保管庫にあるパドル

カヌーパドルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!ピッタリなパドルを選ぶ4つのポイントとは?素材や長さをチェック!

 

カヌーパドルはどれも同じように見えますが、実は素材、ブレードの形状、シャフトにも違いがあります。

このように種類が豊富なパドルの中から、初めてパドルを選ぶ人はどれを選べばいいか悩んでしまうことがあるはずです。

そこで、今回は自分にピッタリのカヌーパドルをみつけるためのポイントを詳しくご紹介します。おすすめ人気製品もご紹介しますので、製品ごとの違いや特徴をおさえて選ぶときの参考にしてみてください!

自分にピッタリのパドルを選ぶ4つのポイント

カヤック パドル

こちらでは、自分にピッタリのカヌーパドルを選ぶために必要な4つの確認ポイントについて詳しくご紹介します。選び方に失敗しないためにも、それぞれの確認ポイントについてきちんと理解しておきましょう!

カヌーではブレードが片側一枚しかついていない「シングルブレードパドル」を用いるため、カヤックと混同しないように注意してください。

ポイント1:ブレードの材質

ブレードは、パドルの先端部分にある水を捉える部位のことです。ブレードの素材にはカーボンやファイバーグラスをはじめ、強くて軽い素材が採用されている製品が多くあります。

素材のもちあわせる特徴によってパドリングに違いが出るため、選ぶときにはきちんと素材の特徴を理解しておくことが重要です。

こちらでは、ブレードに採用されることの多い素材の特徴についてご説明しましょう。

カーボン

航空機や鉄道車両などの製造にも採用される素材です。特徴は、非常に軽量であるにも関わらず、高い強度を備える点です。

その非常に高い強度によってパドリングの際にブレードがしなりにくいため、とらえた水を逃しません。

強度が高くて硬いブレードを操作するにはパドリング力も必要とされるので、上級者向けの素材になります。

ファイバーグラス

ガラス繊維を採用した軽くて高い強度をもつ素材です。カーボンよりもやや柔らかいため、ブレードに“しなり”があり、とらえた水を程よく逃がすことができます。

パドリング力にまだ自信のない人で、初級から中級のパドラー向けのおすすめの素材です。

グラス・ナイロン素材 

ナイロン樹脂にガラス繊維を練り込んだ素材のことです。軽量であるにも関わらず、岩にぶつけても割れにくい耐久性を備えています。

こちらの素材はコスパにも優れた製品が多いため、入門者向けのパドルとしておすすめです。

ポイント2:ブレードの形状

水面に浮かぶカヌー

パドルにはさまざまな形状のものがあり、ブレードの面積によってパドリング時の特徴がありますのでご紹介しましょう。

パドリング時の水をとらえる水量は、ブレードの面積によって決まります。面積の大きいブレードほど、より多くの水をとらえることができ、推進力が向上します。

これに対して面積の小さなブレードは、水をとらえる量も少ないためパドリングを楽におこなうことが可能です。そのため、長時間のツーリングに適したタイプといえます。

こちらでは、それぞれのブレードの特徴を詳しくご紹介しましょう。

ハイアングル モデル

ブレード形状が、四角により近い構造を「ハイアングル」モデルとよびます。特徴はパドルを水面に対して垂直に入れるため、パドリング力が必要となりますが、とても大きな推進力を得ることがで可能です。

フォームコア モデル

通常のパドルよりもブレードに厚みのあるブレード内部に浮力体を搭載したモデルのことです。

内部に搭載された浮力体によって水中でパドルが浮き上がることにより、パドリングをよりスムーズに行うことが可能です。

ポイント3:シャフトの形状

ブレードとブレードをつなぐ棒をシャフトとよびますが、その形状の違いはパドリングにも影響を及ぼします。

シャフトには2種類のタイプがあり、ひとつはシャフトが真っすぐな「ストレート」タイプ、もうひとつはシャフトにカーブが施されている「ベント」タイプです。

これらのシャフト形状の違いは、パドルの操作性能や手首への負荷などの違いにつながります。

ストレート シャフト

パドルとしてオーソドックスなタイプです。ベントタイプの取り扱いを難しく感じる初級者や、コスパを重視する人におすすめのタイプになります。

ベント シャフト

パドリングの際にシャフトと手首の角度を理想的に保つことができるように設計されているカーブをもつタイプのシャフトのことです。

シャフトに角度があることで究極のブレードコントロールを実現できます。

ベントシャフトは疲労を軽減させるだけでなく、パドリングの際の手首への負担をやわらげることに加え、瞬発的なパドル操作が必要なときにも抜群にコントロールできるのが大きな特徴です。

ポイント4:サイズ

レクリエーショナル用やツーリング用のパドルでは、漕ぎ手の身長とカヌー幅によって選ぶパドルのサイズが決まりますので、目安をいくつかご紹介しましょう。

短いパドルは操作性が高くなるため扱いやすいですが、 1度のパドリングによる移動距離は短くなります。

これに対して長いパドルはパドリングするために力を要しますが、1度のパドリングによる移動距離は長くなることを覚えておきましょう。

一般的には、パドルの長さは漕ぎ手の身長やカヌーの幅、パドリングの技術や好みに応じて選びます。

一定の基準を設けることは難しいため、製品ごとの特徴もしっかりおさえて選ぶよにしてください。

カヌーパドルおすすめ人気ランキング:10位~4位

カヤック

こちらでは、カヌーパドルのおすすめ人気製品について特徴を挙げながら、ランキング形式でご紹介します。

ぜひ、自分にピッタリのカヌーパドルを見つける参考にしてみてください!

10位:カヤックパドル/ボートオール 69627

カヤックパドル/ボートオール 69627
INTEX
販売価格 ¥2,980(2018年12月21日10時6分時点の価格)

こちらは、ジョイントを組み替えることで シングルブレードとダブルブレードを用途に応じて2wayで使用できるタイプのパドルになります。

シャフトには、軽量で丈夫なアルミニウム素材が採用されています。リーズナブルな価格も魅力ですが、使用を重ねるとシャフトの固定が緩みやすいのが短所です。

9位:SUP パドル CARBON PADDLE

SUP パドル CARBON PADDLE
CARBON PADDLE
販売価格 ¥27,864(2018年12月19日7時2分時点の価格)

こちらは波乗りからクルージングまで幅広く使用できるタイプのパドルです。

特徴は、ワンタッチ方式を採用しているため工具なしで サイズ調整が可能な点になります。2cmごとにメモリがついているため、調節幅も一目で知ることができるので適切な長さに微調整が可能です。

また、素材はカーボンを採用しているため、軽量で高強度に優れた製品に仕上がっています。グリップは女性でも握りやすいデザインに設計されているため、負担を少なく抑えることができる使い勝手に優れたおすすめ製品です。

8位:パドル 伸縮可 滑り止めパドル カヌー用 1本

パドル 伸縮可 滑り止めパドル カヌー用 1本
LIXADA
販売価格 ¥2,298(2018年12月20日18時15分時点の価格)

こちらは、51cmから85cmまで長さ調整が可能なタイプのパドルです。素材には、耐衝撃性の高いプラスチックと丈夫なアルミニウム合金が採用されています。

グリップには滑り止めも施されているため、パドリングの際の手首への負担を抑えることが可能です。伸縮可能なため、持ち運びも便利なおすすめ製品です。

7位:【fieldlabo】超軽量 カヤック カヌー ボート 用 アルミ合金製 パドル

【fieldlabo】超軽量 カヤック カヌー ボート 用 アルミ合金製 パドル
Tsuiteru Corporation
販売価格 ¥2,400(2018年12月21日10時26分時点の価格)

こちらは、ジョイントを組み替えることでシングルブレードとダブルブレードを用途に応じて2wayで使用できるタイプのパドルになります。

サイズは、シングルブレードでは約126cm、ダブルブレードでは約203cm〜252cmです。 カヌーはもちろんですが、カヤックやボートなどにも幅広く対応できるおすすめ製品になります。

6位:アルミ カヌー パドル

アルミ カヌー パドル
【ノーブランド品】
販売価格 ¥2,460(2018年12月21日6時0分時点の価格)

こちらは、アルミシャフトのパドルです。特徴は、パドリングをスムーズに実践することをサポートするために、科学的根拠に基づいてシャフトが湾曲している点になります。

シャフトの長さも調整することが可能であることに加え、分割して持ち運ぶことのできる使い勝手が抜群のおすすめ人気製品です。

5位:6ピース オール 小型シングル ダブルパドル

6ピース オール 小型シングル ダブルパドル
LACOMETA
販売価格 ¥2,980(2018年12月21日10時38分時点の価格)

こちらは、持ち運びに便利で6本構造に分割可能なタイプのパドルです。

特徴は、ジョイントを組み替えることでシングルブレードとダブルブレードを用途に応じて2wayで使用できる点になります。

シングルブレードの場合では、約130cmのパドルを2本組み立てることが可能です。 シャフトにはアルミ合金を、ブレードには硬質ナイロン系合成樹脂を採用しているおすすめ製品になります。 

4位:パドル アルミ製 長さ調整 2way

パドル アルミ製 長さ調整 2way
Melion
販売価格 ¥2,380(2018年12月20日18時13分時点の価格)

こちらは、シングルブレードとダブルブレードを用途に応じて2wayで使用できるタイプのパドルになります。

しっかりとした厚みのあるアルミで製造されたパドルであるため、耐久性が高い点が特徴です。

カヌーパドルおすすめ人気ランキング:ベスト3

上位には、使い勝手が抜群の製品がランクインしています。それぞれの製品の特徴をしっかりおさえておきましょう!

3位:2WAY アルミ製 ボートオール ジョイント式 2本セット

2WAY アルミ製 ボートオール ジョイント式 2本セット
WEIMALL
販売価格 ¥2,480(2018年12月21日9時55分時点の価格)

こちらは、ジョイントを組み替えることでシングルブレードとダブルブレードを用途に応じて2wayで使用できるタイプのパドルになります。

シャフトには、軽量で丈夫なアルミニウム素材を採用しています。サイズは、シングルブレードでは約125cm、ダブルブレードでは約200cmです。

カヌーはもちろん、カヤックやボートなど用途に応じて幅広く対応できるおすすめ製品になります。

2位: シングルパドル カヌー用オール

シングルパドル カヌー用オール
LACOMETA
販売価格 ¥4,600(2018年12月21日5時52分時点の価格)

こちらは、アルミ製シャフトを採用したパドルです。特徴は、 ブレードに硬質ナイロン系合成樹脂を使用している点になります。

長さの調整はできませんが、130cmと154cmの2種類の中から自分に最適のサイズを選ぶことができるストレートシャフトのおすすめ製品です。

1位:カヌー用 3ピース分割可 超軽量 2本

カヌー用 3ピース分割可 超軽量 2本
Aiterwu.wu
販売価格 ¥1,859(2018年12月20日18時9分時点の価格)

こちらは、3分解して持ち運ぶことが可能なタイプのパドルです。特徴は、 パドルの素材に耐久性に優れた高級PVCを採用していることに加えて、重さがおさえられているため初心者でも操作しやすい点になります。

長さも調整することができるため、身長や用途に応じて最適な状態でパドリングすることが可能なおすすめ製品です。

自分にピッタリのパドルで快適にカヌーを楽しもう!

湖でカヌーを楽しむ若い女性

今回は、カヌー用のパドルの選び方について詳しくご紹介しました。

ワンピースの製品や分割可能な製品、ダブルブレードとしても使用できる製品がありますので自分の用途に応じて選ぶようにしましょう。

自分にピッタリのパドルで手首や腕への負担を抑えて、快適にカヌーを楽しみましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP