかは自分の好みやどんな用途に使用するかで決めるといいでしょう。

サーフィンなどの運動量の多いものにはネオプレンタイプがおすすめです。

程よいゆとりがあるものを選ぶ

サーフィンをする女性、ビーチにいるサーファー

ドライスーツは防水性が高く、特にシェルタイプは体とスーツの間に空気を溜めることで保温性を上げる構造です。

この時あまりにもサイズが小さ過ぎると空気が入らず保温性が低くなってしまいます。

一方大き過ぎると、浸水しやすくなるので程よいゆとりを確保しながらも自分に合ったサイズを選びましょう。

素材選びも大切

ドライスーツは主に下記の素材によって作られています。

  • 発泡クロロプレンゴム(ネオプレンタイプ)
  • ラジアル(ネオプレンタイプ)
  • 加硫ゴム(シェルタイプ)
  • バイラミネート(シェルタイプ)
  • トリラミネート(シェルタイプ)
  • 圧縮ネオプレン(シェルタイプ)

発泡クロロプレンゴムはウエットスーツに使用される素材です。また同じネオプレンタイプでもラジアルは汚れには強いですが、発泡クロロプレンゴムよりも重い作りになります。

シェルタイプによく良く使用される加硫ゴムは防水信頼性の高い素材としてプロダイバーなどに高い支持を得ています。

またトリラミネートは一般的に使用されている生地で破損しにくく強度が高いという特徴があります。バイラミネートは軽さが特徴ですが、強度は他と比較すると低くなります。

そして圧縮ネオプレンは発泡クロロプレンの硬度を上げたもので保温性が高いという特徴を持っています。しかし伸縮性がないのでシェルタイプに使用されています。

ドライスーツの着用方法

青い波でサーフィンする男性

ドライスーツを着用する際にはコツが必要です。やみくもに着ると水が入ってきてしまい大変危険なので、着用方法をしっかりとマスターしておきましょう。

防水シールに気を付ける

防水シールはネックとリストの部分にあるもので、水の侵入を防ぐ重要な役割を担っているものです。この防水シールは使用されている素材でそれぞれ違った特徴を持っています。

ネオプレン素材の場合は爪などで傷がつきやすいので、扱いう際には注意が必要です。また伸縮性が弱いのでしっかりしたサイズ合わせが必要になります。

一方ラテックス素材は伸縮性が良く、圧迫感を感じないので人気が高いです。しかしネオプレンよりも傷に弱く、より慎重な扱いが必要になります。

ドライスーツを着てみよう

まずは簡単に着用方法をご紹介していきます。

  1. ドライスーツに足を入れる
  2. サスペンダーを肩にかける
  3. 爪に気をつけながら腕を通す
  4. 爪に気をつけながら頭を通す
  5. 背中のチャックを閉めてもらう

足を入れた際はスーツにたるみが起きないように、少しずつ上にあげていきましょう。また手首の防水シールは浸水防止の為に手首の骨の上まで引き上げます。

ネオプレン素材の場合は、ネック部分を5cm位内側に織り込むと密着度が上がるでしょう。

詳しくは下記の動画を参考にしてみてください。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP