プールでトレーニングをする男性

フィットネス・競泳水着【メンズ】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!初心者~上級者向けの選び方解説で、もう迷わない!

 

メンズ用フィットネス・競泳用水着はMIZUNO(ミズノ)やarena(アリーナ)、そしてSpeedo(スピード)など多くの人気ブランドが手掛けています。

フィットネス用と競技用水着では選び方が異なり、水泳経歴によっても選ぶべき水着は異なります。

水着を購入する際に迷わない為に、メンズ用フィットネス・競泳用水着の選び方をしっかりマスターしていきましょう。

最新のおすすめの人気ランキングも発表します。購入をお考えの人は是非参考にしてください。自分に合った水着を着て快適な水泳を楽しんでいきましょう。

フィットネス用水着の選び方

まずはフィットネスジムなどで使用するメンズ用水着の選び方を見ていきましょう。フィットネス用の水着は細かい規定がないので、比較的自由に選ぶ事が出来ます。

フィットネス用の水着は着脱が便利なように少々ゆったりとした作りになっていることが特徴です。

初心者におすすめなのは少し大きめのハーフタイプ

水泳を楽しむ10代の若者

水泳を始めたばかりの初心者の場合は、泳ぎだけではなく水中歩行や水中のエクササイズなどを受ける機会も多いのではないでしょうか。

また初心者の場合は体にフィットし過ぎるタイプの水着に抵抗を感じる人も多いようです。そのような人はルーズに着こなせるハーフタイプがおすすめです。

フィットネスジムでカジュアル感が強い水着を履くのに抵抗を感じる場合はブラックを選ぶなどカラーは落ち着いたものにするといいでしょう。

生地の厚いものは安心感があり初心者に人気

初心者でもしっかりと泳ぎのトレーニングをしたいという人には、体にフィットしたものがおすすめです。

生地の厚さは水着によっても違いますが、初心者の場合は安定感とサポート力の高い厚手のものがいいのではないでしょうか。

生地の厚いものは動きにくいと感じる場合は、薄手の水着を購入しインナーを着用するなどして調節をしていきましょう。

中級者~上級者はスパッツタイプ

水泳をする男性

スパッツタイプの水着は体への密着感も高く水の抵抗を受けにくいので、本格的な距離を泳ぎたい人や泳ぎのスピードにこだわる人に向いています。

競泳用の水着はスパッツタイプがメインなので、競泳用の水着に近いものを着用したいという人にもスパッツタイプがおすすめです。

撥水性に優れたものもある

水着の中には撥水加工がされているものがあります。水中で水を吸って重くなりがちな水着ですが、撥水加工のものであれば水を吸うことはなくなります。

特に生地の厚い水着は水を吸うと重さを感じるので、重さを感じることなくより快適に着用したいという人は撥水加工の水着がおすすめです。

耐久性のある素材を選ぶ

水着の劣化の原因といえば、プールで使用されている塩素です。最近ではこの塩素に負けない耐塩素素材の水着も発売されています。

お気に入りの水着を長く愛用したいなら、耐塩素素材で作られている水着を選ぶといいでしょう。

水着の寿命は約1年間といわれていますが、耐塩素素材の水着で適切な手入れを行っていれば更に長く愛用出来るのではないでしょうか。

ちなみに、水着への洗剤の使用や洗濯機での洗濯(摩擦)は水着を劣化させる原因になるので避けましょう。

競泳用水着の選び方

基本的なメンズ用競泳水着の規定は「水着がへその下であること」「水着の丈は膝上であること」と定められています。

規定の範囲内で何にこだわって水着を選ぶべきなのでしょうか。

記録にこだわる人はハーフスパッツ

水泳を楽しむ男性

競泳用水着で現在最も主流なのはハーフスパッツタイプです。体への密着性が高く水の抵抗を受けにくいためにスピードが出しやすいタイプとなっています。

ハーフスパッツの他にも、ショートスパッツやミドルスパッツなどもあります。いずれも大腿四頭筋をしっかりサポートしブレを抑えてくれるでしょう。

ハーフスパッツタイプは初心者から上級者までおすすめの競泳水着です。

ブーメランパンツは可動域が広い

以前は競泳用水着の主流だったブーメランタイプは、水の抵抗を受ける、大腿四頭筋のサポート力がないなどの理由から最近は利用者が減っています。

しかし太腿の可動域が広くなるので泳ぎやすいと水泳の上級者には愛用している人も多くいます。また長時間履いていても蒸れないという利点もあります。

動きやすい水着は初心者向け

各ブランドの水着ごとにフィット感を重視したものや動きやすさを重視したもの、浮力を抑えたものなど特徴が大きく異なります。

初心者には動きやすい水着が扱いやすくおすすめです。ある程度慣れてきたらスピード重視の水着などに変えていきましょう。

サイズは1サイズ小さめを選ぶ

フィットネス用水着と競泳用水着の双方に共通していえることですが、水着を購入する際は通常のサイズよりも1つ下のサイズを選ぶといいでしょう

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 筋トレ 寝たまま
  2. ダンス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP