ニーカバー

【ニーカバー】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!スポーツやサイクリングのお供に…サイズや機能性もチェック!

 

近年のスポーツブームで、サイクリングやアウトドアでのスポーツを始める人も増加しています。

外でのスポーツは外気温や風、紫外線の影響を受けやすく身体を保護するウェアが求められます。

様々なスポーツウェアがありますが、今回は怪我をしやすい膝にフォーカスを当てて、ニーカバーを詳しく見ていきます。

サイクル用ではBBB(ビービービー)やNalini(ナリーニ)などが有名ですが、アメリアのスポーツソックスブランドDefeet(ディフィート)などもニーカバーを販売しています。

スポーツ時におすすめしたいニーカバーの選び方や人気のランキングを見ていきましょう。膝をプロテクトし快適にスポーツを楽しみましょう。

ニーカバーの選び方

ニーカバーは紫外線から皮膚を守ったり、思わぬ転倒から膝を守ってくれたりする心強いアイテムです。

選ぶ際はどんな点に注目して選べばいいのでしょうか。

伸縮性に優れたもの

タイツを履いた女性ランナー

膝は可動域が大きく、スポーツをするうえでも重要な動きをします。固定し過ぎると動きにくくなり不快感を感じてしまうでしょう。

その為ニーカバーには程よい伸縮性が求められます。伸縮性に優れたニーカバーはズレにくくどんな動きにも対応してくれます。

着脱時も伸縮性のある方が簡単に着脱出来ますね。購入の際は生地に程よい伸縮性があるかどうかきちんと確認するようにしましょう。

フィット感がいいもの

ニーカバーを選ぶ際にフィット感は大切な条件になってきます。フィット感が良くないとスポーツ中にズレてしまい気になってしまいます。

またフィット感が高いと肌とニーカバーの摩擦も少なくなり着用時の快適さに差が出るのではないでしょうか。

なかにはズレないようにとサイズを小さく選ぶ人もいますが、圧迫が強く出過ぎないように自分のサイズに合ったニーカバーを選ぶようにしましょう。

ストレッチの効いた素材ならばフィット感も高く、使用の際のズレが気になることもないですね。

安全性の高いもの

ニーカバーには転倒時に膝を守ってくれる働きもあります。特にサイクリングなどで着用する時は、転倒時に膝をカバー出来るものが良いですね。

膝周辺を広範囲でカバーしていたり、クッション性があるものを選ぶなどしましょう。

ニーカバーはどのようなスポーツ時に着用するのかで、衝撃吸収性の有無を選びます。ロードバイクなど転倒の危険が高いスポーツなどは衝撃吸収性に優れたニーカバーがおすすめです。

より安全性を求める人はCE規格(ヨーロッパの安全基準)などをクリアしたニーカバーを選ぶと安心して着用出来るのではないでしょうか。

動きやすいもの

タイツを履いてランニングする男性

ニーカバーに求められる条件の一つに動きやすさがあります。フィット感がよく伸縮性があるだけではなく、膝の不安定な動きをしっかりサポートするものを選びましょう。

膝は大腿骨と脛骨、そして膝蓋骨から形成されています。脛骨と大腿骨のジョイント部分はとても不安定で靭帯と半月板、そして関節液が膝の動きをサポートしスムーズにしています。

このように膝は意外にも不安定な作りになっています。それゆえちょっとした荷重や思わぬひねりで大きな怪我に繋がるのです。

スポーツに着用するニーカバーは膝を安定させ、動きのサポートをしてくれるものが良いですね。

通気性に優れたもの

ニーカバーは肌に直接着用するものなので、汗をかいたときに蒸れてしまうと大変不快な思いをします。

夏場は勿論のこと冬場でも通気性に優れたものがおすすめです。通気性が悪く中が蒸れてしまうようなニーカバーは、長時間使用していると膝裏にあせもなどが出来やすく肌が荒れてしまいます。

膝裏にメッシュ素材を使用するなど通気性の良いニーカバーを選ぶようにしましょう。

吸汗速乾性に優れたもの

ニーカバーに使用されている生地は出来るだけ汗を吸い、そして速乾性のあるものがおすすめです。

いつまでもべた付くようなニーカバーは快適に着用出来ません。また汗がすぐ乾かないようでは膝を冷やしてしまう原因になってしまいます。

最近では各ブランドが吸汗速乾性に優れた独自の生地などを開発しています。特に汗を沢山かくスポーツをする人は吸汗速乾性に優れたニーカバーを選択しましょう。

デザイン性にこだわる

ニーガードを選ぶ際に、スポーツウェアにあったデザインにするのもいいでしょう。

インナーとして着用する場合はウェアの下になり見えることはありませんが、ショートタイプやハーフタイプのパンツを着用したり、アウターとしてニーガードを着用する場合はお気に入りのデザインを見つけるのも良いですね。

スポーツをする際もファッションを楽しむ時代です。機能性にプラスして見た目のデザインを楽しんでいきましょう。

季節によって使い分けよう

郊外でサイクリングする男性

ニーカバーを選ぶ際には、通常の衣服と同じように使用する季節によって選び方を変える必要があります。

冬場は保温性の高いもの

冬場は膝の冷えを防ぐために保温性の高いニーカバーを選びましょう。体温を逃がさず冷えから体を守ることが大切です。

特に一度膝を痛めた経験がある人は、冬場の冷えで痛みがぶり返すということもあるのでしっかりと保温性のあるニーカバーでサポートしてあげましょう。

夏場は紫外線の遮蔽率がいいもの

自転車のライト

日差しの強い夏場には紫外線をしっかりガードしてくれるニーカバーを選びたいですね。

夏場は暑くてニーカバーを使用しないという声も聞かれますが、直射日光を肌に受けないようにすれば体感温度も低くなります。

ニーカバーの中にはUVカット加工のみならず冷感素材を使用したニーカバーなどもあり、着用するとひんやりと気持ちよく感じるものもあります。

ニーカバーおすすめ人気ランキング12位~8位

ニーカバーの選び方を確認してきましたがいかがでしょうか。自分にとって必要な条件の揃ったニーカバーを見つけたいものですね。

ここからは人気の高いおすすめのニーカバーランキングを発表していきます。購入をお考えの人は是非参考にしてみてください。

12位:D&M パッド付きひざサポーター

D&M(ディーアンドエム) パッド付きひざサポーター トリコットニーパッド 1個入り ブラック×ターコイズ Mサイズ #D-811 D-811 ターコイズ M
D&M(ディーアンドエム)
販売価格 ¥1,256(2018年11月27日9時48分時点の価格)

裏起毛加工でズレにくく肌触りが良いパッド付のニーカバーです。膝の中央に厚さ10mmのパッドを使用しています。

トリコット生地を使用し高い伸縮性を生み出しており、独自の立体裁断を行いフィット感を上げています。吸汗速乾性にも優れ内部のべたつきを抑えます。

サイズはSからLまで揃っており、ピンクやゴールド、パープルなどのラインが入ったバリエーションは5種類となっています。好きなカラーを選んで着用したいですね。

11位:SONONIA 1ペア スポーツ 圧縮 膝サポーター 

素材には伸縮性に優れたスパンデックスを使用し、フィット感に優れたニーカバーです。

広い範囲をカバ―しており、ふくらはぎ部分は圧縮構造で疲れにくい作りとなっています。通気性が良く吸汗速乾性にも優れた商品です。

サイズはMサイズからXLサイズまであり、男女ともに着用可能なユニセックスデザインです。

10位:DeFeet ニーカーズ D4400

(ディフィート)DeFeet ニーカーズ フリーサイズ D4400
DeFeet(ディフィート)
販売価格 ¥4,104(2018年11月27日9時47分時点の価格)

ディフィートのオールシーズン用ニーカバーです。曲げ伸ばしが楽でしっかりと膝をサポートしてくれます。

背面部分はメッシュ織を採用し通気性を上げているので、いつでも快適に着用出来、つなぎ目が気にならない加工も人気です。

ズレにくくしっかりとフィットしてくれるのも大きな特徴です。デフィートは耐久性に優れた素材を使用しているとして定評のあるブランドです。

9位:膝ウォーマー  ニーカバー 薄手 カシミヤ混

カシミヤやコットンを使用したインナータイプのニーカバーです。薄手の作りになっているのでアウターに響かずに着用可能です。

保温性に加え吸湿性も高くオールシーズン使用することが出来ます。またテーピングラインを採用することで膝を包み込むように支え安定させてくれます。

サイズは長さが26cmで幅は約9cmです。カラーはブラックとグレー、肌色の3色展開になっています。

8位:FOX LAUNCH PRO KNEE GUARDS

FOX(フォックス) LAUNCH PRO KNEE GUARDS(ランチ プロ ニーガード) <ブラック L/XL> 29029-001-038
FOX(フォックス)
販売価格 ¥8,723(2018年11月27日9時44分時点の価格)

フォックスのサポート力の強いニーカバーです。ボディ部分には耐久性の高いネオプレーン素材を使用しています。

また膝の部分にはケブラー素材を採用することで強度を補強し、膝の内側にはシリコン素材を配置しズレを防止しています。

曲線的な構造でフィット感が高いと好評を得ています。

ニーカバーおすすめ人気ランキング7位~4位

ニーカバーのおすすめランキング7位~4位には柔らかい生地で着脱の簡単なタイプが選ばれています。

7位:Cannondale 3M442 ニー ウォーマー

(キャノンデール) Cannondale 3M442 ニー ウォーマー 3M442 3M442M/BLK BLK M
Cannondale(キャノンデール)
販売価格 ¥24,844(2018年11月27日9時44分時点の価格)

素材に耐久性の高いポリエステルを88%、伸縮性に優れたスパンデックスを12%使用しています。内部はフリース素材となっており肌触りのいいニーカバーです。

膝全体を包むようなデザインで、裾にはグリップ素材を採用しズレを防止しています。膝の動きにしっかりフィットした構造なのでサイクリングにおすすめの商品ですね。

保温性に加え、通気性もよく速乾性も併せ持っています。

6位:PEARL IZUMI 428 サイクル ニーウォーマ

素材にはポリエステルとポリウレタンのサーマフリースⓇを使用し、防風性と保温性を上げています。

吸汗速乾性にも優れた素材でサイクリング用ニーカバーとして人気を集めています。太腿の上部にラッセルテープの滑り止めを採用しズレを防いでいます。

小さく収納が出来るので季節の変わり目などに持っておくと便利なアイテムです。

5位:COOLOMG ニーカバー  膝 ふくらはぎ サポーター

COOLOMG ニーカバー レッグカバー 膝 ふくらはぎ サポーター 野球 衝撃吸収 立体式防護 怪我防止 2枚入り
COOLOMG
販売価格 ¥2,399(2018年11月27日9時41分時点の価格)

人間工学に基づいて配置されたパッドがしっかり膝にフィットし動きやすさが抜群です。

素材は伸縮性の高いポリエステルを使用し、軽量に作られているのでフットワークも軽くなります。また内側には滑り止めのシリコンが採用されズリ落ちを防止してくれます。

サイズはXXSサイズからXLサイズまで豊富に揃っており、同デザインのアームカバーも用意されています。

4位:CW-X ひざ用サポーター スタンダード

(シーダブリューエックス)CW-X ひざ用サポーター スタンダード 吸汗 BCR604 BL L [ユニセックス]
CW-X(シーダブリューエックス)
販売価格 ¥1,555(2018年11月27日9時41分時点の価格)

CW-X独自のテーピング原理を用いて太もも部分から膝周りまでを広くサポートしてくれます。

縫い目を無くした成型編みを採用し高い伸縮性を持ち履き心地が良いのも特徴です。吸汗素材となっておりしっかり汗を吸い取ってくれます。

こちらは片足用となっており左右共通の仕様です。サイズは男女兼用でSサイズからLサイズとなっています。

ニーカバーおすすめ人気ランキング3位~1位

ニーカバーのおすすめ人気ランキング上位には、広い範囲で膝をサポートするタイプが選ばれています。

3位:COOLOMG サイクル レッグカバー ニーカバー

UPF30~50のUVカット素材を使用したニーカバーです。強い紫外線から肌を守り炎症を防いでくれます。

またこちらは疲労を軽減してくれるコンプレッションウェアとなっており、程よい着圧感が筋肉の動きをサポートしてくれます。

通気性がよく吸汗速乾性に優れています。カモフラージュやデジタル柄などカラーバリエーションも豊富で数枚揃えたくなくニーカバーです。

2位:COOLOMG サイクル レッグカバー

UPF30~50のUVカット素材を使用し、衝撃吸収パッド入りのニーカバーです。風を受けることで汗を蒸発、気化熱で冷却効果を得ることが出来ます。

疲労を軽減するコンプレッションウェアで筋肉のブレを抑え、動きをサポートしてくれます。使用されているパッドは人間工学に基づく配置で蜂の巣状となっており、違和感なく着用出来ます

また通気性がよく脱臭効果も期待できる優れものです。

1位:CW-X ひざ用サポーター プレミアム 

(シーダブリューエックス)CW-X ひざ用サポーター プレミアム 吸汗速乾 BCY304 BL M [レディース]
CW-X(シーダブリューエックス)
販売価格 ¥2,835(2018年11月27日9時39分時点の価格)

ワコールの人間科学研究所の研究開発をベースにしたテーピング原理を用いたニーカバーです。

膝周りの筋肉をしっかりサポートし、膝の負担を軽減してくれます。また側面にパワーネットを使用しサポート力を確かなものにしています。

吸汗速乾性に優れたレディース用の商品です。サイズはSサイズからLサイズまで揃っています。

機能性の高いニーカバーでスポーツシーンを盛り上げよう

走る人

ニーカバーは紫外線を防いだり、保温性を上げたり転倒によるケガから膝を保護したりと様々な働きをしてくれます。

季節や用途にあったニーカバーを見つけ、スポーツをより快適に楽しんでいきましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP