足首を気遣うランナーの写真

硬い足首がストレッチで柔軟に!効果的なストレッチ3選!

 

ランニングや筋トレの前後に準備運動として足首ストレッチをしているという人は少なくないのではないでしょうか。

運動前の足首ストレッチは思わぬけがの予防やウォーミングアップ的な役割を果たすことが期待できるので、欠かさず行いたいところです。

実は日常的にストレッチ足首を柔らかくしておくと身体に良い効果が見込めることをご存知ですか?今回はそんな硬い足首を柔らかくすることで得られるメリットを紹介していくとともに、効果的なストレッチ方法も3つ取り上げていきます。

足首ストレッチのメリットBEST3

ジムのインストラクター

足首は普段の生活においてよく使う部位なのに関わらず、意識してストレッチを行っている人はあまり多くはありません。しかし日常生活の中でストレッチを続け、足首を柔らかくしておくとスポーツをしている人にとっては特にうれしいメリットが見込めます。

思わぬ怪我の予防

溜息

運動の前後に関わらず、日常生活においても足首が硬いままだと怪我をする可能性が高くなります。特にねん挫は足首が硬いと起きやすい怪我のひとつなので、普段からねん挫しやすいという人は足首のストレッチを続けることでねん挫の予防にもつながるかもしれません。

筋肉の修復

鍛え抜かれたふくらはぎ

足首をストレッチすることで血行が促進されます。これにより筋肉へ酸素が送られやすくなるため、疲弊した筋肉の修復が促され、運動後でも足の軽さを実感できることも。運動後ではなくても、例えば立ち仕事が続いた時やいつも以上に歩いた時に足首のストレッチを行うことで足の疲れがとれるのでスッキリしますよ。

動きが良くなる

足首をストレッチすることで柔軟性が身につき、可動範囲を広げることができます。そのため、怪我の予防だけでなくサッカーや陸上競技で技術向上につながることも期待できます。

硬い足首の原因は足首だけではない?

脚をマッサージする女性とダンベル

足首が硬いとなると、普通は足首自体に不具合があると考えがちですが、実は硬い足首の原因は足首だけによって起きるものではありません。

実際に足首をぐるぐる回してみるとふくらはぎが動いているのが分かりませんか?それもそのはず、足首はふくらはぎと密接な関係にあり、足首の硬さも実はふくらはぎの筋肉が硬くなっていることが原因となっているのです。

では、どうしてふくらはぎの筋肉が硬くなってしまうのでしょうか。これは大体の場合普段の生活習慣が関係しているようです。例えば日頃から運動不足であったり、むくみがひどかったりするとふくらはぎの筋肉が硬くなる傾向にあります。さらに、ストレスが溜まっていたりひどい疲労感を感じることが多かったりといった場合にも、ふくらはぎの筋肉に影響を及ぼすことがあります。

まずは柔軟性をチェックしよう!

自分の足首が硬いかどうかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで足首のストレッチを始める前に、まずは足首の柔軟性を確かめてみましょう。具体的な方法は以下の通りです。

https://www.youtube.com/watch?v=K8EddHaOWck
  1. 両足をそろえた状態で立つ
  2. そのまましゃがんでみる
  3. お尻を床につけないように膝を抱える

ポイント
そのまま動作を維持することができるようであれば、足首は十分柔らかいと言えます。しかしもししゃがんだ時にお尻をついてしまったりうまくできなかったりするのであれば足首は硬くなってしまっている可能性が高いでしょう。

効果的な足首のストレッチ方法1.壁を使って足首を伸ばす!

https://www.youtube.com/watch?v=-p5tFXVRUv4
  1. まずは足首のストレッチ方法として、壁を使ってアキレス腱を伸ばす体操を紹介します。
  2. 壁に向かって足を前後に開く(後ろの方の足のかかとは床につけておく)
  3. 両手を壁に当てたら背筋を伸ばし、手で壁を押しながら後ろ足のかかとを床に抑え込んでいく
  4. そのまま普通に呼吸しながら30秒待つ
  5. 左右の足を入れ替える

ポイント
2.の段階で後ろの方の足のふくらはぎが伸びているのを感じることができると思います。もしふくらはぎが伸びていないようであれば、足の位置を前後にずらして行ってみてください。

効果的な足首のストレッチ方法2.座って伸ばすだけ!

https://www.youtube.com/watch?v=zYjPQOv__9E

座った状態で行うことができるストレッチもあります。

  1. 両足をまっすぐ伸ばした状態で座る
  2. 手前と奥の両方向に交互に足首を伸ばしていく

ポイント
手前側、奥側へ交互に10~20回行うと効果的です。また、行うときは息を止めずに自然に呼吸しながら行うようにしましょう。

効果的な足首のストレッチ方法3.正座で行う方法

最後に足首の前後を伸ばすストレッチ方法を見ていきましょう。こちらは、アキレス腱や足の甲のストレッチにも役立ちます。

  1. 床に正座をする
  2. 右足の膝を立てる
  3. そのまま身体を前に倒して、両手を前に伸ばす
  4. さらに左の膝を手で掴んで上へ引っ張り上げる
  5. 左右の足を入れ替えて同様に行う

ポイント
両手を伸ばした時にあくまで気持ち良い範囲で行いましょう。

     
続きを読む >>
  

関連記事

  1. ストレッチするフィットネス女性

    ストレッチングボードおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!その効果と使い方を解説します!

  2. ランニングをする男女の後姿 ふくらはぎ

    ヒラメ筋について

  3. 青空の下ストレッチする女性

    むくみ解消!ふくらはぎ痩せの基礎知識

  4. 骨盤の綺麗な女性たち

    骨盤を締めるストレッチ!骨盤の歪み解消&ダイエットに効果あり!

  5. グリッドフォームローラーおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方もご紹介!

  6. 女性フィットネス マット コア ストレッチを行います。ジムでストレッチ運動を行う筋肉の若い女性。

    ストレッチで代謝向上ダイエットが本当に効く!

  7. 腹筋ローラー

    腹筋ローラーの効果で結果的に筋肉痛に!そんな時は!?

  8. スモークと共に現れる美しい背筋の男性

    腰痛や肩こりを軽減する背中のストレッチ方法

  9. バランスボールおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方で効果最大化!

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. close up picture of woman trained abs
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. 女性のヒップ
  6. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  7. 綺麗な筋肉の男性
  8. 卓球選手
  9. 火災熱い組合せの野球
  10. 赤い腹筋ローラー
  11. 筋肉質な足
  12. 床に斜め crunches スポーティな男
  13. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  14. バドミントンプレイヤー
  15. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  16. アンクルウエイト
  17. 腹筋の綺麗な男性
  18. 足首を気遣うランナーの写真
  19. 腹筋の鍛えられた女性
  20. むきむきな男性
  21. 筋肉の美しい女性
  22. 卓球選手
  23. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  24. バスケの試合
  25. 軽いダンベル

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. ミニハードルおすすめ人気ランキング20選!正しい練習法でトレーニング効果を最大化…
  2. 【スイミング】ゴーグルおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!メーカーや値段、度…
  3. 【ランニング】サングラスおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!初心者でも失敗し…
  4. ゴルフクラブ 【ゴルフ】クラブセットおすすめ人気ランキング7選を徹底比較!有名ブランドから初心…
  5. シャトル、ラケット、シューズ 【バドミントン】シューズおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方…
  6. グリーンの上のゴルフボール 【ゴルフ】ボールおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!アドレス時の最適なボール…
  7. 公園でフィットネスする女性 【レディース】フィットネスパンツおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!失敗しな…
  8. スキーゴーグルをした女性 【スノボ】ゴーグルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方と安く…
  9. スノーボード板を持つ男性 スノーボード板おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方…
  10. 野球ボールとバット 【野球】バットおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!選び方のコツ、安くておすす…

カテゴリー

PAGE TOP