雪山に映えるボード

【スノーボード用リーシュコード】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!付け方も解説!事故を防ぐのに必須って知ってた?

 

スノーボード用のリーシュコードは使用していますか?ゲレンデでは着用を促す看板が目立ちますが、実際に着用している人は少ないようです。

しかし、リーシュコードはスノーボーダーの必須アイテムです。交通ルールと同様に初心者はもちろんのこと、上級者でもリーシュコードをつけるようにしましょう。

有名人気ブランドのBurton(バートン)やnorth peak(ノースピーク)などからも、オシャレなリーシュコードが発売されています。

ゲレンデマナーを守り気持ちよくスノーボードを楽しむために、リーシュコードの正しい付け方をマスターしていきましょう。人気のリーシュコードおすすめランキングも是非参考に!

スノーボード用リーシュコードの選び方

まずはスノーボード用のリーシュコードの選び方をマスターしていきます。リーシュコードは正しく選び正しく装着しておくことが大切です。

自分のボードをゲレンデに流して人にあたってしまうと、大怪我や、時には死亡事故につながります。事故防止のためにも購入の際の注意点などを確認していきましょう。

長過ぎないもの

スノーボードで滑走する男性

リーシュコードは自分のとボードをつなぐものです。短すぎるととボードをつなぐことすら出来ずに再購入することになります。

だからといって長過ぎるものを選ぶと、リーシュコードがもたつき絡んでしまい、ボードの滑走を妨害してしまいますね。

その為ちょうどいい長さを選ぶことが大切になってきます。一般的なものは20cm前後となり、長さ的にはさほど大きな差はありませんが購入前に自分に必要な長さを確認しておくと失敗なく購入出来るはずです。

長さ調節が出来るもの

ブーツのどの部分に装着するのかでもリーシュコードの必要な長さは変わってきます。

リーシュコードの購入者からはもう少し短くても良かった、もう少し長くても良かったという声がたまに聞かれます。小さなことですが気持ちよくスノーボードを楽しむには、しっくりくるリーシュコードにしたいですね。

そこで、コイルタイプのリーシュコードのように長さ調節が可能なリーシュコードをおすすめします。

耐久性に優れたもの

リーシュコードに強固な程の耐久性は必要ありませんが、ちょっとした刺激で切れてしまうようなものではなく、ある程度の耐久性をもったものを選びましょう。

また耐寒性のあるものでないと硬化して使いにくいと感じるかもしれません。

装着しやすいもの

スノーボードする男性

ゲレンデでリーシュコードを装着するのに時間や手間がかかるものは避けたいですね。出来るだけ簡単に装着出来るものを選びましょう。

またリーシュコードにはに巻き付けるタイプやブーツに装着するものなどがあり、装着方法も変わってきます。

自分が装着しやすいと感じるリーシュコードのタイプを選びましょう。

安定感が良くしっかり固定されるのは足に巻き付けるタイプですが、見た目がスッキリとして違和感なく使用できるのはブーツに装着するタイプです。

スノーボード用リーシュコードの付け方

スノーボードアイテム

 

初めてリーシュコードを装着する際に、どこに装着すればいいのか悩む人も多いようです。専用の穴がない!と探すことがないように、リーシュコードの付け方をしっかりマスターしておきましょう。

リーシュコードのタイプ別にチェックしていきましょう。

足に巻き付けるタイプ

ゲレンデでボードをレンタルするとよく付いているのが、足に巻くタイプのリーシュコードです。

レンタルの場合はすでにバインディングにリーシュコードが付いている状態なので、出ている先端の輪になる部分を滑走時の前になる足につけましょう。

自分でリーシュコードをつける順番は下記のようになっています。

  1. バインディング(前足)のベースプレート内側に紐を通します。
  2. 大きな輪の方を滑走時の前足となる方の下に装着します。
  3. サイズを調節して完成です。

バインディングのベースプレートには、リーシュコードをつける穴が付いています。前足側になるように装着しましょう。

後ろ足は利き足となり、バインディングを外す機会も多いので前足につけるのが一般的です。

ブーツの紐に付けるタイプ

スノーボード、スキー道具

ブーツに装着するリーシュコードは目立たないので好んで利用する人も多いですね。使用方法も足に巻き付けるリーシュコード同様に簡単です。下記を参考に装着しましょう。

  1. リングをブーツの紐に通します。
  2. リーシュコードをバインディング(前足)のベースプレート内側に通します。
  3. フック部分をリングに装着し完成です。

注意点はブーツ紐につけるリングの位置で、バンディングのストラップと被らない位置へつけるようにしましょう。

ボアブーツに付けるタイプ

BOAブーツはワイヤーを使用しダイアルで調節するブーツです。金属性のリングを使用するとワイヤー部分に傷がついてしまうので、布製のフックが付いたものがおすすめです。

使用方法は下記の通りで、紐に装着するタイプと同じです。

  1. 布製フックをブーツのワイヤー(2本)に通します。
  2. リーシュコードをバインディング(前足)のベースプレート内側に通します。
  3. フック部分を布製フックに装着し完成です。

BOAブーツ対応のリーシュコードか確認してから購入しましょう。

盗難防止にはワイヤーロックの付いたリーシュコードがおすすめ

スノーボード道具

残念なことですがゲレンデではスノーボードの盗難が後をたちません。その為ワイヤーロックをつけている人も多いのが現状です。

そんな現状を踏まえ、有名ブランドBURTONなどでワイヤーロックを兼ねたリーシュシュコードが発売されています。

自分の用途に応じたリーシュコードを選びましょう。

スノーボード用リーシュコードおすすめ人気ランキング10位~4位

それではスノーボード用リーシュコードのおすすめ人気ランキングを発表します。ファッション性の高いスノーボードだけあって、リシューコードもデザイン性の高いものが人気ですね。

10位:north peak リーシュコード ボアブーツ用ジョイント付き

スノーボーダーの愛用者が多いプロテクターブランドnorth peak(ノースピーク)の洗練されたリーシュコードです。シンプルなコイル式でコンパクトにまとめ、マットなカラーが個性を演出します。

耐久性の強いナイロン性のジョイントが付いておりボアブーツにも対応しています。

9位:SNOMAN リーシュコード クイックコード

SNOMAN(スノーマン) リーシュコード クイックコード ショート LS-11 C04 Pink(ピンク)
SNOMAN(スノーマン)
販売価格 ¥1,728(2018年11月5日9時26分時点の価格)

2011年に設立されたニューヨークの人気アウターブランドSNOWMAN(スノーマン)のポップなリーシュコードです。

コードの長さは全長で45cmで、ボアブーツ対応のジョイント部分にさりげなくスノーマンのロゴが入っています。

8位:eb’s リーシュコード PARA LEASH

デザイン性の高さが人気のeb’s(エビス)のリーシュコードは耐荷重250gという丈夫な紐、ストリングを使用しています。

サイズは29cmで、ボアブーツにも対応しています。ブラック、イエロー、ピンクのカラーバリエーションでそれぞれ紐を使用しているので独特の存在感があります。

7位:north peak リーシュコード NP-3164 BK

人気ブランドnorth peak(ノースピーク)のボアブーツ対応のリーシュコードです。カラビナ部分にスターのモチーフを使用したポップな雰囲気で人気です。

リーシュコードの長さは全長で45cmです。クールなデザインが多いリーシュコードの中で可愛らしいデザインが目を引きます。

6位:ORAN’GE リーシュコード

Orange(オレンジ) リーシュコード #130608 ブラック
Orange(オレンジ)
販売価格 ¥1,350(2018年11月5日9時26分時点の価格)

スノーボードブランドとして人気の高いOrange(オレンジ)のシンプルなリーシュコードです。シンプルな作りですがイエローやパープル、ピンクなど6種のカラーバリエーションを揃えているので、ウェアやボードに合わせて選ぶことが可能です。

注目はカラビナ部分で、他よりも大きなカラビナを使用することで着脱をしやすくしています。

eb’s(エビス)のショートタイプのリーシュコードは、耐久性の高いナイロン素材で作られており、カラーバリエーションはホワイト、レッド、グレーの3種です。

ベーシックタイプですがボアブーツにもしっかり対応しており、リーシュコードにプリントされている大きなロゴ文字が人気です。

4位:north peak リーシュコード NP-3156

north peak(ノースピーク) リーシュコード NP-3156 PU
ノースピーク(north peak)
販売価格 ¥2,160(2018年11月5日9時26分時点の価格)

女性に人気のnorth peak(ノースピーク)のキュートなリーシュコードです。靴ひもに装着するタイプで、素材はPVCなので耐久性が高く、汚れにも強いです。

カラーバリエーションも豊富でゴールドやグリーン、ピンクやレッドなどゲレンデでも映えるカラフルなカラーが人気です。個性的なリーシュコードを着用したい人におすすめです。

スノーボード用リーシュコードおすすめ人気ランキング3位~1位

スノーボード用リーシュコードのランキング上位には、スノーボーダー憧れのトップブランドBurton(バートン)がランクインしています。

3位:Burton スノーボード リーシュコード  CORD LEASH 

スノーボード界のトップブランドと称されるBurton(バートン)のリーシュコードです。無駄を省き限りなくシンプルなデザインを追求しています。

クリップも使いやすく、シンプルゆえに扱いやすいと高い支持を得ています。ブーツの紐に装着するタイプです。

2位:TAKAMIYA REALMETHOD スパイラルコード JL-1110

TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD スパイラルコード JL-1110 ブラック S
TAKAMIYA(タカミヤ)
販売価格 ¥635(2018年11月5日9時26分時点の価格)

長さ32cmのコイルタイプのリーシュコードです。コイル式になっており最大強度が20kgと耐久性に強い作りです。

フィッシング用コードですが、強度もあり最大伸長も長いのでバインディング部分とブーツに着用する人もいるようです。

1位:Burton スノーボード リーシュコード WEB LEASH 

Burton(バートン) スノーボード リーシュコード メンズ WEB LEASH 2018-19年モデル BLACK 10817100001 流れ止め
Burton(バートン)
販売価格 ¥1,599(2018年11月5日9時26分時点の価格)

おすすめの1位はBurton(バートン)の足に巻くタイプのリーシュコードです。バックルが付いているので着脱も簡単に行えます。

素材は耐久性に優れたナイロンを使用しています。足に巻くタイプは転倒時でも外れにくくボードを流さないという意識を感じやすいですね。

リーシュコードをしっかりつけてスノーボードを安全に楽しもう

スノーボードを抱える男性

ゲレンデに行くとボードを流している人をよく見かけます。事故につながる危険行為を犯さない為にもしっかりとリーシュコードを装着しましょう。

最後になりましたがリーシュコードは万全ではありません。ボードをブーツから外した際などもボードが流れないようにしっかり意識し、安全ルールを守りクールに楽しくスノーボードを楽しみましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP