ダンベルを持ち上げる男性

広い肩幅を手に入れる!三角筋のトレーニング方法

 

肩幅を広げる筋トレ

豊かな自然のなか筋肉を披露する男性

筋肉トレーニングというのは単純なようで、なかなか奥が深いものです。

例えば、緩んだ胸や腹周りを鍛えて引き締めようとした時、筋トレを繰り返せば短期間である程度の筋肉質にはなります。それは筋肉が肥大するのと同時に、基礎代謝が上がり、皮下脂肪が落ちたために筋肉の隆起がはっきり見えるようになるからです。
しかし、特定の筋肉を特に肥大させるのは一筋縄ではいきません

単純に激しく鍛えまくってしまうと、脂肪が落ち続けてシャープな細い身体になってしまいかねません。
特定の筋肉を鍛える場合は、その箇所を明確にして必要なトレーニングを施していく他ないのです。

例えば逞しく、広い肩幅を手に入れるためは三角筋を鍛えるのがベストです。
三角筋は肩の広い部分を形成しているので、鍛えて大きく出来れば肩幅も広がっていくのです。

三角筋はどう鍛えれば良いのか

三角筋

逞しい肩幅を手に入れるためには三角筋をターゲットに筋トレをしていけば良いことは分かりました。
では、その三角筋を鍛えるために、何をすれば良いのでしょうか。

三角筋に効く筋トレを簡単に列挙するならば、以下のようになります。

  • サイドレイズ
  • フロントレイズ
  • リアレイズ
  • ショルダープレス

以上の種目から、今回はサイドレイズに焦点を絞りご紹介します。

【関連記事】肩の筋肉を効率的に鍛える筋トレ方法とは?

サイドレイズのやり方

まずは動画を見ていただき、感覚を掴みましょう。

サイドレイズをしっかりやると、三角筋の中央部に効かせることが出来ます。

ポイントは腕を水平までは持ち上げず、ちょっと下までで止めること。
水平より上まで上げると肩甲骨が動いて僧帽筋が働いてしまいます。そうすると、三角筋への負荷が減ってしまうので、肩甲骨は動かさぬよう意識して行うことが重要です。

他のトレーニングでも三角筋は鍛えられますが、サイドレイズはかなり辛いトレーニングです。その分、効き目も大きいという訳です。

サイドレイズで用いるダンベルについて

可変式のダンベル

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP