トランポリンでエクササイズ

【トランポリン用マット】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!床のキズや振動・騒音予防に必須!もっと快適に跳びはねよう

 

トランポリンは自宅でも気軽にできるエクササイズとして非常に人気があります。また子どもの遊び道具としても心身の発達に役立ってくれます。トランポリンをする際に気になる騒音や床の傷を防ぐため、トランポリン用のマットを使用しましょう。

トランポリン用マットの役割やサイズや厚み、選び方を解説していきます。おすすめのトランポリンマットをランキングにしてご紹介していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

トランポリン用マットは必要?重要な役割をチェック

ジムでトレーニングする人々トランポリンを使用する際にマットは必要なのでしょうか?中には「マットは必要なかった」という感想を持っている人もいます。ですがトランポリン用マットは意外と気が付かない役割があるため、使用することをおすすめします。

トランポリン用マットの役割について見ていきましょう。

振動と騒音を防ぐ

トランポリン用マットの最大の役割は飛び跳ねているときの振動や騒音を防ぐという点です。

トランポリンは大人であれば平均で50〜60kg以上の体重を支えます。しかも飛び跳ねていますので、かなりの高さから落下することになり、その時の位置エネルギーを全てトランポリンが受け止めますので、床にかかる負担は相当大きくなります。

「飛び跳ねたら意外と音がしなかったから、マットは使わなくていいかな?」と思っても、階下にはかなりの振動と騒音が響いていると考えましょう。自分では気が付かなくても下の階の住人からすると非常に不快ですので、ご近所トラブルの原因になります。

集合住宅のときだけでなく、一戸建てだとしても下の階に響きますので、家族のためにマットを使いましょう。

ズレを防ぐ

トランポリンをフローリングの上で使用すると、飛び跳ねたり着地したりするときの衝撃でずれることがあります。

通常飛んでいるだけならごくわずかなズレで済みますが、中心から大きくハズレたところに着地をしてしまうとトランポリンが大きくすべってズレ、大怪我をするおそれがあります。トランポリン用マットを敷いておけば滑ってずれることも防止してくれます。

フローリングの傷を防ぐ

トランポリンを室内で使うと足の部分に大きな圧力がかかり、フローリングが凹んだり傷ができたりします。特にすべってズレてしまうと大きな傷ができることがあります。マットを敷いておけば傷や凹みが出来る心配もありません

落ちたときの怪我も予防できる

大きいサイズのマットを敷いておけば、万が一落ちたときに頭や背中を打つといった怪我を予防できます。マットは衝撃吸収性が高いため、落下時の衝撃も吸収してくれます。

カーペットが敷いてある場合のマットの必要性は

カーペットが強いてある場合、マットが必要ないと考えている人は多いです。ですがカーペットの劣化を防ぐためにマットを使用することをおすすめします。

またカーペットよりもサイズの小さいラグの上でトランポリンをするとラグがズレて思わぬ怪我をすることもありますので、やはりマットを使用するのがよいでしょう。

トランポリン用マットのサイズと厚みの選び方

マットトランポリンを安全に使うため、トランポリン用マットのサイズや厚みをチェックしてみましょう。

トランポリン用マットの最適なサイズを見つけよう

トランポリン用マットはトランポリンのサイズによって選びましょう。小さめのトランポリンは直径が80cm程度、家庭用のやや大きめのもので100cm程度です。そのため、110〜120cm四方の大きさがあれば基本的には大丈夫です。

またトランポリンから万が一落下したときの安全を確保したい場合は、150cm〜200cm四方のサイズのものを選ぶと良いでしょう。

トランポリン用マットは厚いほど静音性は高い

トランポリン用マットは厚いほど静音性や衝撃吸収性は高くなります。一般的に薄いマットは6mm程度、厚いものは1.2〜1.5mmというものがあります。厚いとその分片付けたり丸めておいたりするのが大変だというデメリットがあります。

下にカーペットを敷いている場合にはやや薄めのマットでも大丈夫でしょう。

ジョイントマットという選択もある

50〜60cm四方のフォーム素材やゴム素材のマットを組み合わせられる「ジョイントマット」を選ぶというのも良い方法です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 筋トレ 寝たまま
  2. ダンス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP