バレーボールを持った女性

【バレーボール用ボール】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!練習用のボールはどれがいい?大きさ・種類・選び方も解説!

 

バレーボールを買うときには大きさや種類などを間違えないようにしなければいけません。使用する年代や性別によってボールのサイズや素材が異なりますし、試合で使うか練習で使うかということによってもボールの種類が変わります。

バレーボール用ボールの大きさ・種類・選び方を解説していきます。また、おすすめのボールランキングもご紹介していますので、ぜひバレーボール選びに役立ててください。

バレーボールは大きさを間違えないようにしよう

バレーボールを持つ男性

バレーボールには4号球・5号球の2種類があります。それぞれ使用する対象がことなりますので、自分が買うべきボールを間違えないようにしましょう。

小さめサイズの4号球

中学生とママさんバレーに適するボールは「4号球」です。4号球は高校生以上が使う5号球よりもやや小さめにできており、円周62〜64cm程度、重さが240g〜260gです。5号球よりも軽いため、レシーブの際の衝撃もやや小さくなっています。

小学生は4号軽量球

小学生も4号球を使用しますが、柔らかい素材でさらに軽くなっている「4号軽量球」を使用します。通常の4号球よりも20〜60g軽い200g〜220gです。

間違えて4号球を使用すると重さの違いがあるためかなり感覚が変わってしまいますので注意してください。「軽量」「ライト」という言葉が商品名に入っています。当たっても痛くないような素材を使用しているものが多いです。

高校生以上は5号球を

高校生以上が使用するボールは「5号球」です。プロやオリンピックなどでも使用されているサイズで、演習65〜67cm、重さは260〜280gです。4号球や4号軽量球と比べるとかなり大きく重いことがわかります。

中学生から高校生になったときにボールの大きさが変わることに違和感を覚える人も多いです。

練習用と試合用のバレーボールの違いをチェック!

コートに転がる複数のバレーボール

バレーボールには公式戦で使用できるものと、練習でしか使用できないものがあります。種類を間違えてしまうと試合を行うことができませんので注意して購入しましょう。

試合をするなら「検定球」か「公認球」で

試合をする場合は「検定球」か「公認球」を使用します。

検定球は素材・色・円周・重さ・内気圧まで国際バレーボール連盟の規格に沿って作られています。国際バレーボール連盟が検定を行っているわけではなく、メーカーが独自に定めた非常に厳しい(許容誤差が小さい)規格に合格した場合に「検定球」となります。

また、公認球とは国際バレーボール連盟や日本バレーボールリーグ機構などが主催している大会で使用できるボールです。検定球か公認球でなければ試合を行うことができませんので注意してください。

「練習球」は文字通り練習用に

練習球とは、メーカーの社内基準には合格しなかったもので、検定級よりも安い価格設定になっています。「社内基準で不合格」といっても、各メーカーは非常に厳しく基準を設定しているため、練習球でも品質が高いものが多いです。

ただし、回転や空気抵抗などが微妙に異なったり、4号球の場合には使用している素材が異なったりします。

重要な試合の前は検定球に慣れておこう

検定級と練習級ではボールの動きに若干の違いがあることがあります。そのため、試合の前には検定級を使ってボールに慣れておくことが大切です。

バレーボールの選び方はここがポイント!

ブロックする2人の選手

バレーボールを選ぶときには、大きさと検定球・練習球といった種類のほかにメーカー・色・素材・価格をチェックするとよいでしょう。特にメーカーは他の球技に比べて非常に大きな違いがあります。

メーカー

バレーボール用のボールでは「ミカサ」と「モルテン」が2大メーカーです。Vリーグではこの2つのメーカーが1年おきに交代で採用されています。

ミカサはやわらかい感触で回転がかかりやすいのが特徴です。打ったときに軽く感じるという声も多いです。試合中の汗でもすべりづらくなっていたり、空気抵抗によるブレがすくなかったりするのも特徴です。

モルテンはミカサほど回転がかけやすくありませんが、コントロール性が高いのが特徴です。モルテンの方がより大きく跳ねたり飛距離が出たりするという口コミが多く見られました。

以前はバレーボールといえば真っ白なイメージがありましたが、今ではボールの回転の視認性を上げるためにカラフルな色合いのものが増えています。

ミカサの検定級は黄色と青のツイスト模様、モルテンは白・赤・緑の組み合わせが特徴です。色がはっきりしているものの方が回転がわかりやすいのでおすすめです。

素材

通常の4号球・5号球は人工皮革のものと合成皮革のものがあります。検定球・公認球は人工皮革のものが多い傾向があります。4号軽量球はゴムやPVC・ポリウレタンなど柔らかい素材のものが多くなっています。

また人工皮革のものでも内側にクッション性の高い素材が入っていて衝撃を和らげてくれるものがありますので、スペックや商品説明をしっかり読んでおくとよいでしょう。実際の使用感を知りたい場合には口コミをチェックするのも参考になります。

価格

バレーボールは4号球・5号球の違いや練習球・検定球・公認球の違いによって価格が異なります。練習球の安いものは1,000円前後で買うことができますし、5号の公認球は5,000円程度します。

また、レクリエーション用のビニール製・ゴム製のものであれば1,000円未満で購入できます。どのような用途で使用するのかを考えて購入しましょう。

通販サイトを使うとスポーツ店で購入するよりも安い価格で購入できますし、検定級や公認球なら品質についても問題ないので安心です。

バレーボール・おすすめボールランキング8位〜4位

品質が高く口コミ評価でも人気のバレーボールの中から、特に信頼性が高いものを8点厳選してランキング形式でご紹介します。

検定球や公認球はもちろんですが、練習球としてもクオリティの高いものが多くランクインしていますので、ぜひバレーボール選びに役立ててみてください。

8位:ミカサ レッスンバレー4号 SLV4-YLG

ミカサ レッスンバレー4号 SLV4-YLG
ミカサ
販売価格 ¥1,598(2018年11月28日10時43分時点の価格)

通常の4号軽量級よりもさらに軽い160gのバレーボールです。素材も非常に柔らかいEVAスポンジ素材を使っているので、低学年以下のお子様や初めてバレーボールをするというお子様でも恐怖感なくボールに慣れることができます。

色も検定球と同じカラーリングである黄色×青の他、黄色×ピンク・黄色×グリーンというかわいい色使いなので、男女問わず抵抗なく楽しく使えます。

7位:molten (モルテン) バレーボール5号練習球 V5M3500 

molten(モルテン) バレーボール5号 練習球 V5M3500
モルテン(molten)
販売価格 ¥3,742(2018年11月28日10時43分時点の価格)

検定球と同じカラーリングの練習球です。5号球なので高校の部活やサークル・社会人チームなどにおすすめです。検定球には六角形の突起である「フリスタテック」がありますが、この練習球には入っていません。

通常の練習時や個人練ではこの練習球を、試合前には検定級を使うというように使い分ける人も多いです。

6位:ミカサ トレーニングボール5号 MVT1000

何と1,000gもある練習用のボールです。通常の3〜4倍の重さがあるため、レシーブなどには使用しません。オーバーハンドパスの練習や下に叩きつけるように投げてスパイクのフォーム作りに使用できます。

セッターの人は特に使っておきたい練習アイテムです。

5位:molten (モルテン) バレーボールフリスタテック4号検定球 V4M5000

molten(モルテン) バレーボール フリスタテック 4号 検定球 V4M5000
モルテン(molten)
販売価格 ¥4,276(2018年11月28日10時43分時点の価格)

5号球と同じフリスタテックを搭載した4号検定球です。吸い付くような感触とコントロール性の向上・軌道の安定といった効果のある六角形の突起が特徴です。またマイクロファイバーを使っているため柔らかくフィットします。

汗ですべりにくくなっており、速乾性も高いです。

4位:ミカサ バレーボール国際公認球 5号 MVA200

ミカサの5号・国際公認球です。国際バレーボール連盟(FIVB)の公認を受けた唯一の公認球です。

2重のクッション構造、滑りにくくコントロール性を上げるマルチパターン構造、ボールが空気抵抗を抑えるためのディンプルシボなど、最先端の加工が行われたミカサの最高品質のバレーボールです。

バレーボール・おすすめボールランキング・ベスト3

ベスト3にはミカサのバレーボールが3点ランクインしました。特に1位・2位は検定球・公認球ですので、購入して間違いのない商品です。

3位:ミカサ バレーボール5号 V5-AE

ミカサ バレーボール5号 V5-AE
ミカサ
販売価格 ¥2,340(2018年12月13日10時43分時点の価格)

練習用・レクリエーション用の5号球のバレーボールです。人工皮革を縫い合わせて作ってあり、形状自体は昔ながらのパターンになっています。カラーリングは視認性の高い白・青・黄色の3色なので回転がわかりやすくなっています。

2位:ミカサ 検定級4号 MVA400

ミカサ バレーボール 検定球4号 中学校/家庭婦人用 MVA400
ミカサ
販売価格 ¥4,443(2018年11月28日10時43分時点の価格)

日本バレーボール協会の規格に沿った検定球です。4号球なので中学生やママさんバレー(家庭婦人)の大会用として使用します。デザインは5号球の国際公認球と同じで、クッション性やシボなども同様の技術を使って加工されています。

1位:ミカサ 国際公認球5号 MVA300

4位でご紹介したMVA200はミカサの最もハイグレードなボールですが、このMVA300はそれに次ぐハイグレードなモデルです。日本バレーボール協会が主催する大会で用いられる公式試合球です。

トップモデルであるMVA200とほぼ同様の技術を使用しているため、国際大会以外であればこちらを使っておけば全く問題はありません。

また、このボールは使えば使うほどなじんでくるため、大会前はもちろん日頃の練習から高品質なボールで練習しておくと上達も早くなるのでおすすめです。

まとめ

コートに転がるバレーボール

バレーボールは年代・性別や試合・練習などの用途によって正しくボールを選ばなくてはいけません。価格はもちろんですが、視認性の高さや柔らかさなども大切なポイントになります。

上記のランキングでご紹介している商品は検定球・公認球を中心に口コミ評価の高いボールを厳選してピックアップしています。ぜひ購入する際の参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP