ヘルメットとサングラスを着けた若者

スノボ用ヘルメットおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!選ぶ注意点は3つ!有名ブランド5選の特徴も一緒にチェック♪

 

ウィンタースポーツの中でも根強い人気を誇るスノーボード。シーズンの到来とともにスノーボードを快適かつ安全に楽しむためのアイテムをしっかり備えておくことも大切です。

今回は、スノーボードの転倒時に強い衝撃から頭を守るヘルメットについて、選び方と選ぶときの注意点、有名ブランドの特徴などについて詳しくご紹介します。初めてスノボ用ヘルメットを選ぶ人も、買い替えたい人も自分にぴったりのヘルメットを選ぶための参考にしてください!

スノボ用ヘルメットを選ぶときの3つの注意点

スノーボードを抱える男性

スノボ用ヘルメットとひとことに言っても、機能やデザインはさまざまです。こちらでは、その中から自分に最適のヘルメットを選ぶために確認しておきたいポイントについていくつかご紹介します。

「安全性」を確認

スノボ用ヘルメットは、転倒時の強い衝撃から頭を守るために装着します。そのため、耐衝撃性の低いものや通常の装着で安易に破損してしまうものではヘルメットを装着する意義を果たすことができません。

スノボ用ヘルメットを選ぶときには、まずはじめに「安全性」の高さについて確認するようにしましょう。

日本においては、スノボ用ヘルメットに関する安全基準や規則はありませんが、欧州ではCEアメリカではASTMという基準が採用されていますので認証の有無について確認することをおすすめします。

「サイズ」について確認

スノボ用ヘルメットを安全に装着するためには、適切なサイズを選ぶことが重要です。サイズが大きすぎる場合には滑走時にズレが生じで視界を妨げたり、転倒した際に衝撃を十分に緩和できなかったりする原因になります。

一方で小さいサイズは、圧迫感を生じたりベンチレーションが十分に機能しないことにもつながります。さらに、ヘルメットにズレが生じる原因にもなりますので注意が必要です。

自分の頭囲サイズを再確認した上でサイズを選び、サイズ調整が可能で調整の幅も大きいものを選ぶことをおすすめします。

また、海外ブランドの場合では、欧米人の頭の形に適した構造で仕上げられている製品もあります。その場合では、いくらフィッティングをしてもしっかりと頭にフィットしないこともあるので注意が必要です。

ブランドによっては「日本人仕様」「ASIA FITアジアフィットモデル」などを展開しています。高いフィッティングを求める人は、このようなモデルを選ぶようにしましょう。

「フィッティング」と「機能性」を確認

フィッティング方法は、ダイヤルを回すタイプのものやインナーの位置や厚みを調整するものなどさまざまあります。

その中でも初心者では、グローブを履いたままでも簡単に調整できるものがおすすめです。上級者の場合は、集中力の向上やコンディションの管理をしやすい、自分のスタイルに応じたフィッティング方法のものを選ぶようにしましょう。

スノボ用ヘルメットには、衝撃吸収や緩和の他にもいろいろな機能が備えられた高機能製品があります。ベンチレーション、取り外し可能なイヤーパッドやインナー、吸水速乾素材、高い耐久性、軽量タイプなどがあげられますが、高機能な製品が優れているとは限りません。

自分の滑走スタイルに適した機能を備えるものを選ぶことが大切です。

ゴーグルとの相性も忘れずにチェック!

ほとんどの人がヘルメットと一緒にゴーグルを着用しているはずです。多くの場合では、ヘルメットとゴーグルが別のブランドであっても問題なく装着できるはずですが、デザインや構造によってはフィット感に欠けてしまうこともあります。

ヘルメットを選ぶときには、適応するゴーグルのデザインや大きさについても情報収集すると失敗を防ぐことができるでしょう。

スノボ用ヘルメットの有名ブランド5選

ゲレンデを滑走するスノーボーダー

こちらでは、人気の高いスノボ用ヘルメットを製造している有名ブランドについて特徴をご紹介しましょう。

GIRO(ジロ)

衝撃吸収や耐久性に優れたシェルや構造が特徴のブランド。日本人の頭にもしっかりと装着可能な「ASIA FITアジアフィット」を展開しています。CEマークの認証を取得しているため品質と安全性にも信頼のおけるおすすめブランドです。

SANDBOX(サンドボックス)

クラシックヘルメットと斬新で優れたデザインが特徴のブランド。デザインだけでなく機能も充実しており、日本人の頭のサイズや形にもしっかりとフィットする「ASIA FITアジアフィット」を展開しています。高い衝撃吸収や優れた装着感が魅力のおすすめのブランドです。

SALOMON(サロモン)

ウィンタースポーツのアイテムで有名な老舗ブランド。最先端の技術を駆使した安全性の高さとクオリティの高さが魅力です。しっかりとした製品保証も付いているので初心者から上級者まで安心して使用できるおすすめブランドです。

SWANS(スワンズ)

SWANSは1911年に眼鏡レンズ加工業として大阪で創業した山本光学が前身です。創業100年を超えるジャパンブランドの老舗。長年培われた高い技術をスポーツシーンに応用し、安定したクオリティでさまざまなスポーツギアを展開している信頼の厚い有名ブランドの1つになります。

高いクオリティと抜群の使用感を誇るゴーグルも展開しているため、ヘルメットとのマッチングもおすすめです。

SMITH(スミス)

パフォーマンスのための最良な視界を確保するために、ゴーグルだけではなくヘルメットのマッチングに焦点を当てた商品開発に力を注ぐブランド。製品は、ゴーグルとヘルメットの機能を一体化することで、効果的なベンチレーションを実現できるように開発されています。

高い安全性と抜群の使用感を誇る有名ブランド。ヘルメットを購入するときには、優れた装着感や機能性を最大限に発揮できるようにゴーグルもマッチングさせて選ぶのがおすすめです。

スノボ用ヘルメットおすすめ人気ランキング:10位~4位

スノーボードで滑走する男性

こちらでは、スノボ用ヘルメットのおすすめ人気製品を特徴とあわせてランキング形式でご紹介します。各製品の特徴をおさえて、自分に最適のヘルメットを選ぶ際の参考にしてください。

10位:ヘルメット スキー スノーボード キャリングバッグ付き

ヘルメット スキー スノーボード キャリングバッグ付き
bolle(ボレー)
販売価格 ¥19,315(2018年11月21日17時52分時点の価格)

軽量かつ通気性に優れた長時間の使用でも快適性を維持できるbolleのヘルメット。特徴は、人間工学に基づいたイヤーパッドとパッド入りライナーが装備されている点です。フィッティングもダイヤルで簡単に完了することができます。

9位:ヘルメット スキー スノーボード メンズ RAIDER 132761

ヘルメット スキー スノーボード メンズ RAIDER 132761 インジェクション構造
Anon(アノン)
販売価格 ¥8,676(2018年11月26日17時50分時点の価格)

Enduraシェルの2ピース構造を採用したanonのヘルメット。特徴は、長く持続する耐久性と衝撃に対する優れた耐性を備えている点です。パッシブベンチレーションも採用されているため、ゴーグルの曇りを防ぐだけでなく長時間の使用でも快適に装着できるおすすめ製品になります。

8位:スキー ヘルメット 2019 p1us 2.0

スキー ヘルメット 2019 p1us 2.0
UVEX(ウベックス)
販売価格 ¥17,900(2018年11月21日18時18分時点の価格)

+technology素材を採用した軽量ながらも衝撃に強いUVEXのヘルメット。特徴はストレスフリーの滑走に必要な高い安全性と快適性、機能性の全てが備わっている点です。日本語説明書も付属しているため、安心して安全に使用できるおすすめ製品になります。

7位:スキー スノーボード バイザーヘルメット メンズ DRIVER

スキー スノーボード バイザーヘルメット メンズ DRIVER
サロモン(SALOMON)
販売価格 ¥34,560(2018年11月21日18時12分時点の価格)

特許技術が駆使されたビーズ状の衝撃吸収材を採用し、安全性能に非常に優れたヘルメット。OVAL FITの構造であるため、頭が小さな人に最適です。また、2年間のメーカー保証が付いているため、初心者から上級者まで安心して使用できるおすすめ製品になります。

6位:MAZE ASIANFIT メイズ アジアンフィット 03-MATTE_HIGH_FIVES

MAZE ASIANFIT メイズ アジアンフィット 03-MATTE_HIGH_FIVES
SMITH(スミス)
販売価格 ¥12,714(2018年11月21日17時48分時点の価格)

ヨーロッパとアメリカの強度基準をクリアしているSMITHのヘルメット。特徴は、軽量・低重心設計で世界最軽量350gである点です。他にもベンチレーションシステムや脱着可能ゴーグルロックなども搭載された高機能製品です。

クリーンでシンプルなモダンデザインも高い人気を誇ります。フリースタイラーで軽量かつ安全性の高い製品を求める人におすすめの製品です。

5位:スキー・スノーボードヘルメット レースエディション

スキー・スノーボードヘルメット レースエディション
ウルトラスポーツ(Ultrasport)
販売価格 ¥3,734(2018年11月26日17時52分時点の価格)

ウルトラスポーツの軽量構造のスキー・スノーボード専用ヘルメット。ポリエステル製の内層、発泡スチロール製のクッション層、ポリカーボネート製の外層と丈夫なストラップで頭部をしっかりと保護します。

フィッティングは、後頭部に備えられたダイヤルで簡単に調整可能です。衝撃吸収テストなどの厳しい試験を通過した製品だけに与えられる安全規格ENも取得しています。リーズナブルな価格で安全性の高いものを求める人におすすめの人気製品です。

4位:ヘルメット スキー スノーボード フリーライドモデル H-45R

ヘルメット スキー スノーボード フリーライドモデル H-45R
SWANS(スワンズ)
販売価格 ¥5,300(2018年11月21日18時15分時点の価格)

リーズナブルな価格と使い勝手のよさが魅力のSWANSのヘルメット。嫌なムレを防ぐエアーインテイク機能、ゴーグルベルトのずれを防止するベルトストッパーが備えられています。フィッティングは、ダイヤルを回すことで簡単に調整可能。

CE規格適合品であるため、初心者でも安心して使用できるおすすめ製品です。

スノボ用ヘルメットおすすめ人気ランキング:ベスト3

上位には、安全性に優れた製品がランクインしています。デザインや機能、フィッティング方法も異なりますので違いをおさえておきましょう!

3位:ヘルメット CLASSIC 2.0 ASIA FIT スノーボード

ヘルメット CLASSIC 2.0 ASIA FIT スノーボード
SANDBOX(サンドボックス)
販売価格 ¥14,680(2018年11月21日18時7分時点の価格)

スノーボードの聖地カナダでも高い人気を誇るSANDBOXのクラシックヘルメット。特徴は、ASIA FIT仕様で日本人の頭のサイズや形に応じた構造に仕上がっている点です。

また、ASIA FIT仕様のみに搭載されたSOFT CORE EVAは、高い衝撃吸収性を発揮するだけでなく当たりの柔らかい快適な装着感を実現します。ベンチレーションシステムも搭載されているため、不快なムレも気にせずに快適に滑走可能です。

デザインやカラーも豊富な7種類から選べるのも魅力的。デザイン性も高く、高機能のヘルメットを探している人に間違いのないおすすめ製品になります。

2位:NINE.10 7092871

NINE.10 7092871
GIRO(ジロ)
販売価格 ¥9,890(2018年11月21日17時41分時点の価格)

インモールド構造の丈夫なポリカーボネートアウターシェルと耐久性の高い衝撃吸収フォームインナー素材を使用しているGIROのウィンタースポーツ専用ヘルメット。

特徴は、インフォームフィットシステムを採用している点です。グローブをしたままでも数秒のダイヤル調整でフィッティングを完了することができます。さらに、ヘルメットとゴーグルの隙間調整もでき、ベンチレーションも備えられているため快適に滑走できます。

CEマークの認証を取得しているため品質と安全性にも安心して使用できるおすすめ製品です。

1位:PONTAPES ヘルメット スキー スノーボード 用 PONH-1980_1981

PONTAPES スノーボード ヘルメット ダイヤルサイズ調節可 PONH-1981
BLAN
販売価格 ¥3,990(2018年11月26日17時55分時点の価格)

リーズナブルな価格が魅力のPONTAPESのスキー・スノーボード専用ヘルメット。製品の品質と安全性を保証するCEマークの認証を取得しているので初心者でも安心して使用できます。

低価格にも関わらず、ゴーグルストッパー・イヤーパッド・ベンチレーションが搭載されています。また、フィッティングは後頭部に付属するダイヤルを回すだけで簡単に調整可能。インナーイヤーパッドは簡単に本体から取り外しできるため、手軽に手入れもできるおすすめ製品です。

自分に最適のヘルメットで快適かつ安全にスノーボードを楽しもう!

スノーボードをする男性
今回は、スノボ用ヘルメットの選び方と注意点について、おすすめ製品とその特徴もあわせて詳しくご紹介しました。

快適に装着でき、安全性が高く自分の頭にフィットするヘルメットを選んで、スノーボードを安心して楽しみましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 太もも ダイエット
  3. バスケ 男性 ドリブル
  4. バスケットボール シュート
  5. 空手 男性
  6. バスケ ダンク
  7. カヌー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP