アスリート筋肉ボディービルダーにジムでダンベル トレーニングします。

ダンベル40kg(40キロ)で鍛えることは出来る!?ダンベル40kgを使った筋トレ方法!

 

ダンベルを使った筋トレというと、ダンベルカールなど上腕二頭筋を鍛えるトレーニングが真っ先に思い浮かびますが、40kg以上のダンベルがあると幅広い種類のトレーニングが可能になります。

また、ダンベル・トレーニングでバランス良く筋肉をつけることも可能です。バーベルだと左右どちらかに力に偏りがちになってしまいますが、ダンベルの場合は左右独立しているため、バランスを意識してトレーニングを行うことが出来ます。

限られたスペースでも行いやすいダンベル・トレーニングはジムでなくても出来る種目が多いので、自宅で筋トレをする機会が多い人はぜひ覚えておきましょう。

 あなたに合った重量を選ぼう

筋肥大を狙うためには、適正重量と適正回数を意識して行う必要があります。たとえば、軽いダンベルは、腹筋運動など自重で行う筋トレを行う際に手に持って使うことでプラスアルファの負荷をかけることができます。

ダンベルトレーニングをしている外国人男性

しかし、軽いダンベルを使ったトレーニングによって得られないのが瞬間的に大きな力を出す能力です。特に筋トレ初級者〜中級者は、最大筋力と筋持久力の両方をバランス良く高めるべく、8〜10回程度を1セットとし、2〜3セット繰り返す筋トレが効果的です。

40kgダンベルを用いた筋トレは最大筋力と筋持久力のバランスがとれた筋肉をつけるためにとても有効です。それでは詳しくみていきましょう。

40kgダンベルがおすすめなわけ

20kgでは全身を鍛えるのは難しい

スポーツショップなどでよく見かける10kg x 2の20kgセット。最初は重く感じるかもしれませんが、毎日の筋トレによってすぐに軽く感じるようになります。

加えて、20kgほどのダンベルを使ったトレーニングのみだと鍛えられる部位が上腕二頭筋や腕周りに限られてしまうので、全身をバランス良く鍛えていきたい場合は、40kg以上のダンベルを使うことをおすすめします。

特に、複合関節動作と呼ばれるいくつかの関節と筋肉を使うトレーニングをするのであれば、40kg以上ないと負荷が足りなくなる可能性があります。したがって、男性であれば最低でも40kgセットが必要です。

どんなダンベルを選べばいい?

ダンベルには鉄アレイのように重さを変えることが出来ないものと、重さの異なるプレートを付け替えることによって重量を調節するタイプ(可変式)の2種類があります。可変式のダンベル

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP