【テニスネット】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!硬式テニス向けネットの選び方とは?素材の特徴もチェックしよう

 

テニスをするときに必ず必要になるのがテニスネットです。ラケットやシューズと違い、個人で所有することはあまり多くありませんが、部活やサークル、テニススクールなど集団で購入する必要があります。硬式テニスネットの特徴や選び方を解説していきます。

またおすすめのテニスネットをランキング形式でご紹介します。

硬式テニスネットはソフトテニスやバレーボールネットでの代用ができるのか?

テニスをする女子と空硬式テニスと同じくネットを使う競技でも、バレーボールやソフトテニスのネットを代用品として使うことはできるのでしょうか?ネット自体の違いをチェックしていきましょう。

硬式テニスとソフトテニスはネットの張り方が違う!

硬式テニスとソフトテニスでは、ネットの張り方が異なります。ソフトテニスは全て同じ高さ(1.07m)になるようにピンと張りますが、硬式テニスは真ん中を低くする必要があります。

硬式テニスの場合、両サイドは1.07m、真ん中は0.914mです。これは昔はネットコードがヒモだったためにまっすぐピンと張れずに真ん中だけ下がってしまったということへの名残です。

硬式とソフトテニスではネットの強度が違う

硬式テニス用とソフトテニス用では異なったネットを使います。

基本的に硬式テニスの方が打球が速くボールが固いため強度の高いネットを使いますが、ソフトテニスはボールが柔らかく当たっても硬式テニスほどの衝撃がないため、ネットも細めの意図の物を使うことが多いです。

硬式テニス用ネットをソフトテニスで使うことはできますが、逆にソフトテニス用を硬式で使うのは避けた方がよいでしょう。

硬式テニスネットとバレーボールネットは大きく違う!

硬式テニスネットとバレーボールのネットは「ネット」という共通点はありますが、全く違うものですので注意してください。

硬式テニスのネットは3.5cm〜4cmほどの網目ですが、バレーボールのネットは10cm程度と大きな網目です。テニスボールの直径は6.54cm~6.86cmなので、バレーボールのネットではすり抜けてしまいます。

テニスネットの素材と加工に注目した選び方

テニスコートに転がるボールテニスネットの素材やネットの加工方法に注目して選ぶという方法があります。特にネットコードの素材には注目しましょう。

ネットコードの素材はワイヤーがおすすめ

ネットを張るためのネットコード(ネット上部を吊るためのコード)の素材には線維製のものと金属製のワイヤーがあります。金属製のワイヤーの方が当然強度が強いですし、耐久性も高いです。

ただし長期間に渡って使っているとワイヤーがささくれ立ってくるため注意が必要です。ササクレを防ぐためにワイヤーにコーティングが施されているものを選ぶと怪我の予防になりますし、耐久性も高くなります。

ネットの編み方と太さをチェック

ネットの編み方と糸の太さもチェックしましょう。糸の太さは3.5mm〜4mmくらいのものが一般的です。ソフトテニス用と違って糸が太くより合わせて編んであるため、強度が高いです。

「440T」などの表示が太さを表しますが、数字が小さくなるほど糸が細くなります。また、縦糸と横糸が結んである「有結節」は見た目が凸凹としていますが強度は高いです。逆に結び目の無い「無結節」のネットは見た目がきれいだというメリットがあります。

上部が二重になっているダブルネットのものがおすすめ

硬式テニスのネットでは下の方よりベルトに近い上の方にボールが当たることが多いです。そのため、上の方だけ二重になっているダブルネットタイプのものがおすすめです。

センターストラップ付きが便利!

前述の通り硬式テニスのネットは真ん中だけやや下げる必要があります。コードをゆるくすることで調節することはできるのですが、センターストラップがついてくるものを購入すると簡単に高さを調節することができて便利です。

センターストラップはネットの中央に巻きつけるだけで0.914mの高さにすることができ、正確です。

サイドポールつきが便利!

ネットはネットコードをポールに吊って張ったあと、ネットの両端にあるヒモをポールにゆわきつけて出来上がりですが、その際にネットの両サイドがサイドポール付きだと見た目がキレイになります。

サイドポールが無いとネットの端にあるヒモを引っ張ってポールに結びつけるため、紐のある部分だけが引っ張られたかたちになり、ネットの両端がギザギザした見た目になってしまいます。

サイドポールがあればサイドポール全体をひっぱるため、ネットの両端の劣化を防ぐことができ、見た目も綺麗です。

テニスネットを購入するときに気をつけたい選び方

テニスをする男性テニスネットを購入するときには、重さ・日本テニス協会推薦商品かどうか・メーカー・価格もチェックしておきましょう。

重さ

テニスのネットは意外と重いです。特に糸が太かったりワイヤーを使っていたりすると特に重くなります。持ち運んで使用する場合にはネットの重さをチェックし、持ち運びしやすいバッグ付きのものを選ぶと良いでしょう。

日本テニス協会推薦かどうか

日本テニス協会の推薦商品であれば、試合などでも使える高い品質を持っていることがわかります。また国際テニス連盟の規格に沿ったものも高い品質を持っているためおすすめです。

メーカー

アシックスやミズノといった人気の総合スポーツメーカーのものが品質が高く安心して使えますが、やや価格が高くなるという欠点もあります。自分が知らないメーカーの商品の場合、口コミなどをチェックしておくと安心して使用できます。

価格

テニスのネットは大きいものですし、価格もそれほど安くありません。2万円〜6万円の範囲内のものが多いです。最も多い価格帯は2万円代から3万円台ですので、そのくらいを予算として探してみるとよいのではないでしょうか。

通販サイトを使えば普通に店頭で購入するよりも安く買えますし、自宅まで届けてくれるため楽に購入できます。

硬式テニスネットおすすめランキング・10位〜4位

使いやすくゆるみにくいと口コミ評価の高い硬式テニスネットを独自の基準で10点厳選しました。ランキング形式でご紹介します。価格や素材などについても考慮した独自のランキングですので、きっとネット選びのお役に立てると思います。

10位:こども良品 硬式テニスネット

硬式テニスネット ステンレスワイヤー(ブラック、グリーン、モスグリーン、ペパーミントグリーン) 日本テニス協会推薦品 (モスグリーン)
こども良品
販売価格 ¥58,000(2018年11月6日10時25分時点の価格)

メーカー名は非常にかわいらしいですが、日本テニス協会の推薦を受けている硬式テニスネットです。ステンレス製のワイヤーを使用しており、ビニールの被膜でコーティングされているのでささくれることなく安全に使用できます。

色はブラックのほか、グリーン、モスグリーン、ペパーミントグリーンの4色展開です。

9位:トーエイライト 硬式 テニスネット B-2673

【受注生産品】トーエイライト 硬式 テニスネット 上部ダブルネット サイドポール無 B-2673
トーエイライト
販売価格 ¥42,240(2018年11月6日10時25分時点の価格)

ネットが二重になっているダブルネット仕様の商品です。ネット上部をしっかりと補強してあるため強度も耐久性も高く、長く使用することができます。センターベルトもついているので、しっかりと張ることができます。

8位:Aoneky プロフェッショナル テニス コートネット

Aoneky 42フィート アウトドア交換用 プロフェッショナル テニス コートネット - 4mm ダブル編み
Aoneky
販売価格 ¥53,366(2018年11月6日10時25分時点の価格)

上部が二重になっている、4mm編みの高品質なポリエチレン製ネットです。ケーブルはスチール製で、ビニールコーティングが施されているので安全性も高いです。収納と持ち運びのしやすい携帯用キャリーバッグが付属しています。

7位:Vermont 3.5mmダブルトップテニスネット

Vermont 3.5mmダブルトップテニスネット(22ポンド) チャンピオンシップスタンダードテニスネット ウィンブルドンスタイルキャンバスヘッドバンド プレミアム3.5mm編組HDPE撚糸 42フィート ダブルレギュラー仕様 Wimbledon Headband
Net World Sports
販売価格 ¥63,709(2018年11月6日10時25分時点の価格)

3.5mm編みのテニスネットで、ITF(国際テニス連盟)の基準に準拠した商品です。耐候性・対腐性が高く、強度や耐久性に優れているため長く使うことができます。オプションのウィンブルドンヘッドバンドをつけると、さらに耐久性を高めることができます。

6位:アシックス 全天候硬式テニスネット 11116K 90

アシックス 全天候硬式テニスネット 11116K 90
アシックス
販売価格 ¥55,000(2018年11月6日10時25分時点の価格)

人気の高い総合スポーツメーカー・アシックスの全天候型ネットです。両サイドにはネットが弓なりにならないようにスチールパイプが装着されており、張りっぱなしでもゆるむことはありません

ワイヤーは安全性の高いベクトラン・セフティーコードを採用しています。日本テニス協会の推薦商品です。

5位:三和体育 硬式テニスネット S-2339

三和体育 硬式テニスネット ブラック S-2339
三和体育
販売価格 ¥36,139(2018年11月6日10時25分時点の価格)

網目に結び目のない無結節縫製で、上部は二重になっているので高い強度をほこります。トップのベルトには防汚加工を施してあります。日本テニス協会推薦の商品で、センターベルトも付属しています。

4位:美津和タイガー V17859 KTネット KT227

CV17859 KTネット KT227 公式テニスネツト
美津和タイガー
販売価格 ¥39,805(2018年11月6日10時25分時点の価格)

日本テニス協会推薦のネットで、上部がダブルネットになっているになっている全天候式の商品です。黒・緑・青の3色から好きな色を選ぶことができ、価格が控えめなのもうれしいポイントです。スチールのワイヤーを使っているのでゆるみにくい商品です。

硬式テニスネットおすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはそれぞれ異なった特徴のある商品がランクインしました。特に2位の商品は圧倒的に価格が安いのが特徴です。1位と3位は価格と品質のバランスの取れた商品で、どちらを買っても不満なく使っていただけます。

3位:KT TERANISHI(ケイティテラニシ) 全天候式 硬式テニスネット

KT TERANISHI(ケイティテラニシ) 全天候式 硬式テニスネット スチールワイヤーロープ(日本テニス協会推薦) KT-267
KT TERANISHI(ケイティテラニシ)
販売価格 ¥23,319(2018年11月6日10時25分時点の価格)

強度の高いスーパーポリエチレンを使ったネットで、無結節加工にしてあるうえ上部はダブルネットなので強度の高さが特徴です。ワイヤーは安全性を高めるためにコーティングされてあり、上部のテープも特殊加工で汚れを防止し耐久性を高めています。

2位:エース(ACE) テニス 硬式テニスネット

エース(ACE) テニス 硬式テニスネット 国際標準規格 全天候対応
(ACE)
販売価格 ¥8,980(2018年11月6日10時24分時点の価格)

圧倒的にリーズナブルな価格が特徴のネットで、持ち運びしやすいバッグがついています。軽量性を高めるためネットは1.4mmという細めのものをつかい、ダブルネットにもなっていません。その結果わずか2.8kgという軽量さを実現しています。

ネットを持ち運んで使用する人には最適な商品で、もちろん国際標準規格に則って作られています。

1位:KANEYA(カネヤ) 硬式テニスネット PE45W

KANEYA(カネヤ) 硬式テニスネット PE45W 黒 K-1190
KANEYA(カネヤ)
販売価格 ¥33,137(2018年11月6日10時24分時点の価格)

周囲をテープで補強してあり、耐久性を高めてあるうえにたわみも防止してくれます。上部を二重にして強度を高め、センターストラップも付属しています。使用者の口コミ評価も非常に高く、価格も標準的でコストパフォーマンスは抜群です。

まとめ

テニスする女性テニスネットはなくては練習も試合もできないため、非常に重要なアイテムです。部活やサークル、仲間同士でコートを借りたときには必ず必要になりますので、耐久性や安全性を考えて選ぶ必要があります。もちろん価格も重要です。

上記のランキングは口コミ評価で使用者の満度が高い商品の中から厳選していますので、きっとネット選びのお役に立てると思います。ぜひ購入の際の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP